--> [ リストに戻る ]
No.16824へ返信

all BeatRackの費用対効果とほかの選択肢について - 内藤 - 2020/05/17(Sun) 04:34:50 [No.16811]
Re: BeatRackの費用対効果とほかの選択肢について - 逸品館 代表 清原 - 2020/05/17(Sun) 19:45:43 [No.16813]
Re: BeatRackの費用対効果とほかの選択肢について - 内藤 - 2020/05/17(Sun) 21:22:08 [No.16814]
BeatRackの導入感想とNeo Classic 300Bについて - 内藤 - 2020/05/20(Wed) 23:13:43 [No.16820]
Re: BeatRackの導入感想とNeo Classic 300Bについて - 逸品館 代表 清原 - 2020/05/22(Fri) 18:24:12 [No.16823]
Re: BeatRackの導入感想とNeo Classic 300Bについて - 内藤 - 2020/05/22(Fri) 19:01:55 [No.16824]


Re: BeatRackの導入感想とNeo Classic 300Bについて (No.16823 への返信) - 内藤

逸品館 代表 清原様


毎々お世話になります。

新しいプリアンプに関する選定等、御社のテストレポートを参照し、間違いのないプリアンプと確信しましたので、試聴なしで購入させていただきました。

逆に言うと、私は平凡な収入の人間ですので、今回は本当に無茶をしました。
ですので、Spring2 SpecialもEnterprise Sも将来的にも白紙とさせていただきます。ご容赦願います。

> > この素晴らしいプリアンプに関してですが、費用がすさまじいので、買い替えは将来的にもあり得ないと思います。御社が代理店ということですが、修理しながらならば10年、20年と使っていけるでしょうか。また、定期的にメンテナンス等を依頼しても大丈夫でしょうか?
>
> まず、MANLEYというメーカーですが、かなり長期的に安定した機器を送り出していますし、業務機としても(売り上げ全体の80%が業務機)定評があるので、メンテナンスはどこでも出来るような体制になっています。
>
> 使用されているパーツは、真空管を除いては20年程度は持つと思います。
>
> 300Bは、交換の必要はありません。
>
> MANLEY社の取扱説明書には、MANLEY社自体が予備の真空管を10万本単位で所有していると書かれていますが、Stingrayのドライバー管はなくなっているようです。
> Stingrayに関しては、逸品館で200本ほど保有していますので、交換用真空管の心配はありません。
>
> Neo Classic 300Bに使われていて、消耗が予想される真空管は、数台のリペアが可能な程度は、逸品館で保有しています。
>
> 使われている真空管では、整流管の寿命が短いので、念のため予備を用意されると良いでしょう。価格は失念しましたが、一本 1万円もしなかったと思います。
>
> ミニチュア管も大丈夫ですが、整流管共々、それほど高価ではないので予備を用意されても良いと思います。
>
> また、真空管の交換以外、定期的なメンテナンスはほぼ必要ありませんが、経年変化の真空管の消耗などで、左右の音量バランスが崩れたときは、調整が必要なことがあります。調整は、逸品館で可能です。
>
> ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


私も真空管を愛してアンプを使っている人間ですので、今のところLEBENの真空管パワーアンプの真空管予備は二台とも一回分のみ確保しております。

Neo Classic 300Bも用意するのは吝かではありませんが、電解コンデンサの劣化が恐ろしいので、定期的にメンテナンスしたほうがよいかと相談させていただいた次第です。必要ないでしょうか?

以上にてよろしくお願いいたします。


[No.16824] 2020/05/22(Fri) 19:01:55

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS