--> [ リストに戻る ]
No.15809へ返信

all Focal dimension - グリーン - 2018/10/01(Mon) 12:17:44 [No.15808]
Re: Focal dimension - 代表 清原 - 2018/10/01(Mon) 13:56:05 [No.15809]


Re: Focal dimension (No.15808 への返信) - 代表 清原

グリーンさん、こんにちは。
お問い合わせ誠にありがとうございます。

> Focal dimensionの購入を検討しております。

承知いたしました。

> サウンドバーでデザインもスタイリッシュだとは思いますが、
> 一般的なAVアンプとスピーカーの組み合わせと比較すると
> どの程度の価格帯の商品と同程度の音質なのでしょうか。
> (ヤマハ AVENTAGE RX-A1080+Focal chorus 705等)


これはなかなか難しいご質問です。

と言うのも、一般的なオーディオ(サラウンド含む)の
音質の決め手の半分以上は「スピーカーセッティング」と
「ルームアコースティック」が占めているからです。

と言いますのも、私たちがリスニングポジションで聞いている
音の半分以上は、天井や壁からの反射だからです。
家具をい入れない部屋では、吸音が行われず。
高音が反射し続けて(フラッタエコー)話し声が
キンキンして聞き取りにくくなります。

こんな部屋ではどんなに良いスピーカーを入れても
良い音は期待できません。下手をすると、
100万円のスピーカーと10万円のスピーカーの音が
同じに聞こえ兼ねません。

それに対し、サウンドバーは、スピーカーそれぞれの
位置が固定されているので部屋の影響を受けにくく
どのような使い方でも、音質がそれほど大きく左右
されないという長所があります。

しかし、サウンドバーでは、すべてのスピーカーが前方に
ありますから、立体感では、通常のサラウンドに敵わない
欠点があります。

そこで、ステレオソースに限っての比較でお話をしたいと思います。

Focal Dimensionは、ヤマハならV585もしくは、A780程度の
AVアンプに、ペア数万円程度のスピーカーとそこそこの
サブウーファーを組み合わせた程度の音質だと思います。

一般的なサウンドバーと比べると、圧倒的に音は良いですが
ヤマハ AVENTAGE RX-A1080+Focal chorus 705等のクラスよりは
明らかに質は落ちると思います。

便利なのとスタイリッシュなところをご評価下さい。

ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.15809] 2018/10/01(Mon) 13:56:05

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS