星綴〜幕末・新選組〜掲示板

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
新選組や幕末の話題など、どんどんカキコしてください♪

漫画や小説の話題は大歓迎ですが、
歴史上の人物と漫画・小説の人物を混同している方はご遠慮ください。

注意事項
※他人の中傷や不快になるようなことは書かないでください。
※日記的なカキコや、どうでもいい内容はお返事に困ります。
※ギャル文など不要な小文字は使用しないでください。
※歴史上人物の名をHNに使用しないでください。

以上のカキコがあった場合は、削除させて頂きます。ご了承ください。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
保科正之チャット / 日光山 [北陸]
めぐさん、こんばんは。
お久しぶりです。
実は今週20日に保科正之チャットを開催いたします。
会津藩祖保科正之について語り合おうというチャットです。
もし、興味おありでしたらご参加ください。
午後十時からの予定です。
No.109 - 2007/03/18(Sun) 20:32:33
Re: 保科正之チャット / めぐ@管理人 [北海道]
おひさしぶりです。

仕事の終了時間が通常午後十時で、
それから帰ると遅くなってしまいます。
残念ながら参加できません。
せっかくお誘い頂いたのに申し訳ありません・・。
No.111 - 2007/03/20(Tue) 03:14:55
こんな話 / 鳴門舟 [四国]
 北海道は、多少暖かくなってきたでしょうか。

 今、「旅する巨人」という民俗学者の宮本常一をえがいた本を読んでいるのですが、彼は山口県出身、
幕末その土地に伝わる、こんな話が書かれています。

 >ある農家に、岩吉という若い泥棒が入りました。
 主人が見つけて捕まえたのですが、刃物を持っていたという事で、刃物は主人の腕に触っただけだったのですが、はりつけの刑になる事が決まりました。
 そして、ある番人が彼の日常の世話をすることに成りました。
 そして刑が執行される日。その番人に、執行の役目が言い渡されたのです。
 番人は、他の人に代わって欲しいと嘆願しますが、許されません。
 仕方なく、鉢巻をし、たすきがけをして、準備をします。見物人は大勢います。岩吉は泣いて、許しを請うています。
 
 その後、番人は長い間寝込みました。
そして、番人をやめ、彼は猟師になりました。
 その彼に、子供が出来、生まれた子供は目が見えなかったそうです。
 周りの人たちは岩吉のたたりだと、うわさし合いました。

 何も教訓は無いのでしょうが、印象に残っています。
 
 その他の話に、幕府軍が長州に攻め込んできた時、
 常一のおばあさんにあたる人も、長刀を練習していた、と。
 第二次世界大戦の時も、日本の婦人たちも、米軍の進駐にそなえて、軍事訓練をやっていたようですから、
同じような様子だったんでしょうかね。
 
No.108 - 2007/03/17(Sat) 17:52:01
Re: こんな話 / めぐ@管理人 [北海道]
番人を恨むのは筋違いという気がしますw

幕末での薙刀ならともかく、
第二次世界大戦時の竹槍の訓練は無意味だと
本を読む度に常々思っていました。
それをやらせていたのが政府だっていうのが驚きです。(^^;
No.110 - 2007/03/20(Tue) 03:12:45
ビールのおまけ? / 才谷梅次郎 [北海道]
こんばんは。深夜勤務、お疲れ様です。
ビールのおまけ、情報ありがとうございます。大きく打っても小さく打ってもすぐに反応する才谷です(苦笑)。早速私めも、と言いたいところですが、どうも最近忙しくて気持ちに余裕がございません・・。コンビニならいつでも開いているんですけどね・・。特に私は「そういう趣味」は無いのですが(笑)、とりあえず気になります。以前おまけが主役みたいなチョコ?あるじゃないですか、あれは買いました(笑)。当たったのは近藤勇と沖田、そして大久保利通でした(笑)。今度コンビニに寄ったら見てみます(笑)。
No.105 - 2007/02/21(Wed) 22:18:34
Re: ビールのおまけ? / めぐ@管理人 [北海道]
ありがとうございます。(^^)

フィギュアは小さいのに細部まで
精巧に作られてるのですが似てませんw
ビールキャンペーンの第一弾は北海道だったようです。
きっとクラークとか時計台とかだったんでしょうね。

おまけに飴が付いていたフルタの歴史浪漫の
新選組シリーズの池田屋編と戦場録編は土方が出るまで買いつづけましたw
あとは、おもちゃ屋で売ってた幕末維新フィギュア。
これも土方が出るまで・・。(^^;
このシリーズは龍馬もありました♪
No.106 - 2007/02/23(Fri) 23:52:11
田本研造 / 鳴門舟 [四国]
 土方の最期について、日記も拝見しました。
 地元誌の説が詳しく、一番信憑性があるように思われますね。
 だとすれば、猟師さんかわいそう。

 「田本研造」という人は北海道では有名なのでしょうか。今日初めて名前を知りました。
 「文明開化の写真師」という本を今読んでいるのですが、榎本武揚や土方歳三の写真を撮った人物として名前が出てきました。
 この本は北関東で初めて写真館を開いた片岡如松という人の物語です。
 明治初期の日光東照宮の白黒の写真が載っていますが、とても鮮明で構図といい見事な物です。

 写真を撮るための、薬品の調合など苦労したようですが、彼らが現在のデジタルカメラを見たら,何と思うでしょうね。
No.103 - 2007/02/14(Wed) 05:17:55
Re: 田本研造 / めぐ@管理人 [北海道]
>「田本研造」という人は北海道では有名なのでしょうか。
どうなんでしょう。私のも判りませんw
私も土方や榎本も写真を撮ってた事と、北海道の開拓関係の写真を撮ってた事しか知りません。
写真好きな人達には有名かもしれませんね。

日本で初めて写真を撮った人物は上野彦馬ですよね。
これは公式な記録であって、非公式では大鳥圭介・・と大鳥関係の本に書いてました。
どの本に書いてあったか探してみないと判らないので
ネットで検索してみると大鳥は出ないけど平賀源内という話もありました。
これが本当なら時代からいうと平賀源内が初なんですよね。
No.104 - 2007/02/19(Mon) 01:08:33
江戸城天守閣と保科正之 / 鈴木 [関東]
ご無沙汰していました。「開国の真実」の鈴木です。

最近、江戸城に天守閣を再建しようという話を聞くのですが、私は賛同出来ないのです。
江戸城天守閣が、死者十万人を越えた明暦の大火で焼け落ちたとき、幕府中枢に居た会津藩主保科正之が、
「天守閣再建にかかる費用は焼け出された庶民の救済に回し」天守閣の再建を行いませんでした。
文治政治を推し進めた保科正之は、
「善政を行えば、謀反も一揆も起きない」
ので戦闘用の防御施設は不要と考えたのです。
保科正之は第四代将軍家綱の補佐役として、文治政治を推進。
?@末期養子を認めて、お家断絶・浪人発生を防止。
?A殉死の禁止。
?B玉川上水を開削して江戸町民の飲料水を確保。
?C火災からの避難場所として上野広小路を設置。
しました。
江戸城に天守閣が無いことは、保科正之と会津の誇りです。
皆さんはどのようにお考えですか?
No.100 - 2007/02/04(Sun) 10:05:18
Re: 江戸城天守閣と保科正之 / めぐ@管理人 [北海道]
お久しぶりです。

天守閣の再現・・そんな話が出ていたのですね。
宇都宮城も再建されたそうなので、それに触発されたのでしょうか。(^^;
再建には猛反対・・とまではいきませんが、
200年以上なかった物を今更・・という感じもします。

保科正之に関しては漫画の『風雲児たち』に載っている事くらいしか判らないのですが(笑)、
大体のことは描いてあったと思います。
幕末まで再建されなかったのは
徳川幕府が保科正之の言う事が正しいと判断したからであるはずです。
維新で幕府を倒し、その場所に天皇を住まわせておきながら
そこに徳川家の物をわざわざ再建しなくてもいいのではないでしょうか。

たぶん再建しようとしている人達は、その辺の歴史事情なんか考えないで
ただの観光名所くらいにしか考えていないのでしょうね・・。
でも、再建されたら機会があれば見に行くであろうという自分がいますw
No.101 - 2007/02/05(Mon) 05:14:00
お久しぶりです。 / 月狐 [東海]
ご無沙汰しております。月狐(eiru)ですw
皆様明けましておめでとうございます(遅)

ご挨拶していないままもう2月に;
めぐさんには今年も年賀状送りたかったのですが間に合わず><寒中見舞い出そうかと思ったらそれも間に合わず;;;気づいたら正月終わってしまいました;;;(すみません;)

私は昨年高校を卒業してから就職いたしました☆今年で事務員2年目に突入・・・というところなのですが、いつまでたっても駄目社員です(汗)今年ついに20歳になる(来年は成人式です)上に運転免許の初心者期間まで終わりますが・・・いつまでたっても学生気分から抜けだせなくてこまっています(笑)
歳とは別の進路にいったので新撰組等の会話をする機会も減りましたが、いまだに会うと・・・(笑)(昨年のハロウィンでは歳が新撰組の羽織と刀のレプリカを持ってきまして・・・(似合ってました/笑))

そしてめぐさんにいただいたビルダーのおかげで立ち上げられたサイトもまだ閉鎖することなく続けられていますw本当にイロイロありがとうございましたm(。。)m
また機会がありましたらどうぞ遊んでくださいませw

それでは長々と失礼いたしました。
またご挨拶遅くなりすみませんでした。
これからもどうぞ素敵なサイト続けていってくださいませw失礼します。
No.97 - 2007/02/02(Fri) 18:39:22
Re: お久しぶりです。 / めぐ@管理人 [北海道]
うわっ、お久しぶり〜!(*>▽<)ノ

あ・あれ?もう社会人!?
まだ高校生だと思ってました。
高校に入学したのがつい最近のような気がしてるんで。(^^;
歳誠さんも元気そうだね♪

>年賀状
気にしないで〜。私も出してないしw
面倒臭がりなので、ここ2・3年は来た人にしか出してないの・・。

月狐さんもサイト運営がんばってくださいまし♪
(私はほぼ、ほったらかしなんでw)
No.99 - 2007/02/04(Sun) 02:09:33
アルミ / 才谷梅次郎 [北海道]
こんばんわ。
アルミのお話がありましたが、そりゃあ高いっすよ(苦笑)!確かにSUV系は高価かも知れませんが、定価そのものじゃないですかね(笑)!?私も去秋、憧れだったSUVに乗り換えたのですが、最初はアルミを含むタイヤの値段にびっくらこきました・・。ステッカーのお話も「さすが!」と思いましたが(笑)、実は私も今回の車のある部分に、サムライがらみのあるお遊びをしているんです(笑)。ナハハハ・・・。
No.96 - 2007/02/01(Thu) 23:45:03
Re: アルミ / めぐ@管理人 [北海道]
>アルミ
車購入する度にサービスで付けて貰ってたので判らなかったんですよねぇw
ちなみに車内はファイターズグッズ置いてます。(^^;ゞ
ファイターズの車用のステッカー作って欲しいっす・・。

やっぱ北海道にいるならSUVですよね♪
函館で史跡探すのに山道を走った時に実感しましたw
No.98 - 2007/02/04(Sun) 02:08:36
白虎隊と戦争と。 / 龍尾 [北海道]
久しぶりの書き込みになります。
みなさま、あけましておめでとうございますm(__)m

白虎隊から近年の戦争まで話が及んでいるので、ついついカキコの手が動いてしまいます(^-^;)
白虎隊と戦争について多感するところがあったので、一気に書いてしまいました・・
てゆーか、長すぎたっす・・めぐさん、ごめんなさいvv

まず・・
どんなに時代が流れても、「すべての人の心を完全にへし折る戦争」などというものは、人の世に存在しないことでしょう。
戦争は大きければ大きいほど、完全決着はまず不可能なのです。
人類史上の歴史がそれを常に語ってきました。
必ず未来に遺恨を残します。

泥沼化する一方のイラク戦争然り。
「なるべくなら悲惨な現実を見たくもないし、信じたくない・・」と目を背けていたい人間が多いだけのことであって、実際は殆どの人間の目に戦争の未来は見えています。
この先、1000年どころか下手をしたら地球が終わるまでイラク戦争の決着はつかないことでしょう。
一旦終わっても、すぐに新たな種が芽生えるだけです。
人間は本質的に、イデオロギーの違う者が戦えば、お互いを理解するのは不可能だと判っているのです。

かといって、もしも宗教抗争と内乱で虐殺の絶えなかった中東にアメリカがいつまでも手を伸ばさなければ、結局日本やアメリカとは一見無関係の人々が今もなお死に続けていたことでしょう。
そして、その現実を日本人がたぶん今も知らないまま、或いは新聞やテレビで表面的にだけ見て、あっさり通り過ぎていただけのことだったかもしれません。

戦争なんてものは、結局は国家同士のイデオロギーの戦い、或いは宗教・思想の名の下に行われるものであって、その大義の下に人間個人は戦闘で人を殺し、敵の人肉をも喰らって生き延びる凄惨な戦いになるものです。

とどのつまり、戦争に正義も悪もありません。
戦争を起こす者、加担する者みな、「人道に対する罪」を背負って生きるのです。

それを終わらせるには、ひたすら戦争に向かうよりも降参を選択するという鳴門舟さんのお話、私も大賛成です。


人類史上なかなか降参しない戦争だらけの中、第二次大戦は史上最大の死者を出し、最終的には日本人すべて(殆ど、か)の心は、昭和20年に確実にへし折られ、そして降参しました。
それほどまでに、その当時のこの国は、皇帝の名の下に一枚岩にならざるを得なかったのでしょう。
よっぽど帝国嫌いだった人ならいざ知らず、みんな最初は死んでしまいたい衝動にも駆られたことでしょう。
降伏のつらさ以上に、親兄弟・親類縁者・子弟子息・親友戦友に至るまで、知り合いが訳もわからず死んでいったような状態で、いきなり生きる希望なんか見えますか?普通の人なら見えません。

かと言いながらも、「妻子が死んだ、俺も死ぬ。」というようなのは、やはり短絡的です。
第二次大戦直後、みんな呆然自失のまま死んでいたら、カップラーメンの登場はもっと遅れたかも知れません(by日清)
戦争の痛みを背負い自害することは、今現在の日本の状況を嘆いて、「俺は今何もできない。死に遅れた!」と思い込み自殺するのと結局同類です。
それも一つの武士道なのかも知れませんが。どうなのでしょう?

私にとって、「散り際の美しさ」に対する感情は日本人としての美学ですし、できれば自分もそうありたいと思い生きてきました

しかし、「辛苦を乗り越え、生きて汚名を雪ぐ。」という生き方をした歴史上の人間の強さも、私は好きです。
ただ、自分がその立場になった時、その生き方ができるかどうかについては、極めて自信がありませんw

歴史ifとよく言いますが、人の発展のために都合の悪いifを考えるとするなら、西郷頼母が死んでいれば、御宸翰は松平容保には届かず、合気柔術の発展はなかった。
榎本武揚が死んでいれば、今の北海道の農業の発展も、東京農大も無かった。
大鳥圭介が死んでいれば、函館山に碧血碑もなかった。(それだけじゃないだろw)

そして、白虎隊が飯盛山で死んでいなければ、若くして命を散らすことの儚さと虚しさを、時代劇やドラマを通じて今時の若者に伝えることもできなかった…。

西郷頼母は人生の最期に、会津若松の長屋暮らしに戻ります。
今回のドラマ白虎隊には、そんな話も登場する暇もありませんでしたが、人が生きてきた証を現実の過去として伝えてくれる歴史によって教えられる教訓に感謝しつつ、今年も生きたいと思います。
No.87 - 2007/01/12(Fri) 14:25:11
Re: 白虎隊と戦争と。 / 鳴門舟 [四国]
龍尾さん、何とお呼びするのでしょうか。
 「たつお」さん?女性のかたですね。

 こういう書き込みを読むと、思わずうれしくなってしまいますね。同志を得たという気分で。
 今、日本中でこうして熱く幕末を語れて、幕末とともに生きている?人は、それこそ銀行の金利くらいの割合しかいないと思いますので、うれしさはひとしおです。

 女性の目から見た、幕末というものもまた書き込んでください。楽しみにしています。
 
 
No.88 - 2007/01/13(Sat) 05:59:30
Re: 白虎隊と戦争と。 / 龍尾
鳴門舟さん、こんにちは(^ー^)
長らく書き込みしていなかったので、お忘れですね(笑)
HNは「りゅうび」と読みます。龍尾剣という剣術の技名から頂戴しました。
女性的な文章で性別詐称(?笑)していますが、男です(笑)

同志と呼んで頂けますか。うれしく思います。
私もめぐさんのこのサイトを通じて、幕末を熱く語れる仲間を多く得ることができました。
このサイトに初めて来たのは、もう5〜6年前のことでしょうか・・
ここに来るまでは単に趣味でしかなかった歴史が、今では自分の生き方や思考にも大きく影響しています。
それは、歴史とは実際に我々の先祖が歩いてきた証だと現実的に見据えることができるようになったからです。

これから、日本の教育が変わっていこうとしています。
それは第二次大戦で悪習とともに捨ててしまった「日本人として大切なもの」を思い出す作業になるのだと思います。
もう日本人の心は手遅れなのか、それともまだ間に合うのか・・
後者に賭けたい私は、このサイトに来ることによってその希望を感じることができます。
日本はまだまだ捨てたものではない、と。

本業多忙のため、なかなか書き込みもできないかもしれませんが、こちらこそ宜しくお願いしますvv
No.89 - 2007/01/13(Sat) 09:01:22
Re: 白虎隊と戦争と。 / めぐ@管理人 [北海道]
龍尾さん、熱いカキコありがとうございますw

>「妻子が死んだ、俺も死ぬ。」

現代の軟弱化した日本人にはありえる話かもれませんが(笑)、
幕末・明治・・などの武士や軍人では聞かないです。

上記に反して明治天皇崩御で後を追った乃木希典や、
藩主が死んで後追いした武士達は美学とされてますね。
時代によって考え方も違うのでしょう。
私は幕末が好きなので後者の方が感動したりするので
山田洋二郎監督の映画のように、家族第一に考える時代物は遠慮がちになってしまいます・・。
あ、壬生義士伝は別格ですw
・・話が逸れましたw

>その大義の下に人間個人は戦闘で人を殺し、
>敵の人肉をも喰らって生き延びる凄惨な戦いになるものです

いつ死ぬとも判らないような非日常的な日々の中、
地域住民からの強奪・暴行、虐待。
硫黄島で実際にあった話なのですが、病人・けが人を人間とも思わないような扱い、
あまりの食料難の為、誰も信じられなくなり、食料を取られるのではないか・・と戦友を撃ち殺す。
戦争ほど人間が本来持つ残虐性を引き出すものはありません。

>辛苦を乗り越え、生きて汚名を雪ぐ

まさに多くの会津人に当てはまる言葉だと思います。
会津の教育の賜物なのか、各方面で活躍し名を残した会津人達。
成功を収めた彼ら。
会津戦争の事はいつ、何をするのにも心の中にあったでしょう。
No.90 - 2007/01/14(Sun) 05:42:45
Re: 白虎隊と戦争と。 / 龍尾 [北海道]
めぐさん>
新春早々重い内容を書いてしまいましたが、言いたかったことを総括してくださり、ありがとうございますvv
白虎隊をテーマにしたものを観ると、いろいろなことを考えさせられちゃうんですよねw

昨今、第二次大戦が映画のテーマに取り上げられるようになってきましたが、これは『日本の教育が避けて通ってきた歴史の裏側』を漸く見据えるようになった兆しだと思います。
幕末から第二次大戦までの歴史を通じて、日本の教育がいい方向に進んでくれたらよいのですけどね。
親子・夫婦間の殺人や子どもの自殺などが相次ぐ病んだ時代の日本に、歴史の教訓が蘇ることによって日本の未来のために一石も二石も投じ、平和の尊さと命の重さを改めて知らしめてくれることを願いたく思います。
No.91 - 2007/01/15(Mon) 00:57:46
Re: 白虎隊と戦争と。 / めぐ@管理人 [北海道]
>幕末から第二次大戦までの歴史を通じて、
>日本の教育がいい方向に進んでくれたらよいのですけどね。

ほんと、そうだと良いんですけどねぇ・・。
山Pのファンサイト廻ってガッカリしたのであまり期待しませんけどw
だって、20ヶ所以上廻ってドラマの感想が全部
「山Pカッコ良かったY」だけで何も考えてないんだもんw

TVでやるより、学校用に映像の教材ドラマ作って見せたら良いんですよね。
その方が教科書の文字ばかり追いかけてるより判りやすくて良いかと思います。
作るまではいかなくても、NHKの歴動を録画して見せるとかw

>親子・夫婦間の殺人や子どもの自殺などが相次ぐ病んだ時代
子供ばかりじゃなく、大の大人の殺す理由が呆れるものばかりですよね。
50前後の大人が80歳前後の親にお小遣いをねだってもくれなかったとか、
30代の二ートが親に仕事しなさいと言われたからだとか・・。
何を考えてるのか判りませんw
No.92 - 2007/01/16(Tue) 00:23:41
Re: 白虎隊と戦争と。 / 鳴門舟 [四国]
ジャニ−ズの人気タレントを起用した時点で、そういうかっこよさとか視聴率を考えているんですから、作り手の方から言えば成功と思ってるんじゃないでしょうか。
 時代劇のオ−ソドックスな手法は、善人、悪人をはっきりさせる事ですね。
 会津の立場に立てば、悪人、薩長は仕方ないんでしょう。
 
 私はジャニ−ズのタレントが主演した、NHKの大河ドラマは、最初から全く興味がありませんでした。
 ジャニ−ズ事務所の圧力のような物も感じ取られた
からです。

 今の世の中、政治家からして腐りきっていますから
世の中を正すのは、大変難しいことですが、一つ考えられるのは、技術文明の発達の速さに、人間の内面の成長
意識、道徳性が追いついていない、ということだと思います。
 一つの良い例が携帯電話。
 少し前なら、人中でただ一人、声を出すなんてル−ル違反でした。恥という物がありました。
 それが今では、これ以外にも多くのル−ル違反がまかり通っています。
No.93 - 2007/01/16(Tue) 12:59:21
Re: 白虎隊と戦争と。 / めぐ@管理人 [北海道]
>ジャニ−ズの人気タレントを起用した時点で、そういうかっこよさとか視聴率を考えているんですから、
>作り手の方から言えば成功と思ってるんじゃないでしょうか。

人気タレントを起用して、若い人に生きることの大切さを教えたい・・というのが主旨だったようですが、
視聴率だけ良くて、肝心の伝えたい事は伝わってなかったようです。

>会津の立場に立てば、悪人、薩長は仕方ないんでしょう。

薩長側からすれば、新選組は思いっきり悪人ですからね・・(^^;
ちゃんと調べれば、斬ってなかりではなく
刃向かってくる浪人以外は捕縛して奉行所に届け出ている事くらい判るでしょうに・・。

今回のドラマでは世良・・ですね。
竹に雀の話は仙台戊辰戦史の作者の創作というのが定説。
子孫の方はどんな思いで見たのでしょう。
 
>技術文明の発達の速さに、人間の内面の成長
>意識、道徳性が追いついていない、ということだと思います。

追いついてないどころか、衰退してるようにしか見えません。
一昔前までは、コンビニの前や歩道など地べたに座る人なんかいませんでした。
それでも私の地元ではあまり見かけませんが・・。
No.94 - 2007/01/19(Fri) 00:25:22
遅ればせながら / 日光山 [北陸]
めぐさん、こんにちは。
大変遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ところで「白虎隊」の感想などを聞かせてください。
まわりでは、やはり日テレの「白虎隊」は越えられなかったという感想を聞きます。
めぐさんはどうでしょうか?。

追記
ちょっと質問が。
「ダンチョネ」は北海道の方言でしょうか?。
又どういう意味があるのか教えてください。
No.76 - 2007/01/07(Sun) 17:00:53
Re: 遅ればせながら / めぐ@管理人 [北海道]
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、今年も宜しくお願い致します。

>白虎隊
詳しくはブログに書きましたが、断然昔の方が良かったです。
今回のは現代の若い人へのメッセージ性のあるドラマだったので
歴史ファンには物足りなさすぎるかと。(^^;

>ダンチョネ
もしかして、八代亜紀さんの歌の歌詞に出てくる言葉でしょうか?
残念ながら北海道の方言ではありません。
私も紅白を見て謎だったので調べてみました。
ダンチョネ節のことで、その語源は『断腸の思い』だそうです。
下記のサイト様に詳しく書かれてますので御覧ください。

http://kotoba.livedoor.biz/archives/50735013.html
No.77 - 2007/01/08(Mon) 02:11:04
Re: 遅ればせながら / 日光山 [北陸]
めぐさん、こんにちは。

ブログ拝見いたしました。
なるほど、白虎隊に対する思いが伝わりました。
昨日の某所でのチャットでは西郷頼母の小林稔司に対してふけすぎという批判が出ていました。
もう少し若い人を使えなかったかという希望が。

>八代亜紀さんの歌の歌詞に出てくる言葉でしょうか?

そうです。
ありがとうございます。
北海道の方言でなかったのですね。
長年の疑問がはれました。
またよろしく。
No.78 - 2007/01/08(Mon) 17:15:48
Re: 遅ればせながら / ちょこ☆
姉御、皆様、明けましておめでとうございます!!

ちょこも白虎隊見ました!
山ピーより田中っちが主役がよかったかもしれませんねっっ!(^O^)
贅沢を言うと山川様の入城のエピが欲しかったなぁ。
No.80 - 2007/01/08(Mon) 22:08:22
Re: 遅ればせながら / めぐ@管理人 [北海道]
>日光山さん
役者に関しては配役を聞いた時点で諦めましたw
田中君の演技が良かったのが救いです。

西郷頼母といえば・・今回のドラマでの扱いは酷いものでした・・。
まったくの無能扱い。
せめてフォローに、容保が最後に頼母を会津から逃がす時、
頼母を信頼してる証として御宸翰と御製を持たせるエピソードは入れて欲しかったですね。
面白い・・といえば、面白かったのですが、
台本が悪いのか、やはり物足りなさが残りました。

>ちょこさん
おめでと〜♪今年もよろしく。
あぁ!それは入れて欲しかった!
「あれも、これも・・」と言ってたらキリがないんだけど、
現代シーンを削っても、ぜひ入れて欲しかった・・。
っつか、現代シーンは要らんよねw
No.81 - 2007/01/09(Tue) 02:09:28
Re: 遅ればせながら / 鳴門舟
 ジャニ−ズのタレントが主演という事で、見る気は無かったのですが、最後の30分間、チャンネルを合わせていました。
 精霊流しのシ−ンがありましたが、戦中にのんびり、こんな事できたかな、とか薬師丸がこんな役やるようになったのかとか、思いながらドラマに入り込まず見ていました。
 しかし、意外にも薬師丸と息子(これが田中君なのでしょうか)とが、来世にも息子にして欲しいとの件には涙してしまいました。
 大げさでない、おさえた演技が良かったのでしょう。

 西郷頼母は私も、興味のある人物で、未だ慶喜と同じく判断を下せない人物なのですが、今回のドラマを基に
手持ちの本を読み返してみました。
 すると、頼母の妻、千恵子が、白虎隊生き残りの飯沼貞吉家から出ている事を知りました。

 頼母は死に遅れたと思いながら、明治を生きたのでしょうか。
 
No.82 - 2007/01/09(Tue) 11:33:48
Re: 遅ればせながら / めぐ@管理人 [北海道]
>意外にも薬師丸と息子(これが田中君なのでしょうか)
いえ、それは散々な評価を得た山下君ですw
田中君は儀三郎役でした。

>精霊流しのシ−ンがありましたが、戦中にのんびり〜
調べてみないと判りませんが、
個人的には篭城し、周りは新政府軍に囲まれ見張られていたはずなので無理かと思われますw

>西郷頼母
頼母は会津の為を思い、守護職の拝命拒否、
戊辰戦争の降伏を唱えつづけました。
今で河井継之助と同じように見直されてきています。

家老になったばかりで京都守護職の話があり、
そのせいで家老職を解かれ、戊辰戦争時に復職するも、
他の会津藩士に恭順派という事で責められ、家族は自害。
明治になり、一緒に住んでいた弟は雲井龍雄事件で獄死唯一残った一人息子は病死。
養子を迎え(この養子、四郎は確か姿三四郎のモデルですw)
後妻を貰うまでは散々な人生だったんでしょう。

その後は政治治批判運動や神社の発展に尽くし、
霊山を日本百景に入れる運動、
霊山の観光開発に関わるなど色々と積極的にこなしてたみたいです。
西郷家を残こす事を考えていたらしいし
(後妻との間に子供はいなかったみたいです)、
藩主や藩士も大勢生き残ってますから
死に遅れたとは思ってなかったと思いますが、淋しかったでしょうね。
No.83 - 2007/01/10(Wed) 06:47:51
Re: 遅ればせながら / 鳴門舟 [四国]
 アメリカのブッシュ政権がイラクで泥沼に入ってしまっています。
 それらを考えると、ひたすら戦争に向かうよりも、屈辱的ではあっても、降参するのも一つの方法なのか、と
私は今、思っています。

 しかし、最初に頼母の話を読んだときには、家族、親戚21名すべてが自害して果ててしまったのに、なぜ明治を長くいき、さらには再婚ですか!
 不思議で仕方ありませんでした。
 
 死に遅れた。と書いたのは「ある明治人の記録」の 
柴五郎大将の事が頭にあったからです。
 五郎の家族もおおかた自害していますね。
 彼は、第二次世界大戦での日本の敗戦を見届け、
80才を超えた老齢で割腹自殺をはかりますが、成功せず、その傷がもとで亡くなっていますね。
No.85 - 2007/01/10(Wed) 14:46:30
Re: 遅ればせながら / めぐ@管理人 [北海道]
>降参するのも一つの方法なのか
私もそう思います。
太平洋戦争もいい例ですよね。
神風だのなんだのとバカな事を言ってないで、さっさと降参しちゃえば良かったんです。
そしたら広島・長崎の原爆も落ちなかったでしょうし、
特攻隊もなかったかもしれません。

柴五郎の最後は知りませんでした!
新選組最後の局長の相馬も、結婚してからなのですが自害してますね。
最後に思うのは、やはり戊辰戦争時の事なのでしょうか・・。

会津の女・子供は200人以上自害してたと思います。
西郷家だけで約十分の一を占めちゃってるんですよね・・。
頼母も老後、ふと「あの時に死んでいたら・・」とは考えてたかもしれませんね。
No.86 - 2007/01/12(Fri) 00:24:56
謹賀新年 / 才谷梅次郎 [北海道]
あけましておめでとうございます。
トップ絵がまた素敵ですね。佐幕派?(笑)のめぐさんが龍馬ずくしの年末年始とは(笑)!でも私も上川さんの龍馬が一番フィットします。明日は忠臣蔵ですね。残念ながら私は見れません(VTRも時間がオーバー?)。ターバン野口は挑戦してみましたが、最後はめんどうになって「無造作野口」になってしまいました・・(笑)。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
No.74 - 2007/01/01(Mon) 14:30:47
Re: 謹賀新年 / めぐ@管理人 [北海道]
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。 <(_ _)>

忠臣蔵は釧路で放映されないので私も見れなかったんです・・。
テレビ東京のドラマは毎年面白そうですよね。

竜馬役、真田さんと市川染五郎さんの竜馬も良かったのですが、
私にはやはり上川さんが一番です。
6日は待ちに待った『白虎隊』です!
会津なくしては幕末は語れません。
昔の白虎隊を超える作品にはならないとは思いますが、
これは何としても見なくてはなりまんせんw
No.75 - 2007/01/04(Thu) 01:15:06
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
103/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS