--> [ リストに戻る ]
No.15866へ返信

all (No Subject) - AIKICHI'SPAPA - 2018/11/03(Sat) 07:58:09 [No.15863]
Re: (No Subject) - 代表 清原 - 2018/11/04(Sun) 12:40:57 [No.15866]
Re: (No Subject) - 代表 清原 - 2018/11/04(Sun) 12:43:34 [No.15867]


Re: (No Subject) (No.15863 への返信) - 代表 清原

AIKICHI'SPAPAさん、こんにちは。
お問い合わせ誠にありがとうございます。

> 今夏、居室の障子張り替えの際、
> 塩化ビニール樹脂を和紙で挟んだ「ホームワーロン」という
> 「強化障子紙」を使いました。
> 普通の障子紙に比べ、とても「丈夫」という説明でしたが、
> 太鼓の皮みたいに「反響音」が物凄く真面に音楽を聴けません。


そうですね、三味線の皮と同じ状態になっていると思います。
高い周波数を反射共鳴するのが問題ですね。

> 「カーテン」で障子を隠し、過度な「反響音」を抑えなければ…と
> 考えております。
> 「カーテン」の素材や厚さについてご教示願えませんでしょうか?


やってみなければ分からないというのが前提ですが、

私なら「裏側が透けて見えるようなレースのカーテン」を選びます。

なぜならば、音はレースのカーテンを通過するときに減衰し
障子紙を揺らすことでもう一度減衰し、障子紙からの音が
再びレースのカーテンを通過して戻るときに減衰するので
都合「3回」の吸音効果がが得られるからです。

厚手のカーテンでは、それ自体が音を吸収すると共に反射します。
柔らかく音を吸収しそうな素材で、音を通過させられる薄手の生地の方が
上のような理由で、逆に減衰効果が大きいのです。

また、光の通過するので、インテリアをそれほど
悪くすることもありません。

一度お試しいただければと思います。


[No.15866] 2018/11/04(Sun) 12:40:57

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS