--> [ リストに戻る ]
No.16014へ返信

all [ひとこと]インプレッション] TL3 3.0 Analogue 試聴... - まぐさん - 2019/02/11(Mon) 13:44:22 [No.16010]
Re: [ひとこと]インプレッション] TL3 3.0 Analogue ... - 逸品館 代表 清原 - 2019/02/12(Tue) 12:47:57 [No.16014]


Re: [ひとこと]インプレッション] TL3 3.0 Analogue 試聴メモ [のはずが長いw] (No.16010 への返信) - 逸品館 代表 清原

まぐさん、こんにちは。

詳細なレポートありがとうございます。

最近のオーディオ製品は、軒並み音質が向上してきて
昔ほど、AIRBOWカスタムモデルとベースモデルの
「音質差」は、パッと聞いて全然違うと分からない
ケースも出てきました。

また、そのために(特にmarantz製品)音質改善に
昔よりも幅広く多くのパーツを交換する必要が
出てきました。

しかし、ベースモデルの音質向上によって、
AIRBOWカスタムモデルは、音質をむやみに追わずに
より「情緒的な部分(心に触れる部分)」を追求
できるようになってきたのも事実です。

また、私自身加齢により、音質よりもその中身(音楽性)を
より強く求めるようになってきました。

TL3 3.0では、かなりの部分のパーツを交換しています。

その結果、聞こえないような部分の表現力が
大幅に向上しています。

トレーニングを積んだ私が聞けば、音の違いはもちろん
ハッキリと分かります。そうでなければ、音を作れないですし。
例えれば、料理人が、使われている調味料をハッキリと
言い当てられるのと同じです。

けれど、料理を食べる人は、どこがどうなっているのかは分かりません。
また、それが分かるようでな(バレてしまうようでは)まだまだ
その料理の完成度は先があると言うことです。

TL3 3.0 Analogueに関わらず、最新のAIRBOWモデルでは
元々の味わい(ベースモデルの音)をがらりと変えられる
訳ではありませんが、料理としての音の味わいの完成度への
こだわりはどんどん強くなっています。

TL3 3.0 Analogueをご愛用頂くと(聞き続けて頂くと)
次に、普通の音を聞いたときの落差は、今よりももっと
大きく感じられるようになってくると思います。

今回、TL3 3.0 Analogueを高く評価下さり
とても嬉しく思います。

末永くご愛用下さいますよう、心よりお願い申し上げます。


[No.16014] 2019/02/12(Tue) 12:47:57

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS