15299
サクラボシBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
 
 
こんにちは / へーすけ
休校だった2週間を埋めるための補講が入ったおかげで8時まで授業があってかなり滅入っております、へーすけです。

掌編を読ませていただきましたー。
いや、バリエーションが多くてすげぇ!って思いましたね。
とても、30分で書いたとは思えないくらいです。
こんなことができる貴女はすばらしい!と言ってみたり。
「告白」と「雷」と「ひんやり」が好みです。
「紅茶」のぼかし具合もいいですね。
「雨」と「花嫁」も、かわいらしい感じがしました。
短くても、しっかりと書かれていて、いいです!
……俺もやってみようかな、授業中に。

さて、それでは乱文失礼しました。
次の小説が楽しみです。
No.402 - 2007/06/19(Tue) 17:17:41
 
 
 
 
こんばんは / 管理人@藍川
いらっしゃいませー。
うちの学校は、あと一人はしかでダウンすれば休校になっていたところでした。そうか補講か…それを考えると休校にならなくてよかったのかな…。
お疲れさまですm(_ _)m

掌編は、毎回できるかぎり雰囲気を変えようと努めております。正直な話、タイムオーバーした作品もいくつかあるのですが…しかしストレートな褒め言葉、跳んで喜んでしまいます。
『告白』は一番ばかっぽい話ですね。『雷』も、ある意味住人全員がおばかさんなお話ですが(^^; どちらも気に入っていただけて嬉しいです。
『紅茶』はいろいろ想像していただけたらよいな、と思いながら書きました。
『雨』はですね…気づかなければとても幸せなお話です。ヒントは「交差点に置かれた白い花」。わかりにくくて申し訳ないです;

へーすけさんもぜひ挑戦なさってください、一時限小説(笑) 楽しみにしてますよー。
ではでは、感想ありがとうございました!
No.404 - 2007/06/20(Wed) 02:07:29
 
 
 
 
キムチと過去を忘れましょう / 香月
いつもチャットでお世話になってる香月です。
題名は気にしないでください、私の心の叫びですから。
諸事情により時間ができたので今更ですが、同盟の皆様のHPを拝見させてもらってます。

さてさて、私が羨ましがるもの(こと)ってなんだと思います?
一つ、料理ができること。
二つ、大道芸人。
三つ、絵が描けること。
この三つでございますよ。大道芸人は一芸に秀でているという意味なので、別に大道芸人じゃなくてもいいですが。
私は絵なんぞ描いたことがないので、めちゃくちゃ下手くそです。
美術の時間に描いただろ。というツッコミはなしですよ藍川さん。あなたなら予想はつくでごぜーましょう?

挨拶のつもりでしたが、長くなりましたね。
それでは、失礼します。
No.401 - 2007/06/19(Tue) 03:01:15
 
 
 
 
忘れたいことほどいつまでも覚えているものです / 管理人@藍川
香月さん、いらっしゃいませー!
いつもお世話になっております。サイトのほうにまで足を運んでいただけて嬉しいです。

絵、描けるといっても、まー趣味の範囲です。もっとうまくなりたいなあとは常々思っておりますよ。
ですが、多少なりとも羨ましく思っていただけたのなら光栄です。
私は歌がうまい人と、運動ができる人が羨ましいなあ…。(聞いてない)

それにしてもタイトルが気になります。過去は察しがつきますが、キムチ…お嫌いなのですか? 私は好きです。(だから聞いてない)
ではでは、またチャットでお会いしましょう!
No.403 - 2007/06/20(Wed) 01:55:05
 
 
 
 
ふくめん / ふみこ
 こんにちは、…覚えていただいていなくても当然なくらいお久しぶりになってしまいましたが…年明けにお邪魔させて頂いたふみこです。掌編拝読しております、特に「目的」は鳥肌が立ちました。お題を出されてから30分間で発案・構成・執筆全部やるんですよね? すごい…。さすがだと思ってしまいました。

 どのお話も読みやすく捻りがきいていて、アップされるたびに楽しく読ませていただいています。個人的に最近で一番好きなのは「Re Earth」です。一人分の居場所くらい〜というさらりとした台詞が逆に深い印象を残しました。シリアスになりすぎない温度が好きです。心地よい余韻が後を引く物語でした。

 それと、本当に今更で申し訳ないですが、覆面企画楽しませていただきました。ありがとうございました。藍川さんの作品を当てられただけで嬉しかったです。真っ先に雅藍堂が浮かびましたので…(笑

 ではでは、失礼いたします。
No.396 - 2007/06/06(Wed) 19:44:20
 
 
 
 
ばればれ / 管理人@藍川
ふみこさん、こんばんは。
覚えておりますともー! またいらしていただけて嬉しいです。

掌編のほう、読んでくださってありがとうございます。
30分小説と銘打っているものの、若干タイムオーバーした作品がいくつか…。ですので、手放しにお褒めいただくと少々心苦しかったり(^^;
『目的』もその一つです。明らかに30分で書き終えられる内容ではありませんでした…。しかし、作品の雰囲気は自分でもの気に入っているので、楽しんでいただけたのなら光栄です。

『Re Earth』は、ストレートにメッセージを込めるのが照れくさくて、わざと軽いノリで逃げた節があります。それが逆にいい効果になっていたのなら、結果オーライですね!
気に入っていただけて嬉しいです。

覆面企画、今さらだなんてとんでもない。こちらこそ、感想のお礼にも伺わないで申し訳ありませんでした。
『願いごと、三つ』ですね(笑) これをヒントに提示したら、さすがにすぐバレちゃうだろー、ということで、わざと触れずにおいたのですが…ふみこさんにバレバレでしたね。見事当てられてしまい、うはぁ! という思いでした(笑)
覆面企画3ではこっちが当ててやるぞー、と意気込みつつ。ではでは〜。
No.397 - 2007/06/07(Thu) 00:58:51
 
 
 
 
ぎく / ふみこ
 ブログのほうも読んで下さったのですね、ありがとうございます。
 私はもう真っ先にばれる自信がありますよ(間違った自信)
 また覆面3でもお会いできるのを楽しみにしております。ではでは。
No.399 - 2007/06/09(Sat) 01:06:11
 
 
 
 
うふふ / 管理人@藍川
夏と冬、どちらへの参加かはわかりませんが、それまでにはふみこさんの作品を読み倒して、ばっちり予習しておきたいものです。
私は今回は隠れる方向でいきたい…けど、無理そう…!
またしてもズバリと当てられてしまいそうな予感です。で、ではっ。
No.400 - 2007/06/10(Sun) 01:02:20
 
 
 
 
こんばんは / K.S
「夜に一月蝿がやってきて」を読みました。
一種の【恩返し物】であるが対象物が蝿というため、どことなく独特な味を出しています。
願い事が未来が不可になっているというのも心憎い演出。ただ願い事自体未来のことに通じる部分もありその部分を断ち切ったのはある意味、物語の斬新な部分でありながら自由度も断ち切ることに通じたのではないか?
それがゆえに物語の到着点が不明瞭に通じたのだと思う。個人的に未来が無理なら過去なら問題ないのであるのだから過去にタイムスリップするのだと思った。(というか私がタイムスリップしたいものである)

最終的に主人公は死んでしまったという観点であるのだがなぜそうなったのであろうか?また死因とか動機とかが不明であります。家族や学校関係者の影響から無理に死なせなくても良かったのではないのでしょうか?
ただ自分では「周りからどう思われてるのか知りたい」という願いが死に繋がったのかが説明的に不明でした。これは現時点での他人の心うちであり未来に関わることではないからである。
かなり哲学的な部分を含ませた深い作品でした。
No.394 - 2007/06/02(Sat) 23:48:04
 
 
 
 
いらっしゃいませ / 管理人@藍川
『夜に一月蝿がやってきて』を読んでくださってありがとうございます!
なぜハエなのかというと、ベルゼブブ(ハエの姿をした悪魔)の印象があったからでしょうか。オチを悟られないように、という点に特に気を遣ったため、予想を外すことができてよかったです。ただこのオチが問題ありで…。
この作品は覆面企画に提出したものなのですが、そこでいただいた感想でも、K.Sさんがおっしゃるような疑問をたくさん受けました。「なぜ死んでしまったのか」については、ブログに書いたあとがきで触れたので、ちょっと引っ張ってきますね。

 言い訳がましく補足させていただくと、なぜに葬式か。それはやっぱり、ひとの本音を聞くのはこの席が一番でしょう、とうことで。
 それからものすごくわかりにくい伏線なのですが、ハエが心の声を聞くことができたということ。「はなからうるさいほど聞こえていた」ため、冒頭で主人公がハエの命を軽んじていたこともばっちり聞かれてしまっていた。そのため、ハエもむかっ腹が立っちゃったんでしょう。
 部屋の温度一、二度分よりも軽い〜!? だったらその軽〜い命とおまえの命を引き換えにしてやるぜへへーん。by.ハエ。

ハエにとっての主人公の命も、その程度のものだったということで。もしかしたら、どんなことを願っていたとしても、主人公は死ぬ運命だったのかもしれません。
――と、こう説明しないと伝わらない非常に不親切な作品です。最初に「お星さまになった」をオチにしようと決めていたため(テーマが『星』だったので)、なんとかそこに持っていこうと少々話の運びが強引になってしまった部分もあります。完全に私の力不足です…反省。
しかし、いろいろ考察していただけて大変感激です。ありがとうございます! そして長々と失礼いたしましたm(_ _)m
No.395 - 2007/06/03(Sun) 01:19:23
 
 
 
 
短編o(^-^)o / 明都
お久しぶりです!
掌編読ませていただきました♪
どれも面白かったですo(^▽^)o
特に「争い」は笑いました。
確かに勇者達はタンス勝手に開けてるよなぁと思いました(笑?)
No.392 - 2007/05/28(Mon) 14:05:41
 
 
 
 
どもです♪ / 管理人@藍川
明都さん、いらっしゃいませー。
掌編を読んでくださってありがとうございます。楽しんでいただけてうれしいです!
『争い』は趣味炸裂ですが、個人的にも気に入っています。
よく考えると、勇者たちの行動はツッコミどろこがありまくりですからね。ひとの家に土足で上がって、勝手にタンスをあさるのはまだしも、ひどいときはツボとか割っていきますから。鍵をかけていても開けられてしまうし…。いい迷惑ですよね(笑)
ではでは〜。
No.393 - 2007/05/29(Tue) 22:20:47
 
 
 
 
お久しぶりです。 / 凪 瞬(元水無月 柚麻)
お久しぶりです。
いつもこちらのサイト様には来ていたのですが、中々書き込みが出来ずにいました……。
今回はお知らせもかねて久しぶりに書き込みさせていただきました!

このたびサイトを新しく作り直しました。
その際にまたこちらのサイト様のリンクをさせて頂きましたので、もう一度改めて報告します。
(鬱陶しかったらすみません……)

小説、いつも楽しく読ませて頂いてます。
最後のオチが良く出来ていて、流石だなと思います。
これからも頑張ってくださいね。

では、乱文失礼しました。
No.384 - 2007/05/21(Mon) 23:15:22
 
 
 
 
いらっしゃいませ! / 管理人@藍川
こんばんは。お久しぶりです。
足を運んでくださっていただけでじゅうぶんですよー! いつもありがとうございます。そして更新がのろすぎて申し訳ありません…orz
最近書いた短編は、異常なほどオチにこだわっている傾向があります。オチもいいけど内容もね! むしろ内容のほうを充実させようね! という感じでして…。
しかし、お褒めいただけて大変嬉しいです。

サイトを一新されたのですね。改装お疲れさまでした。そしてリンクのご報告ありがとうございます!
鬱陶しいだなんてとんでもない…! 大感激です。そのうち顔を出すかと思いますが、こちらこそ鬱陶しがらないでいただけたらありがたいです。
ではでは。
No.385 - 2007/05/23(Wed) 02:10:23
 
 
 
 
最新作読みました! / 凪 瞬
何度も失礼します!
最新作の「目的」読ませていただきました!
流石……と言った感じです!
最後のまとめ方(というか犯人の異常さ?)がとてもお上手で、短編ならではの面白さを感じました!!
(訳分からない文章ですみません)
藍川様の書かれる短編小説は大好きなので、特にこういったちょっとホラー(ミステリ?)要素の入ったのは更に好きなので、これからも頑張ってください!

余談ですが、私もおお振り大好きなんですよ。
原作もお勧めですよ(やめて

ではでは長くなりましたがこれにて失礼しますね!!
乱文失礼しました。
No.390 - 2007/05/27(Sun) 21:54:41
 
 
 
 
ありがとうございます! / 管理人@藍川
何度でもいらしてください!(本音)
 
『目的』を読んでくださってありがとうございます。
う、うまくまとまっていたでしょうか…。絶望的に時間が足りなかったので、支離滅裂になっていないかと心配です。でも犯人のアレさが伝わったのならよかったです!
こういう雰囲気の話は、ふと書きたい衝動に駆られます。後味の悪い終わり方ばかりかと思いますが、またこういった話を書いた際は、楽しんでいただければ幸いです。
励みになるお言葉ありがとうございました!

おお振り、面白いですね。はまりそうです…というか、すでにはまりかけています。
原作もお勧めですか! 情報ありがとうございます。さっそく次の日曜日(=バイトの昼休み時)に読んでみたいと思います♪
ではではっ。
No.391 - 2007/05/27(Sun) 23:16:50
 
 
 
 
30分小説 / 柊 真平
藍川さん、こんばんは。
最新作の「目的」読みました。
中盤のシンジの「重要なのは彼女の立場ですよ」というセリフと、ユカがサエコに告白の返事を代わりに言ってもらったことから、てっきりオチは「シンジはユカを殺したかったが、未練があったのでサエコに代わりに死んでもらった」といった感じかと思っていましたが違うオチでした。てっきり「代わり」つながりだと。
あ、でもオチの内容からするとあながち間違ってもいないかも。ユカが死んでは目的が達成できませんからね。
No.387 - 2007/05/26(Sat) 22:24:55
 
 
 
 
七作目 / 管理人@藍川
柊さん、いらっしゃいませー。いつも感想ありがとうございます!

「重要なのは彼女の立場ですよ」という台詞は、ちょっとわかりにくいものになってしまいました。ほんと、読み返すと穴だらけでボコボコですorz
海藤はサエコ一個人を殺したかったわけではなく、『ユカの身近な親しい人物』という立場の人間を殺したかった。それがたまたまサエコだった、という意味の台詞でした。
でも、柊さんの推測も正解です。海藤にユカを殺すことはできないでしょうし、だから「代わり」に別の方法で復讐したのですから。おっしゃるとおり、ユカが死んではその目的も達成できません。

オチにすべてを懸けるのなら、あっと言わせるような話を書きたいものですねえ…。精進あるのみです。
ではでは〜。
No.389 - 2007/05/26(Sat) 23:33:10
 
 
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ... 29 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LF (Free) Rocket BBS