[ リストに戻る ]
No.253へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/08(Sat) 18:41:39 [No.212]
石版 第二幕「これがあの男に... - 文矢 - 2007/12/15(Sat) 07:12:24 [No.216]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/21(Fri) 07:50:50 [No.223]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/22(Sat) 10:24:56 [No.224]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/24(Mon) 07:58:53 [No.226]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/25(Tue) 14:35:52 [No.227]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/26(Wed) 07:51:31 [No.228]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/28(Fri) 10:50:43 [No.231]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/02(Wed) 17:56:58 [No.234]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/08(Tue) 15:08:33 [No.238]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/09(Wed) 20:39:32 [No.240]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/27(Sun) 15:38:16 [No.248]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/02(Sat) 07:03:52 [No.252]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:55:48 [No.253]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:56:24 [No.254]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/02/09(Sat) 14:26:59 [No.256]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/11(Mon) 08:25:03 [No.258]
Re: 石版 第四幕「踊り狂うか... - 文矢 - 2008/02/20(Wed) 20:41:06 [No.261]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/24(Sun) 08:03:45 [No.263]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/02(Sun) 07:50:03 [No.266]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/11(Tue) 08:01:28 [No.268]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/22(Sat) 18:12:15 [No.269]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/23(Sun) 18:05:39 [No.270]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/03/31(Mon) 07:32:07 [No.276]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/04/06(Sun) 19:17:43 [No.289]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/04/07(Mon) 06:17:52 [No.290]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/12(Sat) 06:31:58 [No.301]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/13(Sun) 07:39:30 [No.302]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/19(Sat) 17:52:26 [No.303]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/26(Sat) 04:30:07 [No.304]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:27:39 [No.305]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:40:10 [No.306]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/17(Sat) 21:04:12 [No.307]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/26(Mon) 18:26:19 [No.316]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/06/03(Tue) 18:17:18 [No.317]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/24(Thu) 06:59:36 [No.343]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/28(Mon) 10:42:40 [No.344]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/04(Mon) 06:57:01 [No.346]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/05(Tue) 18:55:42 [No.347]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/11(Mon) 17:33:32 [No.355]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/09/21(Sun) 19:45:49 [No.378]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/10/25(Sat) 18:57:53 [No.403]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/08(Sat) 06:36:38 [No.414]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/22(Sat) 19:57:33 [No.421]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/24(Mon) 07:07:31 [No.422]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/12/07(Sun) 06:27:52 [No.425]
Re: 石版 第六幕「彼は満足した... - ??? - 2008/06/03(Tue) 23:03:34 [No.318]


石版 第三幕「受け継がれるべき意思」 其の六 (No.252 への返信) - 文矢

「ジャール!」
 ジャールの意識が、現実へ引き戻された瞬間だった。自由に遊んでいた子供への、五時のチャイムの音。遊園地へ行った時の閉園時間の放送。いきなり、引き戻される。ジャールも、そんな気持ちだった。そして、ゆっくりと振り返ると、そこには予想通りの奴がいた。名無しだった。
 名無しは、銃を構えていた。前に述べた通りの、簡単な銃。だが、名無しはすでに穴の中に入っていたので、ジャール達は見事に射程距離内だった。ジャールの他の二人の部下も、後ろを向いていた。
 名無しは、一歩一歩近づいていった。そして、口を開く。
「私の持っているものは、お前らの心臓を貫通できるものだ。これで撃たれればすぐに死ぬだろう。分かったか? だからだ! だからそれから離れるんだ!」
 名無しも、ハウルスも、最初にここに来た時は同じ反応を見せていた。だが、その意味を解明した名無しにとって、この石版は素晴らしい物という気持ちと、汚らわしい、使ってはならない物という二つの気持ちがぶつかっていた。
 ただ、名無しの気持ちの中でハッキリとしているのはあの石版には、人を近づけてはならない。自分みたいに、意味の分かる者は特にだ。そんな、気持ちだった。
 ジャール達は、立ち上がり始めた。最初の気持ちはすでに無くなっていた。少しボーッとしたような感じだった。もっとあれを見たい、という気持ちがあったがジャール達は名無しに従い、歩きながら穴から出て行った。
 ドリルで彫ったかの様な跡は変わらず、不思議に思えた。名無しの手にあるランプはジャール達のよりも明るく輝いていたが、それとは逆に、彼らの雰囲気は暗かった。
 穴から出て、歩き始める。名無しの乗ってきた乗り物は、跡があるところだと危険で使えない為、跡が無いところに止められていた。岩山から降りるのはあっとういう間に彼らは感じた。そして、名無しは乗り物のあるところまで行き、ハンドルを掴み、タイヤの部分を転がしながら同じように歩き始めた。
「ジャール。私は今、お前をこれで貫きたい気分だ」
 ジャールは顔を上げ、名無しの顔を見た。その顔は、今までジャールが見た事の無い顔だった。
「私の大切な友を、お前は傷つけた。それが許せるか? だからこそ、私は村に帰ったらお前にしかるべき罰を与えようと思っているのだ!」
 名無しの口調は荒くなっていた。ジャールは、石版を見たショックで更に精神が脆くなっていたのか、更に傷ついていた。俺はナンバーワンじゃない、名無しよりもずっと下だ…… そうジャールは思い始めていた。
 そして、村へと少しずつ近づいた時だった。目の前に、人影が見えた。その人影の服は、どう見ても名無し達とは違う。胸の膨らみや、髪の長さから考えて、女の様だった。名無しが口を開こうとした瞬間、女の手元が光った。そして、ジャールの手下の一人がいなくなっていた。
 つい一秒前までいた。だが、消えていた。落ちて隠れる位置のような崖や穴も無い。何も無い、平坦な道で、人が一人、大の大人が一人、消えていたのだ。それは、魔法のようにも思えた。
「ドルタ? 何処に……行ったんだ?」
 静かだった。ジャールの今の言葉以外、何の音も無かった。木の葉がざわめくことも無かったし、虫も鳴かなかった。沈黙。圧倒的な、沈黙。
 名無しは、女の方を睨んでいた。そして、数秒後。女は名無し達の方へ近づいてきた。その時も、その足音しか聞こえなかった。そして、ランプの照らす範囲内に入る。
 そこにいたのは、やはり女だった。名無し達には分からないだろう。だが、我々にはその女が分かる。女の名前は、すずらん。イカたこの部下だった。すずらんは、右手に銃を持っていた。道具名は『熱線銃』
「お前は、何なんだ? じおす君と同じ時代の人か?」
 名無しの言葉。そして、すずらんは言う。
「その通―り! 私はすずらん! 二十二世紀から来たんだ〜」
 声の調子は明るかった。場の空気から浮いていたが、本人はさほど気にしていないみたいだった。そして、この場合、その明るさが不気味だった。アンバランスさ。それが恐怖になるのではないだろうか。まさに、それだったのだ。
 すずらんは、『熱線銃』を構えた。すかさず、名無しも銃を構える。だが、名無しの弾丸が発射される前に引き金は引かれた。それは当たり前だった。名無しの銃は、撃つまで何秒もかかるのだ。そして、気がついた時、ジャールの部下がまた一人、消えていた。
「これはねぇ〜 『熱線銃』って言うの。一瞬であんた達をチリにできるんだ〜」
「すずらん、お前の目的は何だ? 私達を殺すことか?」
 名無し。
「そうで〜す! あ、もしかしてお馬鹿さんに見えてる? でもね、『お馬鹿っ子世にはばかる』って言うでしょ? 馬鹿な子ほど偉くなるんだ」
 そう言っている時、名無しはジャールに耳打ちをしていた。名無しの持っている銃は、後十秒はかかる。そしてだ、ジャールは名無しの乗り物に乗って走り出した。
 名無しはある覚悟を決めていた。それは、死だった。だが、ジャールは逃がせる。名無しは、それがこの状況で最適なことなのだと感じていた。そして、運命の歯車はあざ笑うように回る――
「逃げる気ですかぁ〜? でもね、無駄なんですよ」
 すずらんの声は相変わらず明るい。名無しは、銃の向きを変えた。発射されるまで、後五秒ぐらいだった。名無しは考えている。その時の名無しの集中力、それは何かを発明する時に発揮される能力だった。
「すずらん君。君は馬鹿だろ?」
「うるさいです!」
 これで、遅れたのだ。すずらんが引き金を引くのが。一秒。火が、火薬に引火するまで、一秒。
 一秒が。日常でありふれている一秒がとても長く感じられていた。
 じおすが走り始めたのも、ほぼ同時刻だった。二人の青年が、同じ覚悟を決めていたのだ。二人は似ていたのかもしれなかった。違う時代に生まれた、二人の青年だった。
 すずらんの引き金が引かれる。それの少し前に名無しの弾が発射されていた。そして、同時に木が倒れ始めた。名無しの弾丸が当たった為だった。すずらんの『熱線銃』の軌道上に木は倒れた。
「それで封じた気持ちですかぁ〜? そんなもん、チリにして、熱線は突き抜けるんです!」
 その言葉通り、木をチリにした後、熱線はまだ続いていた。だが、それは遮られた。ある物体によってだった。
「名無しィィィィィィ!」
 ジャールの叫びが響いた。それは、あまりにも残酷な光景だった。
 木があった為か、名無しはすぐには死ななかった。熱線はジャールのところまで行かなかった。名無しの血が。飛び散る。
「すずらん君。君に一つ、言葉を贈るよ。じおす君が教えてくれたことばさ」
 ――それでは次の質問だ、じおす君。罰が当って当然だという人に罰が当った時、未来の人はどういう言葉を使う? 
「ざまあみろ」
 次の瞬間、名無しは消えていた。ジャールも、すずらんの射程距離から消えていた。ランプも壊れ、暗闇が広がる。そして、名無しの血はすずらんの目へと入っていた。しばらくは、秘密道具を使うこともできない。血が、目からとれないのだ。前を見れない。すずらんはただ、もがくだけだった。


「これが、レリーフだって?」
 ミサイル研究所の質問に、じおすは揺らいでいた。そして、その反応はミサイル研究所に質問の答えを言っているも当然だった。ミサイル研究所はニヤリと笑った。
 じおすの四次元ポケットには、『ショックガン』と『小型強力火炎放射機』そして、名無しの部屋から持ってきた『レリーフを作る為の彫る道具』だった。それだけしか無い。『ショックガン』の射程距離内に入るまで、後何十メートルもあった。
 じおすが武器を持っていないであろう事も、ミサイル研究所は分かっていた。そして、手にはレリーフを持っている。ミサイル研究所の心の中は、まさに最高の気分になっていた。色々な物を壊せて、レリーフも手に入る。作られたばかりのレリーフもだ。ミサイル研究所はそう考えたのだ。
 村の住民達はすでに逃げ終わっていた。じおすの目的は成し遂げられていたが、レリーフという新たな問題が浮かんでいた。
「レリーフがあるなら! お前に大して爆弾が撃てないじゃないか。だから、ある事をさせてもらう!」
 ミサイル研究所は、爆弾を発射した。場所は、物見やぐらの下の部分だった。爆発して、物見やぐらが崩れ落ちていく。コンクリートとほぼ同じ物質の建物。それが、崩れていく。じおすは、足場が崩れていく恐怖を味わった。
 そして、じおすの意識が一回飛ぶ――


[No.253] 2008/02/04(Mon) 07:55:48

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 365 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS