40114
LE CERCLE ROUGE BBS
HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
メルヴィル作品の上映情報、感想はもちろん、関連する事柄等、何でもどうぞ。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
ジャック・マルブフ / Faux
 ジャック・マルブフは本名ジャック・ゴチエ。1926年1月29日生まれ。1993年7月14日没。『25時』(66)、『将軍たちの夜』(67)、『さらば友よ』(68)、『影の軍隊』(69)、『シシリアン』(69)、『告白』(70)、『相続人』(72)に出ています。
 70年代以後、『サンドラ・ジュリアン/色情狂の女』(72)ほか、ポルノ映画に多数出演。ジェス・フランコの『Kiss Me Killer』(74)、『欧州コールガール情報/淫売宿』(75)、『ゲシュタポ卍(ナチ)女囚拷問/暗黒の大脱走』(ビデオ。77)、『(秘)ナチ強制収容所/白い生贄』(ビデオ。78)、『レイプマリリン/痴態』(81)、『ゾンビ・クィーン/魔界のえじき』(ビデオ。82)、『サイキックゾーン』(83)など。
No.849 - 2008/01/07(Mon) 20:40:24
Re: ジャック・マルブフ / 管理人@マサヤ
Fauxさん、こんばんは。
『影の軍隊』のドイツ軍士官役のジャック・マルブフの情報ありがとうございます。
『さらば友よ』他、私も観たことのある作品にも出ているようで驚きました。
ポルノ映画にもたくさん出ているようですが、中にナチ関係のものがあるのが面白いですね。
No.852 - 2008/01/08(Tue) 23:28:02
Re: ジャック・マルブフ / 虎
Fauxさん、こんばんは。
『さらば友よ』、『告白』、『相続人』は未見なので観たいです。
No.853 - 2008/01/08(Tue) 23:58:13
Re: ジャック・マルブフ / 管理人@マサヤ
『告白』をざっと観直してみました。
ジャック・マルブフは、裁判のシーンで、裁判官向かって右側に座っているのがそうだと思います。
顔のアップやセリフはないようです。
ちなみに『告白』には、『いぬ』で刑事を演じているマルセル・キュヴリエもチェコ共産党高官役で出ています。
こちらはかなり存在感のある役です。
No.854 - 2008/01/09(Wed) 23:25:22
マルセル・キュヴリエ / Faux
  マルセル・キュヴリエは1924年5月14日生まれ。ニコラ・バタイユと共にパリ・ユシェット座でウジェーヌ・イオネスコの『授業』(初演1951年)などの舞台を演出。『死刑台のエレベーター』(58)、『Les affreux』(59)、ミシェル・ドラッシュの『日曜には埋葬しない』(60)、『真実』(60)、アラン・カヴァリエの『Le Combat dans l'ile』(62)、『いぬ』(62)、『戦争は終わった』(66)、『さすらいの青春』(67)、『告白』(70)、『相続人』(73)、『薔薇のスタビスキー』(74)に出ています。
  最新作は、アルメル・ド・ロルム、ゴチエ・ファージュ・ド・ブテイエ監督の『72/50』(2007年。60分)。ユシェット座の女優で娘のマリ・キュヴリエも出ています。
http://www.theatrehuchette.com/marie_cuvelier
http://www.agencesartistiques.com/v2/template.cfm?id=368&file=result.cfm&action=all&id_Artiste=6968
 ニコラ・バタイユ(26− )については、ニコラ・バタイユ『私の演出論―小空間と想像力』(早川書房、1986。絶版)を参照。
 ニコラ・バタイユは『ぼくの伯父さん』(58)、『地下鉄のザジ』(60)、『私生活』(62)に出ています。川本喜八郎の短編アニメ『犬儒戯画』(70。横光利一原作)では声の出演。
 川本喜八郎公式サイト
http://www.kihachiro.com/index2.htm

 以下を参照すると、1967年にキュヴリエは日本で『授業』の演出を行ったようです。
http://www.ambafrance-jp.org/article-imprim.php3?id_article=15
 『授業』については以下を参照。
http://www.wonderlands.jp/index.php?itemid=722
No.855 - 2008/01/10(Thu) 18:12:09
Re: ジャック・マルブフ / 管理人@マサヤ
Fauxさん、こんばんは。
マルセル・キュヴリエの情報ありがとうございます。
私が検索した時も、『授業』の演出の件が出てきたのですが、やはりご本人でしたか。
演出家としても著名な方のようですね。
まだご健在のようで何よりです。
あと、『死刑台のエレベーター』にも出ているのですね。
そのうち確認してみようと思います。
No.858 - 2008/01/11(Fri) 23:34:04
この人だーれ ジャン・ゴールド / 虎
ジャン・ゴールド Jean Gold

 『サムライ』  面通しのときに、「絶対この男だ」と主張したナイトクラブの客


ジャン・ゴールドは『将軍たちの夜』(67)にも出演しています。ラストシーンに登場する、首に勲章の赤いリボンが見える人です。まず間違いありません。
http://www.imdb.com/name/nm0325001/
ジャン・ゴールドが誰だか判ったので、もう一人の客(断定を避けた人)は
ジョルジュ・ビリー  Georges Billy ということになります。
No.837 - 2008/01/03(Thu) 17:09:21
Re: この人だーれ ジャン・ゴールド / Faux
虎さん、こんばんは。『将軍たちの夜』もいろんな曲者役者が出ているのですね。
 ジャン・ゴールドは『天井桟敷の人々』(45)の2番目の伊達男、『地下室のメロディー』(63)のホテル経営者のようです。ベルナール・ボルドリーの『アンジェリク3/太陽王とアンジェリク Angelique et le roy』(66)にも廷臣役で出ています。
http://aubonticket.com/fr/personne/filmographie/Jean-Gold
No.838 - 2008/01/03(Thu) 19:13:56
Re: この人だーれ ジャン・ゴールド / Faux
ジョルジュ・ビリーは『地下室のメロディー』(63)の列車の乗客役のようです。
No.839 - 2008/01/03(Thu) 19:16:58
Re: この人だーれ ジャン・ゴールド / 虎
Fauxさん、こんばんは。
そうなんですよ。『将軍たちの夜』にはメルヴィル作品出演者が多数出ています。
ジャン・ゴールドは『天井桟敷の人々』にも出ているのですね。ちょっと驚きです。レンタルで観たことはありますが、次に観るときは気をつけて観ます。
『地下室のメロディー』はソフトを持っていないのが残念です。
情報ありがとうございました。
No.842 - 2008/01/03(Thu) 21:15:10
Re: この人だーれ ジャン・ゴールド / 管理人@マサヤ
虎さん、Fauxさん、こんばんは。
ジャン・ゴールド、ジョルジュ・ビリーの情報ありがとうございます。
今は忙しいので難しいのですが、近いうちに『天井桟敷の人々』と『地下室のメロディー』を観て確認したいと思います。
No.847 - 2008/01/05(Sat) 23:11:08
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS