[ リストに戻る ]
No.240へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/08(Sat) 18:41:39 [No.212]
石版 第二幕「これがあの男に... - 文矢 - 2007/12/15(Sat) 07:12:24 [No.216]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/21(Fri) 07:50:50 [No.223]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/22(Sat) 10:24:56 [No.224]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/24(Mon) 07:58:53 [No.226]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/25(Tue) 14:35:52 [No.227]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/26(Wed) 07:51:31 [No.228]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/28(Fri) 10:50:43 [No.231]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/02(Wed) 17:56:58 [No.234]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/08(Tue) 15:08:33 [No.238]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/09(Wed) 20:39:32 [No.240]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/27(Sun) 15:38:16 [No.248]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/02(Sat) 07:03:52 [No.252]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:55:48 [No.253]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:56:24 [No.254]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/02/09(Sat) 14:26:59 [No.256]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/11(Mon) 08:25:03 [No.258]
Re: 石版 第四幕「踊り狂うか... - 文矢 - 2008/02/20(Wed) 20:41:06 [No.261]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/24(Sun) 08:03:45 [No.263]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/02(Sun) 07:50:03 [No.266]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/11(Tue) 08:01:28 [No.268]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/22(Sat) 18:12:15 [No.269]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/23(Sun) 18:05:39 [No.270]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/03/31(Mon) 07:32:07 [No.276]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/04/06(Sun) 19:17:43 [No.289]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/04/07(Mon) 06:17:52 [No.290]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/12(Sat) 06:31:58 [No.301]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/13(Sun) 07:39:30 [No.302]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/19(Sat) 17:52:26 [No.303]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/26(Sat) 04:30:07 [No.304]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:27:39 [No.305]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:40:10 [No.306]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/17(Sat) 21:04:12 [No.307]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/26(Mon) 18:26:19 [No.316]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/06/03(Tue) 18:17:18 [No.317]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/24(Thu) 06:59:36 [No.343]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/28(Mon) 10:42:40 [No.344]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/04(Mon) 06:57:01 [No.346]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/05(Tue) 18:55:42 [No.347]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/11(Mon) 17:33:32 [No.355]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/09/21(Sun) 19:45:49 [No.378]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/10/25(Sat) 18:57:53 [No.403]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/08(Sat) 06:36:38 [No.414]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/22(Sat) 19:57:33 [No.421]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/24(Mon) 07:07:31 [No.422]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/12/07(Sun) 06:27:52 [No.425]
Re: 石版 第六幕「彼は満足した... - ??? - 2008/06/03(Tue) 23:03:34 [No.318]


石版 第三幕「受け継がれるべき意思」 其の参 (No.238 への返信) - 文矢

「成る程、じおす君。君の言う事を信じよう」
 名無しがこう言ったのは、じおすに質問し始めてから数時間後だった。その間、名無しは質問をし続け、じおすはそれに答えていたのである。そして、名無しは二十二世紀の事を完全に理解していた。じおすは疲れを感じていたが、開放されたことによってホッとしていた。
 時代が変わっても、この光景は変わらないんだな―― 外はもう暗くなっていて、月が出ていた。その光景を見て、じおすはそう思ったのである。当たり前の事で理論とかも理解していたが、じおすはそれに感動を覚えていた。
「さて、じおす君。歩けるよな? 今日の夜飯はマー婆さんが作ってくれたものだ。マー婆さんの料理は絶品だぞ」
 名無しの顔は笑っていて、じおすをリードするような歩き方でドアを開いた。名無しは大満足だったのであろう。じおすは今まで、飯はこの部屋に運ばれてくるのかと思っていた。だが、違った。ここは病院という認識は正しかった。だが、食事の時は、食堂へと移動したのだ。
 それに驚いていた。じおすは起き上がり、歩き出した。ベッドの横に、台が横たわっているのが見えた。点滴の為の台だ。じおすは一日ぐらい前まで付けていた。現在の病院と同じように、これで栄養をとっていたのだと理解した。
 食堂には、他の患者と看護師、名無しが言っていたマー婆さんがいた。全員が笑顔で、席に座ろうとしていた名無しもニコニコと笑っていた。マー婆さんは手に大きな鍋を持っていて、それを器に振り分けていた。
 患者からマー婆さんから何から何まで、欧米人だ。じおすは日本人だから、少し変な目で見られたが、それが悪意の目では無いことはすぐに分かった。
「これが未来人のじおす君だ!」
「未来人? ああ、そうか。だから顔が違うと思ったぜ!」
「話を聞かせてくれよ」
 じおすが席に座ると、患者達はすぐに話しかけてくる。じおすは笑いながらその質問に答えた。この時代に来て、じおすが初めて感じた感情がわきあがってきた。それは楽しさ、だった。一緒に誰かといるという事の楽しさだった。
「今日はシチューだよ。たんと食べな!」
 じおす達の前にシチューが置かれる。湯気が出てきて、美味そうな香りが鼻にいく。スプーンを片手に持ち、患者達は一気に食べ始める。じおすは小声で「いただきます」と言った後、食べ始めた。
 シチューはトマト味で、中には牛肉の胃袋が入っている。この料理は、トリッパというもので、じおすはこれを初めて食べた。じおすはモツ鍋とかでモツは食べたことがあるので、肉の食感がそれに似ているという事が分かった。肉は柔らかく、トマトの味がさらにそれを引き立てていた。
「美味しい! さすがマー婆さんだ!」
「そうかい? 嬉しいねぇ」
 こんな会話が繰り返され、食べ終わる頃にはじおすも完全に打ち解けていた。人種は違っても、心が通じあうのだ。楽しい会話が続き、じおすはある質問をした。
「僕の治療は誰がやってくれたんですか?」
 それを聞くと、名無しが自慢気に答える。
「私さ。この病院での手術とかの治療は私がやっている」
「まあ、そこまでの怪我の患者は滅多にやってきませんがね。だから名無しさんは研究者も続けられているんです」
 看護師がそう言い終わった時だった。病院の玄関の方から、ドアが開く音がした。そして、声。息切れしている、ガラガラの声。
「誰かしら?」
 看護師の中の女性が玄関の方へと行った。その間、会話はほとんど交わされない。そして、その女性の悲鳴が響いた。
「どうした!?」
 名無しや看護師、じおすも駆け出した。そして、玄関を見る。
 そこには、ハウルスの姿があった。傷だらけで、ボロボロのハウルス。服は破れ、顔からも、体中から血が出ていて、玄関に倒れていた。
「ハウルス君! どうしたんだ?」
 名無しがハウルスを抱きかかえる。名無しとハウルスは師匠と弟子といってもいい関係だった。子供の頃から、二人で色々な事をやっていた。完全に、打ち解けていた仲だった。その声には、深い心配が混じっていた。
 ハウルスは、ゆっくりと口を開き、ゼエゼエと途中途中ではさみながら喋り始めた。
「大変……だ。ジャールが俺の家の……あの……地図を……奪った……」
 そう言い終わると、ハウルスはその場に倒れた。名無しはそのハウルスの姿、そしてその言葉に衝撃を受けた。
 あの地図。それは、名無しとハウルスの秘密でもあった。二人が研究していた、とんでもないブツ。それだった。
「ハウルス! ハウルス! おい、ハウルス!」
 その地図、そう、石版の在り処―― 


[No.240] 2008/01/09(Wed) 20:39:32

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 365 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS