[ リストに戻る ]
No.224へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/08(Sat) 18:41:39 [No.212]
石版 第二幕「これがあの男に... - 文矢 - 2007/12/15(Sat) 07:12:24 [No.216]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/21(Fri) 07:50:50 [No.223]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/22(Sat) 10:24:56 [No.224]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/24(Mon) 07:58:53 [No.226]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/25(Tue) 14:35:52 [No.227]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/26(Wed) 07:51:31 [No.228]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/28(Fri) 10:50:43 [No.231]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/02(Wed) 17:56:58 [No.234]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/08(Tue) 15:08:33 [No.238]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/09(Wed) 20:39:32 [No.240]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/27(Sun) 15:38:16 [No.248]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/02(Sat) 07:03:52 [No.252]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:55:48 [No.253]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:56:24 [No.254]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/02/09(Sat) 14:26:59 [No.256]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/11(Mon) 08:25:03 [No.258]
Re: 石版 第四幕「踊り狂うか... - 文矢 - 2008/02/20(Wed) 20:41:06 [No.261]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/24(Sun) 08:03:45 [No.263]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/02(Sun) 07:50:03 [No.266]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/11(Tue) 08:01:28 [No.268]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/22(Sat) 18:12:15 [No.269]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/23(Sun) 18:05:39 [No.270]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/03/31(Mon) 07:32:07 [No.276]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/04/06(Sun) 19:17:43 [No.289]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/04/07(Mon) 06:17:52 [No.290]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/12(Sat) 06:31:58 [No.301]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/13(Sun) 07:39:30 [No.302]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/19(Sat) 17:52:26 [No.303]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/26(Sat) 04:30:07 [No.304]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:27:39 [No.305]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:40:10 [No.306]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/17(Sat) 21:04:12 [No.307]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/26(Mon) 18:26:19 [No.316]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/06/03(Tue) 18:17:18 [No.317]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/24(Thu) 06:59:36 [No.343]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/28(Mon) 10:42:40 [No.344]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/04(Mon) 06:57:01 [No.346]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/05(Tue) 18:55:42 [No.347]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/11(Mon) 17:33:32 [No.355]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/09/21(Sun) 19:45:49 [No.378]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/10/25(Sat) 18:57:53 [No.403]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/08(Sat) 06:36:38 [No.414]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/22(Sat) 19:57:33 [No.421]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/24(Mon) 07:07:31 [No.422]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/12/07(Sun) 06:27:52 [No.425]
Re: 石版 第六幕「彼は満足した... - ??? - 2008/06/03(Tue) 23:03:34 [No.318]


石版 第二幕「これがあの男に渡ってしまった」 其の参 (No.223 への返信) - 文矢

 絶対にこの子供達を守る―― どらEMONはすでに、そんな覚悟を決めていた。絶対に、ここにいる全ての者を殺させはしない。いや、一人だけ殺しても良い奴がいる。それは自分。この永戸どらEMONだ。それ以外は、絶対に殺させはしない。どらEMONは、そう考えていた。
 自分の尊敬する者、大島。自分の信頼する仲間達、松村、小出、田中。そいつらとの約束を破るわけにはいかない。絶対に、絶対にやり遂げなければならない。だからどらEMONは痛さを堪え、日本刀を握り締める。
 助ける。ここから、彼らを脱出させる。それだけを思う。だからこそ、今から戦う。奴を。ゼクロスを、一刀両断にしてやる。彼らの平和を、自分の平和を守りきる為。
 ゼクロスとの距離は十メートル。それを、ゆっくりと縮めていく。走って一秒程で近づける距離。そう、射程距離に入るまで。気づかないくらい、ゆっくりと。
 その間、誰も喋りはしなかった。漫画とかでよくある、オーラとでもいうのであろうか。彼らは、それを体験していたのだ。呼吸するのにも体力を使うような、重い場の空気。
 射程距離に入るまで、後五十センチ。四十五センチ。四十センチ。三十五センチ。三十センチ。
 ゼクロスは、動いていなかったが、その気になれば銃弾を撃ち込めるであろう。ただ、どらEMONが日本刀を握り締め、いつでも弾けるような構えだった為、撃ち込まない。
 残り二十センチ。十五センチ。十センチ。八センチ。七センチ。六センチ。五センチ……
 その時、ゼクロスの腕が動いた。ゆっくりと腕を上げていく。ゼクロスの考えはこうだった。奴の腹には怪我がある。『お医者さんボックス』を使ったとしても、そこまですぐには治らない。痛みがある筈。という事はだ。痛みを感じてピクリと動きが止まる一瞬がある筈。そう考え、銃弾を撃ち込む事にしたのだ。
「残念だったな。ゼクロス。すでに、射程距離だ」
 最後の一歩をどらEMONは大きく踏み込み、空を歩いた。そして、日本刀を振り上げる。ゼクロス、操縦桿を握り締める。どらEMON、刀を振り落とした。 
 一瞬。一瞬の映像というのを見た事があるであろうか。テレビ番組とかでよくあるであろう。例えば、俳優がセットから出た途端、セットが大爆発する。今起こったことも、それと同じ一瞬の出来事であった。
 ゼクロスは一瞬の間に、ロボットをずらした。少しのズレぐらいはどらEMONも考えていた。だが、それでも無駄だった。斬れたのは、ゼクロスのロボットの左腕だけであった。
 それは、ゼクロスのロボット操作の腕を静かに物語っていた……
「エクセレント! それでこそこのゼクロスに殺される権利があるというものだ。永戸どらEMON。正式に名乗らせてもらおうか。私の名前はゼクロス・アークウィンド。スペルはゼット、イー、シー、アール、オー、エス。Zecrosだ」
「お前の目的は、その名前を未来に残す事らしいな」
 どらEMONはさっきの出来事に動揺しながらも、静かに言った。
「残す? 違うな。残されるのだ。確実にな。このゼクロスという名前は!」
「同じようなものさ。だから、俺も目的を教えてやるよ。タイムパトロールの目的をな」
 そういうとどらEMONは静かに眼鏡をあげた。腹の傷が痛むが、関係なかった。大きく口を開けて叫ぶ。
「タイムパトロールの目的とは! いいか? タイムパトロールの目的は、『未来を残す』事だ! 将来のすばらしき人々に『未来を残す』事だ!」
「未来を?」
「ああ、その通りだ。だからこそ、お前らの集団を止めなければならない。今、この状態の人々が作った未来を、破壊しようとしているという事だからな」
 

 十年前のことだった。永戸どらEMONは二十二世紀で暮らす平凡な少年だった。友達と笑い、家族とは時に喧嘩もし、勉強も面倒くさがる。そんな少年だった。
 そんなどらEMONが変わったのは、ある出来事が切欠だった。今までの平凡な日常を、全て崩す、大事件。
 その日、どらEMONは学校へ友達と向かっていた。下らない話をしながら、笑いあっていた。宿題はやったとか、昨日やっていた番組、面白かったよな、とか。そんな普通の小学生の会話であった。
「なあ、何だあれ?」
 友達の一人が言った。場所は、マンションが建つらしい空き地。そこには、見慣れない透明のガラスみたいなものでできたケースがあったのだ。それを悪戯で動かそうとしたが、重くて動かない。
 だが、それでも不思議な魅力があった。近づいて、もっと調べたい。そんな魅力がそれにはあった。
「やばい、もう少しで学校入れなくなるぞ」
 その時、どらEMONが空間に浮かぶ時計を見て呟いた。時間になると、自動的に門が閉まってしまうシステムなのだ。やばい、とばかりに一行は急いで学校へ向かった。
 学校内。四時間目。もう少しで給食を食べれる、そんな時間だった。子供達の集中力も切れてきていて、窓の外をずっと見る。そんな時間帯だった。目の前のパソコンに授業内容が移されていても、興味がある子供は数人しかいなかった。
 そんな時、爆発が巻き起こったのだ。その場所は、さっきガラスのケースが置いてあった場所だった。
 日常の歯車が壊れ、非日常の歯車が静かに回りだした――


[No.224] 2007/12/22(Sat) 10:24:56

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 365 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS