RUSSIAN POLITICS / UENO'S SEMINAR
Home Profile Lecture Books BBS Diary Gallery Link Site Map

Ueno's Seminar | BBS
何でも気軽にお書きください。2004年2月18日までのBBSはこちらをごらんください。

Name
Subject
Mail(必須ではありません)
URL(必須ではありません)
Color
Cookie / Pass

続き / mebaru
途中で誤ってアップされましたので続けます。

・・・「ソフトパワー」に関与できる専門家を研究機関育成・確保できる専門家を研究機関でどのように育成・確保するかが課題のように思います。
大学は常に自由に研究できる環境であるべきですが「ソフトパワー」などに関与したら、
機密保護上束縛されるのは止むを得ないと思います。
愚見で紙上を汚し申し訳ありません。

No.474 2015/02/02(Mon) 13:27:39



(No Subject) / mebaru
ウクライナ情勢、よくわかりました。
ところで、ISILによる邦人人質事件は残念な結果に終りました。
日本の「ソフトパワー」の低さが今回の事件で露呈されたように思います。
動画の真否判定に時間がかかり、官房長官が記者会見を途中で取りやめて
慌てふためいて足早に会場を後にする様子からそのように思いました。
今回増額された防衛予算の中から「ソフトパワー」を高める方策をして欲しいものです。
「ソフトパワー」に関与できる専門家を研究機関育成・確保

No.473 2015/02/02(Mon) 13:14:10



訂正 / mebaru
さきほどの投稿にミスが有りましたので下記に訂正させて頂きます。

・題目: ina → ウクライナ情勢
・冒頭: イスラム上野先生 → 上野先生

以上、大変失礼しました。訂正してお詫びします。

No.470 2015/01/27(Tue) 11:54:38

Re: 訂正 / Ueno
お久しぶりです。

ご質問にどのようにお答えしていいのか。。。

とりあえず、経済状況は、ロシアよりウクライナの方がずっと悪いと思います。国際的な原油価格の値下がりは、原油輸出国のロシアの経済にとっては、マイナス要因であることは間違いありませんが、ロシア経済は、相当の外貨準備もあって、それほど脆弱ではありませんので、それほど急激に悪化するという感じではないと思います。じわーっとくる感じでしょうか。なので、国民生活は今のところ平穏を維持しています。

なので、むしろウクライナの経済状態がどうなるのかが問題だと思います。ポロシェンコ大統領、ヤツェニューク首相の政権は、同床異夢的なところもあり、そもそも昨年の議会選挙の結果を「親西欧派の勝利」と礼賛したメディアは、ウクライナのこれまでの政治が、親露派対親西欧派の対立軸だけで動いてきたわけではないことをわかっていません。問題は、ポロシェンコとヤツェニュークが反ロシアで一致団結して単一の与党をつくっていないところにあるのです。つまりエリートの分裂こそがウクライナ政治の不安定要因なのであり、それは依然として何ら変わっていないと言うことです。

2004年のオレンジ革命によりユーシチェンコ政権が成立しましたが、その政権がぽしゃってしまった原因がどこにあったのかを考えれば、ウクライナの本質的問題が親露派対親西欧派の対立にあるのではないということがすぐにわかるはずです。あのときは、ユーシチェンコ大統領とテモシェンコ首相との対立により、オレンジ革命が結局、悲惨な末路を辿ったわけです。

ポロシェンコ大統領とヤツェニューク首相は、その同じ轍を歩むことなく、この未曾有の経済危機の中で政権をうまく運営できるのでしょうか。

ところで、もう一つのご質問ですが、ロシアであれ、ウクライナであれ、最近は、ウェッブサイトを利用した宣伝広報活動が盛んです。今回のウクライナ政変は、双方の宣伝広報活動が非常に活発におこなわれたというところにも大きな特徴があると言えます。

政府も企業も個人も、インターネット、とくにFacebookやTwitterをいかに上手に使うか、またそれらを利用したネガティヴ・キャンペーンやディス・インフォメーション、サイバー攻撃などをいかに防ぐかが、重要な課題となっています。

今回の「イスラム国」の情報操作のやり方を見ていても、ネットの使い方が重要だということがよくわかります。21世紀の国際政治は、伝統的な軍事力や経済力だけでなく、「ソフトパワー」が重要と、米国の学者ジョセフ・ナイが唱えたわけですが、このソフト・パワーはナイの言う場合は、モノ(マクドナルドであれ、ハリウッド映画であれ、モノです)を想定しているわけですが、むしろ、リアルな世界のモノではなく、バーチャルな世界の実体のないモノ(無からつくりだすことさえできる画像や音声)をいかに扱うかが重要になってきていると言えるのではないでしょうか。

では。

No.472 2015/01/30(Fri) 00:29:55



ina / mebaru
イスラム上野先生、久しぶりに投稿させて頂きます。
最近のウクライナ情勢は他の重大ニュースが優先されるため報道される機会が少なくなっておりますが、戦闘は激化を辿っているようですね。原油安や米国規制強化などでロシアの立場が変わっているとすれば、ウクライナにも何らかの影響を与えているように思えるのですが如何がでしょうか。昨今、Youtube、Twitter、Facebookなどでの広報活動が目立っておりますが、ウクライナでは如何でしょうか。

No.469 2015/01/27(Tue) 11:44:51



ロシアのエネルギーに思うこと / mebaru
明日、ウクライナ新大統領が決まりますね。
ところで、世界の政治情勢は相変わらずエネルギーで支配されているように思えます。
ロシアのエネルギーは隣国には姿なき武器、西側諸国にも脅しとして圧力をかけ、中国と組んで第二の冷戦を煽っているように思えるからです。
米国の力が衰え、米、加、豪等が自国のエネルギー資源を日本、中国を除くアジア諸国を含む西側諸国に供与しないなら、この冷戦はロシア有利に推移すると思います。
化石燃料は枯渇しないとしても、深いところからの掘削が必要でコストバランス上では枯渇することに加え、再生エネルギーに多くを期待出来ないことから資源の無い国は原発に頼るしかないと思います。原発には問題は有りますが、隕石で被災するほどの極微の確率を恐れずに対策を施して再稼働するのが当面の国策ではないでしょうか。

No.466 2014/05/25(Sun) 23:17:11

Re: ロシアのエネルギーに思うこと / Ueno
書き込みありがとうございます。

エネルギーのことは専門外なので、一市民としての素人の発言になりますが、「ロシアのエネルギーは隣国には姿なき武器、西側諸国にも脅しとして圧力をかけ、中国と組んで第二の冷戦を煽っているように思える」という議論は、以下の2点について、検証の必要があると思いました。

@ロシア以外にもエネルギー輸出国はあるが、それ以外の輸出国ではなく、ほかならぬロシアだけがなぜ冷戦を煽っていると言えるのか。つまり、例えばサウジアラビアとロシアはどこが違うのか。

Aロシアが輸出しているエネルギーも資本主義市場における商品である以上、そしてロシアがエネルギー市場を独占しているわけではない以上、ロシアも経済競争にさらされているわけであり、輸出しても採算があわないとか、その競争に敗北する、といったこともありうるのではないか。換言すれば、売買という経済行為は、売り手が一方的に勝者であるわけではない、つまり買い手は別の売り手から買うという選択ができるから、買い手が勝利することもある(売り手の採算割れ)のではないか。

次に「原発には問題は有りますが、隕石で被災するほどの極微の確率を恐れずに対策を施して再稼働するのが当面の国策ではないでしょうか」ということについてですが、隕石の落下、地震、軍事的攻撃などの可能性はどれがどの程度あるのかはわからないので(とはいえ、地震の確率などは計算できるようですが)、それはそれとして、発電については、発電コストはいくらなのか、という議論を詰める必要があると思いました。

この場合のコストは、原発の建設維持管理費と燃料費という通常のコスト以外の、原発立地地域への補助金、燃料廃棄コスト、一定の確率で起こりうる災害に対する避難・対策費コスト(人に例えれば健康保険のようなもの)などをトータルに発電コストとして計算してから、考える必要があるのではないかと思います。これまで、原発推進ありき、原発反対ありき、ということで、ちゃんとトータルコスト計算をして議論していないような気がします。

No.467 2014/05/26(Mon) 12:46:04

Re: ロシアのエネルギーに思うこと / mebaru
ご意見有難うございました。新大統領はロシアとの関係改善、エネルギー問題解決に努力して欲しいものです。
No.468 2014/05/26(Mon) 15:45:40



つまらない質問で恐縮ですが / 鈴木 秀明
ウクライナ東部でロシア系住民に不穏な動きがみられるとの報道をよくみかけます。
そのようなロシア系住民の国籍はウクライナ、ロシアのどちらが多いのでしょうか。
ヨーロッパに憧れを抱くロシア人、経済的にも苦しいロシアにそれでも帰属を望む
としたら、何故なんでしょう。宗教観、民族意識の低い、今の日本が欧州では理想的なんでしょうか。
つまらない質問で恐縮ですがお暇な折りにでも教えて頂けたら幸いです。

No.463 2014/04/13(Sun) 11:20:55

Re: つまらない質問で恐縮ですが / Ueno
書き込みありがとうございます。

質問にお答えします。

Q:ロシア系住民の国籍はウクライナ、ロシアのどちらが多いのでしょうか。
A:ウクライナ国籍所有者のほうが多いと思います。

Q:ヨーロッパに憧れを抱く(ウクライナ在住の)ロシア人(が)、経済的にも苦しいロシアにそれでも帰属を望むとしたら、何故なんでしょう。なお、カッコ部分は上野が補いましたが、この修正でよかったでしょうか。
A:東部および南部のウクライナに居住するロシア語を母語とする住民が、居住地を変えることなく、国籍を変更することができるとしたら、ウクライナ国籍よりもロシア国籍を選ぼうとする人が少なくないと考えられるのは、ウクライナに比べてロシアのほうが政治的に安定し、経済的にも豊かであり、またとくに年金額など福祉の水準がロシアのほうがよいからだと思います。

No.464 2014/04/13(Sun) 18:32:33

Re: つまらない質問で恐縮ですが / Ueno
追加です。

Q:宗教観、民族意識の低い、今の日本が欧州では理想的なんでしょうか。
A:「宗教観」を「信仰心」と理解してお答えします。日本は信仰心が低いとお考えなのだとしたら、それは違うと思います。したがって、欧州の人々は、日本では信仰心が低いとは考えていないと思います。なぜなら、日本には、神道や仏教の寺院がたくさんあり、初詣、お盆、お彼岸、初参り、七五三、安産祈願や合格祈願、交通安全祈願など、多くの人々が、暦の節目節目に、またとくに年末年始に、神社仏閣にお参りし、大賑わいだからです。何と信心深い人たちなのだろう、と思っているかもしれません。
 民族意識については、日本よりもはるかに、さまざまな民族が混ざり合って生活している欧州では、一般に、行きすぎた民族主義、つまりエスノセントリズム(自民族中心主義)やゼノフォビア(外国人嫌い)に対しては警戒的です。近年、欧州では、一部で、経済不況による失業の増大などの問題を、移民労働者の増加に原因があるとして、移民労働者を排斥しようとする過激な民族主義が強まる傾向があり、穏健派からはこうした傾向は好ましくないと考えられています。したがって、もし、日本が民族意識が低いというのであれば、それは必ずしも悪いことではないという考え方もありうるでしょう。
 ちなみに、「民族意識」って何なんでしょうね。私には、それがよくわかりません。
 私は、人の国家への帰属というのは、客観的には、どこの国の国籍を持っているか、ということしかないと考えています。したがって、自分が「●●人」であるとういうのは「自分が、自分のことを●●人であると考えており、周囲の人も自分のことを●●人だと考えていることによって決定される」という以上のものではないと考えています。

No.465 2014/04/13(Sun) 19:05:40



セバストポリについて / mebaru
セバストポリの写真を拝見させて頂き、その一部を下記幣サイトで紹介させて頂きました。クリミアは半島というよりも島のような感じですね。
現在のロシアが19世紀のロシアに、プーチン大統領がピョートル大帝のように思えてきました。

  http://www.geocities.jp/chasukechan/nk-1725.htm

No.461 2014/03/24(Mon) 23:14:50

Re: セバストポリについて / Ueno
書き込みありがとうございます。

クリミアはとてもよいところです。ギリシア時代の古代遺跡、マチュピチュを思わせる参上の石窟石造住居群跡、クリム・ハン国時代のハーンの宮殿、ロシア帝国末期の宮殿、帰属・豪商の館、変化に富んだ自然など、豊富な観光資源があります。旧ソ連圏で、ぜひ、訪れてほしいところの1つです。

私がクリミアに行くときは、キイウからシンフェローポリまで寝台列車で行っていましたが、シンフェローポリからあちこち行くと、結構広いので、「島」という感じは持ちませんでした。

ウクライナ情勢は少し落ち着いてきたようですね。

No.462 2014/03/27(Thu) 13:37:54



ウクライナ問題について / mebaru
今朝、ウクライナ情勢の討論の場でロシア専門家としてテレビ出演された上野先生のご意見を拝聴しさせて頂きました。
私たち一般の日本人には、複雑な歴史の経緯と民俗性を抱えたウクライナは判り辛い上、欧米寄りのメディアの論調に惑わされているような気がし、私には益々判らなくなってしまいました。ウクライナに居住している30%以上のロシア人の立場も考えるべきとの上野先生のご意見、ロシア弱体化が日本に不利になるとのもう1人の先生のご意見に、これまでの日本のメディアと異なる切り口を見た思いでした。
日本が北朝鮮問題を欧米に呼び掛けても無視されるのに、欧米はウクライナ問題を日本に
呼びかけ欧米への同調を当然のごとく振る舞っているのが気に入らないのです。
一昨年、ロシアに旅して以来、ロシアに対する見方が変わり、プーチン大統領の言い分にも一定の理解をするようになりました。
阿部首相が、両陣営の仲介役を買って出てこれ以上の情勢悪化を阻止しするとともに日露友好の道を閉ざさないようにして欲しいと願っております。
先生がウクライナで撮られた写真がございましたら、ご紹介頂ければ幸いです。

No.459 2014/03/15(Sat) 09:49:56

Re: ウクライナ問題について / Ueno
書き込みありがとうございます。
3月15日(土)朝のテレビをご覧いただとのこと。お恥ずかしい限りです。

以前からウクライナの国内情勢を見てきた立場からすると、ウクライナ民族主義の高揚が、かえってこの国の将来を難しいものにするのではないかと危惧しています。

お見せできるウクライナの写真は、このホームページのGallery20〜28にあるもので、すべてです。

No.460 2014/03/16(Sun) 17:25:57



お礼 / mebaru
早速、レス頂いた上弊サイトにお越し下さり有難うございます。
画像引用のお許しを頂きましたので関連する旅行記の一部を当日の日記として下記URLでアップさせて頂きました。至らぬ内容でお恥ずかしい限りですがご高覧賜れば幸いに思います。
この時期晩秋のロシアは、モスクワに到着した10月28日が2週間早い初雪で、ロシア滞在の6日間晴天に恵まれませんでした。従って陽光に恵まれない風景は薄暗く対象を綺麗に捉えることは出来ませんでした。写真下手の上にコンパクトカメラですから無理もありませんが、それでも寒い時期のロシア特有のの風景が少しは醸し出されているのではと思っております。
サンクトペテルブルグでは、ここを母港とするバルト艦隊の歴代将軍たちの肖像が飾られている部屋で、現地ガイドさんに、後にその艦隊の分隊が日露戦争で全滅したことに触れたところ、殆どのロシア人は日露戦争そのものを知らないと言われ、ロシアに於ける日本の位置付けが判ったように思いました。
まだまだ判らないことだらけのロシアですが、同じ海を隔てた同じモンゴル民族の韓国や中国よりスラブ民族のロシアに今回の旅行を契機に親しみを感ずるようになりました。

http://madaka.web.fc2.com/nk-1611b.htm

   

No.457 2012/11/25(Sun) 14:35:41

Re: お礼 / Ueno
ロシア人の多くは親日的ですが、100年以上前に遠い極東で起こった日露戦争のことなど知らないということも、その意味ではよいことですね。

日本ではロシアが嫌われていますが、それとは対照的にロシアでは日本が好まれていることも体験されたのではないかと思います。

HPを拝見したところ、世界中をあちこち旅行されているようで、素晴らしいですね。

No.458 2012/11/25(Sun) 17:37:20



素晴らしい写真に感激しました / mebaru
11月上旬、後期高齢の身で体力が心配でしたが、ロシアにツアーで旅行し無事帰国できました。スーズダリの多くの宗教施設を見学しました。あれだけの地域の中によくぞあれだけの数の教会、修道院、聖堂等が建てられたものと感嘆しきりでした。旅行記を編集する過程でたまたま、上野先生のGallery31を拝見させて頂き
多くの美しい写真に接して改めてスーズダリの凄さを感じ取りました。中でも、スパソ・イェフィーミエフ修道院のレンガの塀と塔が沼の水茂に映える写真の美しさに見惚れてしまいました。幣旅行記にこの写真を引用させて頂けたら幸いです。
本当に素晴らしいGallery有難うございました。

No.455 2012/11/24(Sat) 00:11:06

Re: 素晴らしい写真に感激しました / Ueno
書き込みありがとうございます。

スーズダリにツアーで行かれたとのこと。
11月上旬ということは、もう、結構、寒かったと思いますが、素晴らしい旅行だったようで、私もうれしく思います。
mebaruさんの旅行記に私のGalleryがお役に立てれば幸いです。

ちなみにGallery31は、2007年6月のロシア地方調査旅行の際に立ち寄ったときに撮影したものです。11月はまた違った風情で、別の美しさがあったのではないかと思います。

No.456 2012/11/24(Sat) 21:37:56


以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
88/200件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Modern v2.0 - Author: ロケットBBS -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS