08455

007 ビデオソフト研究所 掲示板

映画007シリーズの映像ソフトなどについて語り合う掲示板です。
営利目的等、管理人が不適切と判断した書き込みは、予告無く削除されることがありますので、ご注意ください。

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS

名前
メール
URL
件名
文字色
/ 編集パス
ホームページ移転のお知らせ NEW / コネリー・Y [ Home ] [ Mail ]
たいへん、ご無沙汰しています。
このたび、加入プロバイダのホームページサービスの変更により、ホームページのURLが以下に変更となりました。

http://jamesbond.o.oo7.jp/

アドレスに名前負けしてますが、よろしくお願いいたします。現在のサイトは、9月29日15時をもって終了予定です。
No.102 - 2016/07/07(Thu) 00:21:49
永遠のサントラ best&more 999 / コネリー・Y [ Mail ]
9月18日にユニバーサルミュージックより名作映画106タイトルのサウンドトラックが、1枚999円(2枚組は1499円)税込低価格で一挙発売されます。

007映画からは、「ドクター・ノオ」から「死ぬのは奴らだ」の8作品がリリースされるようです。そこで気になるのは、内容が2003年に海外のみでの発売だったデジタルリマスターで、「ドクター・ノオ」「ロシアより愛をこめて」以外は曲数拡張版であるかですが、まだ内容はわかっていません。拡張版は単なる曲数増加のみならず、レコード時代と違う実際のフィルムバージョンでの収録もありというファン感涙の内容でした。

以下、HMVサイトより
http://www.hmv.co.jp/fl/44/49/1/?utm_source=mxx000212ww&utm_medium=mail&site=hmv_extra_vl18
No.98 - 2013/07/14(Sun) 02:13:43

Re: 永遠のサントラ best&more 999 / てま
発売されましたね。店頭で見たところ結局のところ、
最初のCD化と同じ内容でした。ブックレットの印刷具合も最初のCD化と同じ感じでした。
 来る12月には「ユア・アイズ・オンリー」「リビング・デイライツ」なども発売になります。「ユア〜」は
2001年頃に増補された盤が日本でも出ましたが、
なぜか今回のリストには「日本初CD化」とあります。
ひょっとすると増補のない12曲入りのLP版で発売かもしれません。999円といえども、増補盤のあるCDはやっぱり輸入盤に手が出てしまいますね。
No.99 - 2013/10/03(Thu) 16:43:47

Re: 永遠のサントラ best&more 999 / コネリー・Y [ Mail ]
公式サイトも開設されたようですね。
http://www.universal-music.co.jp/ost999/

今回発売のCDが1996年に東芝EMIからリリースされたものの復刻と知ったので、私が予約したのは007映画でなく、邦画の「さよならジュピター」のみでした。公式サイトでも売り上げトップであるこのCDは、映画公開時に1度しかリリースされなかったものです(邦画サントラはまず再リリースは無いですから)。この当時のCDはまだ高価で、定価が3200円くらいでした。007では「美しき獲物たち」も同じ東芝EMIの近い時期の発売なので、ジャケットの裏面が黄色というデザインも同じです。

てまさんの情報にあるように12月4日には「黄金銃を持つ男」から「ゴールデンアイ」まで、「消されたライセンス」を除く8作品の007映画のサントラCDが復刻されます。確かに「ユア・アイズ・オンリー」は、RYKOレーベルから2000年に発売された曲増加の拡張盤(Extended Edition)のCDしか公式には発売が無かったので、今回リリースのは果たしてどんなものか興味深いです。

「オクトパシー」は、公開時にはCDの普及率が低いため国内盤が極めて少ない数しかプレスされておらず、私も現物は渋谷の中古店で1度見たくらいでした。その後、先のRYKOレーベルから1997年に曲間にセリフが入る妙な仕様で再発売され、その後2003年に海外で曲のみの内容で再リリースされました。こちらもどのような内容か注目したいです。

「消されたライセンス」が国内盤では公開時のリリースしかなかったので、こちらも再発売が期待されますね。007のサントラでは、拡張版とアルバム盤(レコードと同内容)では同名の曲でもアレンジが違うものがあるので、両方取り揃える必要がある作品がいくつかあります。そういう意味では、オリジナルの再発という今回の企画は他の映画も含めて、やはり有難いですね。

その拡張版CDは近年海外では発売がたいへん盛んですが、国内盤の発売となるとかなり少ないのが実情です。ですから、必然的に輸入盤に手が伸びてしまいますが、昔に比べ販売ルートがたくさんあるので、よほどの限定版以外は入手が容易くなったのがうれしいです。
No.100 - 2013/10/05(Sat) 01:28:52

Re: 永遠のサントラ best&more 999 / てま
公式サイトがオープンしたんですね。

「オクトパシー」はちょうどCDが出始めた頃だったので、当時のCDは海外のebayで見ただけで、現物は手にしたことがありません。公開当時はカセットテープで
購入しました。 「ユア・アイズ・オンリー」の水着の女性たちのジャケットの「007/13テーマ」の「オール・タイム・ハイ」はこれだけ、ちょっとミックスが違ってて、当時CD購入2枚目くらいだったので、テープでは聴こえない音もある、とおもったら、このCDだけ
ちょっと違っていました。

余談ですが、この12月リリースラインナップに「エアポート75」がありますね。音楽はジョン・カカバスですが、カカバスはロンドン響演奏で007テーマ集のCDを出していますね。 この「エアポート75」は日本だけcd化されて現在廃盤で、某中古CDショップではなかなかいい価格で売られていました。これは購入しようと
考えてます。
No.101 - 2013/10/14(Mon) 17:28:33
久々の地上波放映! / コネリー・Y [ Mail ]
ショーン・コネリーの007初期3作品(ドクター・ノオ、ロシアより愛をこめて、ゴールドフィンガー)がテレビ東京の「午後のロードショー」で、11月28日(月)から3日連続で放映されます。

関東では、ショーン・コネリー主演の007映画の地上波放映は、21世紀になってからは初めてだと思います。懐かしの名吹き替えが、また聞けるかもしれませんね。

http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/
No.85 - 2011/10/30(Sun) 23:40:40

007映画地上波放映予定 / コネリー・Y [ Home ] [ Mail ]
昨年の「午後のロードショー」放映から早1年経ちましたが、「スカイフォール」公開に絡んでTBSで007映画の放映があります。

★水曜プレミアシネマ 21時から
11月28日「カジノ・ロワイヤル」
12月5日「慰めの報酬」地上波初放映
http://www.tbs.co.jp/premier-cinema/

★ダイヤモンドシアター 深夜2:18から
12月1日「ネバーセイ・ネバーアゲイン」
http://www.tbs.co.jp/program/movie_20121201.html
No.96 - 2012/11/27(Tue) 01:02:16

TV版吹き替えがイマジカBSに! / コネリー・Y [ Home ] [ Mail ]
早いもので、「007TV放送吹き替えDVD」もリリースがすべて終了しました。全BOX購入者プレゼントの応募締め切りは8月末ですので、お忘れなく!

さて、イマジカBSでの007シリーズ放映も一旦終了と思いきや、何と一部作品をTV放送の吹き替え版で放送する「007吹き替えロードショー」という企画が、6月2日から始まります。「ロシアより愛をこめて」「007は二度死ぬ」「死ぬのは奴らだ」「黄金銃を持つ男」は、TV放送版吹き替え音声を使用するようです。TV放送時のカットされた尺のようですが、DVDより高画質で見られるTV版吹き替えというのも、興味深いですね。
http://www.imagica-bs.com/feature3/007tv/
No.97 - 2013/05/22(Wed) 02:56:14
音源探索中です / おま [ Home ]
突然ですが、お邪魔致します。 現在、こちらのサイトにて、「007危機一発」の日高晤郎吹替版、「007/サンダーボール作戦」「女王陛下の007」初回放送版 の音源を探しております。
(なお私は、URLアドレスの管理人ではありません。)
おそらく、秋発売のブルーレイへ収録のためかと思われます。 007ファンの方で、ご協力できる方がいられましたら、ぜひご一報をお願い致します。
No.87 - 2012/07/20(Fri) 08:18:18

Re: 音源探索中です / コネリー・Y [ Mail ]
おまさん、はじめまして。こちらのサイトの管理人です。重要な情報をいただき、ありがとうございます。

6月に「日本語吹き替え版」のアンケートがあった件ですね。私はアンケート元の会社の方と若干接点がありますので、直接連絡してみます。

当方には、「007は二度死ぬ」から007映画の初放送分の録画ビデオはほとんどあります。「サンダーボール作戦」は残念ながら初放送版はなく、「女王陛下の007」は使用に耐えられるかどうか分かりませんがあります。140分くらいの作品なので、時間延長しても20分くらいはカットされていて、冒頭のボンドとトレイシーの出会いシーンが無くて、放映時がっかりした思い出があります。

それでは、よろしくお願い申しあげます。
No.88 - 2012/07/23(Mon) 23:28:55

TV吹き替え版DVD本日発売 / コネリー・Y [ Home ] [ Mail ]
ご報告が遅れましたが、こちらとして第一期および第二期発売分対象作品で、出せるだけの音源提供をさせていただきました。

一足お先にDVDをいただき、少しばかり見ていたところです。DVD自体は予告編も入らないシンプル仕様ですが、TV放送にこだわった言わば「大人の逸品」という感じです。筆記具とかの道具類で素材や工程にこだわった品々と同じということですね。ブックレットは単色刷りですが、むしろ文字はこのほうが読みやすいです(特に年配者には)。製作に携わったスタッフのみなさま、ご苦労様ですと敬意を表したいと思います。

メニュー画面構成がどうなるか気になっていたのですが、チャプターの振り分けやタイトルを含め2000年に発売された「特別編DVD」のスタイルを踏襲しているんですね。特別編のメニュー画面やチャプターの振り分けはアルティメット版より個性的で個人的に好きだったので、うれしかったです。

吹き替え版DVDの公式サイトも、内容充実で更新が続いているようですね。
http://www.007fukikae.com/
No.95 - 2012/11/14(Wed) 00:34:57
007ブルーレイBOX / GONIN
待望のブルーレイBOXが到着しました。よい所もあれば、悪い面もあるBOXですが・・。
良い面はやはり特典が1枚で自由に見れるところは便利です。DVDとは比べ物にならない高画質。音声もアルティメットとは別のリミックスをされている模様。画質・音質には100%完璧と言いたいところですが、
そうでもなく、「二度死ぬ」冒頭には縦のラインのノイズが残っています。未観ですが、「女王陛下」にも同様のノイズがありとのこと。あとは特典ディスクが貧しい。今つけなくても、「スカイフォール」に収録しても
良いような内容です。

残念な面は装丁です。ブックレット収納時による傷防止のため別ケースになりますが、タイトルが分かり難く、
面倒。また、注意して開けないと、背表紙の紙が開いたとき、縦の折れ目がくっくり付いてしまいます。
ですから、別のケースを用意して、普段見るときは
そのケースで開閉したほうが良いかもしれません。
(ケースも傷みますので・・)そうすると、逆に
商品としての味が薄くなります・・。私はふつうに
タイトルずつトールケースに入れてBOXにしてくれたほうがありがたかった・・。エコか低価格化かわかりませんが、コスト削減懲りすぎたのが裏目に出た印象です。
しかし、画質はノイズを考慮しなければ今までで完璧な
画質・音質なので、まさしく映画のフィルムを手に入れた満足感に浸れます。
No.93 - 2012/10/21(Sun) 09:59:29

Re: 007ブルーレイBOX / コネリー・Y [ Home ] [ Mail ]
GONINさん
私のところへもBOXやってきました。いまのところ気になる「ゴールデンアイ」本編や、特典ディスクなどをつまみ見しているところです。私はこれまで発売されたブルーレイでは「カジノ・ロワイヤル」と「慰めの報酬」他に2〜3作品程度しか購入しなかったため、これで全作品本格的な視聴をしてゆけます。GONINさんのおっしゃるようにアルティメットDVDでは2枚組だったものが、ブルーレイでは1枚で本編と特典が好きなように切り替えて見られる利点は何ものにも代えがたいですね。


BOXの体裁ですが、この北米版用の横長収納ケースは20世紀FOX作品の「猿の惑星ブルーレイBOX」の北米仕様でも見られたもので、そちらは写真集&資料BOOKを収納しディスクはその横長収納ケースの台紙にラバー状の留め具で直付けという、やはり日本人には到底受け入れ難い仕様で、しかもディスクは外したら再度留めるのが困難という残念な代物でした。私は市販のブルーレイケースを買ってディスクは別収納にしています。ちなみに「猿の惑星」国内用ブルーレイBOXは、通常のブルーレイケース5枚組で資料本無しという簡素な仕様でした。

こういうまるで書棚に入れる「本」の付録的なブルーレイの扱いにする感覚が、日米間でのフィーリングはかなり違うようですね。ですから、日本のメーカーによる別ケースの設定は、やはり必要であったと思います。DVDソフトでも採用されている5mm厚の個別ケースで透明タイプにすれば、ディスクレーベルで内容は判別できるので、そういうものを別途購入して入れ替えてもよいかもしれません。おっしゃるように、こういうものにさらに個別のジャケットを製作すればより見栄えが良いかもしれませんが、おそらく価格がまた上がってしまいますね。この内容のブルーレイでアマゾンで一枚当たり1000円強という低価格は、日本のソフトとしてはかなりの勉強価格ですので、あとは各自工夫されるのが良いかもしれません。

このブルーレイディスクの収納方法の違いについてはかつての輸入盤レコードを思い返すと、あちらのレコードは基本的に質の悪い紙ジャケットに紙袋でレコードが放り投げらるような感じで入っています。日本のレコードのジャケットの紙質やレコードがPP袋に入れられて、細かな傷もつかないように配慮されているのとはかなりの違いがあります。さらにレコード自体も日本では廃盤などの再生原料を使う際には、レーベル部分は紙が入っているので混入を防ぐため切り取りますが、アメリカなどではレーベルも一緒に溶かし再生原料にするようです。ですから自然とチリチリとした音声ノイズが多く、中には紙の繊維がレコード盤面に浮いているのが見えることもあります。この海外との感覚の違いが、映像ソフトにおいてのパッケージ体裁にも如実に出ていると言えるのではないでしょうか?

特典ディスクがいまひとつの内容というのは、2009年の1月7日の当掲示板ナンバー60に私も書いたのですが、「次のブルーレイBOXセットは、20作品まとめてセットだけの特典ディスクを付けた体裁」という、ちょうど40周年記念DVD-BOXの「ダイ・アナザー・デイ特典ディスク」に似たものになるという予想を立てたところ、本当にその通りでした。

「二度死ぬ」や「女王陛下」なども、追々見て内容を確認させていただきます。とにかく映画化50周年&新作「スカイフォール」公開の両アニバーサリーにはふさわしい、現時点では最高の内容商品ということには間違いないので、ファンのみなさまもぜひご堪能くださいという感じであります。
No.94 - 2012/10/21(Sun) 16:55:25
ゴールデンアイのブルーレイ / コネリー・Y [ Home ] [ Mail ]
007のブルーレイBOXセットがいよいよ発売日を迎えましたが、この中で特に気になるのは「ゴールデンアイ」のブルーレイが本来の画面サイズで収録されているかどうかです。

2006年に発売されたデジタルリマスター版(アルティメットエデイション)DVDは、シネスコをビスタにしてそれをさらに上下をマスキングしてシネスコにしたような、結果的に画面情報が20%くらい減ったように見えるものでした。メインタイトルのスタッフ&キャストクレジットが中央寄りに位置変更されていることからも、公開後に最初に発売されたTVサイズのVHSやDVD用マスターを使ったのではと考えられます。

現在イマジカBSで放送されている「ゴールデンアイ」もこのマスターだったので、ブルーレイはどうなるか心配していましたが、海外の映画ソフト比較サイトにUK版ブルーレイ画像らしきものが上がっていて、それを見ると元のシネスコに戻っているようです。

以下、比較サイト(画面上から2000年発売の特別編、アルティメット版、UKブルーレイ版)です。画像ファイルが大きいので、表示が重たいです。

http://www.bulletsnbabesdvd.com/forums/viewtopic.php?f=19&t=6434&sid=7b937b8557bc611e48864b91f64b9e1e

どちらかというと、ボンドが単眼鏡型カメラでゼニアたちを撮影するシーンのカメラのズーム表示や、タイガーヘリのシーンのミサイル発射時間表示パネルの画面欠けの方が一番分かりやすいんですけどね。

6年ぶりに映画館で観た画面サイズに戻るわけですが、この比較画面を見ると特別編DVDの方がまだ横画面が広いように見えます。あとは現物が来てからのお楽しみです。
No.92 - 2012/10/18(Thu) 17:26:32
イマジカBSにてシリーズ全作+α放映! / コネリー・Y [ Home ] [ Mail ]
イマジカBSにて新作スカイフォール公開記念として、7月より12月まで「7の付く日」は、007映画の放映がされることになりました(放映は順不同)。

7月にはバリー・ネルソンが主演した幻の「カジノロワイヤル」のTVドラマ版が日本では初の放送となります。この作品は国内版のソフトが一切無かったので、たいへん貴重な放送です。

イマジカBS 007映画放映特集ページ
http://www.imagicatv.jp/info/pdf/120529_01.pdf

イマジカBS 視聴方法については以下サイト
http://www.imagica-bs.com/howto/
No.86 - 2012/06/16(Sat) 02:57:12

カジノ・ロワイヤル 1954年版 / コネリー・Y [ Mail ]
54年版カジノ・ロワイヤルを見ましたが、MGMで権利を持っている映像は、ラストが僅かですが欠落しているバージョンのようです。これは67年版の北米盤DVDの特典に入っているものと同じものです。ボンドとレイターの国籍が逆だったり、ヴェスパーという役名が存在せず、ヒロインはルネ・マティスとヴェスパーを折衷した女性キャラになっています。

原作翌年に直ちに映像化され、TV放送という時間と予算の制約の中、ハードボイルドな内容でなかなか良くできている作品だと思います。後の映画化作品では映像化されなかった原作のシーンも一部忠実に再現されている部分もあるので、ファン必見だと思います。8月と9月にも放映されますので、まだご覧になっておられないファンの方は是非ご覧ください。
http://www.imagica-bs.com/program/episode.php?prg_cd=CIID125106&episode_cd=0001&epg_ver_cd=06&epi_one_flg=index.php

なお、欠落した部分はYOU TUBEで見られます。後説やキャストクレジットの映像などに違いがあります。
http://www.youtube.com/watch?v=QLIjfSZmZCY
No.89 - 2012/08/01(Wed) 01:37:31

ラウンジ・イマジカ / コネリー・Y [ Mail ]
イマジカBSでの007特集上映も、早3カ月目に入りました。映画放送は有料ですが、映画の情報や予告編が見られる「ラウンジ・イマジカ」は無料放送です。
http://www.imagica-bs.com/feature3/loungeimagica/

マギーさんとメイ・パクディさんの美女ふたりが、それぞれ007映画の主演俳優の紹介や映画のミニ情報などを教えてくれて、最後には予告編が見られるお得な10分程度の番組です。番組の最後にはプレゼント情報もアナウンスされますので、是非ご覧になってください。

ところで第5回「ゴールドフィンガー」の予告編を見て気になったのですが、映画の場面の合間に黒い画面に入れ替わるのですが、そこには本来「STOP」「LOOK」「BOND」「007」などの文字が、アナウンスともに入って効果を出します。いわゆる「字ネガ」というものが欠落した状態なので、本来の予告編の意味をなしていないのが残念です。

オリジナルの映像は以下となり、DVDなどにも収録されています。
http://www.youtube.com/watch?v=Qj-vmGlAt2Y
No.90 - 2012/09/08(Sat) 16:08:02

10月5日は、ジェームズ・ボンドの日 / コネリー・Y [ Mail ]
まず、訂正です。「ゴールドフィンガー」のイマジカBSでの放映順は第9回目です。字ネガが無いのは、黒味部分に公開する国の原語文字を入れたりする目的があるのが一般的ですが、やはり抜けた状態ではマヌケに見えてしまいます。

ところで、来る10月5日は「ドクター・ノオ」が初公開された日ということで、「ジェームズ・ボンドの日」になるんだそうです(知らんかった)。

そこで、現在007映画を連続放映しているイマジカBSでは、朝6時からほぼ半日ぶっ続けで「ドクター・ノオ」から「ダイヤモンドは永遠に」「ボンドガールは永遠に」の8本を放映します(すべて字幕版)。

また現在スカパーでは、9月29日から10月8日まで10日間無料放送キャンペーン(一部例外あり)を実施中で、007映画も5日の「ダイヤモンドは永遠に」や7日の「ワールド・イズ・ノット・イナフ」が無料対象なので、レコーダーの番組表などでチェックしてみてください。
No.91 - 2012/10/03(Wed) 04:02:56
リリース情報 / コネリー・Y [ Mail ]
ゴールデンアイWii国内版が6月30日に発売されます。

ダニエル・クレイグを主役に据え、現在の007映画の世界観に沿って再構築されたストーリーと、映画の主題歌をニューアレンジで聞ける、緻密なグラフィックによるさまざまなステージが楽しめる新しい「ゴールデンアイ」の誕生です。

北米版を先にプレイしましたが、N64とは別物のようなゲームシステムには賛否が起きると思います。確かにヴァレンティン・ズコフスキーの扱いが雑とか、ボリスが出てないという変更には戸惑いが起きます。

でも、007ファンなら是非ともプレイしていただきたいです!

http://www.nintendo.co.jp/wii/sjbj/index.html

海外ではソフトに限定同梱だった「黄金のクラシックコントローラPRO」がクラブニンテンドーのポイントでゲットできますよ(^^)/

http://club.nintendo.jp/present/P124/index.html
No.84 - 2011/06/17(Fri) 00:52:59
ジョン・バリー死去 / コネリー・Y [ Mail ]
007シリーズの「音の主演者」と言って過言の無い、作曲家のジョン・バリー氏が30日に亡くなったとのことです。

007映画がきっかけで、バリー氏の手がけた映画音楽のサントラレコードを若い時に買いまくって、繰り返し聞いた日々が思い出されます。もう一度、007の新作を手掛けて欲しいと思っていたのですが、それももう叶わないのですね。

今はこれ以上言葉が思いつきませんが、謹んでご冥福をお祈りいたします。
http://www.barks.jp/news/?id=1000067366

この映像を見て、在りし日を偲びたいと思います。
↓ユーチューブより
http://www.youtube.com/watch?v=DLh8oDnWHHw
No.81 - 2011/02/01(Tue) 03:05:51

006が・・・ / コネリー・Y [ Mail ]
ゴールデンアイの006役などで有名なショーン・ビーン氏がロンドン市内のバーを出たところ、何者かに刺されたそうですが幸い軽傷だったようです。

それにしても記事の題名が「悪役俳優 刺される」とはね。確かに悪役が多いようですけど(~_~;)

http://news.nifty.com/cs/entame/moviedetail/hwch-20110615-20110615_0901/1.htm
No.83 - 2011/06/15(Wed) 23:32:07
カジノ・ロワイヤルの撮影にも使われた「人体の不思議展」が・・・ / コネリー・Y [ Mail ]
新しい年もはや3週間が過ぎまして、お伝えたしたいこともいくつかありますが、この掲示板は相変わらずのノンビリモードです(汗)。

テレビ東京では年末年始に007特集を組んでくれて、「ユア・アイズ・オンリー」「消されたライセンス」「ワールド・イズ・ノット・イナフ」そして「ゴールデンアイ」を放映しました。いずれも2時間枠のカットだらけでメインタイトルの歌も聞けない作品も見受けられましたが、「ユア・アイズ・オンリー」は久々のTBS放映版の吹き替えだったので拾いものでした。新作までブランクがあるこの時期には、新規ファン獲得のためには結構な企画だったかもしれませんね。

ところで、4〜5日前のニュースで伝えられたのでご存じの方もいらっしゃると思いますが、「カジノ・ロワイヤル(もちろん2006年版)で敵組織の連絡場所に使われた「人体の不思議展」が、日本で物議を醸しているようです。

↓23日で終了した京都での開催の際、提訴が行われたことを伝える記事
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110119/crm11011914480236-n1.htm

標本は「遺体(死体)」という定義か、それらの人々に本当に生前に献体の意思があったのか、胎児は献体の意思は示せないではないかという基本的なことから、主として中国から来ているそれらは政治犯の処刑されたものではないか等々の憶測を生んでいるようです。また、医学標本の展示にしては映画館並みの入場料金を徴収しているところが、「見世物興行的」ではないかというところも批判の対象になっています。

そこで検索してみると、アメリカのABCニュースで「カジノ・ロワイヤル」に「人体の不思議展」が撮影シーンに協力している旨が映画の該当シーンを映して報道されていました。
↓ユーチューブより(ここの3分37秒あたりから)
http://www.youtube.com/watch?v=wH0loYU-tLg

スペシャルエディションのブルーレイにある解説音声によると、このシーンを提案したのは監督のマーティン・キャンベルらしく、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンもその演出を気に入っている旨の発言をしていました。映画のテーマである「カジノでのポーカー対決」をあからさまに展示物(つまり特殊処理をした死体)で比喩しているシーンを最初に見たときは、確かにインパクトがありました。ダニエル・クレイグの007はあからさまなユーモアを排したトーンの作品なので、これらの演出が効果的なブラック・ユーモアになったことは確かでしょう。

その後、日本でもこの「人体の不思議展」が開催されていることは知りましたが、標本遺体にさまざまなポーズをとらせているところには、やはり違和感を持たざるを得なかったので見にゆく気にはなりませんでした。自分が今現在10代の学生だったら、きっと好奇心で見に行ったかもしれません。しかし、本当にこの遺体たちはどこから来たのでしょうか?

さてさて、新作BOND23も製作の目処がついてきたようで、2012年11月の公開を目指して本年から撮影開始らしいですね。ついでに「人体の不思議」に何か国際的陰謀のあるエピソードというストーリーも新作映画でありかなと思いつく今日この頃です(そりゃ、まずいか)。
No.80 - 2011/01/25(Tue) 03:17:02
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
33/200件 [ ページ : 1 2 3 4 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS