[ リストに戻る ]
No.101に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

   4/12相模大野【曲順+れぽ】 - ななんぼ@管理人 - 2017/04/17(Mon) 21:18:43 [No.101]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
4/12相模大野【曲順+れぽ】 (親記事) - ななんぼ@管理人

2017年春TOUR「春フェスタ」のMy初日である相模女子大学グリーンホールのアルコンに参加してきました。
この日までバッタバタのスケジュールで、しかも当日も昼間は舞台を観に行くというハードスケジュールを敢行したものだからコンサート前から疲労困憊でした。お蔭でナチュラルハイになって楽しめましたが(笑)

そんな訳でいつも以上に記憶が曖昧なレポになっていますので、それを承知の上お読み下さい。
飽くまで個人的なメモ代わりみたいなものです♪


2017.04.12. 相模女子大学グリーンホール

Opening 18:30

【曲順】
1.GREAT VACATION 〜GO! GO! The KanLeKeeZ!!
2.恋の花占いU
3.初恋の嵐
 (御着換え)MC 3人
4.ブルー・シャトウ
5.エメラルドの伝説
 (御着換え)MC 3人
6.夜空の星
7.フリフリ
8.好きさ 好きさ
9.Dancing 60's

〜10分間の休憩〜

10.悲劇受胎
11.American Dream
12.ジェネレーション・ダイナマイト
 MC 3人
 〜桜井賢営業部長によるパンフ宣伝〜
13.BELIEVE
14.DNA Odyssey
 MC 3人
15.SLOW DANCER
16.LAST OF EDEN〜Neo Universe PARTU
17.無情の愛X
18.Nouvelle Vague

アンコール1
19.戦場のギタリスト
 〜コント(春TOUR GOODS宣伝)
20.星空のディスタンス
 〜メンバー紹介
21.SWEAT&TEARS

アンコール2
 MC 高見沢
22.Never Ending Dream

Ending 21:40


【本編】
*開演時間になるまでステージには幕が降りていたので全貌は見えず。
*ビックリするくらい時報の如くピッタリに始まりました。
*SEが流れる中、幕が上がって赤のミリタリールック姿のThe KanLeKeeZがステージ中央に並んで登場。
*三人ともペンラのLOVE LOVE LIGHTを片手に持っていたので購入していたファンは慌てて出す(笑)
*ステージ頭上にはThe KanLeKeeZのロゴのモニュメントが飾られていて、この春フェスタはThe KanLeKeeZがOPを担当!

*高見沢さんの髪はクルックル。よく巻かれておりました。
*マイクスタンドがあったけど坂崎さんも桜井さんもThe KanLeKeeZの時はインカムだった模様。

*『GREAT VACATION 〜GO! GO! The KanLeKeeZ!!』からボックスのステップを踏む3人。揃っていないのはご愛嬌。
*高見沢さんが最初にペンラを振っていたこともあり、この1曲目から観客はペンラでキラキラ☆
*『恋の花占いU』ではTakamiyソロの振りで踊ってみる。意外に覚えているものです(笑)
*何故か『初恋の嵐』までThe KanLeKeeZ ver.にアレンジ。
*ここまで来ると何でもあり(笑)

*3曲歌い終わるとダッシュで下手に下がる3人。
*なんと上だけ青いミリタリールックに着替えて再登場。
*ここでメンバー紹介。
*還暦過ぎのオスカルとか、誰一人ちゃんとメンバー紹介をしない(笑)
*The KanLeKeeZは憧れのGSをプッシュして行くと宣言。

*桜井さんがベースを弾きながら前に出て来て『ブルー・シャトウ』を熱唱。
*指定があったわけではないのにペンラのライトをブルーに切り替える空気を読む観客。
*珍しく桜井さんが下手〜上手と動き回っていた♪
*続いて高見沢さんが前に出て来て『エメラルドの伝説』を熱唱。
*こちらもノリノリでステージあっちこっち動き回っていた。

*そして再びダッシュで下手に下がっていく3人。
*なんと春フェスタ初披露となる白のミリタリールックで高見沢さんと幸ちゃんが再登場。
*しかし約1名が上下真っ黒。あれ?学ラン?(笑)
*「違うだろ!」と総ツッコミを受ける桜井さん。
*「制服と言ったらコレだろ!!」とそのまま舟木一夫さんの『高校三年生』をワンフレーズ披露。
*↑高校生に見えない。老け過ぎとか直球で酷いことを言う高見沢さん(笑)
*↑「その場にこの衣装が置かれていたんだもん!暗い袖でサングラスを掛けたままじゃ黒も白も区別が付かない!」よく判らない言い訳をする桜井さん。

*学ランの話から…この間、部屋を片付けたら明治学院高校時代の制服のボタンが出て来たという桜井さん。
*そのボタンを付ければ良かったのに!と言われたけど3個しかボタンは無かったとのこと。
*「…それってつまり、卒業式で第二ボタンを…」とヒューヒューな展開に♪
*桜井「ウチ男子校だから!」
 坂崎「男子校だから言われたんじゃないの?桜井先輩、第二ボタン下さぁい!(低い声)って」
 桜井「言われるのはあっちだろう。高見沢せんぱぁぁい♪」
 高見沢「言われたことねーよ。幾らでも遣るよボタンくらい。…あ、この衣装にボタン無い(笑)」

*よく判らないオチが付いたところで桜井さん御着換え。
*去年、衣装を3着も新調したThe KanLeKeeZ。春フェスタでおNEWの白が登場。4着目です。
*「これからは色じゃなくて形に拘っていこうかな」と高見沢さん。
*最年長新人バンドの割に今後も衣装を新調する模様です。

*着替えて来た桜井さん、肩に米俵サイズのスイカみたいなのを抱えて登場。
*加山雄三さんの名台詞「海は好きだなぁ」と「ウリは好きだなぁ」と決める桜井さん、可笑しい。
*それだけの為に大きなウリを抱えてきたのかと思うと…ホントに可笑しい。
*今年、傘寿を迎えた加山雄三さんの話題。
*先日「Mフェア」で共演したアルフィーですが、桜井さんが思わず「加山さんてバケモンですよねー」と言ってしまっても、「これからバケモン目指すよ〜」と明るく返してくれた器の広い加山さんに胸を撫で下ろしたとか。
*芸歴の長いアルフィーにとっても偉大なる大先輩の加山さん、丁度、今日このステージでリハしていた時にApple Watchを腕に嵌めていた高見沢さんの液晶画面にメール受信の表示が出て差出人が「加山雄三」とあり、リハ中なのに「加山さんからメールだああああ」とビビッてしまったそう。

*そんな加山さんへの敬意を込めて『夜空の星』を披露。
*高見沢さんは加山さんから贈れたモズライトで演奏していました。
*続いて『フリフリ』『好きさ 好きさ』『Dancing 60's』と振り付けの宿題が出ていた楽曲3連発!
*『フリフリ』のノリが何気にハードである!
*時折、高見沢さんがペンラを片手に持って振る程度で3人は演奏に集中。
*でも桜井さんはたまにキュートなダンスを披露しておりました♪
*振り付けの見本とかがある訳ではないので自分の記憶頼りで踊るしかありません(笑)
*でも全体的に皆さん自分流にアレンジしている感じでフリーダム。でも揃って見える不思議。
*別に無理にペンラを2本持たなくても1本でもいけそうな感じでした。
*しかしキラキラ☆に揺れる観客は綺麗だったな。


*演奏が終わり、3人がステージを去っていくと当時にステージに幕が降りて「これより10分間の休憩に入ります」というアナウンス。


*ピッタリ10分後に第2部開演。
*幕が上がるなりステージ3人が出ていました。
*ステージ後方には太陽のマークのようなモニュメントが登場。
*いきなり『悲劇受胎』!!ハードなOPです。
*前奏に合わせてステージ後方で炎が噴き上がる特効が!
*高見沢さんがシルバーのキラッキラのお衣装でしたが、二の腕部分がシースルーになっていてパッと見ラインストーンが腕に直接付いているようなデザインで超好み!
*変にムキムキの腕を強調しないでゴージャス感が出ていて良い♪
*ギターも全体にラインストーンが埋め込まれたFlying-Aだったので全身ギラッギラな高見沢さんでした。
*幸ちゃんと桜井さんの衣装が曖昧なんですが、お二人とも淡い色のスーツだったはず。

*続いて高見沢さんのギターソロから『American Dream』!
*幸ちゃんがハンドマイク持ってステージの下手、上手を動きまくり。
*そして『ジェネレーション・ダイナマイト』とハードなナンバーが3連発!!
*メタル好きとしましては、このセトリは大興奮でした♪
*一気に汗を掻いた(笑)

*そんな熱気ムンムンになったところで緩い幸ちゃんのMCに入り観客は着席タイム。
*第1部は新人バンドが賑やかにやったけど第2部はアルフィーをがっつりやると。

*そして桜井営業部長によるパンフ宣伝コーナー。
*幸ちゃんによると営業部長の活躍により去年のTOURパンツは完売したとか。
*「この春フェスタも頑張ってもらいましょー!」の声に上がった拍手は全体の5割(笑)
*支持率50%とか幸ちゃんに言われていた…。
*「私、その50%の方の為に頑張って宣伝していきたいと思います!」
*しかし春TOUR 3本目のせいか色々と間に合っていなくてパンフの表紙の引き伸ばし写真はまた後日…。
*それでも世界の祭りに扮した3人のソロショットは引き伸ばしが間に合ったと(笑)
*どうしてもオチになってしまう桜井さん。でも法被姿はお似合い。
*ただ相模大野で本当のオチになったのはリオのカーニバルに扮した高見沢さん。
*「ビキニ(女性ver)を着れば良かったのに」と言われて観客が大歓声。
*「約8割の人が歓声を上げたね。さっきの桜井の支持率よりも高い!(笑)」
*「残り20%の方が正常なんですからねー」
*相模大野の観客の約8割が変態扱いされてしまった(笑)
*高見沢さんはビキニ姿を披露するのは例えバックショットでも断固拒否するそうです。

*そんな高見沢さんのビキニ姿のネタで盛り上がった後にバラード曲『BELIEVE』
*この切り換えの潔さがアルコンの醍醐味ですね。
*高見沢さんは白のRELISHギターで演奏していたかな。
*黒のRELISHギターもThe KanLeKeeZの時に活躍していました。
*そして『DNA Odyssey』。久し振りな感じ。
*この組曲を座ったまま聴くというのも新鮮。複雑な演奏がジックリ観察できて良いですな。

*そして高見沢さんのMCに入り『DNA』は今でこそ当たり前に聞く単語だけど1989年の時は浸透していなかった。そこに目を付けた俺って凄い。と自画自賛(笑)
*真面目なトークになるかと思いきや、「桜井のDNAなんて薄っぺらい」とか言いたい放題。
*幸ちゃんに「DNAは何の略か知っているか?」と振ったら、田中角栄さんの口調で「デオキシリボかくさんっ!」と言ったもんだから、桜井さんと高見沢さんがバカ受けしちゃって進行不能に(笑)
*なんとか「みんなのDNAにはアルフィーの音楽が刻み込まれている」と軌道修正。
*その次の世代にもアルフィーの音楽を刻み込んだDNAを受け継いでいって貰いたいそうです。
*50年後くらいにはアルフィーは火星だか金星だかに行っているらしいですが(笑)


*演奏に戻って『SLOW DANCER』で観客はスタンディング。
*今回なかなか意外なセトリが続きます。
*そしてこれまた久し振りな『LAST OF EDEN』。何気にハードな楽曲です。
*続いて『無情の愛X』と禁断の愛が続きます。
*この曲だったか前の曲だかでFlying Angel-Fantasia-が登場していたはず。
*高見沢さんがエンジェルギターで演奏している姿を見ると安心します♪
*そしてエンジェルギターでも最高峰にして武器と言われている電飾のアーク・エンジェルギターが登場。
*暗転したステージに映えまくりです。
*本編ラストは『Nouvelle Vague』、アーク・エンジェルの存在感をも凌駕する圧巻の演奏及びパフォーマンスでした!



【アンコール1】
*高見沢さんはデヴィッド・ボウイのプリントTシャツに同系色のサイケなノースリーブロングコートという衣装。
*しかし、幸ちゃんと桜井さんを見事に覚えていない。
*幸ちゃんは柄Tシャツで桜井さんは黒シャツに茶系のパンツだったと思うんだけどなぁ。
*高見沢さんがO.Z.Y-FLYING A-IV-ギターを持って『戦場のギタリスト』を演奏。

*演奏が終わるとステージが暗転して陽気なSEが流れる。
*そして巨大なビールジョッキを片手に黒の柄入りエプロンに赤い羽根が付いたチロリアンハットを被った桜井さんが登場。
*続いて背中に「祭」と書かれた青い半被姿の幸ちゃんが登場。めっちゃ似合ってる(笑)
*春フェスタということでドイツのオクトーバーフェストというスタンスで来たらしい桜井さん。
*しかし、色々と準備が間に合わなくて非常に中途半端な衣装になっていた(笑)
*それもこれも高見沢さんが寸前になって「アレをやろう!」とか「こうしよう!」とか突発的にアイディアを出してスタッフに指示するから。
*「舞台袖でスタッフは毎回泣いているからな!」とスタッフの代わりに訴える桜井さんであった。
*この時、高見沢さんはESPのStained Glassギターを持っていた為、桜井さんに近寄る度にグサグサ刺していたらしく「お前もっと丸いやつを持ってこいよ」と文句を言われていた(笑)

*GOODSの宣伝コーナーになり、去年に引き続き『メリーアン』とかを替え歌してPR(笑)
*ペンラのLOVE LOVE LIGHTの宣伝の時に幸ちゃんは「ラブ・スティック」と言い間違えてしまい「なんか厭らしい♪」と自爆(笑)
*↑更に「アルフィー以外では使わないでね!」と言ってしまい、全員「はっ!?」と絶句状態(笑)
*この相模大野が62歳最後のステージになった幸ちゃん、色々と壊れてしまったらしいです。
*くどいくらい高見沢さんから「坂崎は今日が62歳最後のステージ」と言われていましたからね〜。
*しかもLOVE LOVE LIGHTの宣伝の為に3人ペンラを片手に持って『Dancing 60's』だかを1フレーズ踊ったんだけど、誰1人ちゃんと踊れていなかったし揃ってもいないという素晴らしさ(笑)
*でも一応、3人とも例の振り付け動画はチェックしたんですね。

*そして、ただすけさんのキーボードソロから『星空のディスタンス」が演奏されたのですが、速やかに着替えに行った桜井さんとは対照的に半被姿のままステージに留まろうとした幸ちゃんが密かにツボでした。
*1テンポくらい遅れて「あ!俺も着替えなきゃ!」という感じで慌てて袖に下がった姿が可愛かった♪

*サポートメンバーを紹介して、前の3人にもいい加減に紹介して(笑)「今年〜ぃ、3回目の〜SWEAT&TEARS!!」と高見沢さんが叫んで『SWEAT&TEARS』へ。
*前奏と同時にカラフルな銀テープが観客に飛ぶ特効アリ☆
*高見沢さんが前に出て来て熱唱している間、高見沢さんのマイクスタンドの辺りで高見沢さんが落としたらしいピックを拾ってポケットに入れた幸ちゃんが…!相変わらずフリーダムです。
*ピックといえば、前回いつgetできたか思い出せないくらい久し振りに幸ちゃんのピックをgetできました。御守にしよう♪
*後奏では下手の花道に出た桜井さんが観客通路スレスレの所まで出ちゃうサービスっぷり。
*ラストの前に3人並んでのヘドバンも何気に桜井さんが一番頑張っていた!!

*最後は太郎さんもただすけさんも前に出て来て5人並んでお辞儀。
*ただすけさんは今年からメガネキャラになりましたね〜。


【アンコール2】
*時間が押していたのか直ぐに再登場してくれました。
*高見沢さんはロングジャケットを脱いで来ただけ、幸ちゃんと桜井さんに至っては衣装は変わらず。

*高見沢さんのMCに入り、熱狂的な盛り上がりをみせた相模大野の観客に感謝の言葉を述べ「俺達も3本目だというのに皆の凄い盛り上がりのお蔭で壊れちゃってまーす!」と断言。
*これからも目指せ加山雄三さんではないけれど、皆と共に夢を追い続けていきたいと熱く語ってくれました。

*そしてラストを飾ったのは『Never Ending Dream』

*春TOURらしい実に爽やかなエンディングとなりました。
*演奏が終わると3人ステージの前に出て来て三方向に深々とお辞儀。
*去り際に両手でガッツポーズしながらピョンピョン跳ねていた高見沢さんの姿が印象的でした。


空元気で参加したアルコンですがパワフル過ぎる御三方からエネルギーを一杯貰えた気分です。
翌日は在り得ないくらいの疲労感に襲われまして一夜の記憶も曖昧になってしまいましたが、あの3時間強の体験は自分にとって最高に楽しい時間であったことは間違いありません。本当にアルコンに参加できて良かったです。大袈裟に聞こえるかもしれませんが生き延びた気分です。


[No.101] 2017/04/17(Mon) 21:18:43

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS