S 猫 掲 示 板 

当サイトに関するご意見ご感想などありましたらお気軽にどうぞ。
(広告・宣伝等、不適切と思われる書き込みは予告なく削除する場合があります)
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
冬コミ / ネコ
おお、当選おめでとうございます♪
今年は私もなんとか時間作っていきたいなあと思ってます。
何年も昔でかなり久しぶりな気がするけど(^^;

私のほうはアンサガに続いてミンサガだらだらやってます(^^;; システム面が充実してて、シルバーとか設定としては魅力あるキャラがいるのだから、やっぱりグラフィックもう少しなんとかしてほしかったですね・・
No.237 - 2011/11/04(Fri) 02:16:17
Re: 冬コミ / しろねこま@管理人
 どうもありがとうございます。お時間があるようでしたら、ぜひぜひおいでください。たぶん暇していると思いますのでー

 ミンサガはグラフィックが残念でしたね。リアルと見てもデフォルメと見ても中途半端だったのが……。ポリゴンならFF9みたいな感じで良いんですけどね……。
 RPGのグラフィックにおける個人的な理想は、リアル志向よりも、聖剣伝説LOMやアンサガのスケッチモーションみたいな、二次元絵をそのままゲーム中で完全アニメーションさせるような技術が洗練されると良いなあと思います。
No.238 - 2011/11/05(Sat) 19:32:12
Re: 冬コミ / みさき
初応募で当選とは、なかなかやりますね。
おめでとうございます!
私は今年の帰省は冬コミの時期ではないので・・・。(泣)
S猫通販事業部がありましたら紙媒体でも電子媒体でも良いので買わせていただきたいです。

イギリスのイベントだと・・・
http://www.minamicon.org.uk/
こんなのがあるようですが、同人即売会ってイメージじゃないですね。
しかし、Southamptonとはちょっと見で行く分には遠すぎです・・・。
No.239 - 2011/11/06(Sun) 06:22:36
Re: 冬コミ / しろねこま@管理人
●冬コミ
 たぶん評論ジャンルはそれほど競争率高くないので、上手く当選したのだと思います。イギリスからだと、なかなか年末に合わせて帰省は簡単にできないですよね。向こうは年末年始の休暇という考えがあんまり無いみたいですし……。
 電子出版は扱ってくれそうなところがあったら、やってみたいなあとも思いますが……。
 みさきさんだったら一冊贈呈しますよ! 実物が出来次第、相談させてください。

●イギリスのイベント
 コミケの元である日本SF大会の元が欧米のこういうイベントのはずなので、むしろ正統派?なのかもしれません。向こうの人のコスプレは、ちょっと見てみたいですねえ。
No.240 - 2011/11/07(Mon) 06:52:02
Re: 冬コミ / ネコ
とりあえずカタログ入手しなきゃ。
耳系のジャンルは場所と日にちが違うのかしら?
そっちの属性の人たちにも来てほしいですけど。

>ミンサガはグラフィックが残念でしたね。リアルと見てもデフォルメと見ても中途半端だったのが……。ポリゴンならFF9みたいな感じで良いんですけどね……。

同感ですー
ミンサガは海外版出たんでしたっけ?
アンサガの不振で予算不足かしら。
W/L的には二次元の方が大変なんでしょうけど。

>minamicon

TOPページの妖精さん、なかなかカワイイ(^^;
コスプレやらせたら向こうの人たちにはかないませんもんね。
No.241 - 2011/11/13(Sun) 18:35:00
Re: 冬コミ / しろねこま@管理人
●冬コミ
 一応、オリジナルR-18の獣耳ジャンルが同日同会場のようです。みみけに比べるとだいぶ少ない感はもしますが(二次創作系の獣耳が各ジャンルに散らばっているせいでしょうけど)。今回の本、普段ネットでつながりが無い人の目に付けば本当にうれしいのですが。

●ミンサガ
 海外版もありますね。
 http://www.amazon.com/gp/product/B0009A4ETY/
 たしか、今回のキャラグラフィックは海外でもかなり不評だったという話があったはず……。やっぱり中途半端なのが……。
 『ラクガキ王国』みたいなシステムがもっと進化すれば、一枚の二次元絵を簡単にアニメーションさせることができるようになるのでは、と思ってます。半世紀後くらいには、新海誠くらいの特別な技術や製作時間がなくても、一人製作アニメが溢れる時代がくるかもしれませんね。今、アマチュアのCG絵が溢れているみたいに。老後が楽しみですよ。

●コスプレ
 西洋ファンタジーなんかだと、元々ヨーロッパが本場なので、本当にイメージそのままのコスプレができる人がたくさんいますよね。コスプレの歴史自体も欧米の方が長いはずですし……。
No.242 - 2011/11/14(Mon) 19:16:43
猫耳史 / ネコ
>恐怖のオオカミ少女
ううん、どうでしょう。この手の少女ホラーの獣人は、やっぱり系譜が異なる気がします。それに対し、手塚作品や綿国のほうは、萌えの定義が固まる以前でも、その要素を含んでいるように思えるのですが。

手塚が「猫をベースに擬人化」というのは、いわれてみれば確かにそうですね。シャミーなんか典型ですが。
手塚の描く猫って、人間以上に艶っぽいというか、内面も含めた魅力を感じてしまいます。いまの作家で描ける人なかなかいないんですよねぇ。
最近ではジャンプの「magico」に出てくる黒猫さんがなかなか可愛い(^^;

それにしても、しろねこまさん模写がうまくてうらやましいです(^^;
No.233 - 2011/10/24(Mon) 01:33:54
Re: 猫耳史 / しろねこま@管理人
●恐怖のオオカミ少女
 昔の獣人系ホラー漫画は、現在の獣耳との繋がりはほとんど無いと思うのですが、『耳を付けることで動物的要素を付加している』という点で、現在の獣耳と同じ機能が使われているのが面白いと思っています。特にこの『恐怖のオオカミ少女』は、クライマックスのシーンで狼耳だけ生える(他はそこまで変化しない)、という点で、獣耳の漫画表現を考察する上で興味深い作品だったりします。

●手塚の猫
 氏の描いた猫をいろいろ比較していて気づいたのですが、実は雌猫の目と、氏が「大人の美女」を描く時の目が、全く同じなんですよね。手塚漫画の猫が艶っぽく感じられるのはそのせいかも。氏が猫に抱いていた印象が透けている感じで、面白いです。
 magicoの猫は知らなかったのでチェックしてみますよー

 模写の方は、原作者の特徴が少しでもつかめているようであれば何よりです!
No.234 - 2011/10/25(Tue) 06:14:56
Re: 猫耳史 / みさき
ホラー系ねこみみと言うと・・・
日本の民話なんかに出てくる猫又とか化け猫?
行灯の油を舐めるとかなんとか。
もっとも、漫画のような作品ではないので、誰が描いたとかどういう絵だとかはわかりませんが。
現代のねこみみとは違って化け物扱いですね。
逆に、ねこみみが愛でる系として描かれるようになったのはいつ頃でしょうか?

それにしても模写うまいですね!
どうでもいいですが、私はクゥの衣装は正規制服よりも給食着のほうが好きだったり。
言われてみれば、ねこきっさの耳は内側が見えていないですね。
クリム先輩は縦耳、ミルクさんはクゥと同じくねこみみだけど縦耳・・・。

自分の描くねこみみは猫耳史的に見るとどこの時代、流れに位置するのか気になりますね。
・横耳
・耳毛なし
・長い尻尾(notもっさり)
・髪の色とねこみみの色が一致しないことあり
私は尻尾はスカートなどの裾から出す派だったりするのですが、スカートも長く描く傾向があるので、
しっぽが見えなくなることが多いですね・・・。
しっぽなしだと個人的には魅力半減なので、できる限り描きますけれど、
長くなりすぎてしまっていることもあったり。
No.235 - 2011/10/26(Wed) 05:34:58
Re: 猫耳史 / しろねこま@管理人
●ねこみみホラー
 化け猫が怖いものから可愛い系に変化したのは、1970年代頃だと思われまして、ちょうどその頃、狐や狸が化ける、という話も無くなったみたいです。動物のペット化がより進んだ(人間に近しいものになった)ことが原因じゃないかと言われているようですが……。哲学者の内山節の本で、1965年に狩猟向けの養殖キツネが使われるようになったことが、化け狐が消えた原因だという説が紹介されていたりします。

●クゥ
 私も給食着姿が好きなので、そっちの方を描いてみました。クリムさんは犬科なので縦耳なんでしょうが、ミルクさんは猫そのものだから、画のバランス的に縦耳になったのでしょうかね? 

●猫耳史
 調べた感じでは、横耳の猫娘が目立つようになってきたのが90年代末から2000年代くらいなので、みさきさんの猫さんたちはそのあたりに属しているのかもしれません。
 しっぽの長さをどうするかは、ネコミミ特有の悩みかもしれませんね。犬や狐は尻尾の形状からして、服の裾から出すというのが難しいので、たいてい服に尻尾穴?があったりしますし。
No.236 - 2011/10/27(Thu) 19:48:52
猫耳史 / ネコ
プロから一般の絵師さんまで、位置づけがよくわかりますね。
自分は昔のロリ世代の影響がやっぱり強いなあ・・と思ったり(^^;
尻尾に個性が出てる話も興味深いです。

>『至福千年』
作者は明治生まれなんですねえ
時代物って、フォーマルでエンターテイメント性を追求するあたり、意外にラノベに近いものがあるのかも・・
ラノベ作家でそっちに流れる話も聞きますし
No.229 - 2011/10/11(Tue) 01:23:04
Re: 猫耳史 / しろねこま@管理人
●影響について
 物心ついた頃に好きになった作品の絵柄・特徴は、やっぱり後々まで影響受けますよね。私は90年代のRPG系猫娘と格ゲー(チャムチャムとフェリシア)の影響をかなり受けてます(衣装の選択や好みは間違いなく……)。
 猫娘の尻尾については、その有無についてすら『気にしない』という人が結構いるので(イラストレーターのBLADE氏が『猫耳娘の尻尾はあるべきか、無くてもよいか』とアンケートを取っていたことがあって、800票くらいがほぼ半分ずつに割れる結果でした)、鑑賞者の目をあまり意識せずに描けるのだと考えます。その結果、個性的になるのではないか、というのが今のところの仮説です。

●時代物
 時代物はファンに好まれる独特の作法……というか雰囲気がある、という点でも、ラノベとそのファンのあり方によく似ているかもしれませんね。作品の舞台を訪れる『巡礼行為』についても、ラノベやアニメより、時代小説の方がずっと先ですし(鬼平犯科帳のファン活動とか)。時代小説とラノベを関連づけた評論ってどこかにないでしょうかね?
No.230 - 2011/10/12(Wed) 20:35:46
Re: 猫耳史 / ネコ
>猫耳娘の尻尾は・・
なるほど。
個人的には、尻尾はとても大事だと思えるんですけどね〜。設定がマンクス(猫種)だったら許す、というくらい(^^;;
以前のお話にも絡みますが、耳や尻尾を単なるオプションと見るか、切り離せないキャラの個性そのものと見るか、の差でしょうか。
とくに尻尾は「感情表現のための器官」として非常に重要だと思えるんですけどねえ・・う〜ん
絵師さんの描く絵にしても、私なんかは結構尻尾にも目がいくほうです。ラインがきれいで動きも表現できてる人の絵がやっぱり好きですね。
No.231 - 2011/10/16(Sun) 01:21:30
Re: 猫耳史 / しろねこま@管理人
 私も尻尾重視派なのですが、先に挙げたBLADE氏は『お尻のラインが隠れて見えなくなるのが嫌だから、猫耳娘の尻尾を描かないことがある』とコメントしていて、そういう考え方もあるのかー、と驚いたことがあります。一枚絵イラストだと特に『萌え要素の切り捨て』という視点も必要なのかもしれないなあと考えたり。

 猫娘の尻尾の感情表現というと、私的に、好意ある相手に尻尾を絡ませてくる感じ、が上手く描けていると良いですね。本物の猫って、そんな感じの動作をしますけど、猫耳娘でそれが表現されていることがあまり無いので。構図的に難しいのかもしれませんがー
No.232 - 2011/10/17(Mon) 00:34:25
ねこみみ・ネコミミ・猫耳 / みさき
「図解でわかるねこみみ史」おもしろいですね!
ビジュアル的に説明している教材(?)はありそうでなかったかも?
自分の描くねこみみをそういう視点で分析してみると、
耳と尻尾と八重歯がある意外は特にこれといった特徴がないかも・・・。
耳毛も省略してしまっていますし。
猫の原形を残そうとするとケモノになってしまって”ねこみみ”とは違いますし。
でも、付け耳はねこみみの分類にされるのはちょっと・・・な感じだったり。(- -;;)
線引きが難しいかもしれませんね。(外見で分けるかキャラで分けるか?)
私は『縦耳▲_▲』でも『横耳▼⌒▼』でもどちらもいけます。
私が描いているのは横耳ですね。
ただ、狐だったら縦に描きたい・・・。

ねこみみ史がまとめられた本が出るというのなら、これは応援せざるを得ませんね!
英語版も作って国際配信!とかどうでしょうか?(笑)
No.225 - 2011/08/28(Sun) 03:41:22
Re: ねこみみ・ネコミミ・猫耳 / しろねこま@管理人
 私も猫は横耳で描いてますね。
 狐や狼は縦耳で描きます。今の扉絵がそうですが。耳がピンと立っていると凛々しくなって良い感じなので、わりと縦耳を描くのも好きだったりします。

 ビジュアル的な説明は、今のところ誰もやってなさそうだったので、誰にやられる前に手をつけてみようと思いました。調べてみると、結構、同時代の描き手が相互に影響を受けた形跡や、逆に独自の工夫を加えている部分が見つかって面白いです。

 ねこみみ史本は今までの活動の総括のつもりで、今年の残りの期間で頑張って作成しますよー
 英語版は作ってみたいものですが……まずは一冊仕上げてからですね!
No.226 - 2011/08/29(Mon) 20:59:29
Re: ねこみみ・ネコミミ・猫耳 / ネコ
>結構、同時代の描き手が相互に影響を受けた形跡や、逆に独自の工夫を加えている部分が見つかって面白いです。
この辺興味深いです。なんとか受かってください(笑

私も縦も横もイケるクチですが、動きも大事かな。気のない素振りでそっぽ向いてても、耳だけこっち向けて実は気にしてる・・みたいな表現にグッときたり(^^;
No.227 - 2011/09/10(Sat) 01:41:39
Re: ねこみみ・ネコミミ・猫耳 / しろねこま@管理人
どうもです。一応原稿そのものの作成は始めているので、、コミケに受からなくても何らかの形で出すようにしたいですね。

猫耳の動きは重要ですね。私も耳だけ興味津々みたいな動きは好きですよ。ひょこひょこ動く猫耳をつまんだりしたら、どういう反応するかなあと、常々想像してしまいます(烈火のごとく怒りそうですが)。
No.228 - 2011/09/11(Sun) 22:00:33
続・アンサガ / しろねこま
>ネコさん
 30日間の返信期間制限にひっかかってしまったので、新レスを作りました、、、

 さて、初クリアおめでとうございますー
 アンサガはプレイヤーの好き嫌いが両極端に分かれるので、ネコさんが楽しめたタイプで良かったですよ。

 三人分の合成パネルというのは結構スゴイですね。
 肝心な人に来ないというのは、アンサガ版マーフィーの法則ですが、、、

 ジュディ編だけだと、世界の謎に関する話が少ないので、ぜひ他の主人公のストーリーもやってみてください。個人的にはルビィ編も好きなのですよ(というか、サファイア姉さんが好き)。
No.222 - 2011/08/03(Wed) 01:02:10
Re: 続・アンサガ / ネコ
手つけて一月でも先は長そう(^^;
同じ展開で分岐だけとかキャラ成長変えるだけより、主人公毎にストーリーのみならずゲーム性まで差が結構あるので、長く楽しめる内容になってますね。
わかりやすい解説書(「別売り」でなく)と初心者向けシナリオ1本さえ作っておけば・・。いろいろ惜しい気がします。
ジュディに続いて、難易度低ということでローラ編に。異形3人組が味があってよいです。女性アヌビトか、バステトビト族なり猫耳系も出してくれればニャ〜

ビジュアル獣耳史、すごくいい感じです。次も期待♪
No.223 - 2011/08/07(Sun) 00:53:25
Re: 続・アンサガ / しろねこま@管理人
 アンサガは最初から初心者プレイヤーを突き放し過ぎていたのが、本当に勿体ないです。洋RPGの不親切さ加減に慣れていると、アンサガの説明不足さ加減も、それなりに割り切っていけるのですが、、、

 次はローラ編ですかー。ローラもなかなかスゴイキャラですよね。30代の未亡人が主人公なんて、最近の日本のファンタジーにはあり得ない設定ですし。渋すぎ……。この妙な渋さが、余計に初心者に敬遠されてそうですが。
 ローラ編は思い出してみると亜人種の仲間が多いシナリオでしたね。アーミックも入ったはずですし。アヌビト族も好きですが、確かに猫系種族も出てほしかったかも。

 ビジュアル獣耳史、期待していただけると大変嬉しいです。やる気を出して更新していきますよ!
No.224 - 2011/08/08(Mon) 21:13:51
獣耳アニメ / エフヤマダ
ここのところ、獣耳を大々的に取り扱ったアニメがU局系に毎クール一本ずつくらいの頻度であります。

『おとめ妖怪ざくろ』
『DOG DAYS』
『猫神やおよろず』

こっそりとブームなんでしょうか?ただ、どれも人気あるいは出来がちょっと地味かもしれません。
No.211 - 2011/07/25(Mon) 00:42:32
Re: 獣耳アニメ / しろねこま@管理人
 アニメでは獣耳メイン作品が多くなりましたが、他メディアではいつも通りといった感じがするので、いわゆる流行りがきているわけではないかなと思ってます。

 大昔からいわれる『獣耳ジャンルは永遠のマイナー』という話は、ある意味当たっていると思ってまして、ジャンル内の嗜好の細分化と派閥形成が進み過ぎていて、大きなムーブメントが見えるほどに特定作品にファンが集中することが無いのではないかと考えています。

 神野オキナ『あそびにいくヨ!』が、たぶん獣耳ジャンルの最大公約数で(だからイマイチという意見も多い)、あの作品以上に人気の出るモノを作るのは難しいような気がします。
No.212 - 2011/07/26(Tue) 06:49:01
Re: 獣耳アニメ / エフヤマダ
ちょっと話がずれますが、アニメなどのなかで描かれる「劇中萌えアニメ」には、そこそこの頻度で「無駄に猫耳のくっついているキャラ」が登場しているように思います。(ぱっと思いつくのは『絶望先生』と『アザゼルさん』の二つでしょうか。『ツインエンジェル』の三人目の猫耳も最初は同じノリだったのでは。)実際にはけっこう濃い目のマイナー属性のはずの猫耳が、一般的には「ゆるい萌え」の記号として使われている。このあたりのギャップは少し不思議です。
No.213 - 2011/07/27(Wed) 00:56:51
Re: 獣耳アニメ / しろねこま@管理人
 猫耳が劇中劇で記号的に扱われ易いのは、単純にヴィジュアル重視の萌え属性だからだと考えます。ツンデレとか妹属性とかは、ネタになるセリフやキャラ設定まで作り込まないと、一見では萌えネタを指向していることが分からないので。このあたりはメイドやゴスロリあたりと共通した特徴かもしれません。

 猫耳キャラを可愛いと思う気持ちの半分くらいは、猫を可愛いと思う心理が働いていると思うので、濃いというよりは、わりと理解されやすい属性ではあると思うのです。
 マイナー属性化する理由は、新参にも間口が広い分、そこに人がとどまらないことが一つ(『猫耳とかヌルい』的な考え方)。
 もうひとつは嗜好が分化しすぎてファン同士でも最終的に意見が一致せず、大きな集合体が形成されない、という一面に由来すると思うのです。

 ネコミミ娘と人間の娘が同時に登場する作品の数と、その中でネコミミ娘がヒロイン格になる作品の数を比較すると、『間口は広いけどマイナー』な雰囲気を感じ取っていただけるのではないかと思います。
No.214 - 2011/07/27(Wed) 21:01:16
Re: 獣耳アニメ / エフヤマダ
「間口の広さ」と「マイナーさ」は両立するわけですね。マイナーになってしまう理由は興味深い。「好き」を突き詰めていくと必然的に分派ができてしまう属性は、内ゲバに力を削がれてメジャーな勢力たりえない、ということですか。
No.215 - 2011/07/28(Thu) 00:20:53
Re: 獣耳アニメ / しろねこま@管理人
 内ゲバというほど激しく動いておらず、皆それぞれのテリトリーで好き勝手やっている感じですね。特定のキャラに人気が集中して、色々と売り上げが出るというジャンルではなくなっていると思うので、創作者側も狙いどころが難しいのではないでしょうか。猫耳じゃないですが『狼と香辛料』のホロみたいに、作者が好きでやっているキャラの方がウケるのかも。

 現在の『猫耳』は『女子学生』と同じくらいカテゴリーが広すぎて、他の属性と比較して議論をする場合は、もう一段階細分化しないと有効な議論はできないと考えています。少なくとも亜人種としての猫耳キャラと、付け耳の人間キャラくらいは分けないと……。
No.216 - 2011/07/30(Sat) 22:01:00
Re: 獣耳アニメ / ネコ
上の3つのアニメはタイプ全然違うけど属性入ってますね。ビジュアルオンリーの獣耳だと、私はやっぱり食指が動かないや(--;

雑記のお話と関連しますが、それこそホームズやサジタリウスじゃないけど、ケモノキャラって実は人間社会の風刺や客体視の意味だけで、内面的な獣属性があまり含まれてない作品が多い気がします。逆説的にというか。その辺もだれか洞察してくれるとおもしろいかも。

猫耳キャラ表現史、楽しみにしてます♪
No.218 - 2011/07/31(Sun) 00:10:01
Re: 獣耳アニメ / エフヤマダ
せっかくなので、あともう一点。

猫耳という属性の意味そのものが、世界設定によって変わってしまう、ということもありそうです。普通の人間が多数派のところに猫耳キャラが一人いる場合と、登場キャラみんなが猫耳でである場合と、猫耳犬耳狐耳が入り乱れている場合とでは、同じような造形であっても、猫耳の意味がまったく違ってしまう。

つまり、猫耳は、ヴィジュアル重視である一方、シチュエーションに強く依存する属性なのではないか。こういった事情は、たとえば眼鏡とかメイドとかには見られないように思います。

これはケモノの場合も同様で、『ホームズ』や『サジタリウス』のように動物の種類が一種類だけの場合と、動物の種類が複数の場合とでは、似たケモノキャラであってもケモノ性への寓意の込められ方が違ってきそうです。
No.219 - 2011/08/01(Mon) 23:15:07
Re: 獣耳アニメ / しろねこま@管理人
>ネコさん
 社会の客体視でケモノが使われるパターンだと、戦前の『のらくろ』もそうなので、かなり古い表現法なのだと思います。フランスのグランヴィルの風刺画も獣人が使われてますし、そのあたりの美術史を調べれば議論されているかも?
 あと、幼年向け作品で親しみやすさを出すために、わざと動物キャラクターを使うパターンでも、あまり内面的な獣属性は描かれない感じがします。アンパンマンにでてくる一般住民とか、しまじろうとか。

 社会と獣属性の関係でいうと、萌え狙いで『たくさんの獣耳っ娘に囲まれて幸せ』な世界を作ると、かなり問題のある社会ができてしまう事が多いのも気になります。『ぴゅあぴゅあ』とか『わんことくらそう』とか『魔法少女猫×』とか。
 つまるところ、真剣に獣耳っ娘の存在する世界を考えると、ガチなSFになってしまって、あっという間に重い話になってしまうので、表面的なケモノ属性だけ利用するのは、適切な創作法の一つなのかもしれません。
No.220 - 2011/08/03(Wed) 00:25:35
Re: 獣耳アニメ / しろねこま@管理人
>エフヤマダさん
 『全ての創作動物キャラクターは、獣耳キャラクターで置き換えることができる』と仮定すると、獣耳キャラクターの属性変化を上手く捉えられるかもしれません。そうすれば、児童文学の動物ファンタジー論や動物民俗学の方法論を、獣耳ジャンルにほとんどそのまま使えるので。

 猫耳(獣耳)ファンのヴィジュアル重視の姿勢も、少し独特なのかもしれませんね。たとえば、耳の向く角度について『縦耳派▲_▲』と『横耳派▼⌒▼』で完全に好みが分かれていて、他にも耳の内側を描くべきか、とか、耳毛の描き方、とか、結構色々議論があるわけですが、他の属性、たとえば眼鏡キャラ好きな人の間に、こういう感じの議論があるのかどうかが、イマイチ分かりません。
 メタルフレームとセルフレームのどちらをかけているのが好きか、みたいな。
No.221 - 2011/08/03(Wed) 00:28:00
アンサガ / ネコ
読書感想のお話、絵の特徴を文章で表現して読者にイメージさせるというのは、やっぱり大作家でも無理があるかしらん(^^;
それぞれの国・文化圏の、様々なジャンルのものをいろいろ読み比べられたら、確かに面白いだろうになあと思います。けど、翻訳にかかるコストがバカにならないので、ノーベル賞作家とかよっぽどのベストセラーでない限り、やっぱり英語圏に偏っちゃいますね。日本語は好きだけど、言葉の壁の高さでこういう損をしてる部分もあるのかな・・

アンサガ始めちゃいました(^^;
覚えること山ほどあって、解体新書なしだとなかなか苦しいです(--;
せめて目押しスキルがもうちょっと高ければ(^^;;
No.205 - 2011/07/04(Mon) 00:58:09
Re: アンサガ / しろねこま@管理人
●読書感想の話
 モチーフの使い方の特徴といったものは文章でも表現できると思うのですが、絵柄の違いといったレベルになると、やっぱり実際に絵を見ないと理解できないものだと思います。このあたりは音楽小説などとも共通する、永遠の課題かもしれません。
 昨今の出版不況のために、翻訳小説自体があまり売れないそうなので、英語圏以外の小説は余計に出版できない状況みたいですね。『わたしの名は紅』の訳者解説でも、この本を翻訳出版する企画は、多くの編集者に断られたというエピソードが載っていますし。でも、私が持っている本がすでに14版なので、面白い翻訳小説はちゃんと売れるだろうと思うのですが……。
 SFマガジンがたまに東欧SF特集とかやっていますけど、こういう状況を考えると、あれは地味にスゴイ企画なのかもしれませんね。コストを度外視しても、そういう企画をやってくれる出版社があると、読者としてはとてもうれしいのですが。

●アンサガ
 始めてしまいましたか! あれはスルメみたいなゲーム(ぱっと見の派手さは無いけど、噛めば噛むほど味わいがある)だと思うので、じっくり遊んでもらえればと思いますよ。今は解体新書が無くても攻略wiki等がかなり充実していますので、ゲームルール・システム周りの解説を一読しておくのが良いと思います。
 このゲームの特徴のリールなのですが、あれはTRPGのダイスみたいなものだと考える方が適切です。慣れないうちはどうしても目押しにこだわってしまうのですが、方針としては『どんな目が出ても対応できるような作戦を立てる』のが重要だと考えます。私自身、リールはかなり適当に止めてゲームを進めていましたので。
 戦闘ではリールで良い目を出して強い技を出すよりも、『最初は斧や体術や魔法等のHPを削る系の攻撃を多く混ぜる』⇒『HPを削ったところで槍や銃などのLP攻撃系の攻撃でトドメを刺す』という流れを作っていく方が良い感じです。他の人のプレイ動画とか見ていると、自分とはかなり違った戦略で戦っている人もいて、なかなか面白いです。こういう面白さは、最近のRPGには無いアンサガ独特のものだと思うので、そのあたりを感じとっていただけたら、アンサガ布教者の自分としては嬉しいところですね!
No.206 - 2011/07/04(Mon) 21:35:51
Re: アンサガ / ネコ
>読書
東欧SFといえば、ポーランドのレムの作品など古典SFで日本に紹介されてるものが結構あったので、固定的なファンがいるという背景もあるのかも。SF・ファンタジーの方が国境を越えて親しまれやすいということもあるんでしょうね。

>アンサガ
2人目以降でやりこもうとキャッシュ選んで躓いた(--;
ので、仕方なく初心者向けといわれるジュディにしました(^^;
>方針としては『どんな目が出ても対応できるような作戦を立てる』のが重要だと考えます。
さ、さすが・・目からウロコ(^^;;;
ラストダンジョン前ですが、せっかくジュディなので魔法をもっと覚えさせたいと思い、少し粘ってます・・
No.207 - 2011/07/10(Sun) 01:37:31
Re: アンサガ / しろねこま@管理人
●東欧SF
 やっぱり固定ファンによる採算が見込める、というのが翻訳企画を通すのに重要なのかもしれませんね。……今はSFというジャンル自体が、不採算部門のような気がしないでもないですが!

●アンサガ
 キャッシュ編は強制戦闘が厄介なので、最初にやると戸惑うかもですね。サガフロンティアのアセルス編を経験していると『あのパターンだ!』と思えるのですが。
 ジュディは仲間になる家族メンバーが皆強いので、初めてやるなら一番オススメですね。一家総出で冒険するRPGって、このジュディ編以外だとドラクエ5くらいしか思いつかなくて、妙な設定だと常々思います。
 アンサガの魔法は、Lv4魔道板とか術合成とか、一番やりこみ要素の強いシステムなので、ここにハマれたら、これからもわりとこのゲームを愉しんでいけるのではないかと思います。他のゲームには無い、ヘンな効果を持つ術も多いですし。デテクトなんとか系とか、最初何に役に立つのか全然分かりませんでした……(でも、いつの間にか使うようになってる)。
No.208 - 2011/07/11(Mon) 00:55:27
Re: アンサガ / ネコ
>アンサガ
術合成がなかなか出てくれない(泣) のでまだお預けです(^^;;
ジュディ一家は好印象ですが、話としては兄貴と姉貴もう一人ずつくらいいてもいい気がする(^^;
サガフロは私もお気に入りでしたが、やっぱり半人半妖のアセルスと周りのキャラがよかったですね。

>まじゃべんちゃー
私も知らない口でしたが、変身前のキャラも案外カワイイ
No.209 - 2011/07/17(Sun) 01:24:50
Re: アンサガ / しろねこま@管理人
●ジュディ一家と半妖
 ゴーシュを兄貴とみなすのは駄目ですかね。話の流れによっては義兄になる可能性もあったわけですし……。ジュディが本気で嫌がりそうですが。
 ネコさんもサガフロはプレイ済みだったのですね。アセルス編は、コンピュータRPGであんなシナリオができるのかー、と感心した作品のひとつです。企画原案通りの完全版リメイクを熱望しています、、、

●まじゃべんちゃー
 カワイイですよね。ああいうラブリーなイラストを描けるようになりたいなあ。
No.210 - 2011/07/18(Mon) 22:18:49
Re: アンサガ / ネコ
やっとクリアしましたー
ロイ、マリー、レベッカと家族はなんとか合成パネル引き当てたのに、ジュディ本人が結局こんかった(--;; 術覚えさせようとウロウロしてたらHP600になっちゃいました(^^;;
マイス編含め7人クリアめざして頑張りますニャ〜。当分遊べそう(^^;
No.217 - 2011/07/30(Sat) 23:55:56
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
50/50件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS