[ リストに戻る ]
No.3735に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

   歳をとってから漫画家を目指すことについて - 流星光 - 2013/08/04(Sun) 09:42:52 [No.3735]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
歳をとってから漫画家を目指すことについて (親記事) - 流星光



以前から僕は、
歳をとってから漫画デビューを目指すのであれば、
即戦力が必要、と言ってきたと思います。

明確に、どういう場面で言った、というのはおぼえてませんが、
そう思ってきたので、そう発言していても不思議はありません。

しかし、「即戦力」って言われちゃうと、
プロでもない「漫画家志望」の人は、びびっちゃいますよね。

その「即戦力でなくてはダメ」という言葉に怖気づいて、
挑戦することをあきらめてしまう人もいると思います。


僕も、昔にデビューして、漫画家としてお金をもらってきましたが、
この歳になって、さあ何を描いて持ち込もう、と思ったとき、
いろいろ考えるところがあります。

46歳が、20の若者が描くようなモノ描いて持ってっても
ダメなんじゃないか…。

とか。

46歳なりの、重厚な、人生経験の詰まった漫画じゃないと
いけないんじゃないか…。

とかです。

今まで僕は、そういう考えでした。

でも、ちょっと違うんじゃないかって最近は思ってます。

上のような考え方が、いわゆる「年寄りの考え方」なのではないか
って思うようになりました。

何歳になっても、おっさんになっても、
少年が描くような、夢いっぱい荒唐無稽なとっぴなお話が描ける、
それが大切なのではないかって思ったりします。

人生経験は、細かい部分にあらわれます。

どんなに歳をとっても、自由な発想で、少年っぽい荒々しさで、
稚拙で幼稚な作品を、

「これ、見てください!」

って持って行けるって、一つの才能ですよね。

そんなことを、最近思うようになっております。

以上、一人ごとでした。
失礼しました。


[No.3735] 2013/08/04(Sun) 09:42:52

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS