--> [ リストに戻る ]
No.16331へ返信

all SWING-CHIP Audioの使い方について - 内藤 - 2019/10/10(Thu) 22:13:33 [No.16328]
Re: SWING-CHIP Audioの使い方について - 逸品館 代表 清原 - 2019/10/11(Fri) 13:49:24 [No.16331]
Re: SWING-CHIP Audioの使い方について - 内藤 - 2019/10/11(Fri) 16:50:23 [No.16332]


Re: SWING-CHIP Audioの使い方について (No.16328 への返信) - 逸品館 代表 清原

内藤さん、こんにちは。
お問い合わせ誠にありがとうございます。

> 毎度お世話になっております。
> 先日、御社airbowのSWING-CHIP Audioを購入させていただきました。
> アンプの四隅に貼り付けたのですが、楽器のパワー感、空間の立体感が増大し、
> 価格に比して効果の高いアクセサリかと思いました。


このアクセサリーは、振動を消すのではなく、
振動の中で不要なものを除去しつつ、音楽的な
振動(楽器の響きや伸びやかさなど)を司る
部分を増強する働きを持っています。

そのために楽器のように響きながら、形状や素材の
固有に音は出ないような設計になっています。

> さて、ここからが本題ですが、このアクセサリは貼り付ければ貼り付けるほど
> 効果が倍増する類のものなのでしょうか。
> 聞かれたことがあれば幸いですが、harmonixのRF-5700という製品が極めて
> 類似の製品と思われます。(値段はharmonixのほうが圧倒的に高いですが)
> こういった製品に貼り付ける調音チップに関し、harmonixは貼れば貼るほど
> 効果が高まると主張しておりますが、御社のチップは如何でしょうか。


オーディオアクセサリーでは、たくさん使えば効果が高まるというのは
あらゆる分野のもので間違いです。それは、より多く売るための
まやかしだと私は考えています。

スイングチップにかかわらず、オーディオアクセサリーは
料理に振りかけるスパイスのようなものです。

かければかけるほど、スパイスの味が強くなり
最後には、スパイクの味しかしなくなります。

なので、ある程度の量を境目に、音質がアクセサリーに
支配されるようになります。

ある程度までは良くなり、そこからは行き過ぎますので
適度な数量と貼付するポイントをお探し下さい。

その境目がどこなのかは、システムの環境や
リスナーの好みで変わりますので、私から特別に
何か申し上げられることはございません。

ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.16331] 2019/10/11(Fri) 13:49:24

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS