--> [ リストに戻る ]
No.16754へ返信

all DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/23(Thu) 17:17:49 [No.16744]
Re: DMS-i3、アンプについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/05/05(Tue) 15:19:10 [No.16788]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/05/06(Wed) 09:57:02 [No.16790]
Re: DMS-i3、アンプについて - 内藤 - 2020/05/06(Wed) 18:27:10 [No.16791]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/05/06(Wed) 20:14:55 [No.16792]
ありがとうございました - ピタゴラ - 2020/05/27(Wed) 19:20:07 [No.16825]
Re: ありがとうございました - 内藤 - 2020/05/27(Wed) 23:09:33 [No.16826]
Re: DMS-i3、アンプについて - ショパン - 2020/04/25(Sat) 02:41:50 [No.16763]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/26(Sun) 14:47:11 [No.16766]
Re: DMS-i3、アンプについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/04/24(Fri) 13:50:04 [No.16750]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/24(Fri) 17:53:34 [No.16751]
Re: DMS-i3、アンプについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/04/24(Fri) 19:38:03 [No.16754]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/24(Fri) 20:29:08 [No.16758]
Re: DMS-i3、アンプについて - 内藤 - 2020/04/24(Fri) 22:02:48 [No.16759]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/26(Sun) 14:37:09 [No.16765]
Re: DMS-i3、アンプについて - 内藤 - 2020/04/27(Mon) 20:21:40 [No.16767]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/28(Tue) 21:20:27 [No.16768]
Re: DMS-i3、アンプについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/05/01(Fri) 14:58:48 [No.16773]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/05/01(Fri) 18:38:59 [No.16777]
Re: DMS-i3、アンプについて - 内藤 - 2020/04/24(Fri) 19:29:49 [No.16753]
Re: DMS-i3、アンプについて - ピタゴラ - 2020/04/24(Fri) 20:03:10 [No.16757]
Re: DMS-i3、アンプについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/04/24(Fri) 19:48:30 [No.16756]


Re: DMS-i3、アンプについて (No.16751 への返信) - 逸品館 代表 清原

ピタゴラさん、こんにちは。
お問い合わせ誠にありがとうございます。

> 新しいPCモデルが出るとのこと、少し興味が湧きました。
> その上で、いくつか質問があります。


承知いたしました。

> (質問1)
> PCは、従来のオーディオ機器に比べて、より出費が多いと聞きます。
> それは、先にも申し上げたように、ソフトを使用するため、
> それをサポートするのに多額のランニングコストがかかるのではないかということです。
> 製品の価格と機能・音質だけに注目すれば、コストパフォーマンスが高そうにも見えますが、
> ソフトのアップデートやバージョンアップに伴って、数万単位のお金がかかるとも聞きます。


ソフトは、一年単位でアップデートされます。
搭載するアプリケーションで最も高価なものは
HQ Playerですが、このアップデートは無償です。

その他のソフト、
J River、db Poweramp、Aseet UPnPなどは、
毎年、3千円程度のアップデート費用がかかります。

ただし、搭載するアプリのアップデート時に
OSのアップデートが必要な場合は規模にもよりますが、
アプリのアップデート費用意外に、1-2万円程度の
OSアップデート費用がかかります。

> また、以前、この掲示板においても、故障したときにどのくらいの費用がかかるか、故障してみないと分からないというお話がありました。

ソフトウェアのクラッシュは、たいていの場合
アップデートされることが多いので1-2万円程度、
修理と同時に「最新の状態」にアップデートされます。

ハードウェアの故障は、非常に少ないのですが、
壊れてみないと、故障箇所が特定出来ず修理費が不明です。
ただし、ハードウェアの価格は実費で販売価格の
1/2程度なので、最大でも購入価格の半分は超えません。
一般的なオーディオ機器と比べて、故障の頻度は少なく
修理費も極端に高いということはありません。

> ソフトの進化にハードが追いついていけなくなると、
> 機器そのものを買い換えなければならないというような話もあります。
> 機器の寿命もどれほどのものか、はっきりしません。


最長で10年程度だと思われます。

> Webブラウザソフトなどの更新も止めているため、
> 例えばYouTubeなどがバージョンアップした際、
> 見られなくなってしまうという事例もあるとのことです。
> 御社スタッフからも、かなり費用がかさみますよとお話をいただいています。


OSのバージョンアップは、毎回行えば上記の価格で収まりますGが、
5年ぶりにバージョンアップというような場合は
大規模な更新になりますから、動作検証も必要になり
3万-5万円程度の費用がかかることがあります。

> CDプレーヤーなら、よほど乱暴な扱いさえしなければ、5年に一回程度、
> ピックアップとベルトを交換すればすむ話なので、それほど費用がかからないと思っていますが、
> この点、いかがでしょうか。


ハードウェアのコストとしては、
PCは壊れなければ、費用はかかりません。

また、インターネットに繋がず、
アップデートも行わない場合、搭載する
OSはソフトも、5年程度であれば、
初期の状態のまま使い続けることは可能です。

もし、DACも含めなにも変更しなければ
壊れるまでそのまま使い続けることもできます。


> (質問2)
> 次に機能の面ですが、
> > この新型ミュージックPCに「HD-DAC1 Special(USB-DAC)を接続し
> > HQ Player Embeddedを立ち上げて、WindowsなどのWEB ブラウザーから
> > 設定を行うと、、Windows、Mac、などからは「メディアプレーヤー」と
> > して認識され、それを選んで再生すると、Windows(Mac)からは
> > 新型ミュージックPCに「音楽データ」だけが送られます。
> > ネットワーク経由で音楽データーを受け取った新型ミュージックPCは
> > 受信したデーターをHQ Player Embeddedで「アップコンバート」して
> > HD-DAC1 Specialから高音質を引き出します。


この点については、すこし訂正しなければなりません。

HQ Player4、HQ Embeddedが認識されるのは
「UPnP 2.0」規格に対応するアプリです。
著名なものでは、Roon、J Riverなどです。

なので、IEやChromeで受信したストリーミングサービスは
そのままでは、HQ Playerには接続できません。

>これは、Apple Music(iTunes)やSpotifyなどストリーミングサービスの
データをアップコンバートしてHQ Player Embeddedで再生できるということ
でしょうか。

この場合、PCのヘッドホン(イヤホン)などのアナログ出力を
AIRBOW ミュージックPCの別売アクセサリー「ADコンバーター」
でデジタル変換してHQ Playerに取り込む必要があります。
対応するHQ Playerのバージョンは、4もしくはEmbeddedのみです。

> そうだとすれば、その音質はTL3 3.0 Analogue程度のレベルに達しますか(音の傾向が違うことは想像できます)。

アナログ出力をデジタル変換してから、アップコンバートする音質に
関しては、まだ簡単なテストしかしていませんので、高音質は確認して
いますが、どの程度かは来週にでも早速検証します。

> これができるのなら、かなり値打ちがあると思います。
> 私は個人的には、Roonは永久ライセンスの費用が以前より値上がりしていることもあり、手が出ません。


Roonは、最近ライセンスについての考えを変えたようです。

まず、14日はトライアルで無料です。

その後は、10ドル/月の使用で使い続けられます。

> TIDALなども日本ではまだなじみがなく、表記も英語だとのことで、使うのに苦労しそうです。

オーディオと音楽的な用語なので、契約さえできれば
使うのはそれほど難しくないと思います。

また、Roonを併用すれば、さらに簡単です。


> 多様な音楽に気軽に触れるためのツールとしては、
> 月1,000円程度のサービスであるApple MusicやSpotifyなどぐらいまでが限界ですので、
> そのあたりがしっかりと使えるということでしたら、前向きな検討材料になります。


これらのサービスのアップコンバートは、デジタルのままではできず
一端アナログ変換してからの、アップコンバートとなります。

> (質問3)
> Apple Music(iTunes)では動画のサービスもありますが、その音声だけをAIRBOWのPCで再生し、
> ビジュアルはWindows PCからディスプレイ等で観るという使い方もできますか。
> 先ほど申し上げたようなYouTubeなども追加費用なしで、高音質で楽しめるのなら、願ったりかなったりです。


この場合も、PCや接続するDACのアナログ出力を
デジタルに変換してから、アップコンバートする方法で
あらゆる、音声を高音質化することができます。

> アンプの件について、寿命は心配なさそうなので安心しました。
> いずれにしても、これからも大切に使いたいと思います。


一ヶ月以内に、複数の新型ミュージックPCを発売します。

その後、ミュージックPCの利用方法を詳細に
HPやYouTubeへアップロードして行きます。

ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.16754] 2020/04/24(Fri) 19:38:03

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS