この掲示板には、2003年12月23日以来 19189 回アクセスがありました
☆メッセージボード☆
何でもお気軽に書いていってくださいね(^o^)

名前(ハンドルネーム可)
メールアドレス(省略可)
URL(あればどうぞ)
題名(できれば記入して下さい)
Color
Cookie / Pass

バドミントンのあれこれ / ひよこ 引用

こんにちは。
レポートの資料として「バドミントンの歴史」について調べていたところ本ホームページにたどり着きました。非常にわかりやすく細かく記されておりとてもわかりすい情報ありがとうございます。
レポートで参考文献として使用させていただいてよろしいでしょうか?もちろんレポートの参考文献の欄に掲載させていただきます。よろしくお願いいたします。

No.380 2013/01/23(Wed) 15:11:27

 
Re: バドミントンのあれこれ / あらぎかずま 引用

ひよこさんへ

どうぞ、どうぞ、ご遠慮なく!

蘭和真

No.381 2013/01/23(Wed) 15:15:06


城南高校 / kobashi 引用

偶然にも蘭先輩のページにたどり着きました。16回生のこばしりみ(小さいキャプテンでした)です。合宿で何度かご指導いただいたことを覚えています。先日、城南高校に行ってきました。校舎、体育館すべて建て替わり、ちょっと寂しい気もしましたが、大龍軒とじじばばは存在し、営業していました。(ちなみにじじは83歳でした。ばばは7年前に亡くなったそうです。蘭先輩が高校生だった頃、まだじじは40代です)機会があったら、ぜひ訪れてくださいませ。

No.375 2010/08/17(Tue) 12:47:37

 
Re: 城南高校 / あららぎかずま 引用

こばしさんへ

書き込みありがとうございました。
とても懐かしいです。
こばしさんが小さいキャプテンだったこと、よくおぼえております。ガッツあふれるプレーぶり、そして、頭脳プレーであったと記憶しております。
それでは、また、どこかでお会いできることを願いながら失礼いたします。

あららぎかずま

No.376 2010/08/18(Wed) 18:08:37


(No Subject) / yoshimone 引用

家族みんなで楽しく拝見させていただきました。
あららぎクラブ応援しています!!!!

No.372 2010/02/06(Sat) 21:33:43

 
こんにちは / あららぎかずま 引用

持久走の指導などお世話になっております。
また、どうぞよろしくお願いします。

No.373 2010/02/07(Sun) 08:06:54


アジア大会 / 岸壁のはは 引用

ご無沙汰しております。誰にも明確に答えて頂けないので・・先生教えて下さい。ナショナルチームの選考基準は明確に規定されているのに、辞めて頂くのは本人の申告や引退しか方法が無いのですか?と言うのも、今回のアジア大会の男子派遣メンバーがどうしても納得出来ません。年齢が高く、総合や海外で結果の出ない方々をどうしてアジア大会に派遣するのですか?他に人材が居ないならまだしも、総合優勝や海外で結果を出してしる【今が旬の方々】がいるじゃないですか。協会は何故過去の歴史に学ばないのですか?同じ失敗を何故繰返すのですか?教えてください。

No.318 2006/11/25(Sat) 11:32:41

 
Re: アジア大会 / あららぎかずま 引用

岸壁のははさんへ

お久しぶりです。
さて、選手選考に関するご質問ですが、これは永遠のテーマですね。
スポーツに限らず、人事というのは本当に難しいようです。
私は会社勤めではないので、よくわかりませんが、だれが部長になるとか、だれが課長になるとかで、不満が渦巻くと、聞いたことがあります。
小さなバドミントンクラブでも、代表を決めるだけで、内部分裂の危機に直面することがあるようですし・・・
第三者的に見ていると、よくわかることでも、渦中にいるとわからなくなってしまうこともあるのでしょう。
戦争が悪いことで無益なこととわかっていても人類の歴史とともに永遠に続いているというのも歴史的な事実でしょう。
ともあれ、選手選考に関しては、だれが選ばれて、だれが選ばれなくとも、必ず、不満は出てくるものなのでしょう。
今回の件に関しては、私は事情をよく把握しておりませんので、コメントをすることができません。
ごめんなさい。
ということで失礼いたします。

No.319 2006/11/26(Sun) 10:02:42

 
Re: アジア大会 / 岸壁のはは 引用

早速の返信ありがとうございます。
でも・・戦争や会社は違うと思います。戦争は世論やメデアが批判出来ます。会社は利益追求と言う大前提があり株主もいます。失敗すれば自分達の首を絞める結果となります。でも日本のバド界は誰も何も言わない(言えない?)事を利用して、一部の方達のやりたい放題。代表チームが負け続けても誰も責任を取らない。時の権力者の在校生や卒業生が代表チームへの優遇され、派閥でないと、日本一でもナショナルチームから外される、こんな事を何回繰返すでしょう。自浄作用が働かないなら、外から批判をするしかないのに・・・一般メデアは美人ペアしか取上げず、専門誌は大広告様のカタログ化しているのが、悲しい現実です。先生この日本のバド界は一体何処に向かっているんですか?

No.320 2006/11/28(Tue) 13:41:22

 
Re: アジア大会 / あららぎかずま 引用

岸壁のははさんへ

おはようございます。蘭です。

イヤー、困りました。
と申しますのも、今回の選考につきましては、前回も申し上げましたが、小生は事情をまったく知らないのです。
したがって、その是非については、なんともコメントのしようがありません。
小生は、現在、「子どもに対するバドミントン指導」を研究テーマとする、一学究の徒に過ぎません。

今回の件につきましては、日本協会および岸壁のははさんが御支援されている選手が所属するチームに、御質問、御意見されたほうがよいと思います。

お役に立てず、申し訳ありません。
ということで、失礼いたします。

No.321 2006/11/29(Wed) 08:35:58

 
Re: アジア大会 / 岸壁のはは 引用

申し訳ございませんでした。
最後に・・先生は子供達に指導して行かれるなかで、
『先生どうして日本で一番強くなっても、日本代表になれないの?』って聞かれたら、何と応えて上げますか?
最後に、私は特定の団体や個人を応援しているのではなく、バドミントン競技が好きで・・日本のが大好きなだけです。

No.322 2006/11/29(Wed) 12:41:43

 
Re: アジア大会 / あららぎかずま 引用

岸壁のははさんへ

こちらこそ、満足な回答ができずに、ごめんなさい。

さて、『先生どうして日本で一番強くなっても、日本代表になれないの?』って聞かれたら、なんと答えるかということですが、私だったら、たぶん、『世界で文句のない活躍したら、お願いだから日本代表になってください、って、頼まれるはずだヨ。だから、そのときは気持ちよく、日本代表になってあげたらいいと思うヨ。』、と答えるでしょう。
マラソンでも、東京国際女子マラソンで優勝した土佐選手よりも、3位に終わった高橋選手のほうが脚光を浴びているのを見るにつけ、やはり、世界的に活躍しなければ、世間様を納得させることはできないのかな、と思っています。
バドミントンでも、中山(高木)紀子さんが紅白の審査員を務めた時代もあったわけで、次代の選手には、夢は大きく、世界を目指してがんばってもらいたいものです。
ということで失礼いたします。

No.323 2006/11/29(Wed) 13:01:58

 
Re: アジア大会 / 岸壁のはは 引用

自分の了見の狭さを反省します。
ありがとうございました。

No.324 2006/11/29(Wed) 18:03:35

 
Re: アジア大会 / トリパン渡辺 引用

先生こんにちは
夏はありがとうございました!
娘さんは元気ですか?

先生のHP拝見させていただいたところ
岸壁のははさんのコメントがありましたので
所見ですがコメントさせていただきます。

まずアジア大会のエントリーは総合のだいぶと前に
済まさなければいけないこと、4人と人数は
体協がメダルの可能性のない種目を最少人数にすると決定を受けたものです。

岸壁のははさんがおっしゃる結果を出してる人、旬な人
人って誰かわかりませんが、例えば日バの掲示板
で名指ししていた人たちは、ちなみに世界ランクは国内TOP
ですよ。もちろん日本ランキングはYシスのペアが1位ですが、このエントリー時には結果がTナミの選手と比較すると弱いと思います。前年度の総合チャンピオンは
組替えてるし。
例えば今エントリーだとするとYシスのペアになると思いますが、世界ランキングからしてTナミの選手にする可能性もたたありますよ。

年末にナショナルが発表されますが、これはほぼランキングは関係ないです。過去の結果とスタッフの主観ですが
これはこれでスタッフが責任を取れば問題ない話です。
バレーのように・・

これでもここ7年くらいでましですよ。
ちなみに今回の選考は派閥とかそういうこと
はないですよ。変な話S君あたりは
派閥の関係があるなら1番先にははずされますよ。

実業団関連の選手で岸壁のははさんのコメント
は話題に上ってましたが、正直内情を良くわかっていないのに(内情を公開しない協会に責任があるとも思いますが)なにこれってかんじで受け止めてる選手、本人が多数いたので見る側の気持ちも考えてみてください。

No.325 2006/12/07(Thu) 15:12:35

 
Re: アジア大会 / あららぎかずま 引用

トリパン渡辺様へ

こんにちは、蘭です。
夏のトリパンジュニア合宿では、娘が大変お世話になりました。
とても楽しかったようで、教えてもらった色々な打ち方を家に帰ってきて自慢していました。

さて、書き込み、ありがとうございました。
今回の選考の事情が良くわかりました。
日本協会の今井さんとは時々連絡を取り合っていますが、選手選考に関して、おかしなことをするような体制ではないとは思っておりました。

他方、アジア大会における日本選手の活躍を、メディアを通じて見るにつけ、日本バドミントン界の明るい未来が、垣間見えるような気がします。

ところで、岐阜トリパン監督の伸パパが主宰する「びとう会」では、週1回ではありますが、娘がお世話になっております。
前回の練習には、チャンドラ君も出没したそうですが、私も時々出没し、子ども達の相手をしております。

ということで、トリパンの輝く未来を祈念しながら失礼いたします。

No.326 2006/12/07(Thu) 15:46:09

 
Re: アジア大会 / トリパン渡辺 引用

岐阜でこれから皆さんのお力を借りながら
頑張っていきたいと思っています。

僕は完全裏方さんですべて選手、Bぱぱ、B
に任せてるんで、これからも強力お願いします。

先生には多々ご迷惑お掛けするかもしれませんが
よろしくお願いします。

No.327 2006/12/07(Thu) 16:05:08

 
Re: アジア大会 / あららぎかずま 引用

トリパン渡辺様へ

こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年度の岐阜県バドミントン協会の総会ではBパパから、岐阜トリッキーパンダースの設立について報告があり、岐阜県を挙げて支援していくことが確認されました。
また、貴チームのことを、将来的には、サンヨー電機等の強豪実業団チームを撃破し、「日本一を目指すチーム」である、と、岐阜県バドミントン協会の常任理事会は理解しております。

それでは、存分にお力を発揮してください。
ごきげんよう!

No.328 2006/12/07(Thu) 17:51:56

 
Re: アジア大会 / 岸壁のはは 引用

渡辺さま。貴重な意見おりがとございました。参考になりました・・が、男子のアジア大会の結果は?今回の派遣選手の方々には大変申し訳ありませんが、内情に詳しくない素人でも、この結果はある程度、予想の範疇だったと思います。世界ランク云々の話が有りましたが、素人目で見ても・・落ちている人と、昇っている人とでは勢いが違うと思います。同じ結果なら・・・と思うのは私だけでしょうか?

No.329 2006/12/18(Mon) 13:52:26

 
Re: アジア大会 / トリパン渡辺 引用

岸壁のはは さまへ

まあいろいろな意見があってよいと思いますが
日本リーグの結果を見てもらったらわかるとおり
たぶん落ちてるといわれている人は代表にふさわしい
結果を出していますよ。

全盛期よりも弱くなっっているでしょう。
でもそこに安定して勝てるペアがない以上
代表にふさわしいと思っています。

ただのトーナメントではなく、アジア大会やオリンピックは経験を積ませる場ではないということです。
同じ結果ならとおっしゃるのもわかります。
しかし、若手に経験をつませるというのは
それに見合う活躍をした人間に権利があるわけですが
それを受けれる結果を出したわかてはいないです。

ダブルの全日本チャンピオンもエントリー時には
明らかな結果がなかったですね。しかも彼らも
もう若手ではありません。

しかしこれからバドミントン界が変わっていく必要性
があるのも事実です。これからも岸壁のはは サンのような意見も大きな力になっていくと思っています。

No.333 2007/01/03(Wed) 13:50:33

 
Re: アジア大会 / 岸壁のはは 引用

渡辺さま。貴重な分析と感想を聞かせて頂き、ありがとうございました。日本リーグ云々の話は関係ないのでは?ポイントの付かない国際大会で活躍してもオリンピックに行けないように、日本リーグは日本代表の選出に何ら影響の無い大会では?・・・今まで日本はそこそこ安定している方々を代表として、どんな結果を出して来ましたか?今までと同じでは、これからの結果も同じでは?確かにオリンピックは経験を積ませる場ではないと思います。でも・・北京の為に、今回のドーハは何かをすべきだったと思います。変わらないと結果は変わらない。

No.335 2007/01/11(Thu) 13:02:26

 
Re: アジア大会 / トリパン渡辺 引用

岸壁のははさんへ

久々に先生のとこみました。
リーグは確かに関係ないですよ。
でも力関係はわかるのでは?
現在の世界ランキング見てわかると思いますが
どっちがうえですかね?今はどっちが勝っても
おかしくはないですよ。
故障云々という意見もあるでしょう、でもそれも
長いスパンの中の実力ですよ。
なにもTナミの選手かばうつもりもないし
Yシスの選手は自分の後輩でかわいがっていたので
よくわかります。海外の結果に関していえば
結果を出していないといわれれば壮かもしれません。
でもははさんがいわれている結果ってなんですかね?
SSでの優勝?ランキング上位?そんなに国際大会で
上位に入ることは簡単じゃないですよ。トマスカップで
8とかは昔ではありえないくらいの好成績ですよ。

いまのJrを見ててもまずト杯で8には入れるメンバーは
少ないですよ。そんななかで選考の工夫や、育成に
もっと頭つかいなよーって気持ちも多々ありますね。

しかし今の選手は協会に育ててもらってるとはいいがたい現状がありますよね。国内で選考される時期のチャンピオンが旬であるわけだから、その選手たちをつぶすことなく、チャンスを与えてもらえたらなーと思います。

北京の戦略がどうのこうのなんて話は、本来アテネの
まえに完結されている話ですからね。結局代表選手の
人選かえる前に、体制をかえることのほうが大切ですね。


 

No.346 2007/04/15(Sun) 00:44:19


リンクについて / badtiger 引用

はじめまして。
リンク集にて我がサイトをご紹介いただいておりますが、リンク自体についてはまったく問題ないのですが、紹介文に事実と異なる内容が書かれてありますのでお手数ですが紹介文の削除もしくは変更をしていただけませんでしょうか。
<ちなみにリンク登録者は自分ではありません。びっくりです。

せっかくなのでご挨拶ついでに何か相談でもと思いましたが、特に悩みもないことに気付きましたので出直してきます。すみません。

No.338 2007/02/22(Thu) 22:09:00

 
Re: リンクについて / あららぎかずま 引用

badtigerさんへ

こんばんは、初めまして、蘭です。

さて、事情につきまして、了解いたしました。

その上で、
「リンク自体についてはまったく問題ないのですが、紹介文に事実と異なる内容が書かれてありますのでお手数ですが紹介文の削除もしくは変更をしていただけませんでしょうか」ということですが、具体的にはどのようにさせてもらえばよろしいでしょうか?

すなわち、リンク自体を削除したほうがよいでしょうか?

それとも、紹介文だけ全文削除すればよいでしょうか?

それとも、紹介文の内容を変更すればよいでしょうか?
その場合は、紹介文をご教示いただけると幸甚に存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

No.339 2007/02/22(Thu) 22:55:52

 
Re: リンクについて / badtiger 引用

紹介文前半が事実誤認なのでその部分さえ削除していただければあとはどうでも構いませんです。

お手数をおかけして申し訳ございません。

No.340 2007/02/22(Thu) 23:19:00

 
Re: リンクについて / あららぎかずま 引用

削除終了いたしました。

No.341 2007/02/23(Fri) 09:52:21

 
Re: リンクについて / badtiger 引用

どうもありがとうございました。

No.342 2007/02/23(Fri) 22:19:21


東海大会では / サフィニアの花 引用

先生こんにちは。二年くらい前に、子供の足の炎症についてお話をうかがったものです。あれから身長、体力もそれなりに伸び、ふくらはぎもあまり痛まなくなりました。おかげさまで、バドミントンも続けております。ところで、先日、小学生の東海大会がありましたが、先生のお嬢さんがシングルスに出場されていませんでしたか?トーナメント表を見て、もしや!と思いました。私は留守番でしたので、後から気づいて(行けばよかった〜先生に会えたかも#)と思ったのです。先生が教えられて、お嬢さんはかなり強いのですね。そして、先生に東海大会についての印象をお聞きしたいのです。東海ともなれば、大人顔負けのプレイや、体格以上のパワーのあるスマッシュ、フットワークが見られます。テーピング、サポーターをしている子もいます。今からそんな、いっぱいいっぱいのプレイで、長く続けられるのかなと心配するのです。先生の大学のお仕事上、どのように思われたかお聞かせ願えないでしょうか?(ちなみに、ウチはなんとか大分行きの切符を手に入れました。)

No.311 2006/10/30(Mon) 16:51:32

 
Re: 東海大会では / あららぎかずま 引用

サフィニアの花さんへ

こんにちは、お久しぶりです。

まずは、お子さんの全国大会御出場、おめでとうございます。
ますますの御健闘を心から祈念申し上げます。

さて、先日開催されました東海大会につきましては、不肖の馬鹿娘も、運良く参加させてもらいました。
しかしながら、娘にとりましてはまったくの場違いの様相で、当然のことながら、1回戦であえなく惨敗いたしました。


他方、大会の方は非常に緊迫したムードの中、競技性が全面に打ち出されているな、といった印象をもちました。
御指摘のとおりに、健気にも「いっぱいいっぱい」の状態で戦っていると推測される選手も多々見られました。
まずは、この大会に出場した選手たちが末永くバドミントンに関わってくれることを願うばかりです。

これに関して、このような大会で上位進出するために必要なことを考えてみました。
大きくは次の2つの条件であると思われました。
1つ目は子どもの個体の発育・発達の速度が速いこと。
2つ目は練習量が豊富であること。

1つ目の発育・発達においては、これはもう遺伝で決まっているので、できることは限られていますが、発育・発達の意味を十分に理解し、これに応じた指導をすることは重要であると思います。
これに関して、発育とは身体の量的な成長で、例えば、身長が伸びるとか、筋肉が大きくなるとか、体幹の長さに対する体肢の長さの比率が高まるとか、そういったことです。
それに対して、発達とは身体の質的な成長で、例えば、ハイハイをするとか、つかまり立ちをするとか、歩き始めるとか、そういったことで、運動技能についてもまさに発達の1つの項目でしょう。
発育・発達には、当然のことながら個人差があり、小学4年生くらいだと上下2年づつくらいあるのではないかと思います。
すなわち、年相応が4年生だとすると、2年生くらいの子もいれば6年生くらいの子もいるということです。
また、発育も発達もはやい子がいれば、発育ははやいが発達はおそい子もいれば、発育はおそくても発達ははやい子もいるわけで、小学生の大会での勝ち負けはこの速度に影響されることが多いのではないかと思います。
発育・発達がおそい子は勝ち負けにこだわらずに、こつこつと発育・発達に応じた練習をしていけば、そのうち、発育・発達が追いついたときに一気に追い越すことができるでしょう。
しかし、発育・発達がおそい子がその場の勝ち負けにこだわって、発育・発達がはやい子と同じことをしていれば、その場の試合でも勝てないばかりか、将来的にも追いつくことはできないでしょう。

2つ目の練習量については、小学生であれば、指導者がやれといえば、何ぼでもやるでしょう。
中学、高校、大学と年を重ねていけば話は変わってきますが、小学生ぐらいだと、指導者がやれといえばそれは絶対でしょう。
そして、疲労感を感じにくい子どもの身体では、また、何ぼでもやれるでしょう。
しかしながら、その結果は、推して知るべしです。

一方、将来を見据えた指導というのも難しいものです。
今勝てる子にとっては、今勝っておかなければ、将来勝てるという保証など何もないからです。
どんなにつらい練習をしても勝ちたいという気持ちはよくわかります。
どんな無理な打ち方をしても、勝ちにいくという気持ちもよくわかります。

競走馬のように先行逃げ切り型と追い込み型といった感じで子どものことを考えるのもなんか悲しいような気がしますが・・・

ただし、私の経験から、すなわち、10年間ほど東海女子大学バドミントン部の監督を務めた経験から1つ述べます。
今でも東海女子大学バドミントン部はとても強いですが、私が監督を務めていたときもインカレで2連覇するなどとても強い部でした。
当然のことながら入部するもの中にはインターハイ出場経験を持つ選手が多くを占めましたが、指導に苦慮することが多くありました。
それは、インターハイに出場するための技術に凝り固まっている選手で、それ以上の伸び代がない選手に対する指導でした。
そのような選手を伸ばすためには、これまでの技術をいったんぶち壊さなければならないのですが、そのような年齢では、もう、無理です。
また時間もありません。
といったことで、当然、そのような選手は無名の選手にどんどん抜かれていくことになります。
なんともやりきれない気持ちになったことが何度もありました。

ともあれ、指導者は自分の勝ちたいという気持ちを子どもに重ねて指導することだけは避けないといけない、と考えるばかりです。
子ども第一に考えなければならないと思うばかりです。
ということで、子どもたちの輝く未来を祈念しながら失礼いたします。

No.313 2006/11/01(Wed) 10:11:19

 
Re: 東海大会では / サフィニアの花 引用

先生こんにちは。早速お返事いただいたのに、お礼の言葉がおそくなり申し訳ありません。先生のおっしゃるとうりで、同じくらいの実力でも伸長差があれば、高い子のほうがより高くシャトルをコントロールできているようですし、豊富な練習量からすごい技術を身につけている子もいます。ある方から「子供のうちに技術を身に付けて中学から筋トレをし、高校くらいで花が咲くのがいいんだよ」といわれたことがあります。私も学生の頃からバドミントンをしていますが、いろんなことがわかる故につい、子供を叱咤激励(叱咤の方がおおいんですけど)しすぎてしまい、泣かしてしまうこともあります)
話がそれてしまいました。とにかく、こちらが焦って、無理に教え込んではいけないということですよね。最後の<自分の勝ちたいという気持ちを・・・・>という言葉が心に響きました。東海大会から帰ってきた時も、おめでとうを言わず、なぜ負けたのか追求ばかりしていました。後で落ち着いて考えれば、ねぎらってやるのが親の務めなのに。大きくなってもバドミントンが好きでいてほしいです。先生は娘さんに教える時、ゆったりした心で接するように心がけてみえるのですね。
昨日と今朝はこの秋一番の寒さだったようですね。風邪などひかれませんようにお元気でお過ごしください。丁寧なお返事ありがとうございました。娘さんのこれからの頑張りを影ながら応援しています。

No.315 2006/11/08(Wed) 14:34:10

 
Re: 東海大会では / あららぎかずま 引用

サフィニアの花さんへ

お気遣いいただきましてありがとうございます。
お子様が末永くバドミントンに関わり、そして、豊かな人生を送られることを心からお祈りいたします。
それでは、ごきげんよろしく。

No.316 2006/11/09(Thu) 12:51:54


わかりません?? / バドちゃんの母 引用

こんにちは、ご無沙汰しています。もうすっかり秋らしくなりましたね。
 少し教えていただけますか。最近私の耳に入ってくるのはオーバーヘッドの振り抜き派か回内回外内旋外旋派
娘が習ってるクラブのコーチにも2通りがあるようです。同じなのか違うのかわかりません?
 全国大会で小学生も回内回外派が主流に使われているようにも見えました。
 クラブの先輩が高校に入った時ラケットを振り回し過ぎだと注意されたとも聞きました。素人の私には小5の娘が二通りの指導を受け悩まないか少し心配です。

No.306 2006/10/05(Thu) 16:03:12

 
Re: わかりません?? / あららぎ 引用

ご指摘の振り抜き派の増加傾向は最近の流行で、これは近年の用具のめざましい進化を反映してのものだと思います。
すなわち、ラケットの軽量化、反発力の増大、ストリングスの改良等により、昔はタブーとされていた大振り、すなわち振りぬきが、技術的にも可能となり、むしろ大きな威力を発揮する武器となって、これができないと戦えないというところまで来ているのだと思います。
用具の進化による技術の進化はテニスなどではバドミントンより顕著で、女子でもラケットでボールを、それこそ「バゴーン」と「ヒッパタク」ことができなければ、勝負にならないと、私と同じ職場に勤務する岐阜県テニス協会の強化委員長も言っています。
また、その委員長は、日進月歩の技術の向上で数年前にかかれたテニスの技術書は、今では、まったく参考にならないとまで言っています。
バドミントンでも同様のことが言えるのかもしれません。
したがって、バドミントンでも、これからは、小学生でもラケットを振り抜いて、シャトルをひっぱたく技術を身に付ける必要があると思います。
ただし、そればかりではだめで、やはり、これまで基本とされていたコンパクトにシャトルを捕らえるストロークも必要で、シャトルを打つ場所や状況によって使い分ける必要があるのだと思います。
ということで、この辺のところの指導が、指導者の腕の見せ所となるのではないかと思います。
ということで、失礼します。

No.307 2006/10/05(Thu) 17:01:22

 
Re: わかりません?? / バドちゃんの母 引用

ありがとうございます。コーチの指導を信じて娘を預けていきたいと思います。また色々教えてください。宜しくお願いします<m(__)m>

No.308 2006/10/05(Thu) 21:52:47


ラリーポイント? / 岸壁の母 引用

ごぶさたしております。
ダブルスにおけるラリーポイントはゲームの面白みが半減だと思います。サーブ権が有る為後半の追い上げて逆転するのがひじょ〜に難しい。条件は相手も一緒ですが、セカンドサーブの復活とか、後ろサービスラインをシングルスと同じにするとか、世界的には議論は出てないのですか?

No.296 2006/08/19(Sat) 11:45:06

 
Re: ラリーポイント? / あららぎかずま 引用

岸壁の母さんへ

こんにちは、蘭です。
お久しぶりです。

さて、書き込みを拝見いたしました。
これに関して、すなわち、今回のルール変更に関しては賛否両論があるようですが、国際的な議論ということについては、私は、申し訳ありませんが、承知しておりません。

ただ、大学等の授業でバドミントンを教えておりまして感じますことは、バドミントン経験者に新しいダブルスのルールを教えようとすると非常に困難をきたすということで、旧ルールの呪縛から抜け出すことができず、なかなか覚えられないということです。
また、ルールを覚えてくれても、前のルールのほうがよいという声が多く出されます。

一方、バドミントンのルールを知らないものに教えようとすると、これが簡単に覚えてくれます。
以前のルールだと、それはもう複雑で、ルールを覚えさせるのに何週間もかかりましたが、新しいルールだと1回の授業でほとんどのものが覚えてくれます。
こんなところがIBFが狙いとしたところだと思います。

ともあれ、今回のルール改定は、1901年以来の大改定で、それはもう、各国とも大混乱しているのではないかと思います。
日本などは色々なバドミントン協会を中心とした情報網が整備されていますし、教育制度もしっかりしているので、一般の人でも体育の授業などを通じて、それこそ、このルールが末端に浸透するのに、そう時間はかからないと思います。
しかしながら、世界にはそうでない国も多く、いや、そうでない国のほうが圧倒的に多く、このルールを定着させるのにはそれなりの時間が必要なのではないかと推察されます。
したがって、この大改正されたルールを再び変えるとなれば、再び大混乱が生じるわけで、よほどの強い理由付けがなければ難しいのではないかと思います。

他方、今回のこのルール改正はIBFがオリンピック種目生き残りを賭けて、強い意志をもって行なったものだと思います。
野球がオリンピック種目からはずされるくらいですから、バドミントンがいつはずされてもおかしくはないわけです。
特にバドミントンはアジアが圧倒的に強く、後はヨーロッパがぼちぼちといった感じで、競技スポーツとして世界的に普及している種目とは言いがたい状況です。
テレビでの視聴率も現況では低いといわざるを得ません。
IOCのミッションとはかけ離れた状態にあるわけです。
そこで、IBFとしては、見て判りやすい種目にバドミントンを変え、視聴率を上げたいと考えているのだと思います。

このような状況から、常識的に考えると、新ルールが早期に改正される可能性は低いといわざるを得ません。
したがって、新ルールに応じた新戦術の構築が急務であろうと考えられます。

以上、御回答になっているかどうか判りませんが、失礼いたします。

No.297 2006/08/21(Mon) 11:11:38

 
Re: ラリーポイント? / 岸壁の母 引用

ありがとうございます。
先生は終了時間がある程度読めるラリーになったとして
バドミントンのテレビ放映が増えると思われますか?
バレーやテニスと違い、攻撃的サーブの許されていない
スポーツにラリーポイントは、むいていないと思うのは私だけでしょうか。どんなに試合時間が長くなっても、競技地域が限られていて地味でも、カーリングはルールを変更しないと思います。競技者の面白みが半減してしまうから。

No.298 2006/08/24(Thu) 13:00:47

 
Re: ラリーポイント? / あららぎかずま 引用

岸壁の母さんへ

岸壁の母さんの知見にあるとおり、攻撃的サーブの許されていないスポーツにラリーポイントはむいていない、というのは歴史的な事実であると思います。
これに関して、サイドアウト制は14世紀ごろにテニスの原型となったロイヤルテニスにおいて考案されたと考えられています。
このロイヤルテニスでは、コートの設置状況から、ラリーを続ける上で、ハザードサイドが極めて有利に、そして、サービスサイドが極めて不利な状況になっていたそうです
今のバドミントンと似たような状況です。
そこで、サービスサイドを優遇するためにサイドアウト制が考え出されたようです。
ここで、ひとつ、サイドアウト制を採用することによってサービスサイドを優遇した根底にある精神のひとつは社交です。
英国生まれのスポーツの多くは社交を目的として考え出されてきましたが、社交目的でのゲームでは、お互いに点数がどんどん入って、早く終わってしまっては困るのです。
できればなるべく点数が入らず、試合が長引くだけ長引いて、時間切れで引き分けになれば、ベストなのです。
のんびりのんびり、休憩を入れながら、ゆっくりとゲームが進んでいくほうがよいのです。
だからその名残が残っている種目も少なくなく、ほぼ丸1日のゲームを4日間かけて勝負を競うゴルフやクリケットはその際たるものでしょう。
また、ウインブルドンのテニスなどでものんびりやっています。
雨で数時間の中断があっても英国人はその時間を社交の場として楽しんでいますし、日没再試合なども日常茶飯事です。
サッカーやラグビーで引き分けがあるのもこの精神の現れでしょう(サッカーやラグビーの原型となったゲームではなかなか点数が入らず、もともと試合時間が決められてなかったことから、日没で引き分けだったそうです)。

話がそれてしまいましたが、バドミントンでもサイドアウト制が廃止されてしまいました(私は、ラリーポイント制が採用されたというよりは、サイドアウト制が廃止されたと考えています)。
これは、サイドアウト制に埋めこめられたゲーム時間の延長という時限爆弾が、効率よく勝負を決しようとする現代スポーツのミッションによって破裂させられたものと考えられるのではないでしょうか。
ただし、歴史は繰り返されるといいますが、時間に関する観念は時代と共に変わるもので、この先、再び、サイドアウト制への回帰がないとは言い切れないと思います。

他方、終了時間がある程度読めるラリーになったとしてバドミントンのテレビ放映が増えるかにつきましては、びっくりするほど増えるとは誰も予想していないのではないかと思います。
これについては、前回のご回答でも述べましたが、IBFにはオリンピック種目への思いが相当強いのではないかと思います。
IOCからは各種目団体に対して、メディア戦略並びに国際展開がミッションとして出されているようです。
したがって、実際に視聴率が上がるかどうかは別として、少なくともIOCのミッションに対し、努力している態度を見せることが必要だと、IBFは考えているのではないかと推測します。
もしそれで、少しでも効果があれば、IBFとしてはIOCに対して申し開きができるというわけです。

スポーツの世界とて、まさに国際政治力学によって動かされているというわけです。

少々さびしい気がします。
本来は競技者第一であるべきなのでしょうが、現代のスポーツが色々な影響力の中で存在していることを示すもっとも象徴的なルール改定であると思われます。
ということで失礼致します。

No.299 2006/08/24(Thu) 16:35:36

 
Re: ラリーポイント? / 岸壁の母 引用

貴重なお話をありがとございました。
何より寂しいのは、自分が少し知っているバドミントンとこれから自分の子供達が慣れ親しむバドミントンが、
まったく別の競技のような気がしてしょうがないのです。年寄りの我が儘ですね。
ところで・・9月に久我山の城戸先生が犯罪ギリギリの
年の差結婚を遂行されるそうですよ。

No.300 2006/08/24(Thu) 17:08:37


力の差!? / バドちゃんの母 引用

 こんにちは、先日小5の娘がお姉ちゃんの所属するクラブに出稽古に行ってきました。まぁ力の差に唖然!!全然ついて行けませんでした。(@_@;)
 小学部ではそこそこ出来ているのに。中学生相手に椅子戻りクリアーをしたところ。2本目3本目で追いつけません。こんなにも違うのか!!6年の男子女子はしっかり動けてるのに5年の娘4年の男子はアタフタです。
 6年生を見ていると、ここ数ヶ月で背も伸びスピードも上がって来たように見えました。我が長女も体格が良くなり動けるようになったのと同じなんでしょうね。そう感じると背の小さい小5の娘は今何をするべきか考えさせられそうです。
 よく本に「小さい子供達はクリアーを遠くへ飛ばす事よりも、神経系、技術系の練習を中心に行うこと」と書かれています。今まで私の中に試合勝つ為には、遠くにクリアーが飛ばせること、速く動く事、ばかりが大切のように思えていましたが、もしかすると勘違いしてたのでしょうか?いづれ成長と共にスピード・パワーが出てきます。その時を待つように今は十分のテクニック・速く動くためのフットワーク・その時速く遠くへ飛ばす為の正しいフォーム、試合で勝つ為の戦術を考えられる思考力・負けない強い精神力etc・・なんと小学部の指導は難しい事か・・・この前提にはバドミントンが好きになる事が一番大事ですがね。
 と考えながら見ていると小4の男子と長女の試合が始まりました、なんと結果は2−0で娘の負け(@_@;) 親の私にはありうる結果でした。娘の方がパワーもあるのですが、前の苦手な娘は彼のカット・ネットに苦しめられ全く自分の持ち味を出せず仕舞いで負けてしまいました。小4とはいえ彼は全国でベスト8位に入るような選手です。いつも球回しや、ネット前に置く球上手さには関心させられてます。
 不甲斐ない我が長女はやはり以前お話したように、経験が少ないのでしょうね。試合になると自分のペースで試合が出来ず、どう見ても娘の方が上手いだろうと親馬鹿な私は少しホット試合見ていると、あれあれ負けてるではないですか、「どうして負けちゃうの・・」まぁ何度こんな思いをした事か。やはり身体の成長までに考えて試合を運ぶ訓練が足りなかったのでしょうね。駆引きなんて無用な位置にいましたから。
 長女もこれからが大変でしょうね!!小5の次女も今するべき事が一杯です。あれ〜間に合うのって感じです。独り言みたいになってしまってすみません。m(__)m ともかく小学生1年から6年までいます。小学部の育成の難しさを実感した悩める母でした。

No.294 2006/07/04(Tue) 09:51:20

 
Re: 力の差!? / あららぎかずま 引用

バドちゃんの母さんへ

これから、色々なハードルが目の前に現れてくることでしょうが、一つひとつをクリアーしながら、前に進んでいってください。
さらなるご活躍をお祈り申し上げます。

ごきげんよう!

No.295 2006/07/05(Wed) 12:56:48


感謝します / 無力な母 引用

どこの誰ともわからない者の、しかも個人的な悩みに対し、このように親身にお返事いただき、大変ありがたく思います。

今日も娘は練習に出かけました。9時に迎えに行ったときには汗でベタベタで、充実した練習をしたのだと、車の中で今日の内容を話す様子からも感じられ、頑張っているのだと、うれしく思いました。

反面、ちょっと捨て鉢になっているのでは?と思うような行動も見え隠れしているので、今のところちょっとハラハラしながら、見守っている状態です。

何も言わずに見守るのって、すごく辛いですね。でもいつか、その努力が実ることを信じていこうと思います。
勝つ為だけがスポーツではない、と解っているものの、成果主義のクラブではそれなりの実績も必要だから、と親子して焦っていたのかもしれませんが、好きでやっていることに、自ら枠を設けることもないかな…とちょっと、一息おいてみることにします。(未熟者ゆえ、まだまだ気持ちの中ではくすぶっているのですが…) 
海のものとも山のものともわからない娘の、今後の成り行きを無力な母はじっと見つめ続けていこう思います。

本当にありがとうございました。また、ここに立ち寄らせてくださいね。

No.292 2006/06/29(Thu) 22:25:31

 
Re: 感謝します / あららぎかずま 引用

無力な母さんへ

お嬢さんのご活躍を期待いたしております。
それでは、またのお越しをお待ちいたしております。
ごきげんよう!

No.293 2006/07/01(Sat) 13:00:33


以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
100/100件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS