--> [ リストに戻る ]
No.16366へ返信

all デジタル臭くない分厚い音について - ハーゲン - 2019/11/23(Sat) 22:27:42 [No.16365]
Re: デジタル臭くない分厚い音について - 逸品館 代表 清原 - 2019/11/24(Sun) 14:34:02 [No.16366]
Re: デジタル臭くない分厚い音について - ハーゲン - 2019/11/24(Sun) 22:21:53 [No.16367]
Re: デジタル臭くない分厚い音について - 逸品館 代表 清原 - 2019/11/26(Tue) 16:05:35 [No.16369]


Re: デジタル臭くない分厚い音について (No.16365 への返信) - 逸品館 代表 清原

ハーゲンさん、こんにちは。
お問い合わせ誠にありがとうございます。

> 昨日行ったインターナショナルオーディオショーの
> ヨシノトレーディングのブースでは
> スピーカーにDiapasonのAstera、
> プリ912、パワー509、acute classicを
> 組み合わせて鳴らしていました。


ヨシノトレーディングのブースで
ティム・デ・パラビチーニさんが
出している音の良さは、「音源」に起因します。

しかし、そういう「ソース(音源)」は
世の中に存在しませんし、
システムを入れ替えた程度では
近づくことは出来ません。

レコードにしろ、テープにしろ、デジタルと根本的に違うのは
「時間軸上で前後の音が重なる」ことです。

レコードのテープもある程度の「面積」で音を記録します。
スタイラスをどれだけ鋭くしても、ヘッドののギャップを
どれだけ狭くしても「一瞬の音」だけを記録再生することが
出来ず、僅かでもその前後の音が重なります。

この「重なり」がアナログ的な滑らかさや、独特の厚みを
生み出しています。

ティムと旧知の仲なので、彼が到達した
最高のサウンドをお披露目する意味は分かりますが、
そもそも、「ユーザーに販売することが出来ない製品や
音をお披露目するのは、誤解を招くこともあると思います。

私も自分自身が録音した「音源」を持っていますが
「売れないものはイベントに使わない」という
自分なりの規則を守って、イベントの音は出しています。

また、ディアパーソンのスピーカーも現在お使いの
スピーカーを超えるほどのものではありません。

聞いた事を忘れるのが一番の方法ですが、
どうしてもと言うことであれば、
「前後の響きを重ねる方法」として
良く出来た真空管の響きを利用することで
「それらしさ」を演出できます。

最近取り扱いを開始したMANLEYのプリアンプ
NEO Classic 300Bを試されることをおすすめします。

https://www.youtube.com/watch?v=bzum09HKfcU


ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.16366] 2019/11/24(Sun) 14:34:02

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS