しまのたかしハイブリッド人生心理学 島野隆ブログand掲示板
読 者 広 場


過去ログ  2017  2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005
●島野の著作そしてハイブリッド心理学に関する感想・質問・ご意見など投稿して頂けます^^。
●心の悩みのご相談
については、ハイブリッド心理学「取り組み実践」を進めるためのポイントヒントなどを、ここではごく簡潔アドバイスいたします。
*より詳しくアドバイスするとどのようなものになるのかは、
 
メール相談事例集実践編書籍など読んで頂くと参考になるかと思います^^。
返答入れて頂いた順に返していきます。日数がかかることもありますので、ごゆっくりお待ち下さい^^。


新規トピック入力フォームへ 記事検索 過去ログ記事サイトトップの検索の方でヒットします^^) 

精神の分裂と行動時の外面印象 / こたろう 引用
No.1268 2018/04/09(Mon) 19:56:32

最近、精神の分裂を以前より顕著に感じるようになりました。

自分の内部の思考としての声、そして実際に外面行動として表出する人物像。

ある時に、外から見られている最低限明るく快活な自分というイメージが思考していると気づき、
誰にも見られてない、自分で結論を出すための思考に切り替えようとすると、
途端に重く沈んだ自己像に切り替わる。

そして、感情にアクセスするとどうしてもそれが顔に出るという以前の困りごとが
そのまま続いており、その自己像に切り替わると、鏡をみるとまるで人殺しのような目をしている。

はっと気づいて外面印象を整えると、また「人に見られる思考」に
頭の中の声が切り替わってしまう。


「嘘のない自分」についてですが、どこかに
「精神的な挫折などなかった自分」を演じようとするのは間違いだ、といった記載があったと
思いますが、そこが自分としては疑問です。

外面行動としての「嘘のない自分」というのは、「精神的な挫折などなかったとしたら、の自分」ではないのでしょうか?
もしも、最も最初に世界に対して向かっていこうとする意欲が挫かれることがなかったら、
こんな自分でいれただろうに、という自分ではないのですか?

そもそもありのままの自分の変えられない性質のようなものを、
拒絶されているという認知を信じ込んだから、そうではない自分を演じようという意識になったはずなので。

それに対して、自活を望む報復的な自己像があり、普段はこれが基調になっていて。
最近その自分に「先がない」という感情がどんどん強く認識されるようになっています。
先がない、といっているのは「精神的な挫折などなかったとしたら、の自分」で、これが
ホーナイのいう「真の自己」であるような気がしているんです。

しかしいざ人と話そうとすると、報復的な自己像に切り替えようとする強制感がものすごく、
結局「先がない」という感情を抑圧しながら報復的な自己像のまま発声する、みたいな状態です。

トイレにこもり、その強烈な葛藤に悶絶し、「真の自己」に立って建設的に話そうと意識を
切り替えては、報復的な自己像に乗っ取られ、またトイレにこもり・・・
ということを仕事中に繰り返してしまっています。


どちらかを認識すれば片一方がその瞬間は抑圧されます。

なので、最近は客観的にみたら声がコロコロ切り替わる、大人のようなしっかりした人物像を表出したあとにか弱い男の子のような人物像を表出したり、というかなり不審な状態になっています。

実際、この「選択できない」という状態の葛藤にさらされていることが、治癒につながっているという見方もあるのかもしれませんが、もうこんな状態では職場にいられないです。


 
一貫した自己の確立^^ / しまの 引用
No.1270 2018/04/12(Thu) 08:43:22

>最近、精神の分裂を以前より顕著に感じるようになりました。自分の内部の思考としての声、そして実際に外面行動として表出する人物像。

「一貫した自己の確立」という、総合的な課題になりますね。付け焼刃でアドバイスできるようなものでもなく、取り組み実践全て携え人生通して成していくものになると思います。


>「嘘のない自分」についてですが、どこかに 「精神的な挫折などなかった自分」を演じようとするのは間違いだ、といった記載があったと 思いますが、そこが自分としては疑問です。

外部に対しては、「どんな人物像を演じる」かではなく、価値観と行動法の選択によって行動していきます。
精神的な挫折あったなかったというのは自分の内面感情の問題であり、それには影響されない行動法見出すのがまず課題になりますね。


>実際、この「選択できない」という状態の葛藤にさらされていることが、治癒につながっているという見方もあるのかもしれませんが、もうこんな状態では職場にいられないです。

価値観と行動法の選択を通して成長に向かうという方向性あってこそ葛藤にさらされることも治癒への通り道なり得るということですね^^。

ちょっと断片的かつ漠然としたアドバイスになりましたが、具体的場面ごとに、価値観行動法といった取り組みテーマしっかり意識して検討してみて頂ければ^^。
そうした、具体的場面ごとの、取り組みテーマ意識した内容など個別に書いて頂ければ、それぞれ島野の考えだとこうなるといったより詳しいアドバイス可能かと思います^^。



(No Subject) / taka 引用
No.1265 2018/01/01(Mon) 03:05:56

島野さん

ご無沙汰しています。
以前相談させて頂いたtakaです。
あれからハイブリッド心理学をよく読ませて頂き、実践をしてきました。
あの後、否定価値の放棄を為して、魂の感情が流れ出すというまさに書いてある通りのことが自分に起きました。
あの時といまでは自分はもう全く別人と言っていいほどの変化です。
このことについて島野さんに深く感謝致します。
ハイブリッド心理学がなければ絶対にこの経験は無理でした。
(あってもかなり苦しかったです。)

しかし段々と全てがはっきりとしてきた分、厳しい現実もはっきりとしてきました。
否定価値の放棄をしたあとから、はじめはちょろちょろと隙間から流れ出るように
していた魂の感情が次第に湧き出るようになり、今は段々落ち着きましたが
基本的に毎日感じています。

以前相談させて頂いた時は接客の仕事をしていましたが、あれから
別の仕事に変わり、その間も魂の感情が溢れ出ていたため(1番変化が大きい時でした)
一年でやめて今は何もしていません。

落ち着いたら何かやる気が起きるだろうと思ったのですが
どうも脳の損傷が激しいようで、右の耳の当たりの部分が炎症しているように痛く
魂の感情が流れるときもその部分が詰まったように感じになります。

今は自然治癒力に任せて落ち着くのを待つしかないと思っているのですが
自分と健常者との差を感じています。

島野さんのケースに比べると、私の場合は魂の感情が一気に流れ
もう心の機能をなくしつつあるのではと感じているのですが
社会から取り残されたようで自分の現状がだれにも相談できず
おそらくわかるとすれば島野さんだけではないかと思うのですが
私はハイブリッド心理学の流れに沿ってきているのでしょうか?


 
「急がば回れ」の取り組み実践^^ / しまの 引用
No.1266 2018/01/11(Thu) 10:06:52

>おそらくわかるとすれば島野さんだけではないかと思うのですが 私はハイブリッド心理学の流れに沿ってきているのでしょうか?

ハイブリッド心理学流れ沿っているかどうかは、
日常生活人生具体的場面において、
「外面行動は建設的なもののみ行い、内面感情はただ流し理解することのみ行う」そして「全てを尽くして望みに向かう」というハイブリッド心理学「取り組み実践」からはどのよう検討および対処になるか、
『辞典』整理しているような、行動法価値観、そして心の基盤各項目といった、
細かいテーマごと細かい具体的話レベル検討するものになります。

まあそれがまさに「取り組み実践」ですね。のような検討になります。
1)何を取り組み問題として取り上げるか
2)ハイブリッド心理学からの推奨対処法は、まず外面行動法としてはどうなるか
3)そこにある行動法を支える価値観とはどんなものか
4)自分はそうした行動法ができそうか、そこに示される価値観を心底から自分のものとして選択できるか
5)自分の感情は心の成長や治癒の観点でどう把握できるか


「ハイブリッド心理学の流れに沿ってくる」とは、ずばり、そうした検討折りに触れて自分でできるようになってくる、ということを言います。
あともう一つ大きな流れとして心がどのように成長と治癒と成熟の変化をしてきているかというのもありますが、これは上記検討の中で、5)しっかりできていれば、自ず自分の変化の方向自覚できるようになると思います。

ですのでまずは、心の変化を問う前に、どのように上記実践ができるかに、じっくりしっかり取り組むのがお勧めです。
具体的問題について、具体的テーマごとに、学び自分のあり方取り組む面倒かと思いますが、着実な成長変化のためにはそれが一番の近道です。
その点、「急がば回れ」という言葉は、まさにハイブリッド心理学取り組み実践のためにあるような言葉と言えますね。

で、ご相談の中で島野から分かるのは、具体的問題について上記3)あたりまでどう取り組めているか状況把握とそれについてのアドバイスになります。
4)5)あたりになると、もう手が出せなくなる。この辺『メール相談事例集』
はじめに・「取り組み実践」とメール相談
説明していますのでご参考頂ければ^^。

ということで、何か現在悩み事項について、一つ一つ具体的材料を取り上げてご質問相談頂ければ、取り組み実践からどうなるかの、より詳しいアドバイスができると思いますので^^。
また身体的な障害症状がある場合ハイブリッド心理学範囲外になると思いますので、しかるべき医療受診などご検討いただければと思います。


 
Re: / taka 引用
No.1267 2018/01/21(Sun) 22:03:23

島野さん、ありがとうございます。
今は幸福感が湧き出るのと痛みとが交互で自分でもよく分からない状況なので
落ち着くのを待ってもう一度書いて頂いた内容をじっくり検討させて頂きます。
ですが毎日が新しい発見で、ああそういうことだったのかと色んなことが分かってきました。
昔のことを思い出して涙がでたり、感謝の気持ちがでたりします。
ありがとうございました。



(No Subject) / a 引用
No.1260 2017/10/01(Sun) 18:45:46

こんにちは。
困っています。
私は会話が苦手なのでそっけない態度を取ります。
愛想良くしている自分が気持ち悪くて
業務連絡のみの淡々なものにしています。
もう一つの苦手な理由は他人全般を憎んでいるからです。
恐怖でもあります。結果、声も小さくどもりがちになります。
わたし自身容姿が悪いというのもあり
容姿で判断する人間が多いから、どうせわたしも差別されるのだと思うと
親切にしたくないんです。殺したくなります。
本当の望みは飽きるほど直視し続けています。
それに向けて努力をしては現実に心が折れ続けています。
人によく見られたい、愛されたいという未熟な望みだからです。
矛盾した望みですが私にはそれがとても重要なんです。
どうしても捨てられません。整形もかんがえています。
どうしたら、憎しみや恐怖を持ちながら建設的な行動を取れるのでしょうか?
感情をただ流しながら建設的に行動するというのがどうしても難しいんです。
濁流のような感情の波で押しつぶされます。
業務上のやり取りでさえままなりません。相手にも申し訳ないです。
2年、試行錯誤しましたが出来ようになるどころか感情分析が進み、
私にとって大事な、捨ててはいけない悪感情とも言えるような憎しみを見つけ、
それに流され内面外面共にどんどん悪くなる一方で困っています。
仕事のスキル自体はようやく"こなす"事が出来るようになってきた状態ですが、
信頼されるにはまだまだという感じです。
結局、感情に流されるから出来ないんだと思います。
あまりにも憎くて人の為に何かをすることが敵に塩を送るようでいやなんです。
それでも生きていく為に仕事をしなければならない現実が苦痛です。
典型的な心理障害の矛盾を抱えてしんどいです。
建設的に行動するというのはとてもしんどいです。
この内面の現状で出来る事がもう思いつきません。救いようがありません。


 
検討実践^^ / しまの 引用
No.1264 2017/10/12(Thu) 09:06:45

>どうしたら、憎しみや恐怖を持ちながら建設的な行動を取れるのでしょうか?

まさにその疑問が、価値観行動法学び選択への向き合い始まりになると思います^^。
その選択転換とは、憎しみ恐怖持ちながら建設的行動を取れるようになるなどというものではなく、憎しみ恐怖持った前提姿勢から見直していくものになると思います。
そのための検討模索は、『辞書』で今整理しているような、全ての項目にわたります。その全てについて、ハイブリッド心理学ではどう言っているか、自分としてはどう考えるか向き合って頂くのが「実践」になります。

そうして検討してみて、検討項目ごとにまた何か疑問等について個別ご質問頂ければ、多少さらに踏み込んだアドバイスもできるかも知れません^^。



経過報告と、壁らしきもの / 引用
No.1257 2017/09/27(Wed) 11:28:53

こんにちは。お久しぶりです。

前回の書き込み以降、いろんな感情を流していくことが多い時期もありました。
結局街頭営業での絡まれやすさについては、かなり前の「「相手を悪しき不快なものと見る目線」が、相手に怒りを覚えさせ攻撃をふっかけられてしまう」というご指摘について、ある程度自覚出来てきたように感じています。
とある場面で、「邪魔なモノ、自分に仇為す可能性のあるモノに対して、怒りを向けること」を「自分を護る術」として「選択」した学童期における一場面の記憶がよみがえり、自分を護ることで必死だったのだと目頭が熱くなり、その延長線上で、自分の力では敵わない対象に、ご指摘のような目線を向けていたのではないかという気付きがありました。
それを踏まえてか、不意に「許せないと感じるモノを減らしなさい」という自分に対する思考が、何の繋がりも無く浮かび上がってくるということも起きました。

他に特筆することとして、ようやくハーバード流交渉術の著書を、少ない動揺で読み切る事が出来るようになりました。
かなり以前からハーバード流交渉術の著書は持っていましたが、入手時に読んでみた時には、読み進めていくうちに自分が否定されているような気分になっていってどんどんイライラしてきたので挫折し、あとはずっと本棚の肥やしになっていました。
最近になって結構な変化を感じるようになったため、試しに読んでみましたが、最初は強めの動揺がありました。
どうやら「自分には破壊的な感情を行動化しない」という取り組み課題があるのに、「相手の感情を尊重しよう」と書いてあるあたりで、どうやら不公平感を持っていたようです。
このあたりで「自分はまだ、相手に感情をぶつけることに価値を感じている」という自覚を持ち、「あ・・・これがギャップを生きるという事の第一歩か」という納得感を持ちました。
読んで思考しているうちにイライラ感も減り、先日ようやく読み切りました。
あとは実践いくだけなので、まずはノウハウを記憶するために繰り返し読むことにしようと考えてます。

このような感じで、「自分の本心がどれだけハイブリッドで望ましいと言われてる事とは逆を向いているか」を見つけることと、「それに否定を向けないこと」の重要性を知っていく中で、頻繁に感じる「物事のめんどくささ」に対するマイナス感情を吟味していきましたが、どうやら自分は広範囲に「寿命が来れば面倒事から解放される」と感じているように思えました。
「死は解放」と感じてるところまで自覚した時、信仰の領域でこういう分類があるのかどうかは分かりませんが、どうも自分は死を「信仰」しているのではないか、と。
以前は軽々しく「死んでしまいたい」という思考がすぐに出ていましたが、恐らくこれが関係してるように思えます。
あるいは、未だに自分がどう前進していくかという事についてピンと来ないところがあるので、こういうものが妨げているように感じられるため、今後はそのへんが課題になりそうに思えます。
今後は、価値観や信仰についても、思考を深めていければ、と考えています。


 
Re: 経過報告と、壁らしきもの / しまの 引用
No.1261 2017/10/11(Wed) 20:34:38

そうした一つ一つ向き合い積み重ねになりますね^^。
疑問点などある部分があれば、また何でも個別ご質問頂ければと思います^^。


 
補足 / しまの 引用
No.1263 2017/10/12(Thu) 08:19:19

あと一つ一つ向き合いに際して、あるいは向き合い足場として、いかに今の心とは別の世界視野入れるか。それが越えるためのキモになると思います。
それはどんなものか。何よりもそれが、ハイブリッド心理学読書から探してみて頂きたいものになります^^。



人に好かれてはいけないという感情について / こたろう 引用
No.1255 2017/09/10(Sun) 18:43:06

相手との関係がうまくいきそうになると、
それを破壊したくなる、という状況があります。

好かれないから相手を好きになれない、と意識上は
捉えられているのですが・・・。

自分の敵意が外化されていて、実際に相手がそこまで
自分を嫌っていない事がわかると、
相手が自分を好きになろうと、自分は相手を愛せないという事が
わかりました。

むしろ、自分のような精神に欠陥を抱えた人間さえも
許容できる相手の愛情に、強烈な劣等感を感じてしまうのです。

だから、何としてでも、相手に「軽く嫌われる」必要が
あるのです。

だから、自分の少しの弱さを相手が受け入れる様子を見せると、
さらに自分の悪感情を薄く表現して、相手が自分に対して何か
うんざりしたような様子を見せると、ほっとします。

もちろん、苦しいのですが。

ここからの抜け出し方がわかりません。

仕事でも、一部だけ指摘される点を絶対に残すという意識に
引っ張られてしまい、完璧にやり遂げた時は、あえて態度に敵意を
含めようとしたり、すべてが崩壊するような行為はしないのですが、

「がっかりされる」事に行動が必ず引っ張られてしまっています。


 
「向かい方の大元姿勢」からじっくり検討を^^ / しまの 引用
No.1256 2017/09/22(Fri) 20:41:35

ちょっとご質問内容自体把握するのに時間食いました^^ゞ

これは、どんな場面について、まずどんな姿勢向かおうとしているのかという、大元からじっくり紐解いていくのが良いかと思います。交友場面か、仕事場面か。それぞれについて、「愛」「自尊心」「仕事スキル」といったテーマがあり、ご自身考え方はどうなのか。
それが明確になれば、ハイブリッド心理学からこうこう、というアドバイス始められると思います。
今まで結構お話ししたものになると思いますので、まずご自身で、そうした「向かい方の大元姿勢」テーマ別確認できるかと思います。そこでハイブリッド心理学方向性違うものがあるのであれば、その違いじっくり考えてみることから、何か糸口見えてくるかも知れません。

ということで、「向かい方の大元姿勢」からじっくり検討してみて頂ければ^^。場面ごと分けて頂くと、もう少しつっこんだアドバイス可能になるかも知れません^^。


 
Re: 人に好かれてはいけないという感情について / こたろう 引用
No.1258 2017/09/27(Wed) 11:59:43

場面としては、交友場面、仕事場面、両方です。

今まで確認いただいたように、交友場面では「分かり合い認め合い」から
「楽しみの共有」へ、また仕事場面では、「愛のないところにおいて価値の生み出しに向かう」というのが方針になると考えています。


交友場面については、現在も退却してしまっています。
前進してみようにも、すぐに敵意が出てきてしまうのがわかるから
手も足も出ません。
数少ない友人と依存的な関係の中でかかわる事で、なんとか絶望感から
逃れようとしている感じです。


「自己建設型の生き方へ」を
参照すると、

"可能なのは、それは実際に相手の中にある訳ではないと考えることで、生理的実感の度合いを多少減らすことはできるかもしれません。"

とありますが、自分の場合はそうではない。


実際に相手の中にある、という認知を採用しているうちは、
自分の相手への嫌悪感情は「正当化」されます。
相手に嫌われているのだから、相手を苦手とか嫌いだとか感じても仕方がない、
と捉えられる。

しかし、その認知が覆されるという事は、
「自分は相手を無条件に嫌悪している」し、報復的な感情だと思っていた敵意が、
むしろ自分から積極的に相手の粗を探して攻撃しようとしている感情だと
わかってしまうという事なのです。


仕事ができないという事も同じで、仕事ができなくて
「あきれられている」「怒られている」という現実があれば、
自分の相手への敵意は正当化できるんです。
「仕事がうまくできないから落ち込んでいて、心の余裕がなくなっているから
イライラしているんだ」と相手に思ってもらえる気がしているんですね。


時折、積極的に仕事に取り組もうという意図が生まれたときは、
決まって「攻撃感情」が燃え上がります。
例えば、指導される上司の知らないより効率的な方法を伝えてみたり、
質問に対しての返答も、完璧にできていますが何か文句ありますか?といった
態度になったりと。


 
Re: 人に好かれてはいけないという感情について / こたろう 引用
No.1259 2017/09/27(Wed) 14:37:51

また、ふいに

「この人たちは、別に仕事に対して何か思い入れがあるわけでもないのに、
なぜさも思い入れがあるかのようにふるまう事ができるのだろうか?
そう振舞わないといけないから振舞っているのだろうけど、それを聞いている
上司もまた別に仕事に本当は思い入れがないようだ。一体なぜそんなものに
前向きに取り組めるんだろうか?」

という思考がよぎります。
その茶番劇に一体いつまで参加し続けないといけないのだろうか、と
思うと態度も無気力でドライなものになってしまう。

やっぱり仕事に対して全く情熱を感じられないのが人間関係がうまくいかない
根本原因である気もしてきます。

島野さんはなぜ、突然まったく価値を感じられなくなってしまうような仕事を
優秀だと認められるレベルになるまで30年近く?続けられたのでしょうか?

あれほど鋭く自己観察ができていたのに、それがやってくるのが
そうも遅かった事に疑問があります。


 
自己確認向き合い・社会活動^^ / しまの 引用
No.1262 2017/10/12(Thu) 07:04:50

>実際に相手の中にある、という認知を採用しているうちは、自分の相手への嫌悪感情は「正当化」されます。
>仕事ができないという事も同じで、仕事ができなくて 「あきれられている」「怒られている」という現実があれば、 自分の相手への敵意は正当化できるんです。

とは結局、

>今まで確認いただいたように、交友場面では「分かり合い認め合い」から 「楽しみの共有」へ、また仕事場面では、「愛のないところにおいて価値の生み出しに向かう」というのが方針になると考えています。

というのが心底からの本心として選択している価値観とはできていない、というになるのではないかと。
まずはそうした自己確認向き合いからになると思います^^。


>島野さんはなぜ、突然まったく価値を感じられなくなってしまうような仕事を 優秀だと認められるレベルになるまで30年近く?続けられたのでしょうか?あれほど鋭く自己観察ができていたのに、それがやってくるのが そうも遅かった事に疑問があります。

ITの仕事修士を出た24歳から、2002年執筆開始しそれへの専念を決意した2005年44歳で、ちょうど20年間続けたことになりますね。
まずは社会に出て、そこにあるレールの中で自己発揮を模索する、というのが「順当」人生歩みになると思います。これは『入門編下巻』などでも書いてますね(P.245など)
TVでよくやっているクイズ番組のように、その問題が分かることにどれほどの価値があるのかなんていわずもがなに、皆熱中しますね。それがまずは健康というものであり、健康を損なった時、それができなくなってしまう。
そうした、多少過剰も含んだものとして社会活動作られていると言えると思います。その中で、行動法まずは模索していくことです。
僕の場合も、価値を感じられなくなってしまう感覚起きたこともあったのは、心の病み反映したものだったと言えると思います。それでも社会で生きることを学び、それが心の健康にもつながるその上で、今の仕事は自分にはもう価値がない断言できるのは、やはりそれなりの社会経験を積んだ上で、自分にとってより価値の高い活動を見出してからになると思います。そうして多くの人転身するのは40代頃というのが多いのではないかと。
お答えになりましたかどうか^^。




<新規トピック> または <選択記事へのレス> 入力フォーム   ↑TOP
Name  Mail  URL
Subject
Color

Cookie / Pass


<投稿済み記事の編集・削除>
200/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 40 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS