24629

b b s

HOMME

HOME | Info (3/8) | Search | Mobile URL | Feed | Help | Admin | Rocket BBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
(No Subject) / み
深夜に笹塚のなか卯に行くと超おじいちゃんと超おばあちゃんが働いてる。注文とか忘れちゃう感じだけどなんとなく私は応援してる。今日も行こうかと思ったけどお家に雑炊余ってるの思い出してまっすぐ帰った。
ハナマサには寄ったけど。ハナマサ…玉ねぎ一個19円て!
19円…て!!やすう
あとベビーチーズ(サラミ味)うますぎる
寝よう。
No.315 - 2015/10/14(Wed) 02:48:06
(No Subject) / み
喫茶店に行ったぜイェ
晴れた日の13時頃はお気に入りの席に日が差すけど読んでいる本までは日が伸びていなくてちょうどいい。14時半頃になると本まで日差しが到達するのでその辺で大抵タイムアップ
日記を眺めたり普段聞こえないタバコのジリジリする音を聞いたりしながらぼさっと
いつもお客さんはほとんどいなくて静かな音量でシャンソンが流れてる
どの季節にも合う貴重な喫茶店。引っ越してきてからずっと通ってるぜイェ
昨日とある撮影が終わった。撮影前は色々な制約を自分に課すので今はとても自由な気分。浮き足立ちながら洋服のこととかを考える
見たい映画をリストアップする
そんな感じのウィークデイ
だぜイェ
No.314 - 2015/10/07(Wed) 15:36:22
(No Subject) / み
ヨーロッパのカフェってこんな感じにくさいのかしらんってなマイルーム 音楽と焦げた匂い
早くもっと寒くなって子供になって長袖に甘えたい
知れば知るほど闇は深まるばかり
のぞき込むときの「忙しくなるぞ〜」という感覚は嫌なんだけど新刊めくる時みたいなどきどきとわくわくが混じっててだからやめらんないんだと思う。
そーゆーサガなんだとおもうた SAGA2最高
No.313 - 2015/10/04(Sun) 01:28:40
(No Subject) / み
風の音がすごい。
昨日は早くに起きて高幡不動尊へ。
司馬遼太郎の燃えよ剣という小説が大好きで土方歳三も好きだったし、私の生まれた日野市旭ケ丘は最寄り駅が豊田なんだがその駅前に新撰組という飲み屋があったし、なんとなく新撰組にゆかりのある土地で生まれたという自覚はあったが、高幡不動は何度か車で前を通ったことがあるくらいで実際には行ったことがなかった。

私は神頼みとかは信じないけど天気のいい日にはなんとなく寺とか神社に行きたくなる時がある。緑が多くて静かな雰囲気が嫌いじゃない。思想とかはどうでもいいけど、ぼーっとしている傍らで誰かのために知らない人たちが祈ったりしてる姿を見るのも嫌いじゃない。

なんかよくわからんがちょうど昨日は高幡不動尊のイベント?で?えらい坊さんがお経を読むのを?一緒に聞ける?のかなんなのかわからんが、少し混んでいた。
同じお守りを何個も買ったら怪訝そうな顔をされた。
駅前には開運蕎麦だとかなんだとかで蕎麦屋がやけに繁盛していた。
なんとなく胡散臭いので駅の中にある高幡そばを食べた。
ふつーだった。
歳三は凛凛しかった。
No.312 - 2015/10/02(Fri) 01:36:05
(No Subject) / み
声なき声うぉ〜
聴こえるはずのない音ぉ〜
を聞きながら京王線
湿度ひく
秋を全身に感じるぅ〜
すっきりとした日射し
生まれた街へ
No.311 - 2015/09/30(Wed) 11:23:47
(No Subject) / みてこ
秋らしくな〜るの巻ですな。
今日は満月の巻だし窓開け放して本を読んでいたら寒いくらいの巻だよね。
部屋にモノが多すぎるから明日はゴミの日だしいらないモノはバンバン捨てよう。とかいいながら今日も洋服をポチった。循環というやつさ!あはっ!あはは
周りの純度をあげてくの巻さ!
No.310 - 2015/09/28(Mon) 03:00:52
(No Subject) / み
今日は少々機嫌を損ねたが寝る前に甘いパンと紅茶をぐびぐび飲んだらなんかもう忘れた。
単純な身体ありがとう…
山にもみぢを見に行きたいですなあ。
No.308 - 2015/09/27(Sun) 01:17:03
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
50/50件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS