Kiwi House

Noriko さん / Mihoko Aoshima 引用

 1999年に ふゆみさん、りえちゃんたちとお世話になりましたみほこです。
覚えていますか? NZのニュースを聞きとても胸が痛く そして大好きだったキウイハウス
やのりこさんのご無事が気になりました                        早くあのきれいなクライストチャーチに戻ってほしいです。 私も神戸の大震災で震災生活を半年ほどしていました。 このときほど大切なもののありがたさを強く感じたことはありません。 NZにきたばかりの方たちなどはNorikoさんがいたらすごい心強くそちらの生活も安心して過ごせますね だって私が知ってるNorikoさんは無敵ですから(笑)
いろいろ大変な事がありますが 元気で頑張ってください 応援しています。

No.1698 2011/03/08(Tue) 13:37:59

 
Mihoさんへ / のりこ :) 引用

1999年か〜〜 あの頃 ふゆみさんを筆頭に 物凄い団結力の強いグループでしたよね〜〜。 New Brightonに遠足に毎週行ったりとか・・・。

励ましのメッセージ本当にありがとう! もう10年以上も前なんですね〜〜。 あの頃が つい最近のような気もします。 歳を取ると 年月の感覚がおかしくなってくるのでしょうか・・。 12年も前のような気が全然しませんよ〜〜。

まだ 1999年から 2000年の連中は 強い団結力で 結ばれていて 時々は 誰かしら 連絡して来てくれますよ。

地震直後は 色々大変でしたが・・・ 今は 落ち込んでいる暇もないくらい 復興に向かって クライストチャーチ全体が躍動し始めているのを ヒシヒシと感じます。

市長の出す 毎日の 色んな発表は目を見張る程 てきぱきとして 我々市民にも希望を与えてくれています。
市民が今何を一番希望しているのか・・? 何を取り合えずしなければいけないのか? 復興に一番重要なのは 何か? その重要な事を成すにには 今 まず何に手をつければいいのか・・? その辺が 凄く適切と言う感じがして ちょっと感動的です。

Kiwi Houseは 「大丈夫だろうか・・? 息の根が止まるのではないか・・?」 と 一時は ちょっと弱気になりましたが・・・ なんだか 最近 ドンドン予約が入って来て 急に活気付いてきました。

もう こちらニュージーランドは 午前1時半になろうとしてますが・・・ まだまだ 仕事は終わってないのですが・・・ 適当に今日は切り上げないと・・・少しは寝ないと 又明日があるから・・・ と 無理に切り上げ 無理に寝に入ります。

どん底まで 落ちれば 後は浮上するのみ・・! と 言う前向きの考え方で 頑張ろうと思ってます。

本当に 暖かい言葉ありがとう☆

又 絶対に 会いたいですね〜〜! みなさんの支えがあって Kiwi Houseはここまでこれたのだし・・・ これからも みなさんの支えがあって 続いてゆくんだな〜〜 って言うのを 今度の地震で 身に染みて感じました。

なので 取り合えず Kiwi Houseは 何があっても存続します。 みなさんの 熱い心があれば いつまでも 続くに違いないと思ってます。

Mihoちゃんも 元気で居てくださいね! そして 又 必ずどこかで Kiwi House同窓会で 会いましょう!

No.1699 2011/03/08(Tue) 21:36:09


沢山の励ましの書き込みありがとう! / のりこ :) 引用

http://norikochch.dtiblog.com/

は 私個人のブログです。
かなりの 独断と偏見の固まりですが・・・
もし 暇だったら 覗いてみてください。

Kiwi Houseのウェブサイトの日本語版ページにも 私個人のブログに飛ぶタグがありますよ。

ページの一番上にある タグの中に のりこ (o^-^o) ってのがありますので それを クリックすると 私のブログに飛びますよ。

No.1697 2011/03/06(Sun) 14:29:10


(No Subject) / Rieko 引用

のりこさん、ありがとうございます!!!
のりこさんが私の元気を受け取って下さってるのを聞いて
今すぐにkiwi house で働きたい勢いですよ〜(//∇//)

私はよく周りから「若いね〜」と言われるんです。
大人が大人に若いと言われるのは「幼稚」ととられがちですが
(いや、実際幼稚なんでしょうが…笑)
でも私はそこで「どうだっ、参ったかぁ!!!」と心の中で叫ぶのです。
日本の若者は全員ではないですが、ちっとも熱くないんです。
冷めてるのか、大人なのか…時代なんでしょうか。
私が話だすとexcite するようで相手からすると「暑苦しい」らしいです。
会社には同年代が少なく年下が多いのですが
夢や希望の話がしにくいんです、
そういう話をしたら彼らは恥ずかしいとさえ感じるようですね。


それでも私は「これでいいのだ!」と生きてきました。
今でもそれを信じています。
だから私も誰かの力になりたい、微力でも支えていきたい!
そう思ってます(*≧∀≦*)

小さな頃から肉親や友人が若くして亡くなっていたので
「何も行動を起こしていない私が何故生かされているのか…」
と今でも考えています…これを聞いて年下の友人は「重いわっ(笑)」て笑います。
悔しいけど仕方ないと飲み込むのです、温度差がツラくなるといいますか…(笑)


またまた長くなりましたが
Kiwi house に行く楽しみがよりいっそう増えて
夢も希望も増えて最高です!!!!!

Twitterでも最新情報を聞いてます。
モールの再開、立ち入り禁止区域の縮小、各国救助隊への賛辞、助け合いの行動…
心が温かくなります。

やっぱりNZ は強い!

負けませんよーっっ (≧▽≦ヘ)♪

No.1696 2011/03/05(Sat) 00:47:20


Room Availability・空き部屋情報 / Noriko 引用

Yes! we are OPEN
And a lot of rooms are available at the moment.

Single rooms (no ensuite), dorm beds(bunk beds,4,6,8 people in each room)
We have only 2 double rooms, so it might be bit difficult to get them.

You do not need to make a booking at the moment.
But we are getting a lot of booking just last few days.
So better come and check in early time of the day you coming, if you do not have confirmed booking.

You can check in from 8am everyday. Even if rooms are not ready to use, but still you can relax in our lounge and of cause use shower and kitchen.

We close 7pm everyday. Please make sure you check in before that.

If your flight is international, then it might take more than 2 hours from your flight arrival time at Christchurch Airport till you arrive Kiwi House.

We are looking forward to see you.



Kiwi Houseは通常通り営業しております。
お部屋は まだまだ 沢山の空きがあります。シングルの個室や 相部屋(2段ベッド)も飛び込みでもOKです。

地震直後は キャンセル続きでしたが 昨日ぐらいから 予約が ドンドン増えてまいりました。しばらくは クライストチャーチには 誰も来ないかな〜 とおもいきや 色んな方々が クライストチャーチ復興の為に集まってきているのか・・? クライストチャーチが躍動し始めているのを感じます。

と 言う事で チェックインは 朝8時からでもOKですので その日の早い内なら ご予約なしでもご希望の部屋のゲット可能です。 ただし ダブルは 2部屋しかないので 取りにくいと思います。

朝のチェックインの場合 部屋の準備が出来てない場合もありますが・・ 準備が出来るまで リビングでくつろいだり 仮眠を取ったり キッチンで料理したりお茶を飲んだり・・・ シャワーで長旅のアカを流すと言うのもOKです。大きな荷物等は お部屋に入れるまで レセプションにて お預かりいたします。

それでは みなさんの お越しを お待ちしております☆

No.1695 2011/03/04(Fri) 05:13:15


(No Subject) / Rieko 引用

Rieko です!
度々すみません!書き忘れてました(>_<)

私のいたKiwi house はsmall だったんですね!
中心街からひたすらまっすぐ歩いた左側、大きな門だった…
無くなってしまうのは本当に残念です…

行動あるのみ! 本当ですね!!!
年齢制限が切れる2日前にワーホリでNZ に飛び込んだ、
あの頃の行動力をまた発揮したいと思います!
何がしたいかまだ分かりませんが必ず実現させます!( ̄- ̄)ゞ

ぁぁぁぁあああ!!!!! 元気モリモリになりましたっ!!!
のりこさんの方が大変なのに…感謝しつくせません!!!

なので必ずNZ行きを実現させて
直接のりこさんに御礼しに行きますっ!

待ってて下さいねっ(気長に…笑)

No.1690 2011/03/03(Thu) 20:34:57

 
Re: / のりこ :) 引用

Reikoさんの 元気モリモリ! が目に見えるようです・・・ww
やっぱ これって 相乗効果って言うのでしょうか・・? Reikoさんの書き込みを見る度に 私も 元気モリモリ! をもらっています。

又 Small Kiwi Houseの状況 実況中継でお知らせしますね〜〜。(出来る訳ないか・・^^;)

うん! 絶対会おうね〜〜。 Small Kiwi Houseの建物が無くなっても Kiwi Houseはあります! そして あの 町からずう〜〜っと歩いて左側にある土地は ず〜〜っとKiwi Houseです。 

それがKiwi Houseで 無くなる事はないと思います。 と言う事で・・やってきてくださいね。

クライストチャーチは すでに復興していると言ってもいいくらい 色んな事が復興しています。 

しかし クライストチャーチの全ては 22世紀 23世紀までも 地震絶えられるように これからの復興は計画を立てられるのだそうです。

と言う事は 本当に気長な復興計画になると思います。 それ程 クライストチャーチは”歴史”を大切にする街なんだと思います。

そして この”クライストチャーチ”と言うキャラクターを失わず 個性のある クライストチャーチを復興させると言う決断は クライストチャーチ市民 みんなの心にあると思います。

便利を追求した どこにでもある街にはならないと思います。歴史 文化等を重視して もちろん GardenCityのスローガンは これからも 強く押し出して行くと 市長他 元市長 そしてTownPlanner達の意見でした。

今までよりも もっと ステキなクライストチャーチになるのでは・・? となんか ワクワクしてくるような コメントを聞きました。

それも これから 何百年先の事を考えての クライストチャーチ復興は 無計画な街づくりではなく シッカリと足を地に着けた 自分達の何世代も後の人達までもが 誇りに思える 街づくりなんだな〜〜 と 感動しました。

私も 本当に微力ではありますが・・それに参加します。

だから Reikoさんも 気長でOKですので・・・ その内 会いましょうね〜☆

No.1694 2011/03/04(Fri) 04:20:38


(No Subject) / akane 引用

こちらには初めて書き込みさせていただきます。
以前、メールにて今年の6月から滞在したいと連絡させていただきました。

まずは、大変な被害をもたらした大地震の中、本当にお疲れ様です。
皆様がご無事で何よりです。(ここからが最も大変な時期なのでしょうが…)
日本では報道時間が短くなっていますが、それでも連日ニュースのヘッドラインには出ていますし、まだまだ世間の関心がなくなったわけではないと…少なくとも私は思います。

今回の事が起き、私自身の周りにもいろんな感情が渦巻いていて…(私の「行きたい気持ち」母の「行かせてやりたいけど心配な気持ち」彼や友人の「諦めさせようという気持ち」)
日本にいる私たちでさえそうなのだから、Norikoさんのおっしゃる、「どこにもぶつけようのない感情をコントロールして復興へ協力し合うこと」が本当に難しく、現地の皆様が大変な努力をなさってそこへ向かっているのだということが解りました。

色々と考え、端からNZへ行くのを辞めようかとも思いましたし、南島へ行こうか、なんて事も思いました。
でも、やっぱり、私はまだ見ぬクライストチャーチに、kiwi houseに、果てしなく憧れています。
出来ることがあれば、クライストチャーチ復興の、ほんの些細なことでもお手伝いできたらと思いますので、やはり予定通り行くことにしました。

現時点ではお忙しいでしょうし、詳しく予約などというわけではなくて、Norikoさんやスタッフの皆様の希望に満ちたメッセージを見て、どうしてもご挨拶がしたくて書き込ませていただきました。
そちらの状況を見て、またご連絡させていただきます。

こういった理不尽で過酷な中でも、希望を捨てず、気配りを忘れず、他人と協力し合っていこうというNorikoさんのスピリッツに大変共感しました。
実際にお会いできる日を楽しみにしています。

どうぞ皆様の心に平穏が戻りますように…。


Akane Umeshita

No.1691 2011/03/03(Thu) 21:32:08

 
Re: / のりこ :) 引用

Akaneさんへ

ステキな書き込みありがとうございます!
そして Akaneさんの心の動き 本当にごもっともと思いますよ。
地震が起こり Kiwi Houseにすでにご予約されていた方 そして お問い合わせをしていた方々のほとんどが キャンセルのご報告になりました。

もちろん キャンセルポリシーでは キャンセル料金は発生するのですが・・ Kiwi Houseは一切 それはお取りしませんでした。 Kiwi Houseも大変ですが・・・ お客さんにとっても 天災は 大きな災難である訳で・・・ それに上乗せするような ストレスは なるべく無くしたいと言う思いからです。

でも その中でも 驚くような メールがKiwi Houseに舞い込んできました。 それは・・・

ニュージーランドに クライストチャーチに行く予定だったのは 何かの運命。
だから 行きます! Kiwi Houseに行きます!
トイレが使えなくても シャワーが使えなくても・・・ 行きます。
臭いのなんか ヘイチャラです。
自分が出来る事があれば なんでもするつもりなので・・。

本当に色んな方がいらっしゃります。

話が逸れました・・・。

Akaneさんの周りの方々のご心配は 本当にごもっともと思います。 何もあえて 危険と思われる所に行く事はないと言うのは 愛情の表現だと思うのです。

でも 私はいつも Kiwi HouseにStayされる 若い方々に同じ事を言うのですが・・。
つまり 普通肉親の方々のご心配は・・・ 若くて 結婚適齢期(こんなのは今はないのかもしれないけど・・)を とうに越しているお嬢さんなど・・

そんな方々が 仕事を辞め フラフラと海外をほっつき歩いている・・。
それも何年も・・。 全然日本に戻って落ち着く気配はない・・・。

でも ご本人達、つまりKiwi Houseにステイする方々は 親御さんのご心配を無視している訳ではない・・・ 親御さんのお気持ちを考えると いつも心は痛むのです・・。
自分を愛してくれるからこそ そう言ってくれるのだというのは 十分解っているのです。

日本に早く戻って はやく普通の人のようにならないと 社会復帰は出来なくなるかも・・?

一生結婚なんて できないかも・・? 子供も産めなくなるかも・・? と言う不安は 沢山あります。

私が言う言葉は・・
「自分の胸に よ〜〜く 訊いて そこで判断して 決断するのが一番いい事だと思う。 つまり あとで”後悔”するような決断は絶対しない方がいいよ」

親に逆らうのを奨励しているのではなく・・・ 親御さんの言われるのが ごもっともと思って 帰国され幸せに結婚して 幸せに暮らしていますと言う方々も沢山いらっしゃいます。
結婚式の写真や 産まれたBabyちゃんの写真を送ってくださる方も いらっしゃいますよ。

つまり 人生は一度しかない・・・ 後で 「親がこう言ったから親の為に私は自分を犠牲にした。 だから自分が不幸になった」 と言うのは絶対辞めた方がいい。それだけです。

最後に 自分の納得する物であれば・・・幸せとはいえなくても 後で後悔さえしない人生ならば・・・それが一番大切な事なのかも・・? と 私は思います。 

親御さんも一番望まれる事は あなた自身が納得の行く人生を送ってくれる事だと思います。

中途半端にしたり 自分の納得のいかない人生を送ってしまう事が 自他共に不幸にさせる原因になると思うのです。

なんか 自分自身の事を書いてしまいましたが・・・。

Akaneさんの胸の内と よ〜〜く相談して 全てを決断して下さい。 その決断が 完璧とは言えないかもしれませんが・・・ それはそれで 自分が納得して決めた事だから 人生の進み方としては いいと 私は思いますよ。

Akaneさんの Kiwi Houseに対する思いの 沢山のお言葉 本当に見に染みて嬉しくました。 ありがとうございます。 力が湧きます。

Akaneさんには ぜひお会いしたいと思います。 こちらこそ 楽しみにしております☆

No.1693 2011/03/04(Fri) 04:02:23


(No Subject) / まさこ 引用

はじめまして。NZのワーホリを申請し、許可をうけたので、レントゲンと健康診断後行く予定ですが、NZ自体一度も行った事がない国です。
何も決めないで行くつもりですが、地震の影響はどれくらい大きいでしょうか?
現地に行ってから仕事は見つかりますか?それともこちらで探してから、いくべきでしょうか?行った際はこちらで、一週間ほど滞在を予定してます。仕事などは現在みつかりにくいとききましたが、求人はやはり少ないでしょうか?

No.1688 2011/03/03(Thu) 20:11:30

 
(No Subject) / のりこ :) 引用

まさこさんへ

Kiwi House自体は通常通り営業しておりますので 宿泊には全然支障はないですよ。
でも クライストチャーチの街の心臓部に当たる所だけが 大きな被害にあって・・・ のんびりと観光と言う感じではなくなっています。

でも クライストチャーチ全体がそう言う訳ではなく・・ まだまだ 普通のクライストチャーチである 美しい箇所もあり・・ お天気のいい日など いつものクライストチャーチ つまり ここは天国・・?! と 思える程の澄み切った空気と 家々の美しさ きれいな森のような公園 ガーデン 沢山のお花 小鳥のさえずり・・・ それ等は 健全です!

お仕事を クライストチャーチで探すというのは ほとんど無理だと思います。 今まで お仕事をしていらした 沢山のワーキングホリデーの方々が 仕事を失っています。

でも 心臓部にあたる 町中心部以外に仕事を持っていらした方々は 地震の影響は全くないので 通常通りに仕事に出かけていますよ。

と 言う事で 確実な事は何もいえなくて 申し訳ないです。 もし まさこさんが 一年間の ワーキングホリデーでいらっしゃるのでしたら 時間もありますし・・ 一度 クライストチャーチにも ぜひいらして 色々見て回るのもいいかもしれません。

No.1692 2011/03/04(Fri) 03:26:56


(No Subject) / Rieko 引用

素晴らしいビルダーですね!!!
自分よりも相手のことを考える…やっぱり「助け合い」は大事ですね、
人に手をさしのべた時なんだか自分自身も助けられた気持ちになることがあります。
私も見習っていきます!
そして、アラフォーなりにパワーをつけて前へ進んでいきます!

のりこさんのお話はやっぱり元気になります!
ありがとうございます!!!

私も「元気玉×10000000.....」いっぱい飛ばしますっ((o(^∇^)o))

No.1689 2011/03/03(Thu) 20:18:13


私のビルダー / のりこ :) 引用

私は 20年近く付き合っているビルダーがいる。 彼は 20年前に会った時はまだ若造だった。 一人で数人の下っ端を雇って 私のMain Kiwi Houseの基盤を建てた。 

その建物は ここ20年間びくともせず 一つの割れ目も造らずこつ然と建っている。 その後 Small Kiwi Houseの裏に新築の家も建てた・・・ 色んな問題があっても 愚痴も言わず 他の業者の手落ちでも 何も文句を言わず 仕事を遂行するべく 黙々を働く男なのだ。

私が 精神的に参っていると 慰めてもくれる。 取り合えず行動的な男なのだ。

最後に私の仕事をやってくれた時は もう立派な中年になり 大きな建築会社をオッタテテ 沢山のビルダーを雇い 同時進行で 沢山の大きな仕事をドンドンこなす人になってしまった。

それでも 私の仕事が どんなに些細な事でも 親切にやってくれた。

そんな彼が 最近 終の棲家として 物凄く立派な彼の自宅を建てたのだ・・・ それが 今度の地震で 液状化現象で 一瞬の内に砂に呑まれてしまったと聞いた時は 私は なんの慰めの言葉もなかった・・。

今は 取るものも取り合えず と言う形で 友達の家に居候しているとの事・・・。

私はSmall Kiwi Houseの保険の事で ちょっと見て欲しいな〜〜と思って電話したのだが そんな彼の状況も知らず・・・ 自分の事ばかり考えて 電話してしまって申し訳ないです・・・ って言ったら 明るく・・そしていつものように元気に 明日行く!

と言って 早速次の日に来てくれた。 

私を見たトタン 彼は長い長い・・ そして強いハグをしてくれ 何も言葉はなかった。 お互いの無事を喜び そしてお互いの災難を慰めあったなと言う気持ちがヒシヒシと伝わって来た。

早速 私の家のチェックをしてくれて それを 私の保険会社にてきぱきと連絡してくれて その後の 事務的な連絡や 手続きを ドンドンやってくれて 私は何もしなくても 彼の手に委ねるだけで良かった・・・。

彼は 仮事務所を得てビルダーの仕事をもう初めているという。 ネガティブな事を考える暇などないと言う。 前に進むだけだよねと 笑った。

No.1687 2011/03/03(Thu) 19:11:33


(No Subject) / のりこ :) 引用

日本のメディアは ”はやり” って感じで 最初は みんな興味本意ですが・・・ その内 飽きて来ると だんだんみんな忘れるんでしょうね〜〜。

現地にいる人間にしてみれば これからが 大変な生活になる訳ですし・・ これからが正念場って感じですね〜〜。

ニュージーランドのテレビ番組は 普通の番組をやりつつ その中で バンバン ニュースを入れると いう形をとり・・・ 普通の番組を 無くすって言う事もなく ニュースを無くすって言う事もなく・・・いい感じに市民を事を考えてると思います。

職を失った人には ドンドン手当てが出るようだし・・・。
我々のように ビジネスを失った人は これから どうなるのか? と言う専門家の意見等も聞けるし・・。

これから市民は 具体的にどこをどうやって やって行けばいいのか? と言う方向性を考えてくれているな〜 と思います。

私の携帯にドンドン メールが 助けて欲しいなら 救助隊が来るから この電話番号に! とか 水食料が欲しければ この電話番号に! とか 色んな 補助の手の内容が 入って来ています。

多分 登録してある 携帯番号全部に 政府が送っているんだと思います。別に補助が必要ではないけれど そう言うライフライン的な手を差し伸べてくれたと言うだけで 精神的に いい感じではありますね〜〜。

今 小学生はもちろん 中高生も学校がどこも開催されていないので 中高生のボランティアを募って 地盤が液状化現象で 砂だらけになった所を シャベルでかき集める作業をテレビで 募っていました。

学校がなくて エネルギーのあまっている若者の エネルギーはけ口を見つけて それが又 大きな力になると言う 一石二鳥のアイディアは 大きな反響を得ていました。

あかちゃんを抱えたお母さんが 災害には一切遭ってはいないのだけど・・・自分は何も出来ないので だんな様を 捧げます。 と言うアイディアをテレビで語っていました。

つまり だんな様は大工さんで その仲間を何人も集めて 災害に遭った人達の家の修復をしようと言う物。

でも 大工のだんな様とその仲間にお金を出す人を インターネットで募って そのお金は 100% 赤十字に寄付と言う事です。

なので 労力を寄付として災害者に貢献しようと言うアイディアです。 色んな形で みんなが 毎日頑張っています。

つまり まだまだ 長い道のりは 続きます・・・。 

Kiwi Houseも つまり 私も クライストチャーチが 我が家です。 クライストチャーチから みんなが逃げてしまっても ここに骨をうずめる覚悟で来たのですから 何があっても クライストチャーチの復興の片棒を担ごうと 心に決めています。

No.1686 2011/03/03(Thu) 18:47:39


以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> | 過去ログ ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS