しまのたかしハイブリッド人生心理学 島野隆ブログand掲示板
読 者 広 場


過去ログ  2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005
●島野の著作そしてハイブリッド心理学に関する感想・質問・ご意見などなんでも投稿できます^^。
●心の悩みのご相談
も、手短なアドバイスを返しますのでお気軽に投稿下さい。
●読者の皆さん同士でのレスは、あまり深入りしない程度にお願い致します。誹謗中傷の類が見受けられた場合、削除します。
返答入れて頂いた順に返していきます。また執筆作業との兼ね合い、およびじっくりアドバイス練るために1、2週間前後時間がかかることもありますので、ごゆっくりお待ち頂ければ^^。

口コミその他での紹介、ネット書店レビューへのカキコなど、島野の執筆活動への応援をぜひぜひよろしくお願い致しますm(_ _)m

新規トピック入力フォームへ 記事検索 過去ログ記事サイトトップの検索の方でヒットします^^) 

人に好かれてはいけないという感情について / こたろう 引用
No.1255 2017/09/10(Sun) 18:43:06

相手との関係がうまくいきそうになると、
それを破壊したくなる、という状況があります。

好かれないから相手を好きになれない、と意識上は
捉えられているのですが・・・。

自分の敵意が外化されていて、実際に相手がそこまで
自分を嫌っていない事がわかると、
相手が自分を好きになろうと、自分は相手を愛せないという事が
わかりました。

むしろ、自分のような精神に欠陥を抱えた人間さえも
許容できる相手の愛情に、強烈な劣等感を感じてしまうのです。

だから、何としてでも、相手に「軽く嫌われる」必要が
あるのです。

だから、自分の少しの弱さを相手が受け入れる様子を見せると、
さらに自分の悪感情を薄く表現して、相手が自分に対して何か
うんざりしたような様子を見せると、ほっとします。

もちろん、苦しいのですが。

ここからの抜け出し方がわかりません。

仕事でも、一部だけ指摘される点を絶対に残すという意識に
引っ張られてしまい、完璧にやり遂げた時は、あえて態度に敵意を
含めようとしたり、すべてが崩壊するような行為はしないのですが、

「がっかりされる」事に行動が必ず引っ張られてしまっています。



相手を怒らせてしまう言葉の使い方について / こたろう 引用
No.1250 2017/06/28(Wed) 06:36:05

仕事で、伝えていただいた内容が抽象的だった時に、
それを具体的に確認する内容を質問した時に、
怒られる事が多く、具体的にどのような言葉の使い方を
すればいいか困惑しています。

まず、そのような場面で自分は

〜〜〜という理解で間違いないでしょうか?

〜〜〜という意味で良かったでしょうか?

〜〜〜という事でしょうか?それとも〜〜〜という事でしょうか?


という言葉で質問をしています。


その後、具体的な説明を聞いて、
内容が把握できたら

〜という事だったんですね。

あ、そういう事ですか。

そういう意味だったんですね。


という言葉で返答し、
わかりました。ありがとうございます。

等で締めています。


さらに深堀して聞かないと理解できない
内容だった場合、

えーっと、、、、(しばらく考える


すいません、、ちょっと、、、(しばらく沈黙)


〜は〜という事ですか?


で、理解できたら上に戻る、という
感じです。


理解力が弱いので、時間がかかってしまう場面が
多く、それも怒りを買う一因なのですが、
すぐに改善できるところではないため、
その状態でも怒られずに質問ができるための
言葉の使い方等で改善点がないかお聞きしたい次第です。

また、「責められている」と
感じると、質問に答えずに言い訳っぽい
話をする傾向もあるようで、よく指摘を受けます。

聞いた事に答えろよ、と。

聞かれた事の意味が理解しきれず、

それは〜〜〜という意味ですか?

等と聞き返す事もあるのですが、
そういう時にも質問に答えろよと
怒られる事が多いです。


怒られないように仕事の言葉にはやく慣れて
スムーズに意思疎通ができるようになるのが
改善の本質だと思いますが、
言葉の使い方で怒りを避けられる方法が
あればアドバイスをいただけると助かります。


 
「言葉の使い方」よりも「問題解決思考」^^ / しまの 引用
No.1251 2017/06/29(Thu) 11:32:44

>すぐに改善できるところではないため、 その状態でも怒られずに質問ができるための 言葉の使い方等で改善点がないかお聞きしたい次第です。
>スムーズに意思疎通ができるようになるのが 改善の本質だと思いますが、言葉の使い方で怒りを避けられる方法が あればアドバイスをいただけると助かります。

ずばりそれはないと思います。さらに言えば、言葉の使い方で相手の怒りを避けようとする姿勢自体が、また火に油を注ぐ結果つながりかねない危険があると思います。

つまりどういうことかと言うと、街頭電車などで身に覚えのない難癖をつけられた場合などは、うまく言葉の使い方で場を切り抜けるというのもあり得るでしょうが、書いていただいた、仕事の場何か指摘されているような場面では、そこに何らかの問題課題あるということでしょうから、重要なのは、相手の怒りを消すことに躍起になるよりも、その問題課題解決に、とにかく全力で当たることです。

ということで、相手怒り程度かかわらず
1)そこにある問題課題は何か
2)その解決策はどのようなものが考えられるか

という、ていねい問題解決思考検討するのがまず前段になりますね。

そして
3)その解決策が実際のところすぐに可能かそれとも困難か、困難の理由は、ではその妨げの克服はどのようにされるかという見通し
といった、あくまで「解決思考」展開できることが、重要になると思います。
そうした問題課題姿勢こそがまさに、相手怒り消す最善最短の道にもなると思いますので^^。

そして仕事場での問題課題には、すぐ答えがあります。問題課題何かを言って頂ければ、僕からも、仕事の普遍的スキル観点からかなり具体的なアドバイスができると思います。
これについては、まずは
メール相談事例集 No.002 視線恐怖および「職場での自分の位置への不安」の克服
など一読頂ければ。

一方、何が問題課題なのかの把握が間違っていると、当然、その後思考をどう回したところで方向違いになってしまいますね。
以前、仕事の内容そのものの前にプライベートでも仲良くなることが必要ではといったご質問を受けましたが、それだと問題課題の把握そのものが間違っています、というのが僕からのアドバイスだった点よろしいでしょうか。

ということで、一つ一つの場面で、何が問題課題か確認から進めて頂ければ^^。


 
Re: 相手を怒らせてしまう言葉の使い方について / こたろう 引用
No.1252 2017/07/01(Sat) 11:53:40

やはり、そういう事なのでしょうか。
確認をする時に聞き方も指摘されるため、
おかしいところはないかと思ったのですが、
内容さえしっかりしていれば
書いたような文面で問題ないのでしょうか?

では、具体的場面についてお聞きします。

1.作業漏れが多い

プログラム開発をしていますが、
開発そのものはほとんどコピー&ペーストで
作成ができるものです。

開発をしていて、インデントが揃っていない、よけいな点がついている、等のミスがなかなかなくなりません。

確認のタイミングを一定のタイミングでとる
事や、レビュー前に上から確認をする事は
しているのですが、ミスが残ることが多いです。

他にも、業界のご経験があるからわかると
思いますが、構成管理の取りこぼし等の
ミスがあります。

対策としては、決めたタイミングで
構成管理用の入力を行うという事、
各フローも手順化して一つづつ行う
という事をしています。

2.ファイル管理の方法

開発を行うにあたり、
ローカル環境でプログラム、単体テスト仕様書、単体テスト結果等を管理しているのですが、途中で変更等があった場合に、ファイル名を変更して置いておいたりすると、
後から見た時にどれがどれだかわからなくなります。
共有サーバーに上がってるのはどの変更のものなのか?最新版なのか?と聞かれた時に、
自分でもわからず、混乱する事が多かったため、共有サーバーの最新版のみを扱うように変えていたのですが、今度は共有サーバーの最新版が、環境にコンパイルされているものと違う(一つ古いものがコンパイルされていた)という事が起こり、一つ古いものはスクリプトとしては残っていないという事が起こりました。

変更の都度、メモを同フォルダに残しておきながらローカルフォルダで作業をし、共有サーバーにあげてからコンパイルをするという手順が一番いいのかなと今は思っています。

3.メモが上手く取れない

メモがうまくとれません。
特に、後からメモを見つけ出すことが難しいです。

4.話がわかりづらいと言われる

枝葉ばかり話していて、不要な情報が多い。
しかし、重要な情報は抜け落ちていると
言われる。

5.内面の問題

業務中、周囲の社員に嫌悪感を向けられている、どうせまた怒られる、という思考が常に頭を占めていて、自分が何をやったのかほとんど記憶に残っていません。

そのため、急に
「今の進捗は?」
「昨日頼んでいたあれ、どうなった?」
と聞かれても答えられず、
自分でやった事なのになぜ覚えてないのか、
昨日の自分と今日の自分は違う人間なのか?

と言われます。

また、皮膚の表面にだけ仕事の内容が
記憶されているといいますか、内部まで
浸透させまいとする感覚かあります。
仕事についての思考は、演じる自己という
薄皮の上でしか働かず、家に一人になって
しばらくすると全くそこの部分に
アクセスできなくなる、という感じです。

これは仮の時間であり、仮の人生で
あるから、本気になってはいけない、
というような感覚。
覚えてはいけない、という感覚。

ただしこれは、他の業界で仕事をしても
全く同じ状態になるだろうという感覚です。

離人症状として仕方ないのかなと
思います。

もうひとつは、

上司が怒りを向けてくる人間なので、その怒りによってやる気をなくしているという事を証明するために、言われた事を改善したくないという心理が強く、
それがかなり足枷になってます。

自分をだめにして相手に罪悪感を与えようという、親に対して持っていた感情と全く同じ感情です。

全く建設的でないし、サバイバル思考に
基づけば、もっと怒りをあからさまに向けてくる人間はいくらでもいるのだから、と
言い聞かせるものの、態度がついていかず、
消耗してます。


 
「言葉の正確さ誠実さ」「ミス撲滅スキル」など^^ / しまの 引用
No.1254 2017/07/13(Thu) 10:58:05

具体的テーマとしては3つある感じですね。

1.日常会話レベルの言葉の正確さ誠実さ

>確認をする時に聞き方も指摘されるため、おかしいところはないかと思ったのですが、
これはまさに、

>内容さえしっかりしていれば 書いたような文面で問題ないのでしょうか?
という質問当てはまると思います。

実はこの質問文を読んで、実に引っかかる感があった次第です。なんでこんな聞き方をするのだろう、と。
でちょっと考えたのですが、「あっこれは言葉の使い方が間違っているんだ」判明した次第。

具体的には、まずは「内容さえ」「さえ」という副詞使い方ですね。「さえ」という副詞さまざま強調意味合い使いますが、ここでは、「他は不問となる」という意味になると思います。「内容さえしっかりしていれば、他のことはどうであっても問題ない」との意。今回の話では、「内容さえしっかりしていればそれ以外はどうであろうと人の怒りは買わない」という命題になりますね。内容以外は不問という命題。

そこまでは言っていないですね。アドバイスタイトルとしても『「言葉の使い方」よりも「問題解決思考」』としましたが、書いていただいた文面内容ではそういう話になるということで、まず「問題解決思考」についてアドバイスした次第です。
それを「内容以外の不問性」というにするためには、不問性そのものテーマにしてかなり詳しく説明しなければならなくなると思います。今回他の不問性については触れていませんね。
ですので、
>内容さえしっかりしていれば 書いたような文面で問題ないのでしょうか?
という聞き方は、僕の説明をちょっと曲解しておられる聞き方になると思います。また、テーマ違いになっているとも言えます。
これはよろしいでしょうか。

ちょっとご質問言葉ねちっこく取り上げましたが(^^;)
>確認をする時に聞き方も指摘される
というのは、多分そうした類のこと頻発しているのではないかと推測する次第です。
人の言うことのニュアンス、さらにはテーマそのもの取り違えて会話するような状態。これは「人の言うことを素直に聞いていない」という怒りを買う、けっこう典型的なものになりますので要注意だと思います。としてお分かりでしょうか。

ということで、、
>内容さえしっかりしていれば 書いたような文面で問題ないのでしょうか?
とのご質問へのお答えは、もちろん内容だけではなく、日常会話レベルでの言葉の使い方が正確、そして誠実であることが重要です。書いて頂いた文面の範囲には、つまり「〜〜という理解で間違いないでしょうか?」など言葉については特に問題はないと思いますが、文面に書いておられない「副詞」の使い方などの問題話のテーマすり替えがないか、日ごろ注意していくと良いかと思います。


2.ミス撲滅スキル

>1.作業漏れが多い
>2.ファイル管理の方法
>3.メモが上手く取れない
これらについては、「ミス撲滅スキル」「仕事の普遍的スキル」重要一要素だというアドバイスになりますね。
スキル定義としては、「ミスをゼロにするための工夫を自分で考え実行できること」
これも、一つの作業それをできると、他の作業についても人に教わることなくそれができるようになる、普遍的スキルになります。

プログラム作成で言えば、コーディングテストなど各段階における、まずは自己レビューどう設定するか。
僕の経験から言えば、

>開発そのものはほとんどコピー&ペーストで 作成ができるものです。
という認識ずばり誤りだと思います。もちろん最初コピーペースト大枠作ったりもしますが・・、否そこで「作ったり」という言葉さえ不適切なほど、それは「作る前」ごく材料レベルのことでしかありません。
実際「作る」というでは、最初の1バイトから最後の1バイトまで、新たなものだという意識で、その正確さまず目で追っていく必要があります。
そして自分どの程度のミスを犯す傾向があるか、その防止のためには何回自己レビューをすればいいか、それでも不可避に起きるミス発見除去のため、テスト段階においては・・
といったことを自分で考えることができるようになることです。

実践検討頂ければ。あとファイル管理など業務具体内容については、ネットでいろいろ勉強できるのではと思いますので検討あれ^^。

「メモ」は、業務に必要なことを書くことです。サザエさんに出てくるサブちゃん御用聞きであれば、「お客様・商品・数量」メモするでしょう。では自分どのようにできているか。仕事におけるメモ術ネットなどで勉強できると思います。これはやってみての問題ですかな。

>4.話がわかりづらいと言われる
これについては上述「聞き方」参考に、自分が相手に伝えるべき内容の、的確正確な表現とはどんなものか考えていくと良いと思います。


3.内面感情への姿勢の確立

>また、皮膚の表面にだけ仕事の内容が 記憶されているといいますか、内部まで 浸透させまいとする感覚かあります。
>これは仮の時間であり、仮の人生で あるから、本気になってはいけない、 というような感覚。
>上司が怒りを向けてくる人間なので、その怒りによってやる気をなくしているという事を証明するために、言われた事を改善したくないという心理が強く、
>全く建設的でないし、サバイバル思考に 基づけば、もっと怒りをあからさまに向けてくる人間はいくらでもいるのだから、と 言い聞かせるものの、態度がついていかず、

動揺する内面感情対しては、小手先の思考法などでなだめすかしたりして変えようとするのではなく、「内面感情はただ流し理解し、外面行動は建設的なもののみ行う」という「感情と行動の分離」姿勢実践として向き合う姿勢確立が、まずはハイブリッド心理学での実践になります。

つまり、感情動揺流し脇に置くような姿勢スタートに、
@外面問題があるのであればそれを解決する。上述のように、行動法の知恵前面となる。
A「愛」や「自尊心」への価値観「心の依存から自立への転換」など、心の基盤あり方によって動揺感情内容によりどう変わるのかの理解。それを踏まえ自分の感情向き合ってこそ、そこに「自分の感情の理解」生まれます。
B外面行動に出すことはできないとしても、そこに「魂の望みの感情」があればしっかり受けとめる
という向き合い姿勢になります。

まあとにかく上述のような外面的具体問題への適切な対処できるようになることからになるかと。それによる足元安定から、より深い内面取り組みにも行ける、という流れになりますね。
じっくり検討頂ければ^^。



甘えについて / jet 引用
No.1243 2017/04/25(Tue) 22:27:51

島野さんこんにちは。
以前大変お世話になった者です。それからは閲覧のみですが、学ばせていただいてます。
いろーんなことがありましたが、とりあえず超越的幸福の手前ぐらいに来た感じです。

サイト内で触れられていないようなので、お聞きしてみたいのですが…

相互に親しくなろうとする間柄での、責任感と甘えについてです。
責任感と甘えは、相関していると思うのですが、責任を持ちながら甘えもするということが出来るとしたら、どうしたらよいでしょうか。
私は他人行儀でそっけなく見えるので落胆されるようです。甘えたいし甘えてくれるとうれしいという人に、喜んでもらいたいのですが、どうすればいいの?と聞くと、べローンと寄りかかってほしいとか…
それってどうやるのかわかりません。
自分でも自律的な厳しいところがあると思います。
考えつくのは、何か頼むとか、感情的な話をするとかですが、いまいちわざとらしい気がします。何かお考えがありましたらご教示ください。


 
「愛」に向かう歩み 概説^^ / しまの 引用
No.1244 2017/05/08(Mon) 13:29:30

押さえるべき視点一通り書いてみたところ超長くなりました^^;
「愛に向かう歩み 概説」という感じになるかと^^。


>責任を持ちながら甘えもするということが出来るとしたら、どうしたらよいでしょうか。

出来るとしたら、「果たすべき責任は果たし、甘えても良く実際甘えたい部分については大いに甘えればいい」ということになると思います^^。
そのまんまのようなでもありますが、「果たすべき責任」「甘えても良い部分」「実際甘えたい部分」何か見極め重要になる、というになると思います。

それを考えるために、ハイブリッド心理学からは、おおよそ3つの視点が出てくる、というになると思います。
「原理原則」「価値観」そして「成長」といったものになるかと。
そうしたさまざまな視点についてそれぞれじっくり学び検討し、それを踏まえて、ではこの具体的場面自分どんな選択をするか向き合う
答えが出るまでに極めてたくさん思考検討を行う点とても面倒ですが、それがハイブリッド心理学流^^。


「責任」の考え方(原理原則)

まず「果たすべき責任」というのは「原理原則」つまり社会でのルールの話となり、これが正解というのが決まってくる問題です。たとえば親子であれば、義務教育までは面倒を見る「責任」がある。面倒を見る「責任」となると、ひとくくりにはできなくなる。
一方「甘えても良い部分」とは何かは、社会的ルールというよりも、社会行動の知恵になってきますね。たとえば金銭的な甘えは、トラブルの元なのでしない方が良いとは言えるでしょう。

ご質問場面「交友」もしくは「恋愛」というテーマ場面になると思いますが、基本的にはそれは「責任」で行うものではなく「自由」として行うものになりますね。つまり友だちだから、あるいは恋人だからこうこうする責任がある、という明確な社会的ルールない。これはよろしいでしょうか。


「愛」への「価値観」

社会的ルールとまで言わなくとも、人それぞれ何に重きを置くか「価値観」というテーマになります。
「交友」「恋愛」など、「愛」については、以下いずれかの向かい方を重視するかに、「愛への価値観」分かれ目があると、ハイブリッド心理学では整理しています。
----------------------------------
辞典『「愛」への理解と価値観と取り組み』 - 「愛」への価値観
----------------------------------
a.「喜び楽しみの共有」として向かう。それができない時、孤独受け入れる。
b.「分かり合い認め合う」こととして向かう喜び楽しみのみではなく、互い悲しみ辛さ分かり合うことに「愛」があると考える。
----------------------------------
ハイブリッド心理学が採る価値観姿勢は、の方になります。それが、健康な愛が育ち、心が成長に向かう姿勢としてです。
一方の方は、いつのまにか愛が見えなくなり心が惑うようになる、罠のような姿勢としてです。

まずはこの「価値観選択」について理解納得持てるかキモになると思います。

つまり、
>私は他人行儀でそっけなく見えるので落胆されるようです。甘えたいし甘えてくれるとうれしいという人に、喜んでもらいたいのですが、どうすればいいの?と聞くと、べローンと寄りかかってほしいとか… それってどうやるのかわかりません。

というご質問全体が、「分かり合い認め合う」こととして向かうという価値観姿勢生まれているのではないか、というのが検討ポイント相手の気持ちを分かってあげ認めて、それに応えることが友人もしくは恋人としての「責任」というような感覚ではないかと。


「喜び楽しみの共有」の行動学

「喜び楽しみの共有」として「愛」向かうという価値観姿勢場合自分として甘えるのが楽しく、相手もそれを喜ぶようであれば、かつトラブルの種ならないようなものであればおおいに甘えるといい、というになりますね。
ただまあ「どうやるのかわかりません」ということは楽しくないということでしょうから、無理に甘える必要もなし、とはなる。

ではどうするか。そこですぐ「孤独を受け入れる」とするのも短絡性急ですので、まずは「喜び楽しみの共有」ができる部分に徹する、のが基本的正解であり、まあケーキの本体になりますね。あとは何をトッピングするか。
まずその基本について行動学的には、そんな話の流れにはならないようにする、というのが一つの方策にはなるでしょう。まこれは具体的には、どんな前後文脈かにもよります。

あとはトッピングとして、「甘え方」について多少とも研究してみるか。細かい場面ごとに、こうしてみるのもいいかも知れない、というのが出てくるかも知れない。


「成長」は「枠はめ」にはなく「模索」にあり

最後の視点は、というか最大の視点になりますが、「成長」に向かう、というものです。どうすればいいか、という思考の全体を、成長に向かうとして視点働かせるか。これが最大のキモになるでしょう。

一言で、「成長」は「枠はめ」にはなく「模索」にあり、と言えます。
「こうすればいい」「こう感じるようにすればいい」「こんな心持ちにしてみればいい」という単一の答えが、実際のところどんなに気の利いたものであろうとも、それで自分枠はめした時、「成長」止まります。
一つの型枠に自分を当てはめるのではなく、車の運転で言えばアクセルブレーキハンドルなどの要素それぞれしっかりと学び自分どこに行きたいのか向き合い最後に、今この場面での、自分なり唯一無二ハンドルさばき決める。その積み重ねによって、「成長」という変化起きます。

ですので、

>何かお考えがありましたらご教示ください。

というご質問への返答は、だったら上に書いたような全ての視点についてそれぞれ向き合いでは自分として今どう行動するかという模索をします、ということです。多分日記向かいながらになるでしょう、と。


模索を導く「愛への望み」への向き合い

そうした模索導く視点4つ指摘して、アドバイス締めにしましょう。締めに来てどっと話が増える形ですが・・^^;

1つ目に、との真の絆や、長く続く関係は、何によって築かれるのか。それを、さまざまな人々様子も見ながら、人生考え続けていくことです。
僕の考えを言うならば、それは「命のレベルで何かを共有すること」、そしてシンプルな話「ウマが合う」ことではないかと。「ウマが合う」とは辞書では「性格や気が合う」ことなどと書かれていますが、もっと広く出身地趣味過去の体験などなど、幅広い人間要素全て関係すると思います。そうしたもの全てを含め、なんかあの人とは合うんだよなー感じること。そんなものとして、「ウマが合う」こと。
一方、相手の期待に応えるというのは、場面場面の話であって、真の絆や、長く続く関係とは無関係だというのが僕の考えです。

2つ目に、人とのつながりを求めて、心が惑い、やがて惑いを抜け出すという、心の変化核心理解しておくと良いでしょう。
それはおおよそこのようなものです。相手からの期待に応えたり、相手に必要とされたり、相手が望むような人間になることで、相手から愛され孤独から抜け出られることを期待するのですが、やがてその中心の惑い悩み感じ始める時実は無自覚の自己否定感情動揺にあります。
そこから、その無自覚の自己否定感情動揺惑い同時抜け出させるのは、相手に愛されようと焦ることが自分自身を危うくしていること、そして自分に嘘をついて相手を愛することはできないという自覚足場にして、受け身ではなく自己能動の行動として、相手に近づくかそれとも離れるかの選択決断をすることになるだろう、といったものです。
この選択決断支えるのがまさに、上述の、「喜び楽しみの共有として向かう。それができない時、孤独を受け入れる」という「愛への価値観」だということになります。

3つ目に、人からの期待向き合うにも増して、自分からの望み向き合うことです。それを、人生を通して続けることが極めて大切です。
自分どのよう交友恋愛そして結婚などに向かいたい感じるか。趣味共有したり、こんな家族作りたいという、結構はっきりした目標人との関係築きたい感じるか。それとも、日常生活何となく時間を共にできる相手欲しいのか。そうした相手を、どのように選んでいくか。といったことを、日ごろから考えながら、人との関係向かうことです。ただ流されるように受け身に人との出会いに期待するのではななく。
それが、上述自己能動的な行動選択決断基本的足場になるでしょうし、何よりも、そうして自分から望みに向かうことで、成長成熟変化向かいます。より安定した心で、幸福に向かうことのできる心へ。「超越的幸福」も、その歩みの道のりあるものとしてです。

意識受け身一辺倒なってしまっている場合は、自分から望むことを断念してしまった心の闇存在考えられます。
その場合は、自分はいつ、どんな気持ちの中で、自分から望むことを断念してしまったのかとい、来歴分析的自己分析かなり役に立ちます。
前半で書いたような、建設的な価値観や行動法築いた上でです。それによって、「こんな気持ちだった・・」という過去感情想起が、「今はこう感じられる・・」という克服体験転じるわけですね。
そうして自分からの望みへの向き合いは、しばしば実際の行動につながることはないまま、「魂の望みの感情」として訪れ、これを自分自身で受けとめることが、心の治癒と豊かさへとつながっていきます。
これは理屈だけ聞いても全く実感の分からない話かと思いますが、『理論編下巻』終盤「Y子さん」言葉(P.135)など読んで頂くと多少イメージできるのではないかと思います。

以上まとめれば、「親愛」における「原理原則」「価値観」取り組み長い目においては「真の絆」「長く続く関係」というテーマについて考えながら、「自分自身からの望み」向き合い続けることにおいて、目の前にある相手との関係における行動選択を、「成長」向かうという意識成していく。に、動揺場面への対処抜け出し、さらには自分の中心の闇への向き合いなども絡めながら。

そうして旅路歩み方全て揃って最後視点が出てきます。模索導く4つ目視点
そうした模索向き合い携え人生歩み通して、自分本性「ほんせい」という読みの方を採ろうかと^^)探究することです。
自分「宿命的本性」とも言えるでしょう。「性格」のような漠然一般としたよりも一歩次元を深く狭くした、自分とはこんな人間であり、このように生きていくのだ、これが自分の人生なのだ、と確信持てるものを、究めていくことです。
これについてはもう、当然ながら、他人から教えられること何もありません。その人自身だけが、その内容探し、選択していくことができます。

>何かお考えがありましたらご教示ください。

へのアドバイスも、結局そういうことだということです。最終的には自分宿命的本性探究する一環として、自分決断していく良いでしょう、と。
あくまで、上述視点に、しっかりと取り組んでいくことのに、ですね。
まあ短文アドバイス返すならば、「取り組み実践の全てを通して、自分で選択決断していって下さい」となりますが、説明書くならばここまでは押さえる必要があるという内容が、になります。

じっくり検討してみて頂ければ^^。
あっあと、

>自分でも自律的な厳しいところがあると思います。

これも、具体的行動場面全てで、具体的何か変えるべきものがあるのか、具体的取り組んでいくことが可能だと思います^^。


 
Re: 甘えについて / jet 引用
No.1246 2017/05/12(Fri) 12:55:20


島野さんありがとうございます、ひえーそうですね!責任による対応になってます。
サークルの異性の仲間なのですが、相手は非常に厳しいながら誰にも甘えんぼな人であって、知識が豊富で魅力的な人です。かわいらしいのですが、飴と鞭みたいなこともしてきて、なんだこりゃ、と迷うのです。
反応を引き出したいというような、仕掛けられているというか、いじられてる気もします。プライオリティを求めるように、仕向けているような気もします。
自分は匂わせるだけで、実際は相手の責任にする、させるというようにも思えます。あれれ??という…
それも可笑しくて面白い人なのですが。
継続的な関係を持ちたいと思うので、どうしたものかと悩みます。
ちょっと距離を置くと、ギャップにさらされず、いいかなと考えたりします。それとも完全に無視して私のいいようにしていればいいのかな。私のいいようにとは、他の人と同じ扱いです。
成長という視点からは、これをうまく消化していくというか昇華していくということなのでしょうかね。
私は教わる立場で下から目線なのですが…まずは対等さを望み求めていこうかなと思いました。


 
「愛」における「成長」と「楽しみ喜びの共有」の行動法^^ / しまの 引用
No.1247 2017/05/16(Tue) 14:14:41

>成長という視点からは、これをうまく消化していくというか昇華していくということなのでしょうかね。

そこで消化する昇華していくとはどういうことか、ですね^^。

「成長」とは、ハイブリッド心理学での定義としては、「自ら幸福になる能力の増大」のことです。
ですので、具体的課題場面について言えば、成長という視点からは、自分が幸福になれるような対処の舵取りが、より確実に、より安定した心でできるようになっていくことです。

それが恋愛などの場面テーマではどういうになるのかというと、一つノウハウ視点としてこんなことを言えます。
・相手が自分を好きなのを確かにできるかということよりも、相手が自分を好きだとしてその先どのように相手と豊かで幸福な関係が築けるかに目を向けよ。

好きな相手自分のことをこんなにも好きでいてくれる、思ってくれていると分かる喜びを、ゴールのように感じそうなれたらその先にバラ色の時間があるだろうという、中身のないイメージ抱く心理というのがあるのですが、これは未熟形ですね。
相手仮に自分を好きだとして、では自分と相手は何をできるかという先のこと目を向けるのが、とりあえず成長形。まあちょっと優雅さを欠いた計算的な部分出てきますが^^; たとえば結婚から子育てそして老後までの経済的面とかも^^;
実際、相手が自分のことをこんなにも好きでいてくれる、思ってくれていると分かったつかのま一瞬喜びに、地獄が訪れるケースもあるわけです。典型的には束縛DVなど。
もちろん上記ご質問その危険ありなんて話ではない点ご容赦ですが、「愛」「責任」考える心の世界というのは、やはりそうしたケース方向性ぴったり一致してしまっているんですね。

「楽しみ喜びの共有」として向かう価値観姿勢になると、相手性格相手気持ち相手が自分を好きなのが確かかといったテーマ増して、相手と共にすごすことを自分にとってどう楽しくできるか、実際どう楽しくすごせるかに、意識関心向くようになります。
そして実際その姿勢人と接することの積み重ねによって、相手が偽りの愛を装って抱く別の感情や、行動の危うさの兆候なども、早い段階気づくことができるようになると思います。盲目的ではなくなるわけですね。

ということで、やはりまず「愛」「責任」ではなく「楽しみ喜びの共有」として向かう価値観姿勢への転換と、それによる具体的行動法違いといったものに取り組むのが、お勧めになりますね。
具体的には、

>ちょっと距離を置くと、ギャップにさらされず、いいかなと考えたりします。それとも完全に無視して私のいいようにしていればいいのかな。私のいいようにとは、他の人と同じ扱いです。

といった気持ちの駆け引き的なものではなく、相手と実際に何か楽しめる行動できるか、模索するといいと思います。たとえば美味しいそうな店を見つけたので一緒に行きませんか、とか。互いが好きかどうかといった気持ち事項あまり前面には出さないのが、島野お勧め行動法ノウハウです。そうした具体的楽しみ共有行動によって、互いが本当に好きか、それとも実はあまり好きになれない相手なのか、あるいは好きであってもあまり一緒にはいられない相手といったことも、トゲが表面化しない形(^^;)自然と見定めていくことができますので。

なおこうした価値観行動法を取る一方で、「好かれる喜び」「嫌われる恐怖」とかの感情とかもやはり流れることもあるでしょう。これらは「ただ流す」という内面側位置づけられます。
心の病みの傾向絡むと、「嫌われる恐怖」支配されてあらぬ方向に向かうとかの問題起きがちですが、「ただ流す」ことができることが、治癒にもつながるといった重要性もあることなども、頭に入れておくと良いかと思います^^。



(No Subject) / こたろう 引用
No.1230 2016/11/29(Tue) 22:01:35

具体的行動場面のご相談です。

僕と、同じ課の上司三名、
他にお客さんが7名ほどで、
自社の設備の見学の後に懇親会があります。

行動法とどのような姿勢、態度、言葉を選ぶのかいいかアドバイスをいただきたいです。

状況としては
●上司とは馴染めていない。上司が明らかに自分と話す時に気を使っている。一人の上司とはほぼ話していない。
●交渉等はない。
●お客さんは業種が違う。

目指すべきゴールとしては

●なんだ、こんなコミュニケーションのとれないやつがいるのかこの会社は?と思われないようにする。
●上司には馴染んでいないが、馴染んでいる風を装う方が印象がいいはずなので、そうする。
●飲みの席でも受動的になってしまうので、少なくとも自分から話を降るように努力をする姿勢はみせる。
●期が近く馴染めている先輩に劣等感から敵意を抱いてしまうが、お客さんにも先輩にもなるべくそれを悟られないようにする。
●上座下座等のマナーは守る。

●お客さんと話せるように相手の会社の情報を少し持っておく。
見学する自社設備は、自分の課で管理しているものではないので、それに対しても知識がない。
ある程度は話せるようにしておきたい。

→とはいえ、付け焼き刃の知識で質問、返答をすると逆に話がつまってしまう。

私は普段は関わりがないので、すみません、詳しいことはわかりません。等でいいのか。

また相手の話に質問してわからなくなった場合、すみません、勉強不足で、等の
決まり文句をいくつか用意しておきたい。
→その後上司からすいません、こいつ新人なんですけどマナーがなってなくて、等のフォローが入る事が想定される。その時も、上司に対して怒りが湧いてしまい、すねる子供のような外面印象になってしまうのが怖い。あまり上司に対しても形式張った対応をするよりは、身内感をみせつつ、相手の方に謝るようにした方がいい。

●マナーとして話しておいた方がいい事がわからない。
例えば、今後案件で関わらせていただく事がありましたらよろしくお願いします。等が別れ際に使えそうだが、当日は上司がそのような言葉を言うあとに、ヘコヘコと頭を下げつつ、大人の真摯な態度とはほど遠い態度を出してしまいそうな感じがする。
いくつかパターンがあれば少し安心して
取り組める気がする。

あとは基本的な酒の席の下っ端のマナーとして、何かご参考になる事があればお願いします。
相手の方のお名前は把握して、グラスがあいたら何か飲まれますか?と確認。


 
Re: / こたろう 引用
No.1231 2016/11/29(Tue) 22:22:53

●お前は何なんだ?なんで馴染もうとしないんだ?
やりづらいだろ、仕事が?

●何かおかしいんじゃないのか?
なんで何ヶ月も経ってるのにろくに話してない人がいるんだ?

●もっと部長とかに飲み会等に来てもらえるように
やるんだよ。是非飲みたいですーって。そうすれば可愛がられるだろ?

●同期の中で浮いてるらしいけど?
一緒に帰ろうとしたら途中で別の電車に乗り換えたり、
飲み会の当日に休んだり。なんなんだ?


こういうことを言われるようになりました。
仕事も出来る訳ではないので、結局のところ
なんでお前みたいなやつを採用したんだ、って
事になるんでしょう。

グループの営業さんは普段別の拠点にいるのですが、
忘年会では交えて話します。

おそらく

今年の新人くんはどう?みたいなことを聞かれ、
私達もあまり仲良く慣れてないんです、でもそうはいえない、という気まずい空気が流れる事が想定されます。
もうその状況が恐怖です。


別に会社なんてどうでもいいし、という
逃避的思考によって恐怖を緩和させようと
してしまいますが、困るのは後々ですよね。


もうわかりません。
楽しみが共有できないのに半ば強制的に
就業後の運動等の幹事を任され、自分がやりたくもないのに人数集まるように誘えと言われます。

業務の一貫だと捉えるしかないんですね。


 
職場での「役割の遂行」と「楽しみの共有」^^ / しまの 引用
No.1232 2016/12/07(Wed) 09:17:31

これはずばり、指針はこうです。

「仕事」は、「役割の遂行」
「プライベートな交友」は、「楽しみの共有」
この2つは、基本的には切り離されたもの、また切り離すのが良いものです。

一方「職場における親交」は、その両方合わせ持ったようなものとして、2つ指針要請の度合い多少弱めた上合成したものであり、それを実際どのように行うかは、職場および個人に応じてさまざまであり、具体的場面に応じて「こうすればいい」言えるようなものは、ハイブリッド心理学からはない、と。
つまり「役割の遂行」である性質ある面においては「それも仕事の一つ」としてやる必要があるものもあるだろうし、その性質が薄いものについては、興味なければうまくかわす方法を考える。この判断はもう職場および個人応じたものでしかない。

その結果アドバイスとしては、まずは最初2つ「仕事」「プライベートな交友」指針について、それぞれじっくりと取り組むことだ、人生の歩みとして。それが成熟するごとに、「職場における親交」持ち方についても、自分なりのもの安定した心で持てるようになるだろう、というものになります。
現時点での「職場における親交」持ち方について戸惑うものがあるのであれば、まずは可能な範囲でそれを行ってやり過ごすのがいいだろう、というものになります。
それがおのおのの具体的場面で、どんなもの一番自分に最適なものになるのかは、結局自身で模索するしかない、と。
なんともファジー(曖昧)でしょうが、曖昧を許容し対応できるのが、成長であり人間の幅というものでもあります。

>私は普段は関わりがないので、すみません、詳しいことはわかりません。等でいいのか。

話の内容自身の立ち位置にもよると思います。

>あとは基本的な酒の席の下っ端のマナーとして、何かご参考になる事があればお願いします。相手の方のお名前は把握して、グラスがあいたら何か飲まれますか?と確認。

酒の席のマナーというテーマ専門ではなく何も言えません。僕個人としても、ITの仕事をして酒の席のマナーという意識も知識も特に持ちませんでした。ごく一般的なマナーの範囲でいいと思います。まあ僕自身結局会社の酒の場にはあまりなじめませんでしたね・・。
もし特別酒の席マナーというテーマ関心あれば、ネットなどで情報があると思いますのでご参考にされては^^。

>もうその状況が恐怖です。
>別に会社なんてどうでもいいし、という 逃避的思考によって恐怖を緩和させようとしてしまいますが、困るのは後々ですよね。

今の会社がどうでもいいという考え確信を持てるのであれあ、まあそれもいいでしょう。代わりに自分はどう生きる、というプランと戦略持つのであれば。そうした大きな視野臨む必要がある、ということですね。

ということで、僕からアドバイスできるのは、「仕事」「役割の遂行」「プライベートな交友」「楽しみの共有」という切り離された指針まずじっくり取り組んで下さい、ということです。
怖れ克服は、そうした歩み、そして自分が持つ価値観などの、全ての結果としてあります。今まで出たさまざまなテーマについても、理解納得、そして実践の方の状況どうでしょう、と自身に確認頂くのが、まずはアドバイスとしてできることになると思います。
そうした大きな方向性への歩みが成熟するごとに、「職場における親交」といったファジーテーマどう向かうかへの自分なりの答えも、出せるようになるでしょう、と。
今判断が難しいものについては、上述のように、可能な範囲でやってなんとかやり過ごすしかない、と。

ご検討頂ければ^^。

なお
>具体的行動場面のご相談です。
とのことですが、5つも6つも出てくるようになると、やはりまず基本的方向性指針になってきますね。まずそれを踏まえどう考えられますか、と。
正真正銘具体的場面の話については、1つか2つに絞って頂くと、またより具体的なアドバイスができるかも知れませんね^^。
ただそれもやはり、基本方向性話を抜きにしてどんな話になるかは、何ともですが・・。


 
Re: / こたろう 引用
No.1236 2017/01/29(Sun) 17:03:09

可能な範囲で行ってやり過ごしているな、と思われながらなんとか
会社にいくという事ですね。

親交がなくてもまずは仕事上にやりとりができるようになる、
という事ですが、それは相手もその姿勢があってこそ成立する話で
あって、相手は個人的親交がないとやりづらそうなんですがね。
実際裏で色々言われてますし。

仕事上のやりとりだけできればいいと思ってるのかあいつは、とか。

どう考えてもそっちの方が一般的だと思うんですが・・・。


後は、感情ですよ。結局人は感情を見てますよ。
行動を、とかいいながら、行動の裏にある感情がどうだとかそんな
噂話ばっかりです。感謝の気持ち、思いやりの気持ち、他者への最低限の愛着、
そういうのが見えない人間は徹底的に叩かれてますよ。
そんな話聞かずにいればいいなと思いますけど、飲み会も最初は義務ですし。
なんとか作った外面を「社会行動」として
人が見てくれる事を期待していますが、結局人は仕事にも私情を持ち込んでますよ。


やりますよ。仕事ですから。でもあからさまに嫌悪感や緊張感を示されますよ。
やっぱり。


 
Re: / しまの 引用
No.1237 2017/02/01(Wed) 06:38:17

>可能な範囲で行ってやり過ごしているな、と思われながらなんとか会社にいくという事ですね。

「業務そのものについては申し分ない」という高い評価獲得できることを、まずはぜひ目標にすると良いと思います^^。
交友についてもまずはできるだけ前向きに^^。


 
Re: / こたろう 引用
No.1239 2017/03/14(Tue) 09:13:29

前向きな気分は全て、自分の全体の表面で
こねくりまわしているだけで、そこで
浮かぶ思考も全て、外から借りてきたもののよう。

その下には抑え込まれた広大な広さの
怒り、虚脱感の自己がある。

その自己に触れると、外面行動、態度と
して前向き、最低限の明るさを保てなくなる。

基本は怒りとその抑圧。

怒りには、自分をこけにした、、、
つまりいうと、自分は優先的好意を受ける
権利があるので、それを妨げた他人への
復讐という意味合いが含まれていて、
自覚をした上で外面に対して全く表出を
しないというのは、プライドが傷つく。

だから、全力で抑え込まないといけない
という従属的自己の切迫性と、対等な関係で
感謝を持ち、人間関係を作るのだという
建設的自己が、懸命に怒りを押さえ込む一方で、復讐の自己、卑下的になる事を絶対に許さないとする自己は、少しばかり現実に
その態度を表出する事によって、暴走する事を防いでいるという状況があります。

外面では建設的である事、相手に対して攻撃的な態度を取らないようにしている
のですが、それは自分さえも欺き、冒頭で触れたような表面でこねくり回した
自己像に入り込んでいる時にしか徹底できず、
その奥にある「人は自分が何をしても許すべき。何をしても好きでいないといけない。」という感情をありありと自覚すると、その部分に若干の譲歩をして、行動が
揺らいでしまっています。

具体的には、仕事等で指導を受けている際に、感謝の言葉を述べつつ無表情で
あったり、内容が理解できない時に、もう少し詳しく教えてもらえませんか、と
いった言葉に「あなたの教え方が悪い。なぜ自分が下手に出なければいけないのか?」
といった態度を、相手に気取られるか気取られないかくらいの強度で表現したり、
という感じです。

徹底できないのは価値観選択ができていないからだろう、と思っていましたが、
攻撃的自己が暴徒化することを防ぐために、ギリギリの線で幻想を保つために
行動を表出しているという状況が振り返るとありました。

もちろん、それで人間関係がうまくいくはずもなく、
ある方は僕に近寄ると体が緊張し、声が上ずり、一刻もはやくここを去りたい、
といった様子になります。そして特に自分のその「怒り」「誇り」の部分は、
それに激怒を示し、
「相手から、教えてもらう立場なのだからと卑下的で誠意のある態度を要求されている。自分は関わりづらいと周りの人に伝聞しているに違いない。そんな人間に誠意を
みせるなどプライドが許さない。」
となり、ぎりぎりの線で「怒りや相手への見下し」を表出しない外面印象を
作るも、やはり相手の緊張や声のうわずりが見えてくると、怒りがどんどん膨張し、
目だけは挑戦的な態度を示したり、「はい」という返事に無機質さを含めようと
したり、といった外面の態度への表出がどうしても起こってしまいます。
これも、懐柔策であり、怒りの部分が暴徒化してどうしようもなくなるのを
防いでいるのだと思います。

自分の場合は、内面感情を流しながら態度として違うものをとるという事が
どうしても不可能なようで、その時間だけは自分は「神経症的な心など持っていない。」
という風に自分を思い込ませないといけないようです。

さもなければ、本当は相手を存在してもしなくても構わない、小さな虫のような
存在としてしかみていないのに、まるで一般的な他人が他者へ抱くであろう
「尊重」といった態度を大嘘として今まとっている。
という自己認知に耐えきれず、行動の態度に必ずほころびが出てしまいます。


 
Re: / こたろう 引用
No.1240 2017/03/14(Tue) 12:43:52

そしてその回収、という部分でも困っています。

外面においては、すでに、あからさまではないものの、
敵意、離反によって、仕事の話をする際に非常に気を遣われるところまでは状況が悪化しています。

また、馴染め馴染めと言っていた上司も、
なかなか変わらない自分に愛想を尽かしたのか、
ほとんど触れてこなくなりました。

仕事を振らなければならないのに、
周囲が気を遣うために、誰と組ませたらいいのか
困惑されているという話も聞きました。


イメージでは、
「本当にはじめの頃は付き合いづらかったよな」と
それが笑い話になるいつかを空想してばかりです。


仕事の内容は自分で学習して身につける、と思うのですが、
自社の製品のため、直接製品の事について尋ねない事にはわからない事がたくさんあります。


そしてそういった話を、自らの業務の傍ら
教えてもらうためには、やはり個人として、
仕事の質問だけして心が篭ってるのかわからない感謝の言葉を述べてそそくさと去るような関わり方ではなく、相手を理解し、本物の感謝が感じられるような人間関係がないと、難しいと思うんです。


やはり壁となるのが、
優先的好意を得られないと怒るという
自己である事は明らかですが、
現在はそこに譲歩をしないと、
しばらくは友好的な態度を取った後に
急に相手を避け始めるという状態になってしまいます。


選択をしようとすると、むしろその部分が
燃え上がり、現実を徹底的に破壊する、つまり
もっとあからさまに不機嫌な態度を取ったりする、
という方向に飲み込まれそうになります。


 
建設的感情の想定^^ / しまの 引用
No.1242 2017/03/20(Mon) 10:35:07

>優先的好意を得られないと怒るという自己である事は明らかですが、現在はそこに譲歩をしないと、
>もっとあからさまに不機嫌な態度を取ったりする、という方向に飲み込まれそうになります。

非建設的感情力づくで押さえ込んだり、譲歩(?)して調整といった姿勢では克服できないと思います。
建設的行動法は、あくまでその支えとなる建設的な感情あって成り立ちます。

まずはそうした全く別世界建設的感情想定できるかどうか、からになるかと。
まずは、実感は持てないこうした感情もあり得る、という想定から。そして、そうした感情であればこうした行動ができるかも知れない、という行動法想定へ。そこまでできて、非建設的感情について「ただ流す」というのが可能になってきます。で、なんとか踏ん張って建設的行動へ。
そこからやがて、建設的行動法実践積み重ねを通して、建設的感情の方が優勢となり、心の片方非建設的感情流れるのを、もはや踏ん張るような努力必要なく流せるようになる。そしてやがて、非建設的感情心の根底から、その存在を消え去らせていく。
年単位積み重ねになります。

そうしたものとして、たとえば「孤独を受け入れる」「匿名性において生み出す」といった姿勢をしている次第です。
検討してみて頂ければ^^。


 
Re: / こたろう 引用
No.1248 2017/06/16(Fri) 21:02:35

お久しぶりです。
人間関係については、上記の状態からほとんど進歩がなく、
非常に苦しい状況が続いています。

「みんな優しいのに質問にこない」
「まだ何かを共有した関係になれていない」
「自分はおとなしいタイプだからって殻に閉じこもってる場合じゃない」

こういうことを言われてばかり。

それでも、仕事は与えていただけるので、
周囲の和やかな人間関係からうまれる他愛のない雑談を
聞きながら、心はものすごい緊張感の中、
仕事をしてきました。

常に軽い頭痛、腹痛の中仕事をしているため、
効率は非常に悪く、それもひとつの問題になっています。

しかし、さらに状況が辛辣なものになりそうです。

社交的で出来る同期が、同じ部署に来ることになりました。

僕が一年かけてほとんどつながりを築けなかった周囲の方と、
おそらく一週間足らずで打ち解けると思います。

加えて、その同期は同期から距離を置いていた僕にも、
割と積極的にかかわってくれている人でした。

しかし、遠方に配属になったため疎遠に。

というよりは、僕はただ「舞台」をこなしていただけであり、
やっぱり内面には好意など微塵もなく、
本当は相手への敵意が渦巻いています。
彼との関係も、同期が分散する最後に、
長期的な人間関係を築くことから開放されるという
勢いで、社交的に振舞っていたごく短期間に築かれた
薄氷の上の自己像によるものでした。

しかし、短期間だった同期での研修から長く時間がたち、
その後同期の集まりにも行かない僕は、
「舞台」を演じることに行き詰まり、部署では「コミュニケーションのとれない」
「一言話しかけるのにも部署の皆が気を遣う」という客観的な印象の人間になってしまいました。

部署の人たちには、研修期間の同期の集まりに行かない自分、会社の飲み会を欠席する
自分は、まだ知られていません。

おそらく「部署でも人と交われないけど、同期でもやっぱりそうなんだ。」

と認識され、

同期には「同期とも交われないけど、部署でもやっぱりそうなんだ。」

と認識されることになると思います。


そしてそれは僕にとって、もう誰にも話しかけられないという
状況になるんです。

上記の認識がされたらもう心が相手に大して前向きな感情を
一切湧き上がらせられなくなります。


終わりになるなと感じます。


 
「外面・内面・前進」の取り組み実践^^ / しまの 引用
No.1249 2017/06/20(Tue) 13:55:49

実践の進め方「外面・内面・外面」の3段階などと説明していますが、
(辞典 実践1-2 「取り組み実践」の進め方 -  「実践」の基本的な進め方/「外面・内面・外面」の3段階ハンドルさばき
「外面・内面・前進」とも言えますね。

上の話要点としては、

外面・・・人に指摘されたことなどで(もちろん自分で把握する問題でも^^)、具体的改善あり得るものについてじっくり着実取り組む
>「みんな優しいのに質問にこない」
など。

内面・・・阻害度の大きな問題から、価値観取り組み自己分析向き合う。
阻害度の大きな問題というのは、まずは「怒り」「敵意」など破壊攻撃的な感情ですね。それを抱えていると、いくらでもそれが火種になって感情動揺蒸し返されていきますので。
>本当は相手への敵意が渦巻いています。
といった部分
自分なぜ怒り敵意持つのか。その根底にある価値観どんなものか。その価値観の変換どうあり得るのか
同じような動揺でも、敵意抱くままの動揺と、敵意なしの動揺大分違うものになります。後者いずれ根本解消向かうのがかなり大きく望める

前進・・・自分この人生仕事どのようなものとして向かうか自分適性能力自分どう捉え、どう生かすか。それともとにかく収入のために、少々のことには目をつぶるか。

具体的な個々テーマについては、僕からすでに言い尽くしているかと思います^^。まずは上記視点確認から、僕からのアドバイスだとどんなことだったか再確認などしてみて頂ければ。テーマ指定頂ければ個々に再度説明可能かと思いますので^^。

なによりもまず、「こう見られる」「こう扱われる」という受け身一辺倒の思考から、「自分としてはこう考える」「自分としてはこう行く」という自己起点自己能動の思考にするのがスタートになると思います。
そこから、上記視点などでじっくり取り組んで頂ければ^^。



久々の経過報告 / 引用
No.1238 2017/03/03(Fri) 14:31:00

お久しぶりです。
今年に入って以降、自分の予期せぬ形で価値観について切り込めたので、ご報告いたします。

私の対人関係の中で、以前「仕事中に柄の悪い連中に目を付けられやすい」事などのご相談をした事がありますが、それ以外にも、比較的面倒な方々に懐かれやすく、振り回されやすい時期も少なからずありました。
そして、また最近SNSにおいて同じような目に遭い、結局こちらが接していくのは無理だと感じて突き放したのですが、何故このような懐かれ方をするのか・・・と自分の傾向に疑問を感じ、改めて確認をしてみました。
結局は「自分の心や体がどう動いてるのか」について、完全に見えてなかったのが原因ですが、それまで無意識に、自分に対して「辛そうにしてる相手の事を分かってやらないといけない」という圧力を掛けている自分があり、そしてその奥底に「親の辛さを分かってやろうと必死になってるのに、イジメなどで辛かった自分の事は親から分かってもらえず、慰めも何も無しに、優等生の模範解答みたいな上っ面のアドバイスしかくれなかった」という学童期の自分の辛い感情があったことに気付きました。その影響で、内面の奥底では、思い切り「分かり合い認め合う」側に居たなあと。
その圧力によって不本意な人に思わず声を掛けてしまい、挙句に振り回されてしまうのだ、と結論付けると、肩の荷がどこかで降りた気分でした。
「私はメンタルヘルスの専門家でもないし、そういう方々が辛そうにしていても、自分の足で立って歩くことを期待すればいい。身内でもないのだから、私が何かしてやる必要は無いのだ」と。

これによって、本当の意味で「未熟な愛」からの抜け出しに向けて、かなり前進できたように思えます。
今までの私の問題自体が、どちらかと言うと自尊心寄りの問題だと思い続けていたので、想定外の結果ではありましたが。

その後の自身の様子も、かなり予期せぬ形になりました。
結局前回のご相談の後、しばらくすると、アドバイスを受けた行動法に則って仕事をしているにもかかわらず、やはりガラの悪い連中に目を付けられ続けることは変わらず、完全に嫌になって仕事では精一杯手を抜いてたわけですが。上記の愛に関連する項目での変化が起きてしばらくすると、仕事に対する嫌悪感が多少減ってる自分に気付きました。とは言え「また訳の分からん連中に目をつけられたら・・・」という不安は、特に治安の悪そうな週末深夜の作業において強く残っていますが。
想像の域を出ないですが、上記の変化で自立の意志が明確になったのかも知れない、とも思えます。
変化があった直後にまた「ハイブリッド人生心理学の取り組み実践・詳説」を一読し、それに沿ってアレコレ思考したのもプラスになったのかも知れません。

更にブログの記事の中から「感情を鵜呑みにしない」ことについて読み漁り、以前に比べて内容に対する納得感が多少増したように思えます。
「感情と行動の分離」については、ご説明通りの事がどうしても出来ない状況がずっと続いてましたが、ようやく、自覚した動揺場面で試してみようかというレベルにはたどり着けた気がします。
かなりノロノロした進み具合ですが、スタートラインにようやく近づき始めた感じではあるのかも知れません。

今後は「愛を求めずに人に向かっていく姿勢」を意識しつつ、「感情と行動の分離」に関して、より理解を深めていこうと考えています。


 
「愛」についての「心の依存から自立への転換」^^ / しまの 引用
No.1241 2017/03/16(Thu) 11:30:17

>かなりノロノロした進み具合ですが、

まあ取り組み人生そのものですので、急げば先にいけるわけでもないですので^^。
に、今どう自分の人生の前進に向かうか、ですね。

>今後は「愛を求めずに人に向かっていく姿勢」を意識しつつ

『入門編下巻』の以下などの話になりますね。「9章 愛への道」P.281)
========
 今まで、人の愛情や温情を得てから、「活動」が始められると考えていたかも知れません。働くことも。遊びを楽しむことも。買物をすることも。そんなものとしての「愛」への高い意識を持つことが、自分の支えであるかのように感じていたかも知れません。
 しかし愛を遠ざけたのは、まさにその姿勢だったのかも知れないのです。そのつながりを、私たちの意識は捉えることができないような形で。
 見えてくるのは、それとは全く逆の道です。愛がないところにおいて、行動していくのです。そのための具体的な考え方を、建設的な行動法と社会を生きる知恵とノウハウとして学ぶことができます。
========


「愛がこうあるべき」という意識守ることが、自分の中人への愛生み出すための死守線のように感じていた。それとはまさに全く逆の姿勢こそに、自分の中人に向かうための愛生み出すことが見えてくる。
「心の依存から自立への転換」関連する、大きな転換になると思います^^。

さらには、「ガラの悪い連中」「訳の分からん連中」という感じ方そのものについて、それは何をどう感じていたのか、別の感じ方はあり得ないかなど、検討できるかも知れませんね^^。




<新規トピック> または <選択記事へのレス> 入力フォーム   ↑TOP
Name  Mail  URL
Subject
Color

Cookie / Pass


<投稿済み記事の編集・削除>
200/200件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 40 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS