雑談コーナー板
何でも気軽に書き込んで下さい。その際、楽しい交流の場になるよう、
ネチケット(インターネット上のエチケット)を守って書いて下さいね。
また、宣伝・依頼等の書き込みは当サークルへメールの上、許可をとって下さいm(_ _)m

Name
Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass

(No Subject) / あずにゃん 引用

京都造形芸術大学3回生のあずにゃんです。

私は2回生になる少し前にエルに入りました。
最初は何度か活動に参加していましたが、そのうち大学の方が忙しくなり、エルの活動に参加できなくなりました。ずっとエルに行けずにいるうちに忙しくないときでさえ行きにくくなってしまい、正直やめた方がよいかなと思った時もありました。そんなときにサタスクの制作の担当がまわってきました。私はサタスクの担当をするのは初めてだったので、何もわからず、みんなに会うのも久しぶりでどうしようと思っていました。しかし、やっていく中でみんなは活動にほとんど参加していなかった私にも優しく、さまざまなことを教えてくれました。私はそのことが本当に嬉しく、印象に残っています。
そして、サタスクの担当をやりきることによって大きな達成感を感じ、エルの中での自分の責任を一層感じることができました。制作の担当は、「つくる」という得意分野を活かすことができるところであり、少しでも役に立てる場所だと感じました。それだけでなく、さまざまなメンバーと話す機会が増え、みんなともより一層仲良くなれました。

私は今もサタスクの制作の担当をしています。今回で3回目になります。何度も担当しているうちに、より子どもたちの立場に立って考えるようになっていて、少しずつですが自分の成長を感じます。今回も子どもたちがたくさん楽しんでもらえる制作ができるように頑張りたいと思います。

No.5508 2015/10/03(Sat) 20:29:19


(No Subject) / はっしー 引用

京女3回生のはっしーです。みなさんに引き続き、私もエルへの思い、エルでの活動を通して感じたことなどを書かせてもらいます!

私がエルに入ったきっかけは、将来なりたい職業のために大学生のうちから子どもと関わることがしたい、人前で話したり自分の考えを言ったりするのが苦手なので克服したいなどといった理由でした。
エルに入り、はじめは不安だらけでした。活動に参加しても、普段なかなか関わる機会の少ない小学生や障害を持った方々と、どのように関わっていけばよいのか、自分になにができるのかと思ってしまったり、ボランティアを楽しむ余裕もありませんでした。しかし、活動に参加するなかで、メンバーさんが名前を覚えてくださったり、活動のなかで一緒に笑顔になれたり、いろんなお話をしたりするなかで、次第に気持ちがほぐれていきました。はじめは、ボランティアと聞くと、なにか力にならなければ!と考えていましたが、今は、参加してくださっている方、ボランティアをしている仲間と一緒に、楽しいという気持ちを共有することが大切なのかなと思います。これからも、楽しむ気持ちを忘れず、活動に参加していけたらと思います。
エルでの活動で過ごしている時間やエルでの経験は、大学生である今だからできることであり、エルに入ったからこそできた経験です。この経験は自分への自信や成長にも繋がってくるし、将来へも生かされると思っています。
そして、このような有意義な時間、楽しい時間を過ごせているのは、エルのメンバー、活動への参加者のみなさん、他にもエルに関わってくださっている方々のおかげだと思います。常に感謝の気持ちをもって、これからも活動していきたいと思います!

No.5507 2015/09/01(Tue) 15:23:55


(No Subject) / しおりん 引用

同志社大学3回生のしおりんです!

みなさんと同じように私も書きたいと思います。

大学に入った時、私はボランティアサークルに入ろうとは全く思っていませんでした。1回生の春、aileではない他のボランティアの説明を無理やり聞かされ、「面白そう!」と思いました。
しかし、そのボランティアサークルは大金を使うものだったので自分には合わないと感じ始めたころ、aileを見つけました。
aileはこれまで入っていたボランティアサークルとは違い、地域密着型のボランティアをしていてMTでは真面目に話し合うという、これこそ私が求めていたボランティアサークルだと思いました。
最初、インカレサークルはどうなんだろう、と不安に思っていましたが、それぞれ学ぶ環境が違うからこその考え方もあって今ではインカレサークルだからこそ面白いとも感じています。

サタスクでは初めて参加した時が担当で私は担当なのにもかかわらず、何も準備せずMTにも行かず最低なことをしました。今考えるととても恐ろしいです。当時、責任を持って担当するという意識が欠けていました。
その時からこのままの自分ではいけないと思い、参加する活動はいい加減な気持ちで参加しないようにしようと自分の中で決めました。基本的なことなのですが、自分はそれすらも出来ていませんでした。

何度も参加している活動もありますがいまだに緊張します。でも緊張するということは責任を持って活動しているからなのかな、と勝手に思い少しは成長したのではないかと思います。
毎回、aileのメンバーに助けられてばかりで私から手を差し伸べることはなかなかできませんでしたが、今こうして楽しく平穏に活動できているのはみなさんのおかげです。
ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします!

No.5503 2015/06/22(Mon) 19:51:56

 
Re: / あっちゃん 引用

しおりんとは一度サタスクの担当が一緒になったけど、しおりんが企画をどんどん進めてくれたのを覚えています‼あの時は力不足でお力添えすることができずすいませんでした。
しおりんが活動しているときはいつも同道しているように私の目には映ってました!とても頼れる存在だと思います!
私も活動でいまだに緊張するときがあります。しかし、そういう時のほうが失敗が少ない気がします!
しおりんはとてもいい状態で活動に臨んでいるんだと思います!
また面白い話聞かせてください!楽しみにしています!

No.5506 2015/07/15(Wed) 22:22:19


(No Subject) / りーちゃん 引用

同志社女子大学3回生のりーちゃんです!
あっちゃん、みこちゃんに続いて私も書かせてもらいます。

私がaileに入ったのは2回生のはじめでした。当時はサークルも何もしておらず、初対面の人と話すのが苦手だったのでそんな自分を変えたいと思っていた時に、はっしーに誘ってもらいました。

はじめのうちは、活動に参加するたびに毎回緊張してオドオドしていましたが、先輩の方たちが喋りかけてくださったり、活動やMTにちょこちょこ参加していくうちに皆さんと仲良くなることで活動の楽しさが分かってきました。
そんなときに教育リーダーに選ばれ、やりますとは言ってみたものの心の中では不安と、やると言ったことにすこし後悔をしていた時期もありました。でもその不安を先輩や他のメンバーに相談していくうちに、とりあえずできることをやろう、と思い自分の中で決意ができました。
実際サタスクが始まってからは、自分の無力さを痛感しました。特に先輩方には、心配してお手伝いしてくださったり、ご迷惑をおかけしっぱなしです。
今でも活動中は気持ちの余裕がもてないことがあります。けれど、小学生のみんなが私の名前を覚えてくれていたり、後期に参加してくれた子が、今回の前期でもリピーターとして参加してくれているとあったかい気持ちになります。

aileに入って、人見知りな私ですが人との出会いに恵まれていることに気づけました。大学がバラバラなこともあり、知らなかったことや、見方のちがう意見は自分の新しい引き出しを作ってくれます。
今後も人との出会いを大切に、そしてどの活動も楽しんでやっていきます!
これからもみなさんよろしくお願いします(^O^)

No.5498 2015/06/04(Thu) 23:35:29

 
Re: / みさっきー 引用

今年はもうちょいサタスクにも
参加していくねーっ(´∀`∩♪

No.5500 2015/06/09(Tue) 14:19:22

 
Re: / あっちゃん 引用

サタスクに行くたびにリーちゃんがとてもたくましくなっているように感じています!
子どももリーちゃんの名前はもうしっかり覚えて、一番親しみのある大学生なのかなと思います!
これからも教育リーダー頑張ってください‼
リーちゃんとは最近やっとだいぶ会話するようになったなと個人的に思っていました。これからも仲良くお願いします!

No.5505 2015/07/15(Wed) 22:13:57


(No Subject) / みさっきー 引用

京都女子大学3回生みさっきーです!

では皆さんに続いて、、、。

私が初めてaileを訪れたのは、大学生になりたての頃でした。しかしaileの体験で自分の未熟さを感じ、他のサークルも合わず何もない一年を過ごしました。

そして、私がまたaileを訪れたのは二回生になりたての頃です。この時は、何も変わらない生活に飽き、自分を成長させたいという思いでaileを訪れました。その時の体験でも自分の未熟さを味わいましたが、2回目、3回目になるにつれ、徐々にボランティアの楽しさが分かるようになり、

消極的な自分
考えを上手く伝えられない自分
色んな人と話すのが好きな自分
目の前に空き缶などが落ちていたら
拾うようになった自分
意外に子ども好きであったこと

ボランティアという新しい経験を得て、色んな自分が見つかりました。

しかし最近、物足りなさを感じています。サークル、学校、バイト、プライベートの並立ができず、サークルでは自分の事ばかり考え、周りまで見る余裕もなくなってきました。

が、私には後1年半aileで過ごす時間が残っている事に気がつきました。学生だからできること。もう一度、1からスタートだと考え、自分の成長のため、自分探しのために、色んな事に挑戦していこうと思います!

自分がaileに入って成長したか、してないか、というのは未だに分かりませんが、確実にわかっていることは、aileに入ってよかった事。ボランティアに出会えてよかった事。aileに関わっている皆に出会えてよかった事です。

これからもよろしくお願いします(^^)♪

No.5499 2015/06/09(Tue) 13:53:52

 
Re: / あっちゃん 引用

自分の良いと思える面、直していきたい面がはっきり具体的に見えているんですね!
普段の関わりからはあまり見えないみさっきーを知ることができました。書いていただきありがとうございます‼
いろんな自分を知れたことはとても価値のあることだと思います!
これからも両立できるように頑張ってください!
応援しています‼ できるだけ環境の活動にも参加するようにします(^_^)/

No.5504 2015/07/15(Wed) 22:07:13


(No Subject) / あっちゃん 引用

aileでの成長
京都橘大学三回生のあっちゃんです。

 僕がこのボランティアサークルaileに入ってもう1年が過ぎました。
 まず僕がこのサークルに入ったきっかけは小学校の子どもととかかわることのできる活動をしたいと思い、インターネットで検索しヒットしたのがエルでした。
 最初はメンバーの中に知り合いもまったくおらず、ゼロからのスタートでした。周りの先輩や同回生のメンバーがとても優しかったというのは今でも覚えてます。しかし、もともと人付き合いがあまり得意ではなかったので、なかなか心を開けずに日々過ごしていました。
 サタスクでもなかなか子どもの名前が覚えることができず苦戦していました。
 自分の中で転機になったのは夏の合宿だったと思っています。普段の活動とは違ったメンバーとの濃い時間は距離を格段に縮めてくれました。夏の合宿を終えてからのMTでは発言の数も増えていったと自分では実感しています。
 サタデースクールでの担当では勉強一回、遊び一回担当しました。初めての担当だった勉強ではうまくでき少し天狗になっていたのかもしれません。二回目の遊びの担当では未熟さを思い知らされました。活動全体を通しての計画力、メンバーへ共有する力が自分にはあまりにもないことが実感できました。この遊びの担当では、ともに担当をしたメンバー、活動に参加してくれたメンバー、そしてサタスクに来てくれた子どもに迷惑をかけたことを反省しています。メンバーとの協力の大切さにきずけた回でした。
 最近やっとアートスペースや京ピカに参加し始めました。サタスク以外の活動でもしっかり明確な目標を持ち活動していきます。
 いろいろな行事を終えさらにメンバーとなかよくなれたと自分では感じています。MTでの発言もさらに増え楽しく日々活動をさせてもらってます。最近少しサボリ気味ななおでしっかり身をひしめてやっていきたいと思います。
 これからもエルをメンバーの「家族」のような存在にできるよういろいろやっていきたいと思います。これまで優しくかかわってくれてありがとうございました。これからもわがままをたくさんいうと思いますがよろしくお願いします。

No.5495 2015/04/19(Sun) 23:51:57

 
Re: / みさっきー 引用

明るくて、面白いあっちゃんで
これからもaileを盛り上げてください(´∀`∩

No.5502 2015/06/09(Tue) 14:28:11


(No Subject) / みこちゃん 引用

奈良女子大学3回生のみこちゃんです。
雑談板を活性化させて、卒団生に今のaileの様子を知ってもらったり、aileのHPを覗いてくれる人達にメンバーの言葉を届けたりできたらいいな\(^o^)/ということで、あっちゃんに続きわたしもaileへの思いを書きたいと思います!

わたしは小さい頃から「人の役に立つことをする」ということに漠然とした憧れを持っていました。大きくなるにつれ、この憧れは「ボランティア」への興味に変わり、高校生の頃には、“大学生になったらボランティアをしよう”と考えるようになりました。
しかし、実際にaileの活動に参加すると、ボランティアをすることの意味についてわからなくなり、悩みはじめました。「わたしがしていることは本当に誰かにとって必要なことなのかな。」と考えることもありました。
そういった思いにちゃんと向き合いたくて、できる限り活動に参加することを心がけました。すると、aileのメンバー、アートスペースのメンバーさん、サタスクの小学生、京ピカの参加者さん、このみなさんの笑顔を見られることがほんとに嬉しくて、いつの間にかわたしはボランティアをするためではなくて、この人達と、楽しく・暖かく・ワクワクするような時間をすごしたくてaileにいるんだな、ということに気がつきました。みなさんの笑顔が見られるなら、わたしがしていることは少なくとも無駄にはなっていない、とも思えるようになりました。

「人の役に立つことをしたい」という思いがわたしのスタートラインですが、正直人の役に立っているかはわかりません。むしろ、aileで出会う人達にわたし自身がいつも支えられています。
これからもみなさんと楽しく関わっていきたいな、と思っています(^^)

*最後に!代表として今伝えたいことを書きます。
わたしは本当にaileのみなさんのことが大好きです。本音を言うと、代表という立場では綺麗事ばっかりじゃありません。腹が立つこともあります。でも、それは真剣にaileのことを思っているからこそです。いつもaileのためにわたしには何ができるのか、と考えています。片思いじゃないかな?と悲しくなることもあります。大事に思ってること届いてないかな?とさみしくなることもあります。ただ、わたしがみんなのことを大切に思っていることに変わりはありません。
もっとこうして欲しい!なんてことがあったら遠慮なく言ってくださいね。
みなさん、これからもよろしくお願いします(^O^)!

No.5496 2015/05/02(Sat) 09:03:57

 
Re: / あっちゃん 引用

ひとつひとつの活動を大切にしているんですね!エルのメンバーだけでなく、活動で知り合うひとたちがみこちゃんにとって大切な存在で一瞬一瞬真剣に参加者の人と向き合っていることが伝わりました。
これからもよろしくお願いします。

No.5497 2015/05/30(Sat) 13:09:22

 
Re: / みさっきー 引用

1番色んな活動に参加してくれているみこちゃん(._.)!
頼りないかもやけど、一人で頑張りすぎずに、
aileの皆にも頼ってね\(^o^)/

No.5501 2015/06/09(Tue) 14:24:30


(No Subject) / 末 引用

卒団された方々、去年に引き続きおめでとうー!
奇跡的に投稿できたw

No.5494 2014/03/24(Mon) 23:39:16


以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 25 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS