21622
デラシネ掲示板

「月刊デラシネ通信」と「石巻若宮丸漂流民の会」の掲示板です。
皆様の書き込みをお待ちしています。

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
アートタイムス販売について / クマ
デラシネ通信から生まれた雑誌『アートタイムス』第二号が、4月20日発行されました。今回の特集はインド魔術。インド魔術の第一人者といってもいい作家山田真美さんとの対談、大道芸の達人上島敏昭さんのイシャムディン観覧記など読みごたえのある内容になっています。おかげさまでイシャムディーンが出演したヨコハマ大道芸では64部も売れ、それなりに手応えを感じております。
とはいうものの、営業するまでの余力はなく、400部近くの在庫を抱えて、ちょっと困っています。
『アートタイムス』を販売してくれるところを探しています。買い取りなんてそんな図々しいことはいいません。期限付き委託でぜんぜんかまいません。
協力してもらえませんか?
10部以上の委託、買い取りで卸し値は、定価300円のところ200円になります。送料はこちらが負担します。
よろしくお願いします。
No.66 - 2007/05/14(Mon) 00:47:13
会報 / クマ
会報『ナジェージダ』16号を今日会員の皆さんに発送しました。メール便でお送りしていますので、2、3日かかるかと思います。
今号も充実した号になりました。高橋さんの力作論文はじめ、若宮丸漂流民の謎に鋭く迫っています。
読んだ感想などまたお寄せください。
No.52 - 2007/04/24(Tue) 00:24:05

Re: 会報 / E.HONMA [ Home ] [ Mail ]
本日、ナジュージダNo16着きました。「ついに解き明かされるナアッカの謎」を読み進めてゆくほどのめり込みました。推理小説もどきのフィナーレで、ウラナスカ漂着後にアトカ島へ移動したとはこれまで誰も気づかなかったことでです。雪狼さんも漂流民がアトカ島に居たのではないかとの推理、それが的中するとは9回裏ダメ押しの満塁ホームランに匹敵するようです。これまでは、環海異聞の記述を重要視しすぎたのですね。早速「外国漂流記」「漂流異国物語」でその部分を確認しました。確かにそのとおりの記述がありました。ただ、外国漂流記は日付けが間違っているようで、ナアッカに23日着、24日出立となっています。日付けについては、他の記述で露西亜国江漂流仕候陸奥国之者4人長崎奉行〜の中でも違っている部分が多いようです。ひとつだけ、私の考えではアトカ島から聖バヴェル島への進路の誤りはガスのせいではないかと推理しています。夏のアリューシャンはガスの発生が多く、数日間にわたり船位を決定する天測(太陽や星の高度観測)ができなかったのでしょう。昔、私も船乗り時代に2日位天測ができずに推測位置よりかなり流されていたことがありました。とにかくこの記事は近来稀に見る新発見といえるのではないでしょうか。雪狼さんも推理小説家になれそうですね。解明オメデトウ!次は善六の謎解きをお願いします。他の記事も充実してましたね。読み応えがありました。
No.54 - 2007/04/25(Wed) 21:33:31

Re: 会報 / 雪狼 [ Home ]
封を開けて最初に目に入ったのが「あとがき」。偉く誉められているので恐縮です。しかしここで満足せず、今まで以上に頑張っていこうと思います。
木崎先生の著書p43最終段落からp44にかけての内容にどうしても納得がいかず、正直スルーしようと考えたものです。しかし津太夫さんに怒られそうな気がして、これはいかんと自分自身に気合を入れなおしました。中身そのものより、満足するまで追究することで結果を得られることが今回の一番の成果でした。なお若宮丸の会というものがなければ、決してこの発見はなかったでしょう。やはり集団の力というものは個人の知識・能力の単なる足し算ではないと改めて感じました。
まだまだ200年祭の勢いは止まりません、若宮丸の会これからの発展に大いに期待しましょう。

PS
いしのまき河北久野さん、この発見、新聞記事のネタになりそうですか?
No.55 - 2007/04/25(Wed) 23:13:30

Re: 会報 / クマ
久野さんはこの掲示板を読んでいる可能性は少ないので、あとからプッシュしておきます。それと今回は、歴史関係の雑誌に送ってみようと思っています。明後日からゴールデンウィーク中は出張なので、それから戻ったら発送しようと思います。誰か目を留めてくれるといいのですが・・
No.56 - 2007/04/26(Thu) 00:45:42

Re: 会報 / クマ
久野さんに今日電話しておきました。記事になるかなと思っていたそうです。どうなるかわかりませんが、なにかあれば連絡がいくと思います。
歴史関係の雑誌にも今日会報を発送しました。
No.57 - 2007/04/26(Thu) 14:44:09

Re: 会報 / E.HONMA [ Home ] [ Mail ]
5月末に、石巻千石船の会の機関紙「ふるさとのかたりべ」を発行しますが、ご了承願えれば、この記事の要約を紹介したいと思いますがいかがでしょうか。また可能であれば漂着からのルート地図を転載できますでしょうか。ご検討ください。
No.59 - 2007/04/28(Sat) 09:17:02

Re: 会報 / 雪狼 [ Home ]
ぜひお使いください。っていうか、この場合著作権はどちら?
なお久野さんのほうですが、もし記事にしていただけるとなれば、連絡は名簿の家デンではなくケータイにお願いします。実家(親父の電話)から聞き出していただけます。
No.60 - 2007/04/28(Sat) 21:00:23

Re: 会報 / デスク大野 [ Mail ]
横から失礼します。
会報の制作担当の大野です。
高橋さんの記事の地図データは、いただいたものに
こちらで少し手を入れています。
EPSデータ(AdobeIllustrator使用)がありますので
必要な場合は上記メールへご連絡くださいませ。
JPEGなど、他のファイル形式にもできます。
なお、最近スパムが多いので、なるべくメールのタイトルは
分かりやすいもの(「会報の地図データ」など)を
つけていただけると誤消去を防げてうれしいです。

高橋さんにもメールでお渡ししようと思っておりましたが、
大島さんが今出張中で連絡が取れず、高橋さんのアドレスを
聞き出しそこなっていました。
ごめんなさいー。
ゴールデンウィーク明けには、お送りできると思います。

(せっかく作ったので、誰かに使ってほしいのでした!)
No.61 - 2007/05/01(Tue) 23:24:37

Re: 会報 / imamura [ Mail ]
遅ればせながら、GWの最後を使って
会報をじっくり読みました。
いやー、高橋さんの論文は読み応えがあってよかったです。
いちど斜め読みしてもよくわからなかったんですが、
今日じっくり時間をかけて読んでみたところ、
パズルのピースがことごとくはまっていく気持ちよさを味わえました。
木崎さんや加藤さんが見落としていたものなどにも
きちんと言及していて素晴らしい。
高橋さんの執念の賜物だと思います。
No.64 - 2007/05/07(Mon) 00:29:49

Re: 会報 / 雪狼 [ Home ]
おおのさん>
メール確認しました。ありがとうございます。
もともとの簡単な地図が、会報ではカッコよく変わっていたのには驚きでした。

今村さん>
感想及びお褒めの言葉ありがとうございます。
今村さん・きぬとさん・石井さんなど若手の台頭で、旧最年少会員だった自分の立場が危うくならんよう必死にやっております(笑)
No.65 - 2007/05/09(Wed) 18:26:23
江戸東京博物館 / しらせやしま
こんばんは。
江戸東京博物館(東京都墨田区)で4月10日から”ロマノフ王朝と近代日本”展が行われます。レザノフやクルゼンシュテルン関係の展示もあるそうです。また、"クレムリン"展も行われておりますので、あわせてこちらもどうぞ。クレムリン展は見てきましたが、改めてロシア皇室の財宝のすごさを感じました。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/about/josetsu/dai2/2007/0410/0410.html


あと、長崎帆船フェスティバルが今年も連休中に行われます。今回ロシア船は"パラダ”(プチャーチンの船と同名)がウラジオストクから参加します。
No.46 - 2007/04/09(Mon) 03:43:51

Re: 江戸東京博物館 / クマ
この展覧会は見なくてはいけないと思っていました。さっきこのサイトを見たら、レザーノフ来航時に同行した博物学者ティレジウスが描いた日本人通詞のスケッチも展示されているようですね。オリジナルは見たことはないので、これはぜひ見ないといけないですね。
情報ありがとうございました。
No.48 - 2007/04/11(Wed) 22:25:25

Re: 江戸東京博物館 / クマ
今日見てきました。日露交流史に関心がある人には必見の展覧会だと思います。私にとってはロマノフ皇帝至宝展よりずっとみるべきのがありました。日露出会いの場から日露戦争の時代まで、非常によくまとまって展示されていました。20世紀初頭のロシアにおけるジャポニズムまで視野に入れているのは、しっかりとした学芸員の視点がみてとれます。
漂流民関係では、クルーゼンシュタインの「世界一周アトラス」のティレジウスのスケッチを基にしたエッチングの日本に関係するものが多数展示されているのが目につきました。ニコライの来日と大津事件に関するロシア側が撮影した写真も珍しいものばかりで見応えがあります。サーカス関係も数点あったのにもびっくり。
日本ではこの江戸博物館での展示が最後になるようです。東京在住の人はぜひ見た方がいいと思います。会期は6月17日までです。
No.58 - 2007/04/26(Thu) 22:24:18
ハマの大魔術−イシャムディーン / クマ
今日発売の週刊新潮のグラビアに、「ハマの大魔術」というタイトルで、先日ヨコハマ大道芸に出演したインドのイシャムディーンが紹介されています。
なかなか雰囲気たっぷり、妖しげな感じが良く出ています。今週は合併号ですので、中身も充実しています。ぜひご覧ください。
No.53 - 2007/04/25(Wed) 12:21:01
車とパソコン / てら [ Home ]
 こんにちは。温暖化問題を心配している「てら」です。

 毎日の生活で二酸化炭素をたくさん出すものとして、電気と自動車の使用が挙げられています。
 しかし、車で10キロ走るのと、パソコンを1時間使うのとでは、一体どちらが、どれだけの二酸化炭素を出しているのでしょう?
 それを調べて、私のHPの「エッセイ266」で書いてみました。ちょっと驚く結果ですが、ご覧になってみて下さい。
No.47 - 2007/04/11(Wed) 20:34:31

Re: 車とパソコン / 雪狼
一時間に車10キロで済むかよ。
比較するなら「パソコン一時間と運転一時間」ではないかと。
一時間のウォーキングとスクワット10回を比較してもナンセンスだろうが。

皆様、こういう数字のマジックに騙されないで下さい。
No.49 - 2007/04/11(Wed) 22:43:48

Re: 車とパソコン / てら
 レスありがとうございます。

 詳細は「エッセイ266」を見て頂きたいのですが、燃費が1リットル15キロメートルの車で10キロメートル走ると、60ワットのパソコンを60時間使ったのと同じ量の二酸化炭素を排出します。

 もし燃費がリッター15キロの車で、時速60キロで1時間走ったとして、60キロメートル走ったとしましょう。そうすると消費したガソリンは丁度4リットルですね。
 そのときに排出される二酸化炭素は、60ワットのパソコンを364時間使うことに相当します。
No.50 - 2007/04/16(Mon) 01:54:14

Re: 車とパソコン / 雪狼
続きはこの板ではなく、↓で待っています。

http://6210.teacup.com/toshy/bbs

基準が明確であれば興味深い話題なので。
No.51 - 2007/04/16(Mon) 21:43:37
吉村さん追悼号 / クマ
いま発売中の「小説新潮」4月号で吉村昭さんの追悼特集が組まれています。なかなか読みごたえのある特集でした。特に吉村さんとは縁の深い瀬戸内寂聴さんと奥さまの津村節子さん、そして友人の大河内昭爾さんの鼎談、ノンフィクションライターの最相葉月のエッセイは、吉村さんの実像と、ノンフィクションともちがう歴史小説を書いた作家としての吉村さんに肉薄するものでした。鼎談のなかで、津村節子さんは、太十郎が持ち帰った上着の保存を吉村さんが呼びかけ、それが町の重要文化財に指定され、保存されることになったとき、とても喜んでいたというエピソードを紹介しています。吉村ファンは必読の特集だと思います。
No.43 - 2007/03/25(Sun) 23:56:39
ナアツカ / 雪狼 [ Home ]
ただいまメールを送りました。

http://homepage2.nifty.com/snowwolf/alutian.htm

↑で間違いないと思っていましたが、どうしてどうして。
ともあれ漂着してからのルートが解明されたと思います。
これで津太夫さんも安心してくださることでしょう。
No.33 - 2007/02/22(Thu) 19:19:55

Re: ナアツカ / クマ [ Mail ]
いまさっと読みましたが、なるほどすごい新展開があったのですね。ご苦労さまでした。
漂流民の漂着地について確定できる、確かな論考となっていると思いました。
加藤先生に読んでもらいたいですね。
会員の皆さんは、次号会報をお楽しみに・・・かなりスリリングですし、読みごたえがあります。
No.34 - 2007/02/23(Fri) 10:29:25

Re: ナアツカ / 本間 [ Home ] [ Mail ]
「これが津田夫らの足跡だ」見ました。ウラナスカ漂着説もいよいよ現現実味を帯びてきましたね。さすが雪狼さんです。私の方も、その説の援護射撃的的になるような、先日総会でお話した環海異聞の距離の記述からの推察の文章を出しますのでよろしく! 多少は役に立てれば幸いですが。ウラナスカのダッチハーバーだと供養碑を建立するのも夢ではなくなりますね。さて、クマさんニシキヘビの写真、送付してください。怖いもの見たさです。
No.35 - 2007/02/25(Sun) 21:28:35

Re: ナアツカ / 雪狼 [ Home ]
本間さん、それは訂正前の記述です。
採点すれば50点ですね。
次の会報までお待ちください。
No.36 - 2007/02/26(Mon) 21:08:59

Re: ナアツカ / 本間 [ Home ] [ Mail ]
そうだったんですか。次回の会報を楽しみにしてます。昨日、石巻市中央公民館の利用協講座で斉藤善之先生に講義をお願いし、同時に宝古堂コレクショウンの環海異聞のコピーを千葉さんから借りて展示しました。興味深く見ていた人も何人かありました。
No.37 - 2007/02/27(Tue) 09:14:13

Re: ナアツカ / クマ
雪狼さんへ
すみません。最終決定版原稿念のために、もう一度送ってもらえますか。よろしくお願いします。
No.41 - 2007/03/11(Sun) 23:49:53

Re: ナアツカ / 雪狼 [ Home ]
はい。ただいまお送りしました。
これ加藤九祚先生はもちろんですが、当会の諸先生方にも太鼓判押していただき、ついに完全決着となれば、と思います。
しかし吉村昭さん、山下恒夫さんにも読んでいただきたかったわけで…ご存命だったらなぁ。
No.42 - 2007/03/13(Tue) 21:43:26
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
117/200件 [ ページ : << 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS