--> [ リストに戻る ]
No.16945へ返信

all シアターシステムの検討 - KAZU - 2020/09/01(Tue) 22:00:41 [No.16944]
Re: シアターシステムの検討 - KAZU - 2020/09/05(Sat) 23:06:29 [No.16951]
Re: シアターシステムの検討 - 逸品館 代表 清原 - 2020/09/06(Sun) 14:20:13 [No.16952]
Re: シアターシステムの検討 - 逸品館 代表 清原 - 2020/09/04(Fri) 13:38:06 [No.16945]


Re: シアターシステムの検討 (No.16944 への返信) - 逸品館 代表 清原

KAZUさん、こんにちは。
お問い合わせ誠にありがとうございます。

> いつも楽しく拝見させていただいております。

ありがとうございます。

> いままでのシアターシステムを新しくしたいと考えております。
> 20年以上のDENONのシステムからの変更です。
> 半年ぐらいいろいろなスピーカーを試聴してきましたが、とれも個性がありすてきでした。どのスピーカーも宝石箱のようでいまだ決めかねています。
> 自分好みの音のスピーカーが一番だと思いますがどれも素敵です。
> もしアドバイスを頂けたら幸いです。
> ・6畳寝室で、音量は小さ目で聞きます。
> ・テレビ使い4割、コンサートBD3割、映画3割の割合です。
> ・5.1チャンネル、4.1チャンネル(センターなし)、5.1.4チャンネル等を考えています。
> ・候補 
>  フロントB&W702S2、リア705S2
>  フロントDALIオプティコン6、リアオプティコン2または1
>  フロントファインオーディオF501またはF502SP、リアF500
>  フロントDALIオベロン7、リアオベロン5または3
> 上記が自分の考えている構想です。
> そのほかの組み合わせ等、いろいろアドバイスをいただけたら幸いです。
> よろしくお願いいたします。


家庭でシアターを構築される場合、
最も重要なのが「小音量での再現性」です。

音楽(音声)表現に重要なのが
ダイナミックレンジです。

ダイナミックレンジとは、最も大きな音を
最も小さな音で割った比率です。

最も大きな音量が分子、小さな音が分母になります。
この比率が大きいほど、音楽(音声)の情報量が増えます。

イベントでは、分子が大きいので
分母が小さくてもダイナミックレンジが確保できます。

けれど、音量を上げられないと、ダイナミックレンジは
どんどん小さくなります。

音量を下げると、音が痩せる、空間が広がらない、
細かい音が聞き取れないなどの問題が起きるのは
すべて「分子」が大きいからです。

AIRBOWの製品は、他メーカーの製品に比べると
この分子が小さい(小さい音の再現性)が良好なので
音量を下げても、とても豊かな音質で音楽や映画が
楽しめます。

スピーカーも大切ですが、まず、小音量時の再現性が
高いアンプを選ばなければ、どんなに高価なスピーカーを
選んでも、能力は数パーセントも発揮しません。

また、大音量で鳴らせないのであれば、
それほど高価なスピーカーも必要ありません。

なぜならば、音量を下げれば、エンクロージャーの響きなど
スピーカーの強度か低くても(重さが軽くても=安くても)
十分に良い音が出せるからです。

おすすめのスピーカーは、audiopro FS20PBです。
家庭用ではこれ以上のスピーカーはまず不要です。
おけるのなら、リアにも同じスピーカーを。
おけないなら、AIRBOW IMAGE11/KAI3をセンターとリア
エフェクト用におすすめします。

また、よほど大きな画面を使わない限り
センタースピーカーは、必須です。

スピーカーの前に、まずアンプをお選び下さい。

ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.16945] 2020/09/04(Fri) 13:38:06

Name
E-Mail
URL
Subject
Cookie / Pass

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS