03922

TMC掲示板

筑波大ミス研への質問など、常識の範囲内でご自由にお書き下さい。

HOME | Info (3/8) | Search | Mobile URL | Feed | Help | Admin | Rocket BBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
このミス・本ミス / オムロ
『アキレス将軍暗殺事件』ボリス・アクーニン
 帝政ロシアを舞台とした冒険小説。何だか懐かしい香りがしました。ミステリミステリして疲れたときに読むのが良いかもしれません。ただし、シリーズものの4作目でした。

『死のチェックメイト』E・R・C・ロラック
 1944年の本格ミステリ。ちゃんと謎解きをしますが、今日日読んでみると少し刺激の足りない内容かと。

『さよならを言うことは』ミーガン・アボット
 少し死ぬこと。1950年代ロサンゼルスを舞台とした悪女物(?)。帯に書いたあることを読むとマーロウを期待してしまいますが、まったく雰囲気の違うお話です。結構読みにくい書き方がされていましたが、読んでよかったと思えました。ただし謎解きはありません。

『私が殺された理由』アン・アーギュラ
 輪廻転生更年期警官ミステリ(ポロリもあるよ)。お暇ならどうぞ。
No.29 - 2007/04/15(Sun) 10:55:33
このミス・本ミス / きむら [関東]
『ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ!』深水黎一郎
 第36回メフィスト賞受賞作。「読者が犯人」というキャッチコピーを掲げ、それを成功させていました。ただ、これはダメという人もいるかもしれません。正直僕もどっちかというと……。
No.28 - 2007/04/14(Sat) 18:14:32
セフレサーチ / ちか [関東]
国内最大級のセフレサイト♪
No.27 - 2007/04/13(Fri) 11:29:32
続・このミス / miki
海外です。レジナルド・ヒルの『異人館』を読みました。

長いです。証言の威力があるので捜査という感じです。ごくごく一部だけ犯人当てをやります。実は論理に若干のとびが見られます。でも中の上ぐらいの気はしました。

このミスならいれてあげても良いんじゃないでしょうか。ま、そんなこといってると本ミスにも入れられる海外作品があるのかという話になるかもしれませんね。
No.26 - 2007/04/12(Thu) 15:52:14
(No Subject) / sad
このミス
最近あんまり読んでないですが。
 「ステーションの奥の奥」
ストーリーはいいんですが、ミステリーとしては微妙、というかアンフェア。このミスに入るかは疑問符です。
「ηなのに(ry」
 説明不要。
「レッドブック」
H野さんと同評価。
「フィッシュストーリー」
伊坂幸太郎の新作。ミステリー色は薄めですが、さっぱりした仕上がりで高評価です。このミス6位以内には入ると思います。
No.25 - 2007/04/06(Fri) 09:21:02
このミス対象作品 / miki
ろくに読んでませんが、まぁあげておきます。

『QED 河童伝説』高田崇史
  そこそこはおもしろいのですが、歴史部分はいくつかの作品ですでに語られていたことに付け足して説明し直している、という感じ。ミステリ部分はまあいつもの感じということで。

『霊柩車No.4』松岡啓祐
  確かにバカミス。でも笑えるから良いのでは? このミスの隅っこに入れてあげても良い気はしますね。本ミスにはだめかな。

『神様のメモ帳』杉井光
  ミステリーですらないので却下いたします。帯だけでなく作中でもミステリーをしてください。

現在『異人館』という海外ものに捕まっているのでその他の作品を読めるようになるまでには幾ばくかの時間を要しそうです。これも対象作のようですし。
No.24 - 2007/04/05(Thu) 20:54:32
(No Subject) / オムロ
編集作業に顔を出せなくて申し訳ありませんでした。まだ実家にいます。

参考になるかどうかは分かりませんが、一応、挙げていきますね。

『シャーロック・ホームズの栄冠』アンソロジー

ホームズ物のアンソロジー集。国内未発表の作品を集めた本です。正統派短編から『〜vs007』みたいなパロディもあって飽きませんでした。しかし、アンソロジーはそもそも対象に入るのでしょうかね。

『ヴェルサイユの影』クリステル・モーラン

ヴェルサイユ宮殿を舞台に起こる連続殺人事件を描いた作品。パリ警視庁賞受賞とか。何と言うか、十九世紀ならまだしも、現代を舞台にしてしまうといろいろ無理があるお話かと。普段ミステリを読まない人なら楽しめるかもと思いました。

『殺しのグレイテスト・ヒッツ』アンソロジー

殺し屋が主人公の短編を集めたアンソロジー。感傷的な物からトリッキーな作品まで幅広かったです。

『殺人作家同盟』ピーター・ラヴゼイ

ラヴゼイのノンシリーズ物。社会人文芸サークルで起こる連続殺人を描いた作品。普通に面白かったし、珍しくちゃんとトリックもあったのだけれど、その分ちょっと軽すぎるように思われたのは僕が氏のファンだからか。
No.23 - 2007/04/01(Sun) 19:24:47
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
102/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS