37214
LE CERCLE ROUGE BBS
HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
メルヴィル作品の上映情報、感想はもちろん、関連する事柄等、何でもどうぞ。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
DVD続々 / 熊 [ Home ]
 こんばんは。

 「暗黒街のふたり ニューマスター版 」
 「 危険がいっぱい ニューマスター版 」

 日本でのアラン・ドロンの人気もあってか、毎月DVDが出ますね。1/31に発売だそうです。「暗黒街〜」は再発?
紀伊国屋から出るわりに値段が手頃みたいですね。

 シャブロルの作品もDVDで出つつありますし、これからに期待ですかね。
No.1263 - 2008/11/12(Wed) 18:33:31
Re: DVD続々 / マサヤ@管理人
熊さん、こんばんは。
DVD情報ありがとうございます。
こちらですね。
http://forest.kinokuniya.co.jp/ItemIntro/176111
http://forest.kinokuniya.co.jp/ItemIntro/176110

これはどちらも旧DVDを持っているだけに複雑な気持ちですね(笑)。
『危険がいっぱい』の旧DVDは画質が良くなかったので、新DVDに期待です。
個人的には『仁義』をどこかから出し直してくれないかなぁ、と。
No.1264 - 2008/11/13(Thu) 00:12:56
人気投票・中間結果発表 / マサヤ@管理人
管理人です。
ここまで、メルヴィル作品の人気投票に参加いただいた皆様、まことにありがとうございました。
皆様のお蔭で、なんとかこの人気投票も企画倒れにならずに済みそうです。
ありがとうございます。
15日(土)24時まで投票を受け付けている途中ではありますが、ここで中間結果を報告させていただきたいと思います。

1位…『サムライ』(6票)
2位…『いぬ』、『影の軍隊』、『仁義』(いずれも3票)
5位…『ギャング』(2票)
6位…『海の沈黙』、『マンハッタンの二人の男』、『リスボン特急』(いずれも1票)

という結果となっております。
今のところ『サムライ』が圧倒的な強さを見せつけています。


ここで改めてお知らせさせて下さい。

11月13日の『リスボン特急』の初の国内盤DVD発売を勝手に記念しまして、ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品の人気投票を行っています。

『海の沈黙』
『恐るべき子供たち』
『この手紙を読むときは』
『賭博師ボブ』
『マンハッタンの二人の男』
『モラン神父』
『いぬ』
『フェルショー家の長男』
『ギャング』
『サムライ』
『影の軍隊』
『仁義』
『リスボン特急』

以上、長編13作の監督作品の中から、お好きな作品を3作まで選び、当BBSに書き込んで下さい。
1作や2作だけでも結構ですので、これまでBBSに書き込んだことのない方もお気軽にどうぞ。
もちろん、ご覧になった作品の数は問いません。

期間は、11月6日0時から11月15日(土)24時まで。
期間終了次第、投票結果をお知らせしたいと考えています。

作品についてのコメントも歓迎しますが、投票の書き込みに対して特にレスはいたしませんのでご了承願います。
それでは、皆様、是非とも投票にご参加下さいますよう、お願い申し上げます。
No.1262 - 2008/11/11(Tue) 23:57:01
フランス映画の上演情報です。 / 熊 [ Home ]
 K's cinemaの上演情報

フレンチ・シネマで5週間 12月20日(土)〜 上映予定

上映作品
・ジャン=リュック・ゴダール監督作品
 「女は女である」
 「恋人のいる時間」
・アラン・ドロン主演作品
 「地下室のメロディー」
 「冒険者たち」
・ジャック・タチ監督作品
 「プレイタイム」
 「ぼくの伯父さん」
・アニエス・ヴァルダ監督作品
 「5時から7時までのクレオ」
 「幸福 −しあわせ−」
・マルグリッド・デュラス脚本作品
 「かくも長き不在」
 「ヒロシマモナムール」(二十四時間の情事)
・マルセル・カルネ監督作品
 「天井桟敷の人々」
・ジャン・ルノワール監督作品
 「フレンチ・カンカン」
 「素晴らしき放浪者」

 公式サイトはhttp://www.ks-cinema.com/index.html

「冒険者たち」は国内最終上映らしいです。「地下室のメロディー」はニュープリント上映です。ワシはジャック・タチ作品とルノワール作品が気になっていますが、『冒険者たち』や『地下室のメロディー』のあのフランス映画の独特の味を味わってみたいですね。

 来年ですが

 川崎市アートシアターアルテリオ映像館の上演情報。

 フランス映画の秘宝2009 1/17〜

「最後の切り札」
「罪の天使たち」
「あなたの目になりたい」
「天使の入り江」
「三重スパイ」

 なかなか、見れない作品郡なので、観に行きたいところですが、少し遠いっていうのがネックです。

 では。
No.1260 - 2008/11/11(Tue) 20:10:41
Re: フランス映画の上演情報です。 / マサヤ@管理人
熊さん、こんばんは。
素晴らしい情報ありがとうございます。
K's cinemaはどれも気になる作品ばかりです。
私もルノワールとタチの作品は是非どれか観たいです。
『冒険者たち』はここ数年のうちに何度か都内で上映され、私も二回観に行きましたが、これが国内最終上映なのですね。

あと、川崎市アートシアターアルテリオのフランス映画の秘宝では、前回観れなかったベッケルの『最後の切り札』を観たいです。
『海の沈黙』が選ばれなかったのがなんとも残念ですが…。
No.1261 - 2008/11/11(Tue) 23:34:51
リメーク公開記念に新訳改訂版がでそうですね / メルヴィル大好き
「マルセイユの決着」のHP見ました。原作がジョバンニ、早川書房は、当然として翻訳が「高部義之」となっているのに注目!
ポケミス版は、「生き残った者の掟」の岡村孝一さんでしたから、新訳でしょうね。
ジョバンニの、あのぶっきらぼうな体言止め文体が、どう変化するか、楽しみです。
No.1244 - 2008/10/25(Sat) 23:28:27
Re: リメーク公開記念に新訳改訂版がでそうですね / マサヤ@管理人
メルヴィル大好きさん、こんばんは。
翻訳とは新本の訳のことではなく、映画の字幕翻訳のことではないでしょうか。
調べてみましたが、早川書房から新たな『おとしまえをつけろ』が出る予定はないようですし、高部義之氏は字幕翻訳を主にお仕事とされている方のようです。
もし、間違っていたらすみません。

新訳が出ること自体は大歓迎なのですが、岡村孝一氏の訳も読みやすいものでしたから、これを機会に大々的に再販してもらいたいものです。
No.1245 - 2008/10/27(Mon) 02:05:23
Re: リメーク公開記念に新訳改訂版がでそうですね / メルヴィル大好き
マサヤさんのおっしゃる通り字幕翻訳でしょうね。
でも、ポケミスの「おとしまえをつけろ」は、絶版じゃないですか。どうして宣伝に出てくるのか、不思議です。
私も「おとしまえをつけろ」は、持っていますので、ポケミス名画座で「いぬ」の原作を出版して欲しいです。
No.1255 - 2008/11/07(Fri) 22:25:28
Re: リメーク公開記念に新訳改訂版がでそうですね / マサヤ@管理人
メルヴィル大好きさん、こんばんは。
私も今回の『マルセイユの決着』の宣伝には少々違和感がありまして、アラン・コルノー監督の作品なのに、まるでメルヴィルの監督作品であるかのような錯覚を起こさせる宣伝(メルヴィルの名が前面に出ている)がなされているような気がいたします。
メルヴィルの名前が出るのはもちろん嬉しいのですが、アラン・コルノーも実績ある立派な監督ですからね。

『いぬ』の原作の邦訳出版は私も待ち望んでいます。
原作はラストが映画と異なるようです。
No.1256 - 2008/11/08(Sat) 00:39:38
メルヴィル作品の人気投票を行います。 / マサヤ@管理人
管理人です。

トップページでもお知らせしていますが、11月13日の『リスボン特急』の初の国内盤DVD発売を記念しまして、ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品の人気投票を行います。

『海の沈黙』
『恐るべき子供たち』
『この手紙を読むときは』
『賭博師ボブ』
『マンハッタンの二人の男』
『モラン神父』
『いぬ』
『フェルショー家の長男』
『ギャング』
『サムライ』
『影の軍隊』
『仁義』
『リスボン特急』

以上、長編13作の監督作品の中から、お好きな作品を3作まで選び、当BBSに書き込んで下さい。
1作や2作だけでも結構ですので、これまでBBSに書き込んだことのない方もお気軽にどうぞ。
もちろん、ご覧になった作品の数は問いません。

期間は、11月6日0時から11月15日24時までの予定です。
期間終了次第、投票結果をお知らせしたいと考えています。

作品についてのコメントも歓迎しますが、投票の書き込みに対して特にレスはいたしません。
また、投票が思うように集まらず、企画倒れの様相を呈した場合は早期終了することもございます。
その時はすみません。

では、皆様ご投票のほどよろしくお願いいたします。
No.1250 - 2008/11/06(Thu) 02:01:49
『マルセイユの決着』予告編 / マサヤ@管理人
管理人です。
『マルセイユの決着』関連の続報です。

公式HPに予告編がUPされました。
http://www.m-otoshimae.com/(ENTER→Trailerをクリック)

これを観た感じですと、メルヴィルのドライなタッチとは違って、かなり現代的な(?)描写となっている感が強いですね。
他に気になったのは、アントワーヌ役(たぶん)のニコラ・デュヴォシェルが“アラン・ドロンの再来”として紹介されていることと、歌手でもあるジャック・デュトロンがオルロフ役でいかにも渋い雰囲気を醸し出していることでしょうか。
No.1249 - 2008/11/03(Mon) 10:53:45
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ... 34 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS