04625
Daily Records
HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
11月04日(水):THE BOAT THAT ROCKED / b-ko
映画『パイレーツ・ロック』を見てきた。サイトのNEWSでも紹介したが、この映画は1960年代中頃に音楽(ロック)布教に大貢献した海賊ラジオ局をベースにした話。The Whoファンとっては『THE WHO SELL OUT』の雰囲気でも思い出してもらえばいいだろうか。
ネタばれになるので内容を書くことは控えておくが、ストーリーのフィクション色の強さへの好みは色々あるところだとして、サントラは音楽好きには最高。要所で使われるThe Whoの楽曲も嬉しい(ただ、ラジオで“放送”される形でもフューチャーしてほしかった。対してThe KinksやSmall Facesのほうがいい感じに…)。
見ていない方は是非!
No.370 - 2009/11/19(Thu) 21:38:58

11月19日(木):Liam's new band / b-ko
Oasisが“本当に”解散したのは確か2、3か月前だったか…。Liam Gallagherがどうやら仲間を集めてデモ作りを始めているらしい。そこには“噂”でZakの名前も挙っていたが(nme.comより)、誰もはっきりと彼の名前を口にしたわけでもなく、単なる“噂”だろうというのがもっぱらの噂。
No.371 - 2009/11/19(Thu) 21:43:04
10月12日(月):Roger's Tour / yukie
Rogerのソロツアーがスタートした。1か月半ほどかけて北米を回っていく。
セットリストを見るとThe Whoの曲がたっぷり盛り込まれていて、きっと曲の新たな魅力を見せてくれていることと思う。見に行けないのが残念。「Going Mobile」なんて、どんな風に歌っているのだろう?そしてやっぱりJohnny Cashが大好きなんだなあと再確認。
The Whoとしてのライブが本当に2010年に行われるのかどうかはわからないけど、まあ彼らのことだから……期待せずに気長に待っていよう。
No.368 - 2009/11/02(Mon) 17:58:07

10月15日(木):Woodstock / yukie
8月に再発売された『ウッドストック』を購入した。ブルーレイのソフトを買うのはこれが初めて。
盛りだくさんの未収録ライブが入って、しかも自分の好みに曲目リストを作れるようになっている。最初再生方法がよくわからずに試行錯誤してしまった。一度理解すればなんてことないのだけど。とりあえずまずはThe Whoだけのリストを作ってみた。リストは何度でも作り直して保存できるので、なかなか面白い。
ところで今回のウッドストック関連作品リリースラッシュの中で、何人かのアーティストは全曲を網羅したCDが出ているのに、その中にThe Whoは入っていないのが残念。
No.369 - 2009/11/12(Thu) 21:55:49
9月7日(月):Keith's Memorial / みるきー
数年ぶりに「キース・ムーン追悼ライブ」に行った。Whoの曲を生で聴くのは、実に彼らの来日以来だ。
出演者みなさんのWhoに対する思いが感じられて、大変楽しく過ごすことができた。やっぱりWhoの曲はいいなぁ…と改めて感じることもできたし。
Keith追悼なので、いろんなドラマーさんのドラミングを堪能することができたのもよかった。改めてKeithのドラムの凄まじさを感じた夜だった。
No.366 - 2009/09/15(Tue) 21:30:53

9月13日(日):The Beatles / みるきー
The Beatlesの初めてのリマスター盤が出たニュースで、世間がちょっと賑わっている。関連番組もいくつか放送されたが、BBCとAppleが製作したBeatlesドキュメンタリーがNHKで放送された(CDのおまけ映像と同じ)。
この中で私が初めて知ったことの一つが…Paulが途中からリッケンバッカーのベースに替えているのだが、これが実はJohn Entwistleの影響だということ。思わずTVの前で「へぇぇ〜」と感心した。
その他にもJohn Lennonがほんの少しだがWhoの名前を出すシーンがあったり、なかなか興味深いドキュメンタリーだった。
No.367 - 2009/09/15(Tue) 21:35:32
8月22日(土):Ray Davies / b-ko
6月のことになるけれども今年もイギリス詣でをしてきた。
今回は5日間。目的はQuadropheniaのミュージカルを見ること。その前後にはGeorgie Fame & The Blue Flames、Ray Daviesのライブ予定も入れた。
Georgieは昨年東京で見たが、実はRayを見たのは今回が初めて。The Kinksの来日はもちろん逃しており、フジロックでのソロ来日は・・・野外なのでパスしてしまっていた。と言いつつも、今回のライブは野外、Kenwood House。「『VILLAGE GREEN』のジャケを撮った丘はあそこさ」とRayもご機嫌にトーク。しかし無情にも空の具合は悪く、数曲演奏したところで大雨(その日は夕方にも雹が降るほどの大嵐)。ずぶ濡れになりながら踊りまくる英国老人たちと一緒にライブを満喫するのは感慨深かった・・・。スーパーのビニール袋を頭に被ってノリノリのおばあちゃんなど、可愛くてしょうがない。
なお、このライブと同じコンセプト(元ネタ)は同月にリリースされたRayの新作『THE KINKS CHORAL COLLECTION』。The Whoの曲がミュージカルやバレエなど色々な形態に耐えうるのと同様、さすがRayのKINKS楽曲であると・・・ただただ感心。
No.363 - 2009/08/23(Sun) 19:29:37

8月23日(日):Anyway Anyhow Anywhere vol.2? / b-ko
Andy NeillとMatt KentによってまとめられたThe Whoクロニクル本『ANYWAY ANYHOW ANYWHERE: The Complete Chronicle of The Who 1958-1978』の続編、1979年から現在までのバンドを追った『Vol.2』が出るかもしれない・・・という嬉しいニュースを耳にした。
これから執筆に着手ということで何年かかるかわからないが、日本でもまた訳本が出せるよう頑張っていきたい。
No.364 - 2009/08/29(Sat) 17:30:24

8月24日(月):MJ / b-ko
せっかく『QUADROPHENIA』ミュージカルについて長い文章を書いたのに、投稿する際にエラーで全て消えてしまった。がっかりである。
それなので、旅の間に起こった別のことを・・・。
それはMichael Jacksonの他界。これはさすがにびっくりした。ロンドン中もかなり大騒ぎになっていた。
ニュースが入ったその日の朝、たまたま早起きしていた私は朝6時前からネットをやっており、訃報を耳にしてすぐにticketmaster.co.ukへ。そしてこの春からロンドンで始まった彼のキャリアを追ったミュージカル『THE THRILLER』のチケット(桟敷席)を押さえた。
他界翌日(ロンドンでは当日)のミュージカル。シアター前は追悼するファンであふれかえり、たくさんの花や写真、メッセージカードが捧げられていた。ミュージカル前には主演と監督の挨拶があり、黙祷をもって始まった。会場の熱気、Jackson5時代の曲からずっと合唱する観客。あらためて偉大なミュージシャンを失ったことを実感した。
彼が最も輝いていたと言われる70〜80年代のことは全く知らない(後追いで)、そしてファンでもないのだが・・・やはり寂しい限りである。
RIP MJ
No.365 - 2009/08/29(Sat) 17:38:45
7月15日(水):S&G / yukie
Simon & Garfunkelの武道館公演を見に行ってきた。The Whoのライブの時にも感じた、武道館ならではのハートウォーミングな一体感、あたたかさが心地よかった。
そういえば2003年の「The Old Friends」ツアーの時はPinoがベースを担当していたけど、今回は違うベーシストさんだった。Pinoは今は違う仕事で忙しいのかな?
何となく、以前よりS&GとRoger & Peteにどこか繋がるものを感じている。特にPaul SimonとPete。ソングライティングをほぼ一手に引き受け、ギターを弾き、歌も魅力的で、思索家でナイーブなイメージ……
まあ、勝手な思い込みだけれど。ちなみに身長の高低の担当は逆。
No.361 - 2009/08/02(Sun) 13:09:51

7月20日(月):MPT / yukie
たまたま紳士服のお店の前を通りかかったら、聞き覚えのあるフレーズがBGMで流れていた。立ち止まって耳を傾けてみると、「Mike Post Theme」。しかもライブバージョン。
一体何がどうなってそんな選曲がされているのか?店員にThe Whoのファンがいて趣味丸出しのCDを流しているとか?『ENDLESS WIRE』のボーナスディスクか、まさかアンコールシリーズか……
次に続くのが何の曲なのか気になって、思わず店先のワゴンに並んだワイシャツとか見ながら1曲終わるまで居座ってしまった。
すると続けて流れたのは全く知らない女性ボーカルの曲。うーん、有線?結局わからないままその場を離れた。でもまさか、「My Generation」でも「Baba O'Riley」でもなく「Mike Post Theme」、しかもライブ
とは。貴重な体験だった。
No.362 - 2009/08/02(Sun) 13:12:59
6月13日(土)Rock Day / みるきー
6月9日はロックの日というのは、いつから言い出されてきたのだろう。昔はなかったような…。
それはさておき、この日はTV(主にCS放送)でいろいろロックな番組が放送される。今年はどうやらフジテレビONEで「ワイト島」が放送されたようなのだが…気が付いたのは数日後。スカパーのガイド誌を読んでいて、気が付いた時には既に放送後。あちゃ〜。
持っている映像でも、TVで放送されているのを見るのはまた気分が違うものだ。まぁ、Johnはあんまり映らないしいいか、と無理やり自分をなぐさめておいた。
No.359 - 2009/07/14(Tue) 14:20:11

6月27日(土):John / みるきー
7年前のこの日、Johnは天国へ旅立った。え?あれからな7年も経つの?と時の流れの早さに改めてびっくりする。
あの日のことはとてもよく覚えている。朝b-koちゃんからケータイメールをもらって動揺したこと、仕事中ずっとぼーっとしていたこと、追悼と称してWhoのレコードを買ったこと…
この7年の間に、Whoはなんと2回も来日した。日本で彼らを見られた喜びと共に、心のどこかでJohnのいるThe Whoを体験してみたかった、という思いがくすぶっているのも事実。でも「たられば」は言っても仕方ないし、常に前進しているバンドに対してそんな思いを持つのも申し訳ない。3度目の来日があるように、Johnにお願いでもすれば聞いてくれるのだろうか。
No.360 - 2009/07/14(Tue) 14:22:53
5月9日(土):THE WHO SELL OUT / b-ko
訂正のお知らせ・・・『ザ・フー・セル・アウト』デラックス・エディションのライナー翻訳ですが。「白井由美子」は誤りで,正しくは「白井裕美子」となります。
No.357 - 2009/05/16(Sat) 19:19:13

5月15日(金):Rock 'n' Roll Show / b-ko
忌野清志郎さんが他界し,掲示板にもいくつか書き込みをいただきました。が,恥ずかしながら私自身日本の音楽に疎く,今まで彼の音楽を聴いたことがありませんでした。もちろん“たまたま耳にした”ことはありましたが。
しかし,掲示板に書かれていた弔辞の一部から彼が昨年の武道館公演を見ていたことなどを知り・・・。会社でそんな話をしていたら,上司がRCサクセションの『RHAPSODY NAKED』を貸してくれました。「これはきっと,『LIVE AT LEEDS』25周年盤のようなものなのだろうなぁ」と思いながら・・・今週末は清志郎さんを追悼したいです。
No.358 - 2009/05/16(Sat) 19:56:23
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
159/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 23 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS