07607

DSI 日米国防組織情報 掲示板

皆様からの当ホームページに対するご意見、ご質問等、
特に"ここが間違ってる"などのご指摘をご遠慮なく書き込んでください。
また自衛隊や米軍に関する情報、話題等の投稿もお待ちしております。
*件名はなるべく入力するようにして下さい。
*当サイトに好ましくないような書き込みは管理人の判断で削除させて頂きます。
*迷惑投稿防止の為URLの入力を規制する場合があります。
リンク情報などの入力の際、エラーが表示される場合はhttp://を抜いたURLでご投稿下さい。
http://dsimil.com/ → dsimil.com/

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS

名前
メール
件名
/ 編集パス
次期事務次官レース展望 / 競馬ニホン
【総評】候補者は全員、現次官と同学年かそれより上。
よって、現次官は今期限りで勇退の可能性が大きい。候補者間の対立も噂される中、レース終盤戦に突入した。

◎ 防衛政策局長 逃げ切りリード   45%
○ 大臣官房長  官邸支援で逆転狙い 40%
▲ 地方協力局長 当初の主役大逆転  14%
  防衛装備庁長官何がまた起きるか   1%
No.1404 - 2018/05/01(Tue) 06:10:09

Re: 次期事務次官レース展望 / 霞ヶ関25時
本日発売の週刊現代では上記展望と異なり、官房長の次官昇格を予想。防政局長は内閣官房副長官補との見方。

守屋4,000万事件で失敗した彼は、無理さえしなければ
楽勝の展開で今頃、次の次の次官は既に確定と記事に載っていたはず。有能だったのにもったいない。
No.1405 - 2018/05/28(Mon) 13:54:55

Re: 次期事務次官レース展望 NEW / 匿名希望
さすが官邸。www
大逆転おめでとう。
2年間は安泰ですなあ。
No.1412 - 2018/07/30(Mon) 12:33:14
8/1付将人事 / 匿名希望
北と中と西は変わらず?
2と8dは?
No.1410 - 2018/07/24(Tue) 15:03:56

Re: 8/1付将人事 / DS I管理人
来ましたね。
忙しくなります。
No.1411 - 2018/07/24(Tue) 22:43:06
将官人事 / 匿名希望
内閣衛星情報センター所長に宮川氏: 日本経済新聞 https://t.co/hN8lcFiD19
No.1407 - 2018/07/11(Wed) 07:47:26

Re: 将官人事 / 匿名希望
退官済ですた
すみません
No.1408 - 2018/07/11(Wed) 07:59:48

Re: 内閣衛星情報センター長 / DS I管理人
情報本部長→退官→再就職(大手企業顧問等)→内閣衛星情報センター長の流れが、常態化してますね。
No.1409 - 2018/07/11(Wed) 09:25:31
自衛隊、新統合幕僚長に山崎陸将が最有力か…ダークホースの村川海将も…人事の全裏側 / DSI管理人
(ビジネスジャーナル 4/22/2018 より)
防衛省・自衛隊は、この6月にも交代するトップ人事をめぐって揺れている。
現在、陸・海・空の3自衛隊を統べる統合幕僚長は、河野克俊海将が就いている。首相官邸からの信任が厚いことから、異例の定年延長でその任期を延ばしてきた。だが、それも6月までだ。今、東京・市ヶ谷の防衛省では、この3自衛隊制服組トップ人事をめぐる争いも終盤戦に入り激しいデッドヒートが繰り広げられているという。

かつて統合幕僚長職は、「高位高官権限皆無」といわれ、あまり重きを置かれていなかった。しかし、近年の陸・海・空の「統合運用化」が進んだ今、名実ともに「現場組のトップ」として位置づけられている。過去、統幕長は陸海空の各幕僚長から選ばれてきた。すなわち、この6月にも予定されている現統幕長の退任は、陸海空の各幕僚長人事にも影響を及ぼすことになる。

近年、中朝をめぐる緊迫した情勢が続き、自衛隊への理解が進んでいる今、そのトップ人事は経済メディアも関心を高めている。昨年は、経済誌「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/8月26日号)も自衛隊のトップ人事を特集した。
そこで今回、この6月にも予定されている統幕長退任後の自衛隊制服組トップ人事について最新情報を交えてお伝えする。誰がその椅子に座るのか。その人事から透ける「防衛省・自衛隊の意思」を読み取ってみたい。

次期統幕長は、山崎幸二陸幕長で決定か

現在、次期統幕長への就任の可能性があるのは、陸・海・空の3幕僚長だ。
このうちもっとも年長なのが、海上幕僚長の村川豊海将(1981年入隊)である。この村川海将の2年後輩に当たるのが陸上幕僚長の山崎幸二陸将(83年入隊)、航空幕僚長の丸茂吉成空将(同)の2人だ。

制服を着ているとはいえ、防衛省・自衛隊も官公庁の例にならって、人事は「入隊年次」と「実年齢」が大きく左右する。ちなみに、統幕長の定年は62歳だ。
陸・海・空3幕長の実年齢は、入隊年次のもっとも古い村川海将が1958年生まれの60歳、これに1959年生まれの丸茂空将の58歳、1961年生まれの山崎陸将の57歳と続く。

中央官庁や自衛隊を長く取材してきた経済ジャーナリストの秋山謙一郎氏は、こう説明する。
「財務省や経済産業省といった中央官庁に準えると、このケースでは、まず村川海将は勇退でしょう。残る山崎陸将と丸茂空将のうち、一足先に陸幕長に就任した山崎陸将が統幕長へ就くのではないでしょうか。丸茂空将は山崎陸将と同期ではありますが、実年齢では上なので、しばらく空幕長に残っても、そう遠くないうちに勇退して後進に道を譲るとみるのが妥当です」

制服組自衛官たちは、人事をどうみているのか。陸上幕僚監部勤務の2佐が語る。
「ほぼ、『山崎陸将の統幕長就任で決まり』というムードです。しばらくうちは統幕長人事から遠ざかっていたので、順番からいっても妥当でしょう。むしろ関心事は、次期陸幕長が誰か、という点に移っています」

一方、昨年12月、空幕長を交代させたばかりの空自は、統幕長人事について無関心を装う。
「統合運用化が進み、統幕のウエイトが重くなったことは確かですが、空自のオペレーションは空幕と航空総隊です。今、空自は、丸茂空将を空幕長に置き、“エース”と名高い前原弘明空将を現場のトップに据えたツートップ体制で、この上なくいい雰囲気の組織体制が築かれています。統幕長を出す・出さないではなく、空自としてまとまって統幕にモノが言えることが大事です」(空幕関係者)

運と巡り合わせで左右される統幕長職

実際、統幕長人事は、「運」と「巡り合わせ」の要素も大きい。また防衛省・自衛隊では、“キャリア組”として遇される防衛大卒業生や幹部候補生入隊した一般大学卒業生の幹部自衛官たちは、他の中央官庁のキャリア組たちが事務次官やこれと同格の役職を目指してシノギを削るような組織風土とは異なるという。

秋山氏はその背景について、こう解説する。
「中央官庁のキャリア組は毎年、せいぜい15人から20人程度の採用です。人数が少ないうえに、東京大学出身者が大半です。これに対して防大は毎年約350人から400人程度の卒業生がいます。自衛隊に入隊して陸・海・空と3つに分かれますが、これだけ人数が多ければ、幕僚長を目指すことに臨場感が持てないのでしょう」
その代わり、防大卒の幹部自衛官たちが目指すのは、「陸なら連隊長、海なら艦長、空なら機長や部隊の長、いずれも『指揮官職』と呼ばれる中間管理職」(秋山氏)だという。
こうした組織風土もあり、幹部自衛官たちは中央省庁の課長級に相当する将補以上の階級に就いてもなお、「出世に執着しない」(空幕関係者)気風があるのだという。

一方で、自らは出世にこだわりがなくても、周囲がそれを許さないケースもある。
たとえば、2012年の折木良一陸将の統幕長退任以降、約6年も統幕長職から遠ざかっている陸自では、その就任が確実視されていた岡部俊哉陸幕長がPKO日報問題で勇退を余儀なくされたため、次のエースと呼ばれていた山崎陸将を急いで陸幕長に就任させ、統幕長登板への環境を整えてきたといわれている。

まさかの村川海幕長の統幕長就任なるか?

すんなりいけば、6月には山崎新統幕長の誕生で決着する可能性が高い統幕長人事だが、ここにきて消極的な事情から村川海幕長の統幕長就任を推す動きがあるという。陸幕勤務の1佐がその内幕を次のように解説する。
「陸自のなかには、『この国際情勢も国内政治も混沌とした時期に、陸自のエースである山崎陸幕長を統幕長にして傷をつけてはいけない。このまま陸幕長にとどまるべき』と主張する人もいます。そうした人たちが推すのが、村川海幕長の統幕長就任です。たとえ1年でも村川氏が統幕長に就いてくれれば、その間に混乱も収まり、陸自としては満を持して山崎陸幕長を統幕長に、新陸幕長を誕生させられます」

こうした動きに、従来、人事に無関心な海自の一部グループが乗っかろうとしているという。海幕勤務の1佐は言う。
「次期、海幕長候補の筆頭は、自衛艦隊司令官の山下万喜海将です。ただ山下海将は、“デキすぎる男”です。あまりの切れ者ぶりに、周囲がついていくのがやっと。そこで山下海将を勇退させるには、まず村川海幕長が統幕長就任し、海幕長の椅子には、継続性という理由から、現海幕副長の山村浩海将をはめ込むという考え方が浮上しています」

次期海幕長は山下万喜自衛艦隊司令官でほぼ決まり?

仮に村川海将の統幕長就任が実現すれば、先でも触れた業務の「継続性」と、組織の将来を見据えた「若返り」を理由に、山村現海幕副長を海幕長に据えてもおかしくはない。
しかし、村川海将が海幕長のまま6月の統幕長交代時期に勇退すると、次期海幕長は山下氏でほぼ決まりとなる情勢だ。前出・海幕勤務1佐が語る。
「山下海将はあまりに切れすぎるので、与野党問わず政党関係者をはじめとして、制服組の権限がこれ以上拡大することを恐れる人たちの間では、山下海将の海幕長就任は歓迎しない動きがあることは確かです」

機械を相手に仕事を行う海・空自と違い、ヒトを相手に仕事を行う政治巧者でケンカ上手な組織の陸自も、こうした海自と政界事情は先刻承知だ。

再び蒸し返された感もある「陸自PKO日報問題」もあり、そこに陸幕長に就いたばかりの山崎陸幕長を統幕長に送り、その次のエースと呼ばれる東部方面総監、住田和明陸将を陸幕長に据えることは陸自としては得策ではない。
慣例的には、3代に1人か2人、陸出身者を出す統幕長職だが、ここはあえて“1回休み”とし、海自出身の村川現海幕長を統幕長に据えるという選択が、陸自にとっては利が多いといえる。

初の「後方支援職種」出身の3自衛隊トップ就任なるか?

だが、その村川海幕長は、ロジスティクスを専門とする幹部自衛官だ。旧軍時代も含めて初めて後方支援職域から制服組トップになった人物としても知られる。前出・海幕勤務1佐は言う。
「村川海将はマネジメント力に長けた方です。強烈な個性を発揮するタイプではないので、今の時代の統幕長職には最適任です。ただ、後方支援職域出身の将官が3自衛隊のトップというのは、議論の残るところです」

一方、陸自の会計畑の2佐は、制服の色の違いを超えて、村川海幕長にこうエールを送る。
「これからの自衛隊は、ロジが仕切るでしょう。会計や調達というマネジメントができる者が作戦をわからないというのは暴論です。鉄砲を担いで走ったり、船や飛行機を動かす者だけが自衛官ではありません。村川海幕長が統幕長に就任することは、我々ロジを専門とする自衛官にとっては大歓迎です。発言権も大きくなると期待できます」

次期統幕長は、陸の山崎氏か、それともダークホースの海の村川氏か。人事をめぐる駆け引きは、それぞれの思惑を絡め、6月の統幕長交代まで続く。
(ビジネスジャーナル 4/22/2018 文=編集部)

ttp://biz-journal.jp/2018/04/post_23079_2.html
No.1403 - 2018/04/23(Mon) 10:08:44
(No Subject) / 番匠辛壱郎
陸上総隊の人事はいつ発表になるんですかね。
気になって夜も眠れません(笑)
No.1391 - 2018/03/04(Sun) 16:21:37

Re: 陸上総隊の人事 / DSI管理人
まあ早くて1週間後、遅くても2週間後には閣議決定されるでしょう。
眠れない夜はこのブログでも見てみてはいかがでしょうか。
https://japansdf.com/archives/3022
No.1392 - 2018/03/05(Mon) 13:56:17

Re: / 番匠辛壱郎
意外?というべきかやはりというべきか、小林陸将が司令官になりましたね。
No.1393 - 2018/03/20(Tue) 14:08:59

Re: 総隊人事 / DSI管理人
総隊ナンバー2の幕僚長が高射学校長というのは、イージスアショアの関係でしょうね。
No.1394 - 2018/03/20(Tue) 21:42:30

Re: / 番匠辛壱郎
陸上総隊司令部の総務部長と後方運用部長は将補職じゃないんですね。なんか後方運用が軽視されている気がしないでもないです。
No.1395 - 2018/03/27(Tue) 17:46:28

Re: 総隊人事 / DSI管理人
1佐(一)ですね。
自衛隊には1つ星将官(准将)がいないなら、仕方ないところでしょうか、改編しても人が増えるわけではないですしね。
一応細かい事ですが、3/27人事で陸将補が1名増えてはいますが‥
No.1398 - 2018/03/28(Wed) 17:30:53

Re: / 総隊司令官
総隊隷下の空挺団は「第1」空挺団、ヘリ団も「第1」ヘリコプター団。水陸機動団は「第1」は付きません。
総隊隷下以外でも第1電子隊、通信団、特殊作戦群など付いたり付かなかったり。
第1普通科連隊、第2普通科連隊のように複数ある部隊ならば第1、第2が付くのは分かりますが、上記のような第1空挺団はあっても第2空挺団はありません。
ここら辺ってわかる方いらっしゃいますか?
No.1399 - 2018/04/03(Tue) 13:43:16

Re: 冠名 / DSI管理人
編成業務等に関する訓令
第41条 独立部隊の冠称は、部隊名をそのまま部隊の称号とするものを除き、部隊編成の都度同一種類の部隊ごとに次の各号に定めるところにより編成に関する防衛大 臣の命令をもって定める。
(1)団、連隊、団本部及び群本部については、当該部隊の編成の時機の順序に従い、それぞれ1から順次一連番号を部隊名に冠する。
(2)大隊、大隊本部及びこれらに準ずる部隊については、当該部隊の編成の時機の順序に従い、それぞれ101から順次に一連番号を部隊名に冠する。
(3)前2号の部隊以外の独立部隊については、当該独立部隊の編成の時機の順序に従い、それぞれ301から順次に一連番号を部隊名に冠する。
(4)前各号により難い場合は、そのつど別に示す。

ttp://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/a_fd/1959/ax19600106_00002_000.pdf
No.1400 - 2018/04/03(Tue) 17:15:00

Re: / 総隊司令官
ありがとうございます。
では水陸機動団、特殊作戦群など数字がない部隊は(4)に該当するということでしょうか?
No.1401 - 2018/04/04(Wed) 13:10:33

Re: 独立部隊の冠称 / DSI管理人
>>第41条 独立部隊の冠称は、部隊名を

"そのまま部隊の称号とするものを除き"

部隊編成の都度同一種類の部隊ごとに次の各号に定めるところにより編成に関する防衛大臣の命令をもって定める。

と条文頭書にあります。
No.1402 - 2018/04/05(Thu) 14:19:14
編成表における陸上総隊直轄部隊の位置 / 余計なお世話をする男
総隊直轄部隊は、各方面隊の次に掲載するのがよろしいかと思います。
No.1396 - 2018/03/28(Wed) 10:11:51

Re: 編成表における陸上総隊直轄部隊の位置 / DSI管理人
ご指摘ありがとうございます。
中即団のページをそのまま前へ持って来たのですが、やはり直轄部隊の置き場に関しては違和感がありますね。
公式サイトの3/27付1佐人事では各方面隊の後に総隊司令部が記載されていますね。
ちなみに空自では総隊司令部 総隊直轄部隊 各航空方面隊の順です。
今後検討して参ります。
No.1397 - 2018/03/28(Wed) 16:32:35
自衛隊指揮通信システム隊司令は防大出身か / 匿名希望
貴組織図では自衛隊指揮通信システム隊司令の嶌末 真 氏は防大出ですが、一般大学出身ではありませんか。
No.1389 - 2017/11/01(Wed) 08:07:26

Re: 自衛隊指揮通信システム隊司令は防大出身か / DS I管理人
ご指摘いただきありがとうございます。
防大相当期で記載していましたが、ネットで検索してみたところ東京国際大学出身の様でしたので、修正させていただきます。どうもありがとうございました。
ttp://blog.goo.ne.jp/ikeuchi_1945/e/d5a5b75d8fde395e47474d38c57894b5
No.1390 - 2017/11/01(Wed) 08:24:46
幕僚監部の組織について / 匿名希望
陸幕では人事教育部、装備計画部とならんで監察官、法務官。
統幕では運用部、防衛計画部とならんで報道官、首席後方補給官。
とありますが、「部」と「官」の違いが分かる有識者の方
教えて下さい。
No.1388 - 2017/10/27(Fri) 15:26:17
(No Subject) / 匿名希望
アメリカ防衛駐在官の関口海将補が統幕の部長になりましたが、後任の駐在官は誰なんでしょうか?
防衛省公式HPの人事発令には載ってないので謎ですね。
No.1385 - 2017/08/07(Mon) 19:16:22

Re: 米国防衛駐在官 / DSI管理人
投稿ありがとうございます。
三年ごとに、プレス発表なしに1佐が将補となり米国防衛駐在官に就任。
情報に関する事なので秘密? 外務省に出向という形なので公表しない?...毎回苦労しています。
関口海将補の前が引田空将補、その前が納冨陸将補、その前が吉田海将補。
持ち回りのようなので次は陸でしょうかね。
秋頃にはわかると思います。
No.1386 - 2017/08/07(Mon) 20:31:21

Re: / 匿名希望
他省庁へ出向する自衛官は防衛省を一度退職する形になるという話を聞いたことがあります。それが本当であれば、防衛省の職員ではないので、当然人事発令には載りません(外務省出向中の身分は、外務省との覚書に基づき、外務事務官という身分が第一義であり、自衛官としての階級はあくまでもおまけ)。防衛年鑑や自衛隊年鑑からも掲載の対象外となります
No.1387 - 2017/08/07(Mon) 23:31:39
8月1日の将官人事 / 匿名希望
岡部陸幕長が辞めた後の陸幕長は誰なのか?
今頃陸幕の人事教育部に竹本部長はてんてこ舞いではなかろうか。

防大26期卒にバトンタッチされるのか、
防大26期卒の方面総監は勇退で防大27期卒から
陸幕長が出るのか、後に続く後輩の自衛官は
落ち着かないのでは.......
No.1366 - 2017/07/27(Thu) 20:16:01

Re: 8月1日の将官人事 / 匿名希望
26期が濃厚
昨年の熊本地震でJTF指揮官を務めた西方総監が有力かと。この件に関してはCRFが多分に関与していることから司令官も退任する可能性が高いかと。海自のいじめ自殺事件のアンケート隠蔽疑惑でも同じように海上幕僚長と関係した横須賀地方総監が処分されてますので
No.1367 - 2017/07/27(Thu) 21:00:11

Re: 8月1日の将官人事 / 匿名希望
序列からいくと中方総監ではないでしょうか?
No.1369 - 2017/07/27(Thu) 21:44:25

Re: 8月1日の将官人事 / 匿名希望
予想を立ててみました

【次期陸幕長】
〇西方総監(JTF鎮西)
△中方総監(イラク復興支援)
×東方総監(国際活動貢献なし)

【その他】
現陸幕副長(28期)、CRF司令官(27期)→辞任
現防大幹事(28期)→空いた総監のポスト
現29期の師団長→陸幕副長と防大幹事
3師団(27期)、7師団(28期)、10師団(27期)のいずれか→CRF司令官
現研究本部長(26期)→勇退
(※)8月で交代しない場合は、年度末の廃止まで続投
現空幕長(24期)→勇退
現情報本部長(26期相当)→空幕長、なければ勇退
9師団長→情報本部長

陸自は、大変なことになりそうだなぁ...
No.1370 - 2017/07/27(Thu) 22:42:05

Re: 8月1日の将官人事 / うん、小太郎
正直、後釜は誰もやりたくない気が・・・
No.1371 - 2017/07/27(Thu) 22:45:35

Re: 8月1日の将官人事 / DSI管理人
陸幕副長経験のある鈴木さん? 防衛部班長課長部長を務めた森山さん? 災害派遣の論功で小川さん?
No.1373 - 2017/07/28(Fri) 09:50:36

Re: 8月1日の将官人事 / 匿名希望
でましたね〜。
No.1374 - 2017/07/28(Fri) 11:43:42

Re: 8月1日の将官人事 / DSI管理人
大外れでしたね(^_^*) 27期の時代ですわ〜
ヒゲの隊長と同期の山崎さん。統幕副長の経歴ありですね。
No.1375 - 2017/07/28(Fri) 12:18:41

Re: 8月1日の将官人事 / うん、小太郎
5人の方面総監の中で東北だけが変わらなかったから、
東北方面総監の山之上陸将が初代総隊司令官なのかな?
No.1376 - 2017/07/28(Fri) 16:29:50

Re: 8月1日の将官人事 / 匿名希望
>5人の方面総監の中で東北だけが変わらなかったから、
>東北方面総監の山之上陸将が初代総隊司令官なのかな?


東北方面総監→総隊司令官
東北以外の方面総監→陸幕長
という流れになるのでは。そもそも東北総監は5人の総監の中で一番序列が低いので
No.1377 - 2017/07/29(Sat) 09:39:36

Re: 8月1日の将官人事 / うん、小太郎
ふと思ったのが、26期の太田陸将(研究本部長)が最古参になるけどこれって異例ですよね。
No.1378 - 2017/07/29(Sat) 13:53:23

Re: 8月1日の将官人事 / DSI管理人
研究本部と幹部学校を吸収する巨大組織 教育訓練研究本部長も27期からでしょうね。
No.1379 - 2017/07/29(Sat) 18:37:45

Re: 8月1日の将官人事 / 匿名希望
> 研究本部と幹部学校を吸収する巨大組織 教育訓練研究本部長も27期からでしょうね。

27期は陸幕長と方面総監で占められているので28期からかと。研究本部長(26期)は年度末廃止まで続投の上廃止時をもって退官、幹部学校長(28期)がそのまま教育訓練研究本部長になると思います
No.1380 - 2017/07/29(Sat) 20:38:08

Re: 8月1日の将官人事 / DSI管理人
なるほどです。
旅団長に就任して7カ月余りで陸将に昇任したうえで、頭号師団の師団長に就任した西陸将。今年の3月に幹部学校長就任ですから、その線でしょうね。
西と聞けばバロン西を思い出すのですが、お孫さんは前々事務次官でしたね。
No.1381 - 2017/07/29(Sat) 21:15:35

Re: 8月1日の将官人事 / 匿名希望
> 今頃陸幕の人事教育部に竹本部長はてんてこ舞いではなかろうか。

陸幕の部長から旅団長 降格人事
陸将の目はなくなりました
No.1382 - 2017/08/01(Tue) 19:20:29

Re: 8月1日の将官人事 / 匿名希望
> 研究本部と幹部学校を吸収する巨大組織 教育訓練研究本部長も27期からでしょうね。

研究本部長 26期→28期になりましたね。
No.1384 - 2017/08/01(Tue) 19:23:54
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS