[ リストに戻る ]
No.226へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/08(Sat) 18:41:39 [No.212]
石版 第二幕「これがあの男に... - 文矢 - 2007/12/15(Sat) 07:12:24 [No.216]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/21(Fri) 07:50:50 [No.223]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/22(Sat) 10:24:56 [No.224]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/24(Mon) 07:58:53 [No.226]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/25(Tue) 14:35:52 [No.227]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/26(Wed) 07:51:31 [No.228]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/28(Fri) 10:50:43 [No.231]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/02(Wed) 17:56:58 [No.234]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/08(Tue) 15:08:33 [No.238]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/09(Wed) 20:39:32 [No.240]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/27(Sun) 15:38:16 [No.248]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/02(Sat) 07:03:52 [No.252]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:55:48 [No.253]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:56:24 [No.254]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/02/09(Sat) 14:26:59 [No.256]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/11(Mon) 08:25:03 [No.258]
Re: 石版 第四幕「踊り狂うか... - 文矢 - 2008/02/20(Wed) 20:41:06 [No.261]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/24(Sun) 08:03:45 [No.263]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/02(Sun) 07:50:03 [No.266]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/11(Tue) 08:01:28 [No.268]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/22(Sat) 18:12:15 [No.269]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/23(Sun) 18:05:39 [No.270]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/03/31(Mon) 07:32:07 [No.276]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/04/06(Sun) 19:17:43 [No.289]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/04/07(Mon) 06:17:52 [No.290]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/12(Sat) 06:31:58 [No.301]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/13(Sun) 07:39:30 [No.302]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/19(Sat) 17:52:26 [No.303]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/26(Sat) 04:30:07 [No.304]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:27:39 [No.305]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:40:10 [No.306]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/17(Sat) 21:04:12 [No.307]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/26(Mon) 18:26:19 [No.316]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/06/03(Tue) 18:17:18 [No.317]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/24(Thu) 06:59:36 [No.343]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/28(Mon) 10:42:40 [No.344]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/04(Mon) 06:57:01 [No.346]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/05(Tue) 18:55:42 [No.347]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/11(Mon) 17:33:32 [No.355]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/09/21(Sun) 19:45:49 [No.378]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/10/25(Sat) 18:57:53 [No.403]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/08(Sat) 06:36:38 [No.414]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/22(Sat) 19:57:33 [No.421]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/24(Mon) 07:07:31 [No.422]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/12/07(Sun) 06:27:52 [No.425]
Re: 石版 第六幕「彼は満足した... - ??? - 2008/06/03(Tue) 23:03:34 [No.318]


石版 第二幕「これがあの男に渡ってしまった」 其の四 (No.224 への返信) - 文矢

 爆発の瞬間、どらEMONは髑髏を見た。爆発したあの空き地から出る煙が段々、段々とからめつき合い、そして形を成していく。目ができ、口もでき、その髑髏はどらEMONを見ながらケラケラと笑うのだ。まるで、どらEMONの運命を暗示しているかの様に。
 数分間、教室の子供達は席を立ち上がり、ボーッとそれを見ているだけであった。教師も同じだった。そんな中、どらEMONだけが足をふらつかせた。
 ケラケラケラ―― どらEMONの頭の中で、髑髏が笑い出したのだ。髑髏は、頭の中の無数の光がある世界にいた。不気味に高い声で、骨と骨をすり合わせる音を出しながら、笑うのだ。何回も、何回も、何回も、何回も、何回も、何回も。段々、段々、頭の中の自分に髑髏が近づいてくる。どらEMONは頭を抱えた。
 あれは幻覚なんだ。僕が頭の中で見てる、ただの幻覚なんだ。実際に来るわけじゃない。実際に、来るわけでは、無い。だが、何度その言葉を繰り返しても落ちつかなかった。頭の中の髑髏は、不気味なあの高い声でおどろおどろしい歌を歌い始めた。
「うわあああああああ!」
 思わず声を出していた。そして、絶望感が漂い始めた。教師が落ち着かせようとしていても、無駄だった。教師にはその行動が理解できなかった。爆発といっても、まだ我々には関係無い。関係無い出来事なのに。
 声を出し、床にうずくまった時、頭の中の髑髏が、無数の光の中の一つを食べたのだ。笑ったまま。どらEMONはそれに対しても、恐怖を感じた。恐怖、恐怖、圧倒的な、恐怖。
「永戸君、どうしたの?」
 そう言った瞬間、教室に血が舞った。恐る恐る、どらEMONが上を見上げた瞬間、そこには頭から血が吹き出てる教師の姿があった。教室の机に、パソコンに、生徒に、血の雨が降り注いだ。
 気持ち悪い感触、赤くなっていく木で出来た机。何もかもが、異常だった。そして、生徒達は理解した。今、目の前でこの世界の掟、『死』が繰り広げられている事を。その掟にやられたら、従うしか無い『死』
 教師は倒れ、教室に頭蓋骨が叩きつけられる鈍い音が響いた……
「助けて! 助けてよ! お母さん! お母さん!」
 誰も落ち着こうとする生徒はいなかった。頭の中が混乱し、教室の中を恐怖で走り回る者もいたし、恐怖で床にひれ伏し、震える者もいた。学校内は、圧倒的な恐怖に包まれたのだ。
 そして、銃声が響く。走り回っていた中の一人の胸から血が噴出す。教師と同じように、断末魔の悲鳴をあげながら、死んだ。ただの事実。それ以上でも、それ以下でもない。変わらない、事実。
 生ぬるい赤い液体で水たまりができ、子供達の悲鳴の合唱が教室を恐怖のリズムでうめつくす。一人が廊下に出ようとすると、他の生徒もそれに続いた。どらEMONと、数人の生徒だけが教室で震えていた。
 どらEMONの頭の中の髑髏は、光をたくさん食べていた。そして、またケラケラと笑って歌を歌うのだ。そして、段々と頭の中は暗闇に近づいていく。
 数秒後、爆音が一階から聞こえてきた。それに伴う悲鳴。べチャべチャという気持ち悪い血の音――
 外を見ると、すでにたくさんの家が爆発で消されていた。一階の生徒達も、爆発で死んだんだろう。自分達もいつか殺される。ミナゴロシだ。この事件を起こしている奴らは自分達を皆殺しにするつもりなんだ。
 頭の中の髑髏は、光を食べ続けていた。残り、少ししか残っていない。髑髏の高笑いが頭の中でガンガンと響く。
 また銃弾が教室を襲った。二、三発撃ち、その内の一発がまた一人の生徒に当たった。それがまた恐怖を加速させる。安全なところなんて無い。存在しない。髑髏が、光を、生命の光を食べ続けるだけなんだ。そう思い始めた。
 そんな時だった。街の爆発が収まり始めた。街が静かになっていく。爆音が、聞こえなくなってきたのだ。気づけば、白いタイムマシンが街のいたる所にあった。
「『タイムパトロール』だ」
 一人の少年が呟いた。絶望から、希望に変わった。たった六人程度しかない教室だが、喜びの声が巻き起こった。
 助かる。助かる。助かる。助かる。だが、どらEMONだけはその中に入れなかった。まだ、いたのだ。頭の中の髑髏がまだ終わりでは無いと告げていた。
「ふざけるんじゃねえよ。時間の犬どもが」
 銃声。近くで響いた。教室の出入り口に、一人の男が立っていた。ドア近くの生徒が一人、死んでいた。また、教室に血しぶきが舞う。その男の周りに、変な嫌な臭いが漂う。
「まあいいか。奴らが来てもこの改造銃で一発さ。この教室で遊ばせてもらうよ。ガキ共」
 そう言うと、男は教室の中に入ってくる。そして、教壇の上に座った。教室の様子を見てほくそ笑みながら。そして叫ぶ。
「おい、そこの廊下側のガキ! 立て」
「へ?」
「立てって言ってるんだよ!」
 そう言うと、男は廊下側の生徒に銃を撃った。生徒の左腕が吹っ飛ぶ。痛みで叫ぶ暇も無く、男はもう一度「立て」と命令した。生徒は立ち上がった。痛みも、恐怖に麻痺されて感じなかった。
 男は、目の前の机から鋏を取り出した。そしてだ、気持ち悪くなる事をやり始めた。その生徒の指を切り始めたのだ。恐怖で生徒は叫び始める。その様子を見て、男は笑い始めた。
 頭の中の髑髏は、さらに笑っている。駄目だ。駄目だ。駄目だ。終わりなんだ。
 そんな時、男の右腕が吹っ飛んだ。突然の事だった。気づけば、教室に白い服を着た男がいた。
「いい加減にしやがれ。大村よ」
「タイムパトロールか!」
 男は振り向き、銃でその白い服を着た男に対して撃ちこんだ。だが、その白い服を着た男はそれを避けた。そして、男に近づき始める。
 男は恐怖で震えた。さっきまで、生徒達を恐怖させていたあの男が、震えたのだ。恐怖で、圧倒的な恐怖で。
「や、やめろ! 近づくんじゃねぇぇ! このガキの頭を吹っ飛ばすぞ!」
 男は、さっきまで指を切っていた子供の頭に銃を突きつけた。その子供は、恐怖とあまりの痛みにボーッとしていた。白い服を着た男は止まる。だが、ひるむ事なく喋り始めた。
「ふん! そんなガキを人質にとらないと勝てる自信が無いのか? 臆病者のチキン野郎め」
「あ?」
 その言葉で、男はキレた。銃を掴み、男に対して撃った。男の右腕が吹っ飛んだ。男は笑おうとした。だが、笑う暇も無かった。すでに、男の体は吹っ飛び、胴体に大きな穴があいていた。すでに、男は撃っていたのだ。
 どらEMONは、ただただ、その様子を見ていた。何で、腕を撃たれたのにすぐに対応できたのかは分かっている。元から、腕を撃たれる覚悟をしていたからだ。いや、もしかしたら胸を狙われても最後の力で撃っていたのかもしれない。
「け、刑事さん!」
 震える声でどらEMONは尋ねた。白い服を着た男は振り返ると、さっきまでとは違うやさしい顔でこちらを見てきた。腕を失った痛みは、感じていないようだった。
 頭の中の髑髏は消えていた。さっきまで真っ暗だった頭の中のその空間は、光に満ちていた。
「な、何で腕を撃たれてもあいつと戦ったの?」
「それがタイムパトロールの目的だからさ」
「目的?」
「タイムパトロールの目的は『未来を残す』こと! 君達のような将来のある子供の『未来を残す』ことなんだ!」
 そのタイムパトロール隊員の名前、それは大島といった――


[No.226] 2007/12/24(Mon) 07:58:53

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 365 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS