016243

■bulletin board system for Studio★MEGNITTE

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
織部 / 管理人 [ Home ] [ Mail ]
去年の暮れ、久しぶりに銀座へ行ったら、お気に入りだった陶磁器のお店が閉店セールをやっていました。
どうしてこう、私の気に入ったものは消えていくのでしょう。
(;_;)

でも、以前別なところで買った織部の銚子(さしなべ)とよく似た絵付けの、ぐい呑みと小皿を見つけました。
閉店出血サービス格安価格で手に入れてきました。
家へ帰って並べてみると、まるでセットで作られたように似ています。
よく見れば、さすがに全く同じではないけれど、何だか嬉しい。

銚子に純米酒を用意して、小皿には胡麻豆腐の冷奴。
ちびちびやりながら文庫本を広げて――ああ、ささやかなシアワセ。
(*^-^*)

ちなみに、銚子(さしなべ)は徳利ではありません。
もともと、神前結婚式なんかで巫女さんが三々九度のお酒を注いでくれる、あの柄(え)(または弦(ツル))と注ぎ口がついた入れ物が「銚子(さしなべ)」で、お屠蘇を注ぐのなどにも使いますよね。
のちに、酒を注ぐ器として徳利とごっちゃになってしまったようです。

でも、私の織部のサシナベは、柄はなくて、徳利を逆さにしたように上が膨らんだ縦長で、肩のあたりに急須のような注ぎ口がついています。
膨らんだところを手で潰したようになっていて、柄がなくても持ちやすい感じ。
柄がないし、縦長だし、本当はサシナベとは言えないかも知れません。
英語ならどっちにしてもデカンタdecanterに当たるのでしょうけど、日本語では何と呼ぶのが正しいのでしょうね。

No.21 - 2004/01/15(Thu) 00:22:40
/ 管理人 [ Home ] [ Mail ]
盛岡にもついに雪が積もった。
やっと冬らしくなった。

夜に入ったらあちこちで道路が凍り始めた。
橋の上なんか、完全につるつるのところもある。

くわばらくわばら。

No.20 - 2004/01/08(Thu) 22:40:03
新年 / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
平成16年が始まってしまった。
何かとキナ臭いことが多いけれど、穏やかな年でありますように。

あー明日からまた日常が戻って来るー(;_;)

No.19 - 2004/01/04(Sun) 09:58:59
フロントガラス / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
通勤用軽四輪のフロントガラスにひびが入ってしまった。
右端に飛び石がぶつかったらしく、そこから少しずつ伸びたようだ。
もう20cmほどになってしまった。

今のフロントガラスは一気に粉々に砕けたりはしないので、実害はないけれど、少なくとも来年2月の車検の時には直さなければならない。
自動車ガラス専門店で見てもらったら、丸々取り替えるしかないそうだ。
またカネがかかるよー(T_T)。

さて年末です。
来年が皆にとって良い年になりますように。

No.18 - 2003/12/27(Sat) 16:58:27
スクランブルエッグ / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
スクランブルエッグをふっくらさせるには、牛乳を混ぜれば良い、と教えてくれたのは、亡くなった母親だったろうか。
記憶がさだかでない。

そのとおりやってみるけれど、何やら水分が多くて、皿に移したあとびしょびしょしている。

下手なんだなあ…(;_;)

No.17 - 2003/12/10(Wed) 23:43:46
index絵 / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
index絵を更新したけれど、下側の「Oliginal Illust&CG Ling」さまのバナーと構図がそっくり。
今しがたまで気づかなかった。(笑)

No.16 - 2003/12/05(Fri) 23:54:08
ハイソックス / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
冬装束は、まずはハイソックスである。
某ブランド物を何年も愛用してきた。
さすがに何年か履くと擦り切れてくるので、毎年何足かずつ更新している。

はずだったのだけど、先日いつものデパートへ行ったら、去年で生産中止になったのだと。
スポンジといい、ソックスといい、私が気に入るものは、どうしてこうなんんでしょ。(泣)

No.15 - 2003/11/28(Fri) 00:41:56
パン焼き機 / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
我が家のパン焼き機は十年以上前の旧式。
けれど今でもちゃあんとパンを焼き上げます。
以前は小麦粉やスキムミルクなんかをいちいち計量して入れてたけど、最近はミックスパウダーなるものがあって、とても楽になりました。
一袋の粉とドライイースト、それに水を量って入れるだけというスグレモノです。
週に1回くらい、自家製パンを味わっています。

しかし。
今朝、焼き上がったはずのパン焼き機を開けたら、膨らんでるはずのモノがぺちゃんこ。
何となく固まりになってるし、少し焦げたあとがあるので、機械が動かなかったわけではなさそう。
ぱさぱさと粉っぽくて、水が足りなかったような感じ。
いや、昨夜確かに規定の160ccを計量カップで量って入れた。
イーストだって入れた。
いったい何があったというのでしょう。
謎です。

No.14 - 2003/11/16(Sun) 23:26:43
スポンジ / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
食器洗い用のスポンジ、とてもお気に入りの製品がありました。
目の細かい布で包んであって、食物くずなどがほとんどひっかっからないというものです。

置いてあるお店が限られるので、見つけると5〜6個買い占めたりしてましたが、いつの間にか店頭に見当たらなくなってしまいました。

メーカーはどこかと買い置きの包装を見ると、うちから首都圏を挟んで千キロも離れたあたり。
スポンジさん、はるばる旅して来たんですねえ。(@。@)

意を決してメーカーさんにメールで問い合わせました。
(距離関係ないじゃん! ^^;)
お答えは「廃番商品となって、現在製造しておりません」ですって。(泣)

No.13 - 2003/11/04(Tue) 22:55:37
アライさんのこと / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
アライさんは、我が家の食器洗い乾燥機の愛称です。

買った当時、「Dr.リンにきいてみて!」が流行っていたこともあって、食器洗うんだからアライキヨコさんだ、とあっさり決まりました。(笑)

お皿が主体の欧米で生まれ育った機械なので、ご飯茶碗のような深い食器は苦手のようですし、こびりついたご飯粒まで落とせるわけではありませんから、いったん手で洗ってあげる必要があります。

湯のみやマグカップなどは、ひっくり返してセットするので、すすいだ水(お湯だけど ^_^;)が高台に溜まったまま残ってしまいます。
すすぎが終わったところで一時停止して、籠を揺すって高台の水を振り落としてから乾燥させれば良いのですが、つい忘れがちです。

でも、すすぎから乾燥までやってくれるのはとても重宝です。
贅沢品かな、とも思いましたが、思い切って買って良かった。

No.12 - 2003/10/22(Wed) 00:21:10
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
158/300件 [ ページ : << 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >> | 画像リスト ]