--> [ リストに戻る ]
No.15712へ返信

all アンプについて - ピタゴラ - 2018/05/19(Sat) 17:09:38 [No.15646]
Re: アンプについて - 代表 清原 - 2018/05/19(Sat) 19:48:22 [No.15647]
Re: アンプについて - ピタゴラ - 2018/06/29(Fri) 18:58:37 [No.15710]
Re: アンプについて - 代表 清原 - 2018/06/30(Sat) 12:18:51 [No.15712]
Re: アンプについて - ピタゴラ - 2018/05/20(Sun) 17:36:51 [No.15648]


Re: アンプについて (No.15710 への返信) - 代表 清原

ピタゴラさん、こんにちは。

> その後、両方の試聴機をお借りしました。

ありがとうございます。

> もともとPM14S1/Masterねらいだったので、そちらから聴いてみました。
> Toneコントロールバイパス、CD入力はかなり細やかに音が聞こえたのですが、
> LINE-1入力でToneコントロールをONにした方が、
> 真空管アンプに近いマイルドな音が出て、私にはこちらの方が聴きやすいと感じました。
> 総じて解像度の高い高性能なアンプだと感じました。


鳴らし込めば、鳴らし込むほど、音が柔らかくなってくるのですが
かなり長い時間かかります。貸し出し機は、まだそこまで鳴らして
いないので、お聞きになった感想は当てはまると思います。

> その次にPM8006/Studioを聴いたのですが、
> 実はこちらは価格からしてPM14S1/Masterほどは期待していませんでした(すみません)。


PM8006の回路は、ボリュームの変更で、ほとんどSA14 S1と同じになりました。
違うのは電源の容量と基板がモノラルではなく、ステレオになっていることです。

しかし、基板がステレオになっていることで、
チャンネルセパレーションが低下した結果
センターの定位が濃くなっているのだと思います。

また、基板の強度が低下したことで
SA14S1よりも響きが豊かになっているのでしょう。

> しかし、音を聴いてびっくりしました。
> TRV-88SER/Vintageとほとんど変わらない音が出たからです(少なくとも私の耳では)。
> 音楽の抑揚や響きのよさ、音色の美しさは、
> TRV-88SER/Vintageから機器を交換したことを知らされなければ
> 気付かないかもしれないと思うほどよく似ていました。
> ベースモデルが全く違うのに、こんなことがあるんだと驚きました。


AIRBOW製品は、まれですが、音決めしている人間が一人(清原)なので、
ベースモデルが変わっても出てくる音には一定の共通点があります

しかし、すり替えても分からないというのは
よほどチューニングがうまくいっているのだと思います。

> 2機種を比べて私が気に入ったのはPM8006/Studioです。
> これなら、TRV-88SER/Vintageの後継機として使っていけると思いました。
> 購入を前向きに考えようと思います。


ありがとうございます。
良い意味で、PM8006 Studioの「LoHi(ハイファイじゃない部分)」が
TRV-88SER Vintageと同じ味を出したのでしょう。

> この価格でここまでの音が出せるPM8006/Studioはすごいですね。
> 実機を聴き比べてみたのは正解でした。
> 自宅で聴くことができる試聴機貸出の制度は本当にありがたいと思います。
> これからもAIRBOW製品に注目していきたいと思います。


ありがとうございます。
今後もよろしくお願いいたします。


[No.15712] 2018/06/30(Sat) 12:18:51

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS