エイケン告知板

上映会の告知などにご利用ください
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
被災地仙台での映像コンペへのご参加の依頼 / 猿渡学 [ Mail ]
突然のメッセージをお許しください。

今年の3月10日、11日に被災地仙台で映像コンペを行います。つきましてはぜひご参加いただきたく存じます。締め切りまでの時間があまりありませんが、学生ならではの感性で積極的にご応募いただければと存じます。なお、以下の公式ブログから応募要領などがダウンロードできます。

http://saru-labo.sakura.ne.jp/requiem/

なお貴サークルとつながりのある学生団体などへ拡散していただけると幸いです。

希望プロジェクト
総合総合プロデューサー 猿渡学
No.485 - 2012/02/04(Sat) 20:03:39
突然のメール失礼します。 / 田中宏明 [ Mail ]
こんにちは。
私はact team ETSU という団体の田中と申します。
いきなりのメール申し訳ありません。
自己紹介をさせて頂くと、自分たちは映像の演技を学び、現場で通用する演技を習得するために毎週稽古をしています。
大学のみなさまに興味を持って頂ければと思いメールしました。
自分たちETSUにはエスキューブという事務所が協力してくれているので毎回の講師には第一線で活躍中の監督やプロデューサーをお呼びして稽古を行っています。
活動としては10月にIBS茨城放送・常陽新聞・茨城新聞にも取り上げられて話題の映画『花蓮』に協力し、一人はメインキャスト、ぼくは三浦貴大さんの同級生役、あとはエキストラとして出演し、メンバー4人が出演させて頂きました。
主演は三浦貴大さん、キタキマユさん、そして、ETSU メンバーの浦井なおさんです。
花蓮以外にも映画やイベントが5つほどあり、撮影に参加して勉強ができたりETSUのメンバーになり、実力があればそのままエスキューブに所属したり映画に出演するチャンスもあります。
来年3月と5月にはETSUメンバーのみのイベントと映画も撮影予定で人数が集まればかなり大きなものになる予定です。

ETSUでブログもやっているのでよければ見てみてください。
http://ameblo.jp/act-team-etsu/
興味を持って頂ければ一度チラシをお持ちして、直接お会いしてお話ができればと思っています。
また、ほかに役者などされていて、興味がありそうな団体があればぜひお伝え頂ければと思います。
Gmailもあるのでお気軽にご連絡ください。
a.t.etsu2011@gmail.com
長々と失礼しました。
No.484 - 2011/12/06(Tue) 15:33:13
米国アカデミー賞公認国祭短編映画際が、2012年の開催に向け上映作品を募集中! / ショートショート実行委員会 [ Home ] [ Mail ]
突然の書き込みにて失礼いたします。

***

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画際「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」では、2012年の開催に向け、下記の6つのカテゴリーで作品を募集しています。

●ジャパン部門 (25分以内/ジャパンプレミア/2010年6月以降に制作された作品)
  ※米国アカデミー賞短編部門ノミネート選考対象の部門になります
●NEO JAPAN(非コンペティション/25分以内/ジャパンプレミア不問)
●旅シヨーット!プロジェクト(20分以内/ジャパンプレミア不問/旅がしたくなる作品)
●ストップ!温暖化部門(25分以内/ジャパンプレミア不問/温暖化をテーマとした作品)
●ミュージックShort部門(10分以内/映画祭指定の音楽を使用/2010年8月1日以降に制作された作品)
●CG部門(25分以内/ジャパンプレミア/2010年6月以降に制作された作品/フルCG作品)

詳しい募集要項は、下記のウェブサイトをチェック!

http://www.shortshorts.org/2012_call_for_entry/

<応募締め切り>
一次〆切:2011年11月15日 ※ジャパン部門のみ
二次〆切:2012年1月16日

※ジャパン部門に限り、一次〆切までに応募された作品から、優先的に選考にはいりますので、二次〆切前に上映作品が決定してしまった場合はご了承ください。

公募に関するお問い合わせ: submission@shortshorts.org (ショートショート実行委員会)
No.483 - 2011/10/27(Thu) 16:23:25
京都造形芸大映画祭参加募集のお願い / 京都造形芸術大学映画祭実行委員会 [ Home ] [ Mail ]
こんにちは。
突然の書き込み失礼いたします。
第5回京都造形芸術大学映画祭実行委員会です。

現在、本映画祭で開催するイベントのひとつ、学生フィルムコミュニケーションマーケット(学生FCM)の出品者を募集しております。

学生FCMとは「作品の発信」と「コミュニケーション」を目的としたイベントです。
この企画は、私たち学生が制作する映画は、人に知ってもらう機会が根本的に少ないのではないかと思い、新しい形で作品の発信が出来る場所を作ろう、という考えから生まれたものです。

各ブースで、その空間を自由に使い、作品などの販売をするというもので、
自分の映画をはじめ、脚本や映画の企画、自作の服など、映画に関わると思うものであれば何でも出品していただけます。

自分たちの作品をどう売り出していくかを考え実践すること、直接顔を合わせやり取りをすることを通して、来場される方や同志との交流が広がっていけばと考えています。

また、今回の映画祭では全国の学生映画を対象にしたコンペティション「第3回京都造形芸術大学アカデミー賞」(京造アカデミー賞)も並行して行われます。
こちらの参加も是非検討していただけたらと思います!

学生FCM、京造アカデミー賞の詳細についてはWebサイト、(http://kyozo-eigasai.com/)をご覧ください。

学生FCMの締切は11/6(日)当日消印有効。
京造アカデミー賞の締切は10/15(土)、当日消印有効となっていますが、今から応募を検討される方はメールにてご相談受け付けます!

よろしくお願いいたします!

第5回京都造形芸術大学映画祭実行委員会
連絡先
住所:〒606-8242
京都府京都市左京区田中高原町25
京都造形芸術大学映画学科B研究室
メールアドレスFacademy2011@live.jp
公式HP:http://kyozo-eigasai.com/
Twitter:http://twtr.jp/user/kyozoeigasai
No.482 - 2011/10/15(Sat) 17:12:31
作品募集のお知らせ / 成城大学映画研究部 [ Home ] [ Mail ]
突然の書き込み失礼致します。

全国のアマチュア映画監督の皆さん、第8回 成城映画祭からお知らせです。
今年は12月18日(日)に開催することになりました。
作品募集の締め切りは2011年10月15日への延長が決定致しました。

SF、ホラー、ラブロマンス…ジャンルは問いません。
実写、CG、アニメーション…表現の仕方も自由。
商業映画ではできないような熱い想いのこもった作品を募集中です。
グランプリに輝いた作品は、下北沢トリウッドにて上映致します。
まずはこちらへどうぞhttp://seijo-eiken.jimdo.com/
作品をお待ちしております。

◆第8回成城映画祭 HP【http://seijo-eiken.jimdo.com/
質問等はこちらへ
◆ E-mail 【 seijo_eiken@yahoo.co.jp
No.481 - 2011/10/02(Sun) 20:52:22
「映画・映像業界就職セミナー2011・秋」開催のお知らせ / キネマ旬報社
管理人様、突然の書き込み失礼します。
不適切な場合、お手数ですが削除をお願いします。

====================================
映画の世界で働きたい!
「映画・映像業界就職セミナー2011・秋」開催決定!
====================================

―今回で12年目を迎えた「映画・映像業界就職セミナー」
本セミナーには、これまで多くの方にご参加いただき、実際に映画・映像業界に入られたセミナー参加者も多数いらっしゃいます。そんな先輩社員たちからナマの声を聞く、またとないチャンス!
「どうやって合格を勝ちとったの?」「実際にどういう仕事をしているの?」「映像業界の魅力ってなに?」……映画・映像業界への就職活動を始めるにあたって、誰もが抱くたくさんのギモンを、ぜひぶつけてみてください。
多くの方のご参加をお待ちしております!

【募集要項】
●日時:2011年11月27日(日)
セミナー 10:00〜16:30
懇親会  17:00〜19:00
●会場:虎ノ門・発明会館ホール(東京都港区虎ノ門2-9-14) 
●料金:セミナー/9,450円(税込)
      セミナー+懇親会/14,700円(税込)
※キネ旬ムック『映画・映像業界就職ガイド2013』(2011年11月下旬発売予定)付き
●定員: セミナー260名 懇親会80名
※定員になり次第締め切りとさせて頂きます。懇親会をご希望の方はお早めにお申込下さい。
(申込方法)キネマ旬報映画総合研究所ホームページよりお申込下さい。
http://www.kinejun.com/kri/work/seminar/tabid/183/Default.aspx

【プログラム】
講義1「就活時に“これだけは知っておきたい”映像業界基礎知識」
講師:四方田浩一 (キネマ旬報映画総合研究所 所長)

講義2「成功のヒント満載!人事部が語る採用のポイント」
司会:田中和彦氏 (株式会社プラネットファイブ 代表取締役)
講師:和田健吾氏 (東宝株式会社 人事統括室) ほか

講義3「新卒入社の先輩社員が語る、面接通過術と仕事内容【現場座談会】(仮題)」
司会:稲田豊史氏 (株式会社キネマ旬報社 出版編集部長)
講師:加茂義隆氏 (株式会社ハピネット ピクチャーズユニット 製作企画チーム)
講師:森島奈月氏 (株式会社電通 テレビ&エンタテインメント局 エンタテインメント事業室)
ほか、松竹株式会社、在京キー局から若手社員が登壇予定

講義4「外国映画買い付けのトップランナーが語る映像業界の魅力(仮題)」
講師:津田哲裕氏 (ワーナーエンターテイメントジャパン株式会社 ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション)

講義5「成長著しい『BeeTV』のマーケティング発想を就活に活かす(仮題)」
講師:村本理恵子氏 (エイベックス通信放送株式会社 取締役 事業編成戦略本部 事業戦略室長)

--------------------------------------------------------
映画業界を目指す人必携!
キネマ旬報ムック『映画・映像業界就職ガイド2013』11月下旬発売予定!!!

映画買付、テレビ局での番組制作、映像制作、劇場……映像関連の仕事は多いけれど、毎年どうやって就職活動をしているの? 仕事内容は? どんな会社があるの? ……と疑問はつきません。本ガイドでは、映像に関わる様々な会社と職種を紹介。また難関を乗り越えた先輩社員のコメントや体験記も掲載しています。本年度は好評の「先輩社員の体験記」頁をさらにボリュームアップし、彼らの偽りなき体験と努力、そして成功のカギを披露して頂きます。映像業界志望者は必携!のガイドブックです。

●キネマ旬報ムック『映画・映像業界就職ガイド2013』
 キネマ旬報映画総合研究所・編 A5判型/240ページ予定 予価:1,500円(税込)

お問合せは、キネマ旬報社 出版営業部まで
TEL:03-6439-6462 
http://www.kinejun.com
No.480 - 2011/09/14(Wed) 15:08:55
はじめまして / さか28 [ Home ] [ Mail ]

バンコク空港でこの人は記憶ほ無くした、その記憶は残されてた、このボイスレコ−ダ−に、、、
http://www.youtube.com/watch?v=vB54P5Ipzg0&feature=related

はじめまして、
GBS Studio の新作品のご案内です(予告版)。
GBS とはフランスで生まれた映画のファンとして役15年前から自主映画、ドキュメンタリなどプロヂュ−ス、製作を行ってります。
これからもよろしくお願いします。
GBS Japan 中屋 亮
No.479 - 2011/07/20(Wed) 18:35:12
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
50/50件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS