--> [ リストに戻る ]
No.16750へ返信

all DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/23(Thu) 17:17:49 [No.16744]
Re: DMS-i3、アンプについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/05/05(Tue) 15:19:10 [No.16788]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/05/06(Wed) 09:57:02 [No.16790]
Re: DMS-i3、アンプについて - 内藤 - 2020/05/06(Wed) 18:27:10 [No.16791]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/05/06(Wed) 20:14:55 [No.16792]
ありがとうございました - ピタゴラ - 2020/05/27(Wed) 19:20:07 [No.16825]
Re: ありがとうございました - 内藤 - 2020/05/27(Wed) 23:09:33 [No.16826]
Re: DMS-i3、アンプについて - ショパン - 2020/04/25(Sat) 02:41:50 [No.16763]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/26(Sun) 14:47:11 [No.16766]
Re: DMS-i3、アンプについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/04/24(Fri) 13:50:04 [No.16750]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/24(Fri) 17:53:34 [No.16751]
Re: DMS-i3、アンプについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/04/24(Fri) 19:38:03 [No.16754]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/24(Fri) 20:29:08 [No.16758]
Re: DMS-i3、アンプについて - 内藤 - 2020/04/24(Fri) 22:02:48 [No.16759]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/26(Sun) 14:37:09 [No.16765]
Re: DMS-i3、アンプについて - 内藤 - 2020/04/27(Mon) 20:21:40 [No.16767]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/28(Tue) 21:20:27 [No.16768]
Re: DMS-i3、アンプについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/05/01(Fri) 14:58:48 [No.16773]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/05/01(Fri) 18:38:59 [No.16777]
Re: DMS-i3、アンプについて - 内藤 - 2020/04/24(Fri) 19:29:49 [No.16753]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/24(Fri) 20:03:10 [No.16757]
Re: DMS-i3、アンプについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/04/24(Fri) 19:48:30 [No.16756]


Re: DMS-i3、アンプについて (No.16744 への返信) - 逸品館 代表 清原

ピタゴラさん、こんにちは。
お問い合わせ誠にありがとうございます。

> 「DMS-i3」について
> 昨今御社ではミュージックPCに力を入れておられるようですが、


ディスク再生の環境や音質は、今後大きな発展が期待できません。
可能性としては、CDプレーヤーやDAC内部での「アップコンバート」が
考えられますが、現時点ではまだ高価です。

今後、DACチップ内部での「アップコンバート」が
もっと高音質化すれば、CDプレーヤーの音質向上は
考えられますが、ディスクメディアだけを切り離して
考えるのが合理的ではないと考えます。

その最も大きな理由は「ソフトに必要なコスト」です。

議論を待つまでもなく、ディスクやダウンロードで音楽を
「購入」するよりも、音楽を聞く権利を「レンタル」する
方がずっと安く、ストリーミングサービスを使うことで
より多くの音楽を、より早く、よりやすく聞けるようになります。

> 過去の音質テストを拝見すると、サーバーを良質なものに変えるだけでも、音がよくなるとのことですね。

ここで重要なのは、ストリーミングやリッピング、ダウンロードした
「デジタルデーター」の高音質再生です。

それを合理的に可能とするのは、高速通信、高速データ変換
高速伝送が可能な、PCをベースとしたオーディオになります。

> 私は時々WindowsでApple Music(iTunes)やSpotifyなどのストリーミングサービスを聴くのですが、
> これらのサービスは、音楽データをストリーミングだけでなく、ダウンロードして聴くこともできます。
> そこで、ダウンロードした音楽データをDMS-i3に取り込み、
> そこからWindowsで再生するなどの利用を検討しています。
> そうすれば、ストリーミングや、PC本体・ハードディスク等にデータを保存して聴くより、
> もっとよい音で聴けるのではないかと考えています。
> ちなみに、DACはHD DAC1 Specialを使用しています。
> また、普段はTL3 3.0 Analogueを使用しています。


ありがとうございます。

> そこで2点、質問したいと思います。

承知いたしました。

> このサーバーは、バッテリーを内蔵していないため、
> 停電等により電気の供給が突然止まると、故障するという話を聞きます。
> よって無停電電源装置(UPS)の設置が必須になると考えます。
> 私は無停電電源装置(UPS)について詳しくないのですが、調べてみると、
> @常時商用給電方式
> Aラインインタラクティブ方式
> B常時インバータ方式
> の3方式があって、@・Aについては比較的安価だが、停電の際にごく僅かな電気の瞬断があり、
> Bはその心配はないけれども、導入に大きなコストがかかるようです。
> DMS-i3にはどれが適していますか。


万一、停電などのショックにより、DMS-i3のソフトウエアが壊れた場合の
修理費用は、数万円以内です。

また、無停電電源装置ですが、
https://www.apc.com/shop/jp/ja/products/P-BE425M-JP
例えば、これくらいのものでも使えると思います。

> CDからリッピングしたデータをDMS-i3に保存し、HQPlayer(Windows)で再生することも考えています。
> HQPlayer3は2万円程度で入手できますし、機能(スペック)としてもこれで十分なのですが、
> 今後数年のうちにサポートがなくなっていくのではとのうわさもあります。
> そう考えると、HQPlayer4の導入が現実的かとも思いますが、かなり高価です。
> HQPlayer3、4を導入したとして、それぞれ何年ぐらい使い続けられるものなのでしょうか。


残念ながら、HQ Playerは私どもの会社ではありませんので
先のことを知ることはできません。

> また、一度導入した後、アップデートなどで追加費用がどのくらいかかるものなのでしょうか。

この点につきましても不明瞭です。

ただし、HQ Player3は、原稿で発売されていますし
機能的なバージョンアップはありませんが、
使い続けられるように細かなアップデート
は行われる可能性があります。

HQ 4は、今後も発展して行くでしょう。

> 「アンプ」について
> 現在使用しているのはPM8006 Studioですが、これがとても芳醇な音で大変気に入っています。
> 一方、以前PM12 Masterの試聴機をお借りしたのですが、これもかなり魅力的でした。
> 現在はFinal Versionになっていますが、これを導入して、
> PM8006 Studioはサブシステムに回すことも考えています。
> お尋ねしたいのは、アンプの寿命です。
> 使用頻度は一日1時間程度ですが、
> PM8006 StudioとPM12 Masterを比較した場合、どちらが寿命が長いですか。
> PM12 Masterのほうがデジタルなので発熱が小さくて、長持ちするのではと、
> 勝手に想像していますが、いかがでしょうか。


AIRBOWのアンプは、驚くほど長寿命です。

真空管アンプ(真空管の交換が必要)を除き
毎日、数時間使って、20年近く問題のない
音質で動作すると思います。

ただし、電子的なスイッチを使わない機械的なセレクターや
ボリュームを使うモデルは、その部分が痛みます。

> 最後に・・・
> DMS-i3の導入とアンプの導入は、予算の都合で両方一度には難しいです。
> どちらを先にしようかと少し悩んでいます。
> PM12 Masterは、Final Versionの残り数が少ないとも聞きますので、
> こちらが優先かなとも思いますが、ちょっと迷っています。
> アドバイスいただければ幸いです。
> よろしくお願いいたします。


まず、PM12 OSE Masterは、ほぼ完成していて、
Final Versionよりも高音質です。
その分価格が高くなります。
PM12 Final Versionはお買い得です。

ですが、今回は「フロントエンド(PC)」を交換する方が
音質改善効果は大きいです。

そこで、お伝えしたいことがあります。

2ヶ月以内に、ミュージックPCのエントリーモデルを発売します。

価格は、ソフト込みで約30万円程度になりますが、
HQ Player Embeddedを搭載します。

この新型ミュージックPCに「HD-DAC1 Special(USB-DAC)を接続し
HQ Player Embeddedを立ち上げて、WindowsなどのWEB ブラウザーから
設定を行うと、、Windows、Mac、などからは「メディアプレーヤー」と
して認識され、それを選んで再生すると、Windows(Mac)からは
新型ミュージックPCに「音楽データ」だけが送られます。

ネットワーク経由で音楽データーを受け取った新型ミュージックPCは
受信したデーターをHQ Player Embeddedで「アップコンバート」して
HD-DAC1 Specialから高音質を引き出します。

このモデルであれば、現在の環境をまったく変える事なく
USBで繋いでいる、HD-DAC1 SepcialとWindows PCの間に
ネットワークケーブルで新型ミュージックPCを接続し
そこに、HD-DAC1 SpecialをUSB接続するだけで
外部に高音質NAS(DMS-i3)を購入するよりも
遙かに大きな音質改善が実現します。

ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.16750] 2020/04/24(Fri) 13:50:04

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS