015953

■bulletin board system for Studio★MEGNITTE

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
パン焼き機 / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
我が家のパン焼き機は十年以上前の旧式。
けれど今でもちゃあんとパンを焼き上げます。
以前は小麦粉やスキムミルクなんかをいちいち計量して入れてたけど、最近はミックスパウダーなるものがあって、とても楽になりました。
一袋の粉とドライイースト、それに水を量って入れるだけというスグレモノです。
週に1回くらい、自家製パンを味わっています。

しかし。
今朝、焼き上がったはずのパン焼き機を開けたら、膨らんでるはずのモノがぺちゃんこ。
何となく固まりになってるし、少し焦げたあとがあるので、機械が動かなかったわけではなさそう。
ぱさぱさと粉っぽくて、水が足りなかったような感じ。
いや、昨夜確かに規定の160ccを計量カップで量って入れた。
イーストだって入れた。
いったい何があったというのでしょう。
謎です。

No.14 - 2003/11/16(Sun) 23:26:43
スポンジ / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
食器洗い用のスポンジ、とてもお気に入りの製品がありました。
目の細かい布で包んであって、食物くずなどがほとんどひっかっからないというものです。

置いてあるお店が限られるので、見つけると5〜6個買い占めたりしてましたが、いつの間にか店頭に見当たらなくなってしまいました。

メーカーはどこかと買い置きの包装を見ると、うちから首都圏を挟んで千キロも離れたあたり。
スポンジさん、はるばる旅して来たんですねえ。(@。@)

意を決してメーカーさんにメールで問い合わせました。
(距離関係ないじゃん! ^^;)
お答えは「廃番商品となって、現在製造しておりません」ですって。(泣)

No.13 - 2003/11/04(Tue) 22:55:37
アライさんのこと / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
アライさんは、我が家の食器洗い乾燥機の愛称です。

買った当時、「Dr.リンにきいてみて!」が流行っていたこともあって、食器洗うんだからアライキヨコさんだ、とあっさり決まりました。(笑)

お皿が主体の欧米で生まれ育った機械なので、ご飯茶碗のような深い食器は苦手のようですし、こびりついたご飯粒まで落とせるわけではありませんから、いったん手で洗ってあげる必要があります。

湯のみやマグカップなどは、ひっくり返してセットするので、すすいだ水(お湯だけど ^_^;)が高台に溜まったまま残ってしまいます。
すすぎが終わったところで一時停止して、籠を揺すって高台の水を振り落としてから乾燥させれば良いのですが、つい忘れがちです。

でも、すすぎから乾燥までやってくれるのはとても重宝です。
贅沢品かな、とも思いましたが、思い切って買って良かった。

No.12 - 2003/10/22(Wed) 00:21:10
点字ブロック / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
仕事の関係で、点字ブロックについて調べる機会がありました。
歩道に張ってある、視覚障害者のためのアレです。

日本人が発明したものだとは、どこかで聞いたことがありましたが、その普及までの苦労話には、感涙するものがありました。

(発明物語についての主なサイト↓)
http://www.nipponhyojun.co.jp/search/syakai/6_20barrier/cont1.html#top
http://www1.harenet.ne.jp/~kobayuki/miyakeseiiti.htm

景観上好ましくないとか、邪魔だとかいう声も聞かれるのですけど、そうおっしゃる方々に、発明者の努力と熱意を知った上での建設的な意見なのかと、問いただしたくなります。

ちなみに「点字ブロック」とは、発明者がその普及のために設立した、「財団法人安全交通試験センター」の登録商標。
一般名詞は「視覚障害者用誘導ブロック」なのだそうです。
「プリン」とか「ホットケーキ」とかの類ですね。

No.11 - 2003/10/04(Sat) 14:29:24
目と鼻と耳 / 信沢 潤 [ Home ] [ Mail ]
涙って、鼻へ抜けて鼻水になりますよね。目と鼻はつながってるわけです。
私の場合、どうもその管が太いらしくて、鼻をかむと、目頭から空気がぷしゅっと漏れてしまって、今ひとつ力が入りません。
ですから、鼻をかむときは、目をぎゅうっとつぶっていなければなりません。

耳と鼻もつながっています。
高い山へ登ったり、列車でトンネルに入ったりすると、気圧の変化で耳の中が変になります。
唾を飲み込むと、一瞬耳と鼻がパカッとつながって、治りますよね。
実は私は、このパカッを自由にできます。
自由に耳と鼻の間を開けることができるのです。

開けっ放しにすることもできます。飛行機に乗ってぐんぐん上昇するときなど、気圧が落ち着くまで開けっ放しにしたりします。
気圧の変化で耳が変、ということにはならないわけです。

外からはわからない、他の人には見えない特技です。
だから何だということはない、つまらない話なのですが。(笑)

No.7 - 2003/09/27(Sat) 15:31:18

Re: 目と鼻と耳 / eagleray
> 耳と鼻もつながっています。
> 唾を飲み込むと、一瞬耳と鼻がパカッとつながって、治りますよね。
> 実は私は、このパカッを自由にできます。
> 自由に耳と鼻の間を開けることができるのです。


耳管が自由に開けるってことですね。
わたしも同じです。
スキューバダイバーには重宝な体質です(笑)

水深2、3メーターを超えると水圧が鼓膜を押すので、
内圧を高めないと鼓膜に痛みを感じます。
これを回避するのに一番簡単な方法は、
鼻を指でつまんで、ツバを飲み込む方法です。
鼻をかむ要領で強く息を鼻に送る方法もありますが、鼓膜を傷めることもあるので、強制手段として覚えておけばいいかもしれませんね。

No.8 - 2003/09/30(Tue) 01:15:14

Re: 目と鼻と耳 / 信沢 潤(管理人) [ Home ] [ Mail ]
eagleray 様、こんにちは。
当BBS再開後、管理人以外初めての書き込み、ありがとうございます。
御サイトではたいへんお世話になっております。m(_~_)m

鼻管を自由に開けられるのが、スキューバダイビングのとき重宝とは気づきませんでした。
管理人も、その才能があるかも(笑)

今年は冷夏で、スキューバ行くぞー、という気分には、今ひとつでしたね。

No.9 - 2003/09/30(Tue) 23:30:09
バイク / 信沢 潤 [ Home ] [ Mail ]
通勤に、軽四輪またはバイクを使っています。

本当は、バスで通う方が、いつでもすぐ飲みに行けて良いのです。(笑)
でも、事務所の場所が街の中心からはずれてるので、バス路線のネットワークがうまくつながっていません。
へたすると待ち合わせ含みで1時間以上かかってしまいます。
車でまっすぐ行くと15分弱なので、おのずと自家用車を選択してしまいます。
さらに、うちの軽はアクセルを床まで踏んでも、さっぱり加速しないので、安全です。(爆)

バイクはペイロードが少ないので、帰りに買い物する必要なんかあると敬遠してしまいます。
スクーターみたいにボックス型のトランクでもつければ良いのでしょうけど、ちょっとカッコ悪いかも。 ^_^;)
でも何より雨に濡れるのがイヤで、少しお天気が怪しいとやっぱり軽に。(軟弱者〜!!)

昨日今日は久しぶりに良い天気で、快適にバイク通勤です。
北東北は冬季のほぼ半年間、バイクに乗れないので、こんな日がなるべく長く続くと良いなあ。

No.6 - 2003/09/17(Wed) 22:04:38
(No Subject) / 信沢 潤 [ Home ] [ Mail ]
9月11日は、あっさり過ぎてしまいました。
2年前のあの日、何とはなしに夜更かししていて、見るともなしにつけっぱなしていたTVで、第一報を見てしまったのでした。

信じられない映像でした。
チャレンジャーの事故と並んで、もう見たくない映像のひとつです。

明日こそ世界が平和でありますように。

No.5 - 2003/09/13(Sat) 22:26:37
なので / 信沢 潤 [ Home ] [ Mail ]
仕事帰り、ほぼ望に近いお月さまと、火星が並んで見えていました。
お月さまのすぐ近くなのに、負けずに火星が見えるなんて、不思議。

さて、ところで、タイトルの「なので」のお話。

「なので」は、辞書を引く限り、接続詞ではありません。
助動詞「だ」の連体形(または形容動詞の連体形語尾)「な」に、接続助詞「ので」がついた連語で、何か他の言葉の後ろにくっついて、そのことを理由にして次の文を説明することになっています。

(雨なので、傘を用意した。)

でも、近頃は文頭に使って、接続詞代わりにする人が増えて来ました。

(雨が降ってきた。なので傘を用意した。)

何と、NHKのアナウンサーまでもが使い始めています。
(久保純子さんも住吉美紀さんも使ってたゾ)

ほとんど同じ意味の接続詞に「だから」があります。
考えてみると、「だから」の出自も、助動詞「だ」に助詞「から」が付いた連語でした。

同じような作りの「なのに」も、接続詞として辞書に載っています。

私たちは今、「なので」が接続詞として成立していくまさにその過程に――歴史的な場面に、遭遇しているのかも知れません。

No.4 - 2003/09/10(Wed) 00:17:46
DVD / 信沢 潤 [ Home ] [ Mail ]
春先にDVDレコーダを買いました。
十二国記やムリョウなどの再放送が始まるというので、これからはDVDの時代じゃー!と、清水の舞台から飛び降りたのでした。
(JCBカードで分割払いだけど^_^;)

HDDに録画→CMなどの余分なところをカット→DVDにダビング、保存というパターンで使ってます。
余分なところを1コマ単位でカットできるのが良いですねえ。
NHKの番組は、CMがなくてさらに楽。
NHKの衛星映画劇場は、時々好みの作品がかかるので、要チェックです。

今までVTRで録ったものも、一旦HDDにダビングしてから、同じパターンでDVD化して、少しずつテープを廃棄しています。
(私の居住区域では、ビデオテープは燃えるゴミです。どこでもそうなのでしょうか。
少しだけど金属部品が入っているような気がするんですが、大丈夫なのかなあ…)
テープに比べて占用スペースが小さいので、とてもグーです。(^o^)

ところが、です。機械は調子良いのですが、私の調子が悪いのです。
予約時間は間違える、チャンネルは間違える、予約ボタンをいつの間にか解除してしまう。
ううっっ、トシじゃ〜(泣)
おかげで2001年宇宙の旅もサンダーバード6号もターミネーターも録りそこなってしまいました。(;_;)

どうしてこう間が抜けているんでしょ。
ムリョウの第3話も録りはぐったし、何のために買ったんだー。(T_T)

No.3 - 2003/09/06(Sat) 00:56:04
書庫 / 信沢 潤 [ Home ] [ Mail ]
車庫の上の中二階を書庫として使っていました。
書庫といっても、別に本格的なものではなく、六畳の板の間にスライド書棚を三つ、スチール本棚を二つ、窓の下にもカラーボックスを二つ押し込んでいただけですが。

結局どれも満杯で、あとは足の踏み場がないほど床に積み上げていました。
書庫の扉の近くで、壁紙に亀裂が入っているのに気付いたのはいつ頃でしょう。
予想しないではなかったのですが、どうやら本の重みで家が歪み出したようです。

仕方がないので、本棚を他の場所に分散させ、入りきらない分は、泣く泣く処分することにしました。
不思議なことに、古いものほど捨てられないものです。
愛着が湧いてしまうんですね。

蔵書?はほとんどがコミクスと文庫本。
ダンボールで十箱近く、恐らく一千冊以上を、何回かに分けて古本屋に持ち込みました。
何と、半分近く、引き取ってもらえませんでした。

コミクスのほとんどが少女漫画で、これがごっそり残ってしまったのです。
「少女漫画は買い取りを終了させていただきました」ですって。
なぜ??

世の「コレクター」って、何となく男性ばかりのような気がしませんか。
男性は買った本を大事にコレクションするので、古本市場にあまり出回らないのです。
片や女性は、読んでしまうとあまり執着せずに売り飛ばしてしまうので、古本市場はだぶつき気味で、古本屋さんは買い取るのをやめてしまったのです。

なーんて、私の勝手な憶測ですよー(笑)
というわけで、売れ残った少女漫画コミクスは、かわいそうに、ひもでくくられ、資源ごみにおなりあそばれたのでした。(泣)

No.2 - 2003/09/03(Wed) 20:50:15
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
151/300件 [ ページ : << 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >> | 画像リスト ]