[ リストに戻る ]
No.268へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/08(Sat) 18:41:39 [No.212]
石版 第二幕「これがあの男に... - 文矢 - 2007/12/15(Sat) 07:12:24 [No.216]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/21(Fri) 07:50:50 [No.223]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/22(Sat) 10:24:56 [No.224]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/24(Mon) 07:58:53 [No.226]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/25(Tue) 14:35:52 [No.227]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/26(Wed) 07:51:31 [No.228]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/28(Fri) 10:50:43 [No.231]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/02(Wed) 17:56:58 [No.234]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/08(Tue) 15:08:33 [No.238]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/09(Wed) 20:39:32 [No.240]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/27(Sun) 15:38:16 [No.248]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/02(Sat) 07:03:52 [No.252]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:55:48 [No.253]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:56:24 [No.254]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/02/09(Sat) 14:26:59 [No.256]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/11(Mon) 08:25:03 [No.258]
Re: 石版 第四幕「踊り狂うか... - 文矢 - 2008/02/20(Wed) 20:41:06 [No.261]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/24(Sun) 08:03:45 [No.263]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/02(Sun) 07:50:03 [No.266]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/11(Tue) 08:01:28 [No.268]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/22(Sat) 18:12:15 [No.269]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/23(Sun) 18:05:39 [No.270]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/03/31(Mon) 07:32:07 [No.276]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/04/06(Sun) 19:17:43 [No.289]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/04/07(Mon) 06:17:52 [No.290]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/12(Sat) 06:31:58 [No.301]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/13(Sun) 07:39:30 [No.302]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/19(Sat) 17:52:26 [No.303]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/26(Sat) 04:30:07 [No.304]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:27:39 [No.305]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:40:10 [No.306]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/17(Sat) 21:04:12 [No.307]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/26(Mon) 18:26:19 [No.316]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/06/03(Tue) 18:17:18 [No.317]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/24(Thu) 06:59:36 [No.343]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/28(Mon) 10:42:40 [No.344]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/04(Mon) 06:57:01 [No.346]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/05(Tue) 18:55:42 [No.347]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/11(Mon) 17:33:32 [No.355]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/09/21(Sun) 19:45:49 [No.378]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/10/25(Sat) 18:57:53 [No.403]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/08(Sat) 06:36:38 [No.414]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/22(Sat) 19:57:33 [No.421]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/24(Mon) 07:07:31 [No.422]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/12/07(Sun) 06:27:52 [No.425]
Re: 石版 第六幕「彼は満足した... - ??? - 2008/06/03(Tue) 23:03:34 [No.318]


石版 第四幕「踊り狂うかの様に」 其の五 (No.266 への返信) - 文矢

 人の精神というのは、不思議なものだ。時によって、それは体まで影響する。例えばこんな事例も――都市伝説としてだが――ある。一人の男はある日からこう思い込むようになった。自分は昔、ナイフで腹を切られた、と。その男は何も証拠が無いのに、そうやって思い込んでいた。するとだ、男の体にナイフで切られた古傷のような跡が現れたのだ。どういう事だか分かるだろうか。人の精神というのは、これほどのパワーを持っている、という事である。星新一のある作品では、自分が死んだという事を自覚しなくて、永遠に生き続ける老人の話がある。この星氏の作品はあくまでフィクションだが、もしかしたら実際にありえるのではないであろうか。
 普通、この年の子供だと、痛みで動けないところであろう。だが、のび太は痛みを感じていなかった。守る、静香を。自分の好きな人を、守る。その言葉がのび太の精神を支配していた。
 ロボット。パイロットは、少し異常にも思いながら、冷静だった。マシンガンを撃てばいいだけなのだ。作戦も何もいらない。ボタンを押せばいいだけなのだ。
 そして、パイロットは親指をボタンの上に乗せる。
 のび太は『空気砲』を胴体のコクピット部分へ向ける。
 とても、静かだった。静香は、ただそれを見守るだけだった。そして、静香は感じ取る。勝負は一瞬で終わるであろうと。
 人工太陽は沈みかける。本当なら、ずっと出しててもいいのだが、夜の時間帯に来た時にすぐにバレるというイカたこの判断であった。暗くなっていくなか、のび太の視線は変わらなかった。
「ドカァン!」
 そして、ボタンが押される。
 そして、空気砲から発射される。
 決着は、着いた。静香の思った通り、一瞬で。
 マシンガンは空中へと発射され、のび太の方へ撃ち込まれはしなかった。その前に、ロボットが崩れたからである。空気弾で。
 『空気砲』は声によって発射される道具だ。小さく「ドカン」と言ったら、小さい空気砲が発射されるであろう。その逆も言えるのだ。のび太の「ドカン」は大きく、深い言葉だった。『空気砲』へのび太の意思が伝わり、発射されたのだ。最大級の威力の空気弾が。
 のび太の意思に答えた『空気砲』は、ひびが入り、バラバラになっていった……

 どらEMONは迷っていた。この糸を切るかどうか。それがどらEMONにとっての問題だった。さっきから、騙したり騙されたりが続いている。そんな中、この糸を切っても良いのか。もしかしたら、何かしらのトリックがあるのではないか。それだった。
 考えていると、メタルの顔が笑っているようにも見えた。場は沈黙に包まれる。
 メタルの作戦は、作戦でも何でもなかった。ただの賭けだった。どらEMONが糸を切るか、切らないか。問題はそれだったのだ。それだけが、問題だった。
 どらEMONはメタルの姿を観察した。左腕を服の中に入れている。左腕がそうなっていても、糸はピンと張られているだけだった。ヒントは、何も無い。メタルが何をやるかなんて分かる筈も無い。
 どらEMONは糸を切った。水裂を使って。そして、すぐに身構えた。だが、メタルは物凄いスピードで飛び込んできた。どらEMONはメタルが手に何かを構えてないかを確認して切った。ムラマサは背中の鞘に入っているし、さっき服の中に入れていた左腕も何も無く外へ出ている。だが、どらEMONは斬られた。手には何も無いのに。
「人の成長というのは、精神によって成し遂げされる。ありがとう、私は今ッ! 賭けに勝利したのよ」
 メタルの服は黒い。忍者の格好。服が黒かったから気づきにくいが、赤い何かが肩の部分を染めていた。それは、血だった。そして傷の部分からは刃物、凍牙が飛び出ていた。
 メタルはさっき、左腕を服の中に入れた時に凍牙で肩を貫いたのだ。そして、筋肉を締めることによって凍牙を固定する。それによって攻撃をしたのだ。
 そして、メタルはムラマサを構える。どらEMONは未だ吹き出ている水の中にいた。水裂を動かそうとしているのが見えた。だが、それもメタルの計算の内だった。メタルはポケットに入れていた瓶をどらEMONの近くの地面へと投げつけた。
 瓶の中から出た液体は床に染みていく。そして、何か気体を出すようにブクブク言い始めた。
「この床は大理石。今、投げたのは塩酸。どういう事か分かる? 今、二酸化炭素があなたの周りで発生している! 中毒にはならないとは思うが、あなたは今火を付けれないのよ!」
 メタルはムラマサの切っ先をどらEMONへ向け、踊り始めた。魅惑の舞である。どらEMONの体は動けなくなる。
「チェックメイトね」
 人工太陽は夕日に変わっていた――


[No.268] 2008/03/11(Tue) 08:01:28

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 365 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS