[ 掲示板に戻る ]

過去ログ閲覧モード

WINGBEAT COFFEE ROASTERS
05 26. 2006
・Informazione!
  
・la sognora
■La Scogliera 3周年記念パーティのお知らせ■
いよいよfesta(パーティ)は今週の土曜日。27日は目前に迫ってまいりました!
メールやお電話で、お問い合わせの多い質問について、web上でもお答えしておきますね。

Q1.フリーフードって、立食ですか?
A1.そうで〜す。でも、そんじょそこらの立食パーティのお料理を想像してると怪我するぜ。
   本当に本当に旨い南イタリア料理がずらーーーっと並びます(写真参照)。
   これでライブチケット込み、ワンドリンク付きで4000円っていうのは、ほんっとうに安いと思うよ!
   (普通ライブチケットは3000円ぐらいからで、ワンドリンクは強制的にって感じで、3800円ぐらい。
   なのに食べ物はまったくなしでお腹空いて外で食べなおし、とかじゃない? じゃないじゃない?)
   パーティ用でも素材は絶対に落とさない(天然もののみを使用)っていうのが当店の船長仕込みの心意気。
   前菜いっぱい、パスタいっぱい、メインいっぱい、ドルチェもいっぱい、ぜひぜひ色々召し上がれ!
   
Q2.ライブが20:00〜と21:00〜の2回あるようなんですが、入れ替え制ですか?
A2.いいえ、入れ替えなんていたしませんよ♪ 早く来れた人は、ゆっくりたっぷりお楽しみくださいませ。

Q3.事前に予約は必要なんですか?
A3.前売りは一切しておりませんので、当日会場にいらしていただければOK.お断りすることはございません。
   開場は19:00〜です。うんまいイタ飯を頬ばり、サルサのリズムに体を預け、ライブを楽しみ踊りましょうね♪

Q4.追加のドリンクはいくらぐらいなんですか?
A4.追加のドリンクは、チケットを購入していただきます。
   1杯だけだと500円ですが、お友達と一緒に5枚つづりのチケットを買えば、2000円なので500円お得です。
   更に更に! ボトルワインはチケット4枚で買えるものから、数種類ご用意いたします。
   お友達同士で飲めば、7杯は取れるので、すっごくお得です。
   5枚つづりのチケットは2000円で買えるのですが、ワイン1本(7杯)+ビール1杯も飲めちゃいます!
   こ、これは安い! ホントにいいのかな〜。安すぎない?(←スタッフに相談している心の声)
   でもま、いいか! お客様への感謝の気持ちを表す、謝恩のパーティなんですから。大サービスで!
   ぜひぜひ、お誘いあわせの上、踊りやすい服装でお越しくださいませ。
   シェフと一緒に、イタリア人の皆さんと一緒に、食べて踊って弾けましょう♪


Update:05 26. 2006 03:06 [No.274]


05 24. 2006
・alici!
  
・la signora
signoraだけでなく、ファンの多い「ヒシコイワシの白ワインビネガーマリネ」。
こんなふうに、どんどん手開きにして仕込みます。これは、船長が開いた鰯の山。
うちの前菜は本当においしいなぁ♪ 未体験の方はぜひぜひぜひ、召し上がれ!

■Informazione!■
5/27(土)の夜は、当店主催の3周年記念パーティのため通常営業はお休みとなります。
フリーフード(立食)、1ドリンク、サルサマニア憧れのスター、アリサさんのライブチケット付きで、¥4000です。
ご予約は特に要りませんので、お友達をどんどん誘って、いらしてください!
本当においしくって楽しい夜にいたしましょう♪

http://la-scogliera.com/square/event.html

日時:5月27日(土) 19:00〜開場
          20:00〜、21:00〜 須永アリサ サルサライブ! http://www.sunagaalisa.com/
        ※入れ替え制ではございません。ゆっくりとお楽しみください。
    


Update:05 24. 2006 10:08 [No.273]


05 19. 2006
・due italiani!
  
・la signora
いつもお世話になっている業者さんのロベルトさんが、今日はキッチンに入って、
アントニオにドルチェを伝授。一緒にアマレットのジェラートを作りました♪
ロベルトさんは北イタリアはベネト州の出身。なんか、北の人が南の人に教えているみたいだね。


Update:05 19. 2006 19:06 [No.272]


05 15. 2006
・Promozione della cucina Canpania!
  
・la signora
■Promozione della cucina Canpania! 南イタリア・カンパーニャ料理フェアのお知らせ■

カンパーニャとは、この場合は「田舎」っていう意味じゃありませんよ(笑)。
ナポリを州都とする南イタリアを代表する州の、カンパーニャ。
乾燥パスタとトマトが運命の出会いを果たしたところとしても有名です。
さてこのたび、渋谷Bunkamuraで〜6月25日まで開催されている『ポンペイの輝き』展の開催を記念して、
当店でも、本日5月15日より30日(火)まで、期間限定のカンパーニャフェアを行うことにいたしました。
→ http://la-scogliera.com/menu/course.html

皆さんはもうよくご存知の、南イタリアの代表的な魚料理“アクアパッツァ”は、
カンパーニャ州の漁師が生み出した、素朴な漁師料理のひとつです。
本物のアクアパッツァは貝類は入れず、海水を使って煮込むのですが、当店では船長が運んできてくれる
ミネラル豊富で綺麗な八丈島の海水を使って、本場と同じスタイルのアクアパッツアを作っています。
そして、地物には地酒が一番! ということで、ワインはもちろんカンパーニャの原種のもの、
前菜、パスタ2種、本物のアクアパッツァ、ナポリやカプリのドルチェに至るまで、
ぜーんぶカンパーニャ州のうまいものでお楽しみいただける、期間限定のスペシャルコースです。
ぜひこの機会に、体験してみてくださいませ♪


Update:05 15. 2006 23:05 [No.271]


05 15. 2006
・Buona festa della mamma!
  
・la signora
昨日は、母の日でしたね。お母さんに感謝の気持ちは伝えることができましたでしょうか?
イタリアでも、昨日が母の日だったようです(イタリアの父の日は3月なのに。母の日だけは世界共通なの?)
ただでさえ、マンミーノ(ママっ子)を大量生産しているイタリアのこと。どんな感じなんでしょうかねぇ。
ミモザの日は体験してるけど、母の日は見たことがない私。イタリアの様子をご存知の方、教えてくださいませ。
イタリア語では、父の日のときも、それからミモザの日のときもそうだったけど、
Grazie(ありがとう)じゃなくて、Auguri(おめでとう)なんだよね。
おめでとう! っていうよりも、祝! とか、幸運を祈って♪ とかって感じなのかな?
それにしても、Auguriって、素敵な言葉だよね。…などと言いつつ、今初めて辞書を引いてみたところ、
「試験頑張ってね!」とか「縁起がいい」とか「早く全快しますように」とか言うときにも使うんだって。
へぇ〜!!! こういうわかりきっていると思いがちな言葉こそ、辞書を引くと勉強になるもんだなぁ〜(感嘆)。
というわけで、一日遅れですがイタリアの母の日の電子カードです(un telegramma di auguriって言うそうな)。
興味がある人は、clicca qui!

http://www.cartoline.it/pics/_zoom_flash.htm?immagine=festamamma_2005_03.swf

■Informazione!■
5月16日(火) 午前1時から4時頃まで、メンテナンスのため、この日記にアクセスができなくなるそうです。
作業状況により、終了時間が前後する場合もあるそうなので、予めご了承くださいませ。


Update:05 15. 2006 10:54 [No.270]


05 14. 2006
・cozze! cozze! cozze!
  
・la signora
いいお天気だったのは束の間、また梅雨みたいなぐずついたお天気になってしまった今日この頃、
皆さま、衣替えは終わりましたか? さて、signoraの好きなものシリーズ第4弾。
イタリアの夏の風物詩と言えば、cozze! cozze! cozze! ムール貝の季節ですね〜。
なんだか est! est! est!(ワインの名前ね)みたいなタイトルになってしまったけど、
イタリアの夏、特に海辺の町のお食事は、やっぱりムール貝がなければ始まらない。
イタリア人はホントはコッツェを生で食べるのも大好きなんだけど、私の記憶が正しければ多分10年ほど前、
ナナント肝炎が流行ってしまったため、コッツェの生食はご禁制となってしまったのだ。
だけど夏の風物詩である、新鮮な生のコッツェの魅力に抗えない人たちと、
ルールは破るためにある! って思っている節のあるイタリア人も多いせいか、
そんな御触れなんざもちろん無視してばくばく食べちゃう連中が後を絶たず、しょっちゅう救急車が発動していた。

だけど加熱すればまったく問題はないわけで、そして日本では全然そういう問題は今まで聞いたことが無い。
イタリア人ってさー、日本人が魚を生で食べることに対しては色々言うけど、貝は平気で生で食べるんだよねー。
わたしゃ、貝のほうが断然怖いんだけどな〜。体調によっては、受け付けられないっていう危険性もあるし、
貝は様々な栄養価がとても高いので、いっぺんに食べ過ぎると、体が反応を起こしてしまうらしいよ。
そんなこんなで、私は生で食べるよりも、この「インペパータ・ディ・コッツェ」¥1800のほうが断然好きである。
鍋にいっぱいのコッツェを入れて、貝の身のぷりっとしたジューシーさを損なわない程度にささっと加熱。
ムール貝自身の出汁がたっぷりと出て、貝の旨味と黒胡椒の風味、お好みでレモンをきゅっと絞って…♪
う〜ん、cozze, ti amo!!!

うちではこのように鍋ごとババンと出しているんだけど、これが本当に南イタリア〜な感じで、雰囲気も満点!
ちょっと蒸し蒸しする日本の初夏だけど、蒸すのはコッツェの入った鍋だけにして欲しい、、、
なんてこともはさみつつ、耳を澄ませば波の音のBGM、目を瞑れば瞼に浮かぶサルデーニャの碧い海。。。
お鍋の蓋をぱっと開ければ、なんともいえないフレッシュなcozzeのいい匂い♪ ……ってわけで、
気分はすっかり南イタリアの海辺の店で食べてるつもり……になりたい人に、うってつけのメニューなのだ♪
うちの自慢の小皿前菜にプラスして、こんな一品もお薦めです。前菜だけでもワインがぐいぐい進んじゃうよ。

↓写真、湯気でくもっちゃって巧く撮れなくてごめんね。このおいしさ、そして豪快さ、伝わるかな。


Update:05 14. 2006 00:03 [No.269]


05 12. 2006
・小さい地蛤♪
  
・la signora
シニョーラの好きなものシリーズ第三弾。
うちのスペシャリテであるフレーグラはもちろん大好物なのですが、
この間食べた、この「小ハマグリのフレーグラ」は最高でした!
地ハマなんですが、アサリみたいにちびっ子で、なのに出汁がすんごく濃厚なの♪
アサリとハマグリと、そしてもっと他の出汁まで混ぜてぎゅぎゅっと詰めたような感じ…。
フレーグラも、一粒残らず平らげちゃいました。
いつでもあるメニューではありませんが、「本日のおすすめメニュー」にあったら、絶対に体験して欲しいお味。
めちゃくちゃお薦めです!


Update:05 12. 2006 10:38 [No.268]


05 07. 2006
・鮟鱇の運命 0
  
・la signora
順番が逆になってしまいましたが、写真を発掘したので載せておきます(だから0番になってしまった)。
これが、皮を剥がれる前のアンコウ君のお姿です。
皆さんは、鮟鱇なんて冬が旬の魚なのに、今頃なに言ってんだい! ってお思いではなかったでしょうか。
でも実は、うちの船長さん他一部の漁師情報によりますと、鮟鱇の本当の旬は、初夏なのだそうです。
ただ、鮟鱇の身はあのようにジューシーな身なので、なにより鍋物に向いているんですね。
だから、鍋=冬、というイメージから、鮟鱇=冬、と誤解されてしまっているみたいなんです。
アン肝なんか、冬のものは脂が乗っていて旨いけど、初夏のものは余計な脂が抜けてて上品で最高!
というわけで、実は、

鮟鱇は、世の中が冬が旬だと認識しているので、初夏は市場で値がつかない
     ↓
値が付かないものを漁師は獲らない
     ↓
でも、実は旬なのだから、海には旨い鮟鱇がうようよいる
     ↓
定置網でたまたま獲られたものは、漁師さんには気の毒だけどとっても買いやすい値段
     ↓
安くて旨い鮟鱇がうちの店では食べられる!

という方程式が成り立っているのです。bravo!! 世の中には、この“思い込みの旬”が非常に多いんですよ。
本当は『dancyu』でやろうかって言っていたネタなのですが、我慢できないので(笑)、時々紹介していきますね。

■Informazione!■
本日5/7(日)と明日5/8(月)は、当店はお休みとさせていただいております。ごめんなさいね。ご注意を!

■Buon Compleanno! 2006.5.3■
3日(祝)は船長の誕生日でありました。でも船長は漁に出かけていたので、こんな形でささやかなお祝いを…
船長ファンの方、ちょっと覗いて、ぜひぜひぷぷっと笑ってくださいませ。
『ゆうき丸操業日誌』↓
http://www4.rocketbbs.com/647/ojare.html


Update:05 07. 2006 10:13 [No.266]


05 06. 2006
・鮟鱇の運命 3
  
・la signora
今日は、ひっさしぶりにsignoraもお客さんになって、当店の夜のメニューを堪能しました♪
最初ご一緒しようと思っていたお友達の都合が悪くなり、でも他のお友達が「行こ!」と言ってくださったので。
お蔭様で念願の「La Scoglieraで南イタリアの夏を感じるcena」を楽しみました。
おいしかったよ〜〜〜♪ troppo buono!!! 今は連載中なので、詳細はまた後日の日記でね。
(あんまり自分のとこを褒めちぎるのは日本人的には変なんですが、ある意味とってもイタリア人っぽいかも)

さて、鮟鱇の運命と題したコラムの最終回です。
私がこの写真に与えた名前は、「因幡(いなば)の白アンコウ」。
わーん、一見可哀想な気もしますが、伝わりますか、この身のジューシーさ!!!
「料理とは、素材の水分をいかに残すか、いかに出すか、の真剣勝負である」とおっしゃった方がいたけれど。
もう絶対にうんまいよねー、こんなぷりぷりの身だったら。
ちなみにsignoraは、噂をすればなんとやら、今日の前菜でアン肝のヴァポーレを食べましたぞよ。
甘くって柔らかくって、品のいいおいしさでした。ご馳走様、みんな! 明日から3連休だね。buon riposo!

■Informazione!■
皆さま、当店は6(土)〜8(月)を、GW休みの代わりに臨時休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程、お願い申し上げます。Grazie!


Update:05 06. 2006 01:30 [No.265]


05 05. 2006
・鮟鱇の運命 2
  
・la signora
今日も眩しいほどのお天気!
当店の南側の植え込みの木々もイイ感じで繁ってきましたので、ありがたいことにランチが爆発しています♪

さて、この日のアンコウくんですが、吊るしながらキレイにされてきています(今日ではありませぬ)。
『月刊ラ・スコリエーラ』の記事中に、マグロの吊るし切りっていうのが載っていますが、
こちらはアンコウの吊るし皮剥がしですね(そんな言葉あるのかいな)。
アンコウは、ザッフェラーノ(サフラン煮込み)にしたり、色々な食べ方が出来ます。
もちろん、肝はアン肝のヴァポーレ(蒸しもの)にして、前菜に登場だね♪


Update:05 05. 2006 13:26 [No.264]


全227件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 23 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS