--> [ リストに戻る ]
No.16334へ返信

all dBpowerampのメリット - ピタゴラ - 2019/10/12(Sat) 09:00:42 [No.16334]
Re: dBpowerampのメリット - 逸品館 代表 清原 - 2019/10/13(Sun) 15:46:43 [No.16339]
Re: dBpowerampのメリット - ピタゴラ - 2019/10/13(Sun) 21:37:06 [No.16345]
Re: dBpowerampのメリット - ショパン - 2019/10/12(Sat) 13:20:24 [No.16335]
Re: dBpowerampのメリット - ピタゴラ - 2019/10/12(Sat) 19:58:54 [No.16336]


dBpowerampのメリット - ピタゴラ

最近のAIRBOWミュージックPCには、dBpowerampを搭載したものが増えていますね。
私はまだAIRBOWミュージックPCを導入していませんが、
Windows PCでもHQPlayerを使い、DACさえよいものを選べば、
AIRBOWミュージックPCほどではなくても、
それなりによい音で楽しめると感じています。
そこで、dBpowerampについてお尋ねします。

私が集めた情報では、
「dBpowerampはCDをリッピングの段階でハイレゾ化(アップサンプリング)できるのが大きな特徴」
ということなのですが、
過去の掲示板のコメントを見ると、「リッピングソフトの違いによる音質の差はほとんどない」という見解のようです。
16bit/44.1kHzでリッピングする場合、dBpowerampを使うメリットはあるのでしょうか。
HQPlayerがあれば、元のデータがハイレゾでなくても、
16bit/44.1kHzの音源をリアルタイムでハイレゾ化、高音質化できるので、
上記の見解をそのまま当てはめると、
あえてdBpowerampを使う必要はないのではないかと思うのですが、いかがでしょう。
もちろん、dBpowerampには他の機能も加わっているので、その恩恵は受けられると思いますが、
「16bit/44.1kHzでリッピングする」ということに限定した場合、
音質面でのメリットがあるかどうか、教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。


[No.16334] 2019/10/12(Sat) 09:00:42

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS