--> [ リストに戻る ]
No.16144に関するツリー

   AIRLOCについて - SF - 2019/04/27(Sat) 20:52:45 [No.16144]
Re: AIRLOCについて - 逸品館 代表 清原 - 2019/04/28(Sun) 12:18:48 [No.16145]
Re: AIRLOCについて - SF - 2019/04/30(Tue) 01:52:23 [No.16146]
Re: AIRLOCについて - 逸品館 代表 清原 - 2019/04/30(Tue) 12:18:07 [No.16147]
Re: AIRLOCについて - SF - 2019/05/01(Wed) 20:39:44 [No.16149]
Re: AIRLOCについて - 逸品館 代表 清原 - 2019/05/03(Fri) 12:34:21 [No.16151]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
AIRLOCについて (親記事) - SF

いつも楽しく拝読させて頂いております。
スピーカーケーブルの端末処理のAIRLOCについてお尋ねいたします。
端末処理としては、AIRLOCは音質的には最高で最も理想的であると謳うサイトもあるようですが、このAIRLOCについては、QEDのスピーカーケーブルとQEDのプラグを使ったときのみ効果的なのでしょうか?
例えば、他社のスピーカーケーブルでも、QEDプラグを使用してAIRLOCにれば、音質的にはより効果が高いのでしょうか?
現在、AIRBOW HCR-ACF/EVO2のスピーカーケーブルに、AET UFP-GRのスペードプラグをつけていますが、貴店にて購入した際、特にQEDプラグを使ったAIRLOCは進められませんでした。
ケーブルだけでなく、プラグ、端末処理も含めたアップグレード(スピーカーケーブルは、メーター4〜5,000円ぐらいまで考えています)を検討しておりまして、教えいただけましたら幸いです。宜しくお願い致します。


[No.16144] 2019/04/27(Sat) 20:52:45
Re: AIRLOCについて (No.16144への返信 / 1階層) - 逸品館 代表 清原

SFさん、こんにちは。
お問い合わせ誠にありがとうございます。

> スピーカーケーブルの端末処理のAIRLOCについてお尋ねいたします。

承知いたしました。


> 端末処理としては、AIRLOCは音質的には最高で最も理想的であると謳うサイトもあるようですが、このAIRLOCについては、QEDのスピーカーケーブルとQEDのプラグを使ったときのみ効果的なのでしょうか?

いいえ、最高と歌えるほど一般的なプラグと
大きな差異はありません。

> 例えば、他社のスピーカーケーブルでも、QEDプラグを使用してAIRLOCにれば、音質的にはより効果が高いのでしょうか?

例えば、AETなどからも高級なプラグが発売されています。
そういうものと比較して、AIRLOCだけが特別に音が良いと
いうわけではありません。

最高というのは、オーディオにありがちな課題広告です。

> 現在、AIRBOW HCR-ACF/EVO2のスピーカーケーブルに、AET UFP-GRのスペードプラグをつけていますが、貴店にて購入した際、特にQEDプラグを使ったAIRLOCは進められませんでした。

端末プラグの音質は、素材、メッキ、接続が決め手です。
まず、素材ですが、AETの高級プラグとAIRLOCでは差がありません。
次にメッキですが、メッキの品質はAETが高いです。

接続は、どちらも圧着(冷間溶接というのは圧着と同じ)なので
この部分でも差がありません。

ただし、QEDのハイエンドスピーカーケーブルは、導体が非常に太く
AETではケーブルが入らず、AIRLOCでないと処理が出来ません。
そういうことで逸品館では、QEDのハイエンドケーブルには
AIRLOCをおすすめしていますというか、それ以外に選択肢がありません。

もちろん、AIRLOCもよいプラグですが、同じ価格で比較するならば、
AIRLOCよりもAETの方がパフォーマンスが高く、最高級モデルで
比較するなら、たぶん音質差はそれほどないはずだと思います。

ただ、最高のプラグを付け替えて比較するのはコストが嵩むので
行っていないので、あくまでも経験からの推測になります。

最高と謳うサイトがあるのならば、具体的にどのような
他メーカー品と比較してそう主張するのか、尋ねて下さい。
明確なエビデンス(証拠)は、提示できないと思います。

> ケーブルだけでなく、プラグ、端末処理も含めたアップグレード(スピーカーケーブルは、メーター4〜5,000円ぐらいまで考えています)を検討しておりまして、教えいただけましたら幸いです。宜しくお願い致します。

HCR ACF-EVO2クラスのケーブルであれば、現在の端末で
十分な音質を発揮しますので、安心してお使い下さい。
少なくとも、数万円をAIRLOCに投資しなくても大丈夫です。

ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.16145] 2019/04/28(Sun) 12:18:48
Re: AIRLOCについて (No.16145への返信 / 2階層) - SF

ご回答、有難うございました。
ケーブルとプラグが高い次元で一体となる処理のため、他の端末処理方法に比べても、音的に最もロスが少ないのがAIRLOCで、ただ一度AIRLOCにすると、変えることが出来ないのがデメリットということでしたが、現状のシステムで問題ないということでしたので、このまま使用させていただきます。



> SFさん、こんにちは。
> お問い合わせ誠にありがとうございます。
>
> > スピーカーケーブルの端末処理のAIRLOCについてお尋ねいたします。
>
> 承知いたしました。
>
>
> > 端末処理としては、AIRLOCは音質的には最高で最も理想的であると謳うサイトもあるようですが、このAIRLOCについては、QEDのスピーカーケーブルとQEDのプラグを使ったときのみ効果的なのでしょうか?
>
> いいえ、最高と歌えるほど一般的なプラグと
> 大きな差異はありません。
>
> > 例えば、他社のスピーカーケーブルでも、QEDプラグを使用してAIRLOCにれば、音質的にはより効果が高いのでしょうか?
>
> 例えば、AETなどからも高級なプラグが発売されています。
> そういうものと比較して、AIRLOCだけが特別に音が良いと
> いうわけではありません。
>
> 最高というのは、オーディオにありがちな課題広告です。
>
> > 現在、AIRBOW HCR-ACF/EVO2のスピーカーケーブルに、AET UFP-GRのスペードプラグをつけていますが、貴店にて購入した際、特にQEDプラグを使ったAIRLOCは進められませんでした。
>
> 端末プラグの音質は、素材、メッキ、接続が決め手です。
> まず、素材ですが、AETの高級プラグとAIRLOCでは差がありません。
> 次にメッキですが、メッキの品質はAETが高いです。
>
> 接続は、どちらも圧着(冷間溶接というのは圧着と同じ)なので
> この部分でも差がありません。
>
> ただし、QEDのハイエンドスピーカーケーブルは、導体が非常に太く
> AETではケーブルが入らず、AIRLOCでないと処理が出来ません。
> そういうことで逸品館では、QEDのハイエンドケーブルには
> AIRLOCをおすすめしていますというか、それ以外に選択肢がありません。
>
> もちろん、AIRLOCもよいプラグですが、同じ価格で比較するならば、
> AIRLOCよりもAETの方がパフォーマンスが高く、最高級モデルで
> 比較するなら、たぶん音質差はそれほどないはずだと思います。
>
> ただ、最高のプラグを付け替えて比較するのはコストが嵩むので
> 行っていないので、あくまでも経験からの推測になります。
>
> 最高と謳うサイトがあるのならば、具体的にどのような
> 他メーカー品と比較してそう主張するのか、尋ねて下さい。
> 明確なエビデンス(証拠)は、提示できないと思います。
>
> > ケーブルだけでなく、プラグ、端末処理も含めたアップグレード(スピーカーケーブルは、メーター4〜5,000円ぐらいまで考えています)を検討しておりまして、教えいただけましたら幸いです。宜しくお願い致します。
>
> HCR ACF-EVO2クラスのケーブルであれば、現在の端末で
> 十分な音質を発揮しますので、安心してお使い下さい。
> 少なくとも、数万円をAIRLOCに投資しなくても大丈夫です。
>
> ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.16146] 2019/04/30(Tue) 01:52:23
Re: AIRLOCについて (No.16146への返信 / 3階層) - 逸品館 代表 清原

SFさん、こんにちは。

>ケーブルとプラグが高い次元で一体となる処理のため、他の端末処理方法に比べても、音的に最もロスが少ないのがAIRLOCで、

AIRLOCは実際に加工も自分で行っていますし、
専用の加工工具もここにありますが、
Airlockだけが、特別に接続ロスが少ないとは思えません。

まず、QEDやaudioquestが言う「冷間溶接」とは
単なる「圧着」のことで、専用工具を使い圧着を
行う、AETやAIRBOWのプラグでも同等に接続できます。

後は、端子の材質と加工精度、メッキの状態ですが
この点に関しては、AETの高級品の方が品質が良いです。

なので、Airlockだけが特別、あるいは最高
という主張は私には納得できないことです。

>ただ一度AIRLOCにすると、変えることが出来ないのがデメリットということでしたが、

圧着は金属を変形させ、圧力を加えて密着させるので
一度取り付けると、再使用は出来ません。

問題は、圧着した部分とケーブルの末端部分が
曲げられて疲労が蓄積すると、金属結晶構造が
崩れたり、導体が切れるなどの影響で音質が劣化
あるいは断線してしまうことです。

この点では、Airlockはケーブルに力が加わって
が断線の危険があり、丁重に取り扱わなければなりません。


AETやAIRBOWのプラグを私が接続した場合は、
プラグと導体の隙間を、半田で埋めることで
耐久性を向上させています。加熱されますが、
プラグとケーブルがより強固に結合されるので
音質的なメリットもあります。

>現状のシステムで問題ないということでしたので、このまま使用させていただきます。

いずれにしても、現在お使いのプラグは最高価格ではなくても
音質最高グレードですので、ご安心下さい。

これを超えるためには、18金や洋銀の無垢素材など
メッキではない材料をプラグに使うことですが
価格はものすごく高くなるでしょう。

ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.16147] 2019/04/30(Tue) 12:18:07
Re: AIRLOCについて (No.16147への返信 / 4階層) - SF

清原様
詳しいご回答、誠にありがとうございました。
よく理解することができました。
引き続き、拝読させて頂きます。


> SFさん、こんにちは。
>
> >ケーブルとプラグが高い次元で一体となる処理のため、他の端末処理方法に比べても、音的に最もロスが少ないのがAIRLOCで、
>
> AIRLOCは実際に加工も自分で行っていますし、
> 専用の加工工具もここにありますが、
> Airlockだけが、特別に接続ロスが少ないとは思えません。
>
> まず、QEDやaudioquestが言う「冷間溶接」とは
> 単なる「圧着」のことで、専用工具を使い圧着を
> 行う、AETやAIRBOWのプラグでも同等に接続できます。
>
> 後は、端子の材質と加工精度、メッキの状態ですが
> この点に関しては、AETの高級品の方が品質が良いです。
>
> なので、Airlockだけが特別、あるいは最高
> という主張は私には納得できないことです。
>
> >ただ一度AIRLOCにすると、変えることが出来ないのがデメリットということでしたが、
>
> 圧着は金属を変形させ、圧力を加えて密着させるので
> 一度取り付けると、再使用は出来ません。
>
> 問題は、圧着した部分とケーブルの末端部分が
> 曲げられて疲労が蓄積すると、金属結晶構造が
> 崩れたり、導体が切れるなどの影響で音質が劣化
> あるいは断線してしまうことです。
>
> この点では、Airlockはケーブルに力が加わって
> が断線の危険があり、丁重に取り扱わなければなりません。
>
>
> AETやAIRBOWのプラグを私が接続した場合は、
> プラグと導体の隙間を、半田で埋めることで
> 耐久性を向上させています。加熱されますが、
> プラグとケーブルがより強固に結合されるので
> 音質的なメリットもあります。
>
> >現状のシステムで問題ないということでしたので、このまま使用させていただきます。
>
> いずれにしても、現在お使いのプラグは最高価格ではなくても
> 音質最高グレードですので、ご安心下さい。
>
> これを超えるためには、18金や洋銀の無垢素材など
> メッキではない材料をプラグに使うことですが
> 価格はものすごく高くなるでしょう。
>
> ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。


[No.16149] 2019/05/01(Wed) 20:39:44
Re: AIRLOCについて (No.16149への返信 / 5階層) - 逸品館 代表 清原

SFさん、こんにちは。

少し書き方が強くなっていたかも知れません。
ご不安を解消していただこうと思ってのことなので
お許し下さい。

今後ともよろしくお願いいたします。


[No.16151] 2019/05/03(Fri) 12:34:21
以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T Rocket BBS