04602
Daily Records
HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
07月04日(火):Almost Famous / yukie
「あの頃ペニーレインと」のDVDをみるきーさんに借してもらって見た。前にレンタルで見たことあったけど、2度目もまた面白かった。Kate Hudsonがもーかわいくてかわいくて、彼女を眺めてるだけで至福。
主人公のWilliamが家を出ていくお姉さんからたくさんのレコードを譲り受けて、『TOMMY』に挟まれた
"Listen to Tommy with a candle burning and you will see your entire future"というメモを見てその通りにするシーンは、本当に素敵だと思う。流れ出す「Sparks」がとても美しい。その前にSimon & Garfunkelの「America」が使われているのも個人的に嬉しい。
特典には「監督が選ぶ73年度の トップ・アルバム・リスト」というのが入っていて、『ODDS & SODS』が選ばれていた。説明はわりとあっさりしたものだったけど。
No.14 - 2007/07/23(Mon) 20:16:25

07月07日(金):Happy Birthday / yukie
今日は誕生日。この日記を書いてる実際の日付が何日であろうと、7/7はRingo Starrの誕生日。おめでとう、Ringo。
The WhoとRingoの縁は深く、とくにKeithとはドラマー同士大の仲良しだった。Johnとはオールスターバンドとして一緒にステージに上がっているし、Rogerとは映画で共演している。ではPeteは?PeteとRingoってどんなつながりがあるだろう。ロケストラで共演?いまいち弱いな……。今度b-koちゃんに聞いてみよう。
No.15 - 2007/07/23(Mon) 20:16:57
06月27日(火):the anniversary of John's death / みるきー
もうあれから4年も経つのか…と時の流れの早さに驚いてしまった。
今でもあの日のことはついこの間の事のようだ。b-koちゃんからの携帯メールで知った信じられない悲しいニュースに、その日位一日動揺しっぱなしだった。追悼に、とWHOのレコードを買ったりしたっけ。
そして4年経った今日、「第1回ジョン・エントウィッスル追悼ライヴ」に行った。都合で途中で帰らないといけなかったのだが、ジョンのベースプレイを連想しつつ、みなさんの演奏を楽しむ事ができた。どんなライヴでも割とベースに目が行く方だが、今回はいつにもましてベースのみ。
やはり彼の独特のベースメロディーというのは、いつ聴いてもすごさを感じさせる。ジョン本人のプレイが生で見られないのはとっても悲しいけど、こうやって疑似体験できるとそのすごさに触れる事ができて、少し幸せになれるのだった。
No.12 - 2007/07/23(Mon) 20:15:15

06月30日(金):CD&DVD / みるきー
2002年のツアーから、The Whoはそのツアー音源を全て「ENCORE SERIES」と名づけて公式に発売している。そして今回の2006ツアーでは、いつものCDに加えて、DVDまで発売される事が発表された。
おそらくブート音源や映像の流出を防ぐための対策なのだろうが、ちゃんとした音源や映像は大歓迎!映像は初めての試みだが、きっときれいな映像でのThe Whoを見られるだろうから、とても楽しみである。
やはり自分が見たコンサートの映像は、改めて見てみたいものだ。例えば今から遡って、2004年の日本公演の横浜完全版と大阪はぜひ映像化してもらえないだろうか?
No.13 - 2007/07/23(Mon) 20:15:45
06月19日(月):Rarities / yukie
The Whoのファンサイトをやっているとはいっても年がら年中The Whoばかり聞いているというわけではないのが正直なところ。でも今は夏のツアーの予習ということで集中的に聞いている。今回は「マニアックな曲をやるよー」と前もって宣言されているので、全アルバム入れてあるiPodで「Rarities」を選んでみたり、B面曲に注目してみたり。「Dogs」とかやってくれたら嬉しいなあ。ないだろうなあ……。Peteコーナーは何をやるんだろう。驚くような曲をアコギで聞かせてくれたらとつい願ってしまう。もちろん定番の曲でも充分感動するのはわかってるけれど。
No.9 - 2007/07/23(Mon) 20:13:17

06月22日(木):Tommy / yukie
もうすぐ締め切りを迎えるPOLLのテーマ、「TOMMYの中で好きな曲」というもので、このアルバムが大好きな私としては気になってちょこちょこ結果をチェックしている。「Sparks」が1位(現時点で)というのは面白いなと思った。確か最初の頃は「Amazing Journey」とかが1位だったような。どの曲のコメントを見ても頷けるものばかりで、改めてこのアルバムが多彩な魅力を持った作品だということが伝わってくる。
ところで最近はBeatles来日40周年とかであちこちで特集がされている。雑誌やテレビでよく目にするし写真展などのイベントも開かれている。ということは、もしかしたら2009年には「TOMMYリリース40周年」で熱く盛り上がる可能性が!……うーん、あったらいいなあ。
No.10 - 2007/07/23(Mon) 20:13:47

06月25日(日):Arsenal / yukie
ここで連想ゲーム。

少し前にRogerがイギリスのサッカーチーム、アーセナルとそのホームスタジアムの為に新曲「Highbury Highs」を作ってセレモニーで歌った。

ロック満載の小説「ハイ・フィデリティ」の作者Nick Hornbyは熱狂的なアーセナルファン。

映画版「ハイ・フィデリティ」ではJack Blackがレコード屋の店員役で登場。

Jack Blackが主役を務めるロック満載の映画「スクール・オブ・ロック」ではThe Whoの「Substitute」が使われ、PeteやKeithの姿が見られる。

いや、「アーセナルってどこかで聞いたチーム名だよなあ…」とよくよく考えたら、Nick Hornbyの本「ぼくのプレミア・ライフ」のことを思い出したと、それだけなんだけど。ちなみに最初Sean Bean(ロード・オブ・ザ・リングのボロミア)か?と思ったら彼はアーセナルじゃなくてシェフィールド・ユナイテッドのファンだった。
No.11 - 2007/07/23(Mon) 20:14:38
06月14日(水):THE COLLECTORS / b-ko
日本のモッズバンドとして有名なTHE COLLECTORSのライブ(レコード会社のイベント)チケットが当たったので行ってきた。
オープニングDJは小西康陽さん。THE COLLECTORSはイベントのトリだった。
彼らのステージ前は、ずっとThe Whoの曲をかけており・・・違う意味で盛り上がった。「I Can See For Miles」「Magic Bus」「Relay」等々。
そして彼らのセットリストの中にも「Pictures Of Lily」のカバー(日本語バージョン)が。Lilyがこの世にはもういないというところを「星になった」と歌っていたのが印象的だった。日本語で聴くと、また違った味わいが…。
それと、加藤さんのジャケットがFred Perryだったのが高ポイント!
No.5 - 2007/07/23(Mon) 20:10:17

06月15日(木):Dream part2 / b-ko
先週木曜日のyukieさんの日記のように、私の夢にもメンバーが出てきたことは何度かある。最近で言うと…Pete(とRachel)。しかも、嬉しくないシチュエーションで。
何故か私は帰宅時間が遅くなり、Peteに怒られている。横ではRachelが悲しそうな顔をしている。まるで、父親と母親のような…。「帰りが遅くなるなら、連絡の1つでも入れろ!!」と。
メンバーが出てくるなら、やっぱり演奏している姿が見たい…。夢はもうすぐ叶うけど。
No.6 - 2007/07/23(Mon) 20:10:54

06月17日(土):ICE / b-ko
またまた先週のyukieさんの日記「略語」についてを受けて…。
「I Can't Explain」が「ICE」と訳されるのを目にしたのは、実は最近のこと。海外のファンサイトでは当たり前のように使われていたので、誰も註をつけてくれていなかった。だから、「ICE」を初めて見たとき、Zakファンの私は…当然彼のバンド(ユニット)ICEかと…(思わなかったけど、瞬時に連想された)。

あと略語で頻繁に目にするのは、会場名でしょうか。
RAH(Royyal Albert Hall)とかMSG(Madison Square Garden)とか。
No.7 - 2007/07/23(Mon) 20:11:52

06月18日(日):Peter Blake / b-ko
日本時間午前4時30分。Leeds大学にThe Whoが戻ってきた。
中継されたのは始めの3曲。
ステージがあんなに狭いとは思わなかった。
機材とメンバーがひしめき合っているように見えた。

ああ、生で動いているThe Who。ツアーが始まったんだ…
実感したが、まだ大きな感動はない。きっとこれからじわじわとくるのだろう。

それよりも、ライブ前にやった「IN THE ATTIC」にPeter Blakeが遊びに来ていたのが嬉しかった。彼はご存知、『FACE DANCES』のデザインをした人(あとはBeatlesの『SGT PEPPER〜』やPaul Wellerの『STANLEY ROAD』)。
当時の『LIVE AT LEEDS』は生で聴いてはいないが、初めてThe Whoを見たのは『READY STEADY GO!』だったと話していた。
相変わらず存在感(オーラ)のあるおじいちゃんだった。
No.8 - 2007/07/23(Mon) 20:12:26
6月5日(月):Anniversary / yukie
まずはご挨拶。WHO's Generationは2006年6月1日をもって無事2周年を迎えることができました。これもひとえに遊びに来てくださる皆さんのお力あってこそです。新作リリース、スケジュールぎっしりなこの夏のツアー、来年には来日公演??も控えて勢いのあるThe Who周辺となっており、ますますサイトを充実させていきたいと考えていますので、これからもよろしくお願い致します。
それにしても2年……開設当時からいろいろと変化もありつつ、2年経ってもこうして続けていられるのは本当にありがたいことです。何よりThe Whoのメンバーが頑張ってくれているから、私たちも元気をもらってサイトに反映していけます。あまり頑張りすぎても息切れしてしまうので(歳だし)、無理せずに息長く活動が続いてくれることをいちファンとして願ってやみません。
No.1 - 2007/07/23(Mon) 20:07:01

6月6日(火):Explanations / yukie
それから掲示板&リレー日記移転についての説明を。その2つのcgiをずっとレンタルさせてもらっていたところが5月末日でサービスを打ち切ってしまうことを、管理人皆がギリギリまで全く気づかずにいました。おかげでサービス停止後になってから慌てて移転先を探し、最近の過去ログをコピー・ペーストして(みるきーさんありがとう)、なんとか再出発できました。リンク切れだったしばらくの間にクリックして「あれ?開かない?」と心配してくださった方がいらしたら申し訳ありません。BBSの方、これからも書き込みをお待ちしています。
No.2 - 2007/07/23(Mon) 20:07:48

6月8日(木):Will you give me your autograph? / yukie
ここからは通常のリレー日記として、くだらないことをつらつら書いていきます。

それこそくだらないのだけど、先日PeteとZakが夢に出てきた。
場所はどこかのタワレコ。私がエスカレータを上っていると、前に2人がいた。来日中らしい。2階に到着すると、2人が店員に止められて、街頭で配ってるティッシュみたいな感じでThe Whoのサイン色紙(印刷)とCDを渡されていた。本人なのに。「そんなのもらっても…」と困った顔したZakが後ろを振り返り、たまたまそこにいた私にくれた。私がアワアワしていたら「あ、やっぱりこんなのいらないよね」とやめようとしたので、「いります!」ともぎ取った。それから2人は店内へ。ZakがCDなど手にとって見ている。私はようやく落ち着いて、「そうだ、Peteにサインをもらわなきゃ」とPeteを探すと、店内の椅子に疲れた様子で座っていた。私がもらったばかりのCDとペンを渡してサインくださいと頼んだところ、彼はにこにこと愛想良く笑ってサインをしてくれた。このへんで終わり。

正夢になるかどうかというのはともかく(ならないし)、Peteがあまりにもおじいちゃんチックだったのが気に入らないので、もっとパワフルなPeteの夢を見られるようにこの夏のツアーで気合入れてギター弾きまくるPeteをしっかり見てきたいと思う。
No.3 - 2007/07/23(Mon) 20:08:44

6月10日(土):TKAA / yukie
移転前のリレー日記に書いた「ほわいのDVD」(BSで放映されたKids Are Alright)を見てみた。確かに話に聞いていた通り、歌詞に字幕がついている。話している内容につく字幕も、今までLDからダビングしてもらったビデオで散々見てきたものとはところどころ変わっていて、面白かった。

ところでタイトルに書いたTKAA(=The Kids Are Alright)のように、海外のファンサイト等では略字でアルバム名や曲名を表すことが多くある。WGFAとかAAA、ICEなどは頻繁に目にする。確かthewho.netでも略字の解説ページがあったはず。The Whoに限らずどの洋楽アーティストでも同じことが言えるけれど、YCAGWYW(Stones)とかSIOMWTMBA(Bob Dylan)とかになると略語というよりはむしろ暗号で、ちょっとどうかと思うことも。
No.4 - 2007/07/23(Mon) 20:09:27
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
159/200件 [ ページ : << 1 ... 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS