--> [ リストに戻る ]
No.16038に関するツリー

   Magico Q1の音を目指したい - 練りがらし - 2019/02/22(Fri) 12:40:39 [No.16038]
Re: Magico Q1の音を目指したい - 逸品館 代表 清原 - 2019/02/22(Fri) 12:51:40 [No.16040]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
Magico Q1の音を目指したい (親記事) - 練りがらし

いつもお世話になっております。

SP:TAD TSM-2201-LR
AMP:パイオニア A-70A
DAC:Pioneer N-70ae
トランスポーター:mac book air(hq player)
サブウーファー:audiopro B2.27 Mark2
よく聞くジャンル:Pops、Rock、Piano(クラシック)
アクセサリー:isotek sigmas、ウェルフロートボード、Tiglonのスタンド、サーロジックパネル、Beat Stone「Soul」等

Clt-5はまだ購入できていないのですが、
ご教示いただきましたとおり、パイオニアのA-70Aを御社から購入いたしましたが
以前使用していたL-570から音質が一気にアップしました。
音場は1.5倍に広がり、解像度は上がり、レンジも格段に広くなりました。
もっとクールな音質になるかと思っていましたが、
意外にもL-570よりも艶やかな音になったことには驚きました。
100万円を超えるアキュフェーズのセパレートを数年前に使用していましたが、
音楽性や音の広がり、音色の美しさ等総合的に比較すると、それを超える音質が実現しています。
最近のデジタルアンプの進化は素晴らしいですね。
御社のスタッフさんから後継機種の発売が予定されているとの情報提供をいただきましたので、
発売が待ち遠しいです。

さて、逸品館さんのレビューを拝見すると
Magico Q1の音が最高峰とのことですが(予算的に購入は難しい)、
人生折り返しということもあり、
他のシステムの代用でできる限り近づけたいと思うようになりました。

ロックとポップスについては、録音がよくないものが多いこともあり、
おかげさまで現状のシステムで音質は限界に近づいてきているのかなとは感じております。
一方、ピアノについては、システムを変更すれば
(今でもかなり音がいいのですが・・・)まだまだ伸びしろがあるのではないかと考えております。

御社のホームページを拝見する中で、
以下の3案を検討しております。

@Manger z1+clt5の購入
AB&W805 maserati edition の中古の出物を待つ
BMe25+clt5の購入

Aは逸品館さんでも1回しか出たことがないとお伺いしましたので
が現実的かと思いますが、Aは@と比べて待つ価値があるものでしょうか。

また、過去の掲示板検索で、Bでライブ等のシンプルな録音はmagicoの感動の復元ができるとのことですが、
ピアノでも感動の復元は可能でしょうか。
可能であるならば予算が安く済みますので、かなり差があるのかご教示ください。
Bの場合、ポップスは現行のTAD2201を使用し、
ピアノはBを使用するイメージです。

お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


[No.16038] 2019/02/22(Fri) 12:40:39
Re: Magico Q1の音を目指したい (No.16038への返信 / 1階層) - 逸品館 代表 清原

練りがらしさん、こんにちは。
お問い合わせ誠にありがとうございます。

> SP:TAD TSM-2201-LR
> AMP:パイオニア A-70A
> DAC:Pioneer N-70ae
> トランスポーター:mac book air(hq player)
> サブウーファー:audiopro B2.27 Mark2
> よく聞くジャンル:Pops、Rock、Piano(クラシック)
> アクセサリー:isotek sigmas、ウェルフロートボード、Tiglonのスタンド、サーロジックパネル、Beat Stone「Soul」等
>
> Clt-5はまだ購入できていないのですが、
> ご教示いただきましたとおり、パイオニアのA-70Aを御社から購入いたしましたが
> 以前使用していたL-570から音質が一気にアップしました。
> 音場は1.5倍に広がり、解像度は上がり、レンジも格段に広くなりました。
> もっとクールな音質になるかと思っていましたが、
> 意外にもL-570よりも艶やかな音になったことには驚きました。
> 100万円を超えるアキュフェーズのセパレートを数年前に使用していましたが、
> 音楽性や音の広がり、音色の美しさ等総合的に比較すると、それを超える音質が実現しています。
> 最近のデジタルアンプの進化は素晴らしいですね。
> 御社のスタッフさんから後継機種の発売が予定されているとの情報提供をいただきましたので、
> 発売が待ち遠しいです。
>
> さて、逸品館さんのレビューを拝見すると
> Magico Q1の音が最高峰とのことですが(予算的に購入は難しい)、
> 人生折り返しということもあり、
> 他のシステムの代用でできる限り近づけたいと思うようになりました。
>
> ロックとポップスについては、録音がよくないものが多いこともあり、
> おかげさまで現状のシステムで音質は限界に近づいてきているのかなとは感じております。
> 一方、ピアノについては、システムを変更すれば
> (今でもかなり音がいいのですが・・・)まだまだ伸びしろがあるのではないかと考えております。
>
> 御社のホームページを拝見する中で、
> 以下の3案を検討しております。
>
> @Manger z1+clt5の購入
> AB&W805 maserati edition の中古の出物を待つ
> BMe25+clt5の購入
>
> Aは逸品館さんでも1回しか出たことがないとお伺いしましたので
> が現実的かと思いますが、Aは@と比べて待つ価値があるものでしょうか。
>
> また、過去の掲示板検索で、Bでライブ等のシンプルな録音はmagicoの感動の復元ができるとのことですが、
> ピアノでも感動の復元は可能でしょうか。
> 可能であるならば予算が安く済みますので、かなり差があるのかご教示ください。
> Bの場合、ポップスは現行のTAD2201を使用し、
> ピアノはBを使用するイメージです。


なかなか難しいご相談です。

と言いますのは、MAGICO Q1は、やはり相当なコストをかけて作られた
スピーカーだけあって、ほぼ完璧に近い変換機に仕上がっていると
思うからです。Q1の音は、やはりQ1でないと出せないと思います。

けれど、もちろんQ1と言えども完璧なサウンドではありません。

これは、オーディオ全般に言えることですが「完全に元の音」に
戻すことは、絶対に不可能です。

これは、景色をそのまま遺すことが出来ないのと同じです。

絵画で記録するか、写真で記録するか、そういう違いもありますし
結局は、情報ほどのように「取捨選択するか」が問題になります。

実際に、逸品館で鳴っていたQ1の音をお聞きになったはありますか?

もし、ないのであれば、練りからしさんのQ1は想像です。

個人的には、Q1の口径としてMANGERとCLTの組み合わせを選びましたが
このスピーカーは、ある意味でQ1を超え、ある意味ではQ1に劣ります。

その他のスピーカーも同じです。

やはり、一度いろいろなスピーカーをじっくりお聞きになり
対象を絞られることをおすすめいたします。

ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.16040] 2019/02/22(Fri) 12:51:40
以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS