[ リストに戻る ]
No.258へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/08(Sat) 18:41:39 [No.212]
石版 第二幕「これがあの男に... - 文矢 - 2007/12/15(Sat) 07:12:24 [No.216]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/21(Fri) 07:50:50 [No.223]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/22(Sat) 10:24:56 [No.224]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/24(Mon) 07:58:53 [No.226]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/25(Tue) 14:35:52 [No.227]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/26(Wed) 07:51:31 [No.228]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/28(Fri) 10:50:43 [No.231]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/02(Wed) 17:56:58 [No.234]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/08(Tue) 15:08:33 [No.238]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/09(Wed) 20:39:32 [No.240]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/27(Sun) 15:38:16 [No.248]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/02(Sat) 07:03:52 [No.252]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:55:48 [No.253]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:56:24 [No.254]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/02/09(Sat) 14:26:59 [No.256]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/11(Mon) 08:25:03 [No.258]
Re: 石版 第四幕「踊り狂うか... - 文矢 - 2008/02/20(Wed) 20:41:06 [No.261]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/24(Sun) 08:03:45 [No.263]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/02(Sun) 07:50:03 [No.266]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/11(Tue) 08:01:28 [No.268]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/22(Sat) 18:12:15 [No.269]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/23(Sun) 18:05:39 [No.270]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/03/31(Mon) 07:32:07 [No.276]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/04/06(Sun) 19:17:43 [No.289]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/04/07(Mon) 06:17:52 [No.290]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/12(Sat) 06:31:58 [No.301]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/13(Sun) 07:39:30 [No.302]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/19(Sat) 17:52:26 [No.303]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/26(Sat) 04:30:07 [No.304]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:27:39 [No.305]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:40:10 [No.306]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/17(Sat) 21:04:12 [No.307]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/26(Mon) 18:26:19 [No.316]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/06/03(Tue) 18:17:18 [No.317]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/24(Thu) 06:59:36 [No.343]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/28(Mon) 10:42:40 [No.344]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/04(Mon) 06:57:01 [No.346]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/05(Tue) 18:55:42 [No.347]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/11(Mon) 17:33:32 [No.355]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/09/21(Sun) 19:45:49 [No.378]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/10/25(Sat) 18:57:53 [No.403]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/08(Sat) 06:36:38 [No.414]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/22(Sat) 19:57:33 [No.421]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/24(Mon) 07:07:31 [No.422]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/12/07(Sun) 06:27:52 [No.425]
Re: 石版 第六幕「彼は満足した... - ??? - 2008/06/03(Tue) 23:03:34 [No.318]


石版 第四幕「踊り狂うかの様に」 其の壱 (No.256 への返信) - 文矢

 目を開いた時、目の前には近未来の光景が広がっていた。空中を浮かぶ車、アスファルトとは別の材質でできた地面。そして、目の前にある巨大な白い建物。建物に書かれている文字、それは『タイムパトロール本部』の文字であった。見る人が何処の国かで、文字が違って見えるような仕掛けになっているものだ。
 そして、のび太は周りを見渡す。周りには、同じようにボーッとしている仲間達がいた。全員、無事だということにのび太は喜びを覚えた。
 どらEMONは自分たちが未来に行けたことの喜びを感じていた。どらEMONは此処からどう行けば中に入れるのか等を知っている。声を出し、先頭をリードし始めた。のび太達は歩いたが、どらEMONは歩かないで移動していた。
「これはベアリングロードになっているんだ。動け、と思えば動けるよ」
「ああ、そうだったのか」
 彼らは、一度ドリーマーズランドという遊園地に行った事がある。そこで使われていたのがベアリングロード、これと同じものなのだ。不思議な道で、小さな球体が敷き詰められてできている。そして、上にいる物の脳内を読み取る機械が付いていて、何処かに行きたいと思えば動き出すのだ。早くやれと思ったらどんどんスピードが出る。
「EMONさん、タイムパトロール本部ってどういうものなんですか?」
 静香。走りながらも、言葉は通じた。どらEMONはそれを聞くとすぐに答える。
「凄いところさ。セキュリティから何から何まで万全。中に入ればイカたこ達が襲ってくることは無いだろうね」
 その時、一瞬だけどらEMONの目に人影が移った。その姿からして、普通の通行人のようだった。やけに規則正しい動きをしていた。
「EMONさん、何処に入り口があるんですか?」
「そこです」
 どらEMONは止まり、壁の方を指差した。ジャイアンとスネ夫はさっきまでの恐怖とは裏腹に、テンションが上がってスピードを上げすぎた為、少し戻らなくてはならなかった。
 どらEMONはポケットから黒いカードを取り出すと、それをドラえもんに手渡した。ドラえもんの腕は修理されている。どらEMONはそれを壁に通せという指示を出した。この黒いカードが特別パスポートだった。アナウンスが流れる。
『永戸どらEMON隊員。お入りください』
 そう言うと、その壁に入り口が現れた。六人はすぐに中に入っていく。すると、右側に建物が見え、そこから若い隊員らしき者が現れた。手には機械を持っている。
 タイムパトロール本部の建物は見えない。そこからは意図的に見えないようにしているからだ。
「え〜と、その子達は何でしょうか?」
「事件に巻き込まれた子達だ。とりあえず検査をして、認証してくれ」
 隊員は機械でどらEMONの体の色々なところをチェックし始めた。指紋から声紋、与えられているパスポート、その他骨のチェックなどもされていた。そして、隊員が口を開く。
「はい、認証しました。そこの子供達も
「あれ? 歯のチェックはしないのか?」
 隊員の言葉を断ち切り、どらEMONが眼鏡を上げながらそう言う。隊員は気づいたかのように、ライトと機械を取り出し、歯のチェックをしようとした。その時だった。どらEMONは隊員を切り裂いた。まっぷたつに。
「EMONさん! 何を!」
 ドラえもんが叫ぶ。静香は悲鳴を上げ、スネ夫は震えた。ジャイアンとのび太も驚いていた。どらEMONの顔はさっきから変わっていなかった。そして口を開く。
「歯の検査なんて無い。よく見てくれ、こいつは機械だ」
「えっ」
 驚いて見てみると、確かにそいつは機械だった。流れ出ているのは血ではなく、ただのオイルだった。そしてどらEMONは空を見上げる。
「そしてだ、イカたこの手の者だろ? 『上にいる者』」
 どらEMONは日本刀を構えながら言う。それを聞くと、空間から一人の女が現れた。『透明マント』か何かで隠れていたらしかった。その一連の流れは、映画のワンシーンを見ているかの様に鮮やかだった。そして、女は歩き始める。
 女の格好はそう、忍者だった。時代劇とか漫画とかでよく見る、黒衣装。その光景は、辺りの近未来とは全くあわなかった。女だと分かるのは、胸の膨らみと目の様子のせいだった。そして、女は顔のマスクをとる。その顔は、実に美しかった。年齢は、二十代であろう。どらEMONと同じのようだった。背には日本刀らしき物を背負っている。
「これは予想だが、多分、時空間をねじれさせたのだろう。未来から過去へ行く者は、同じように仮想空間に来ているに違いない。俺たちは過去から未来へ行くのに、仮想空間に入ってしまった」
 女は頷いた。その時だった。どらEMONは日本刀で切り掛かった。だが、それは女を切り裂きはしなかった。女の背の日本刀がどらEMONの日本刀を止めていたのだった。金属音が反響してまだ響いていた。どらEMONはすぐに女から離れる。
「私の名はメタル。あなたが私を倒すつもりなら! 私の罪をおっ被ることね」
 メタルは懐に手を入れ、何かを取り出しそれを投げた。日本刀は、いつの間にかしまわれていた。どらEMONが気づいた時、すでにどらEMONは壁に貼付けにされていた。貼付けにしているのは、氷のような形をした刃物だった。どらEMONはその名前を知らなかったが、それはクナイ。いわゆる手裏剣の一種であった。
「凍牙……と名付けているんだけど、どうかしら?」
 メタルの声が不可思議な光景に響いた――


[No.258] 2008/02/11(Mon) 08:25:03

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 365 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS