[ リストに戻る ]
No.304へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/08(Sat) 18:41:39 [No.212]
石版 第二幕「これがあの男に... - 文矢 - 2007/12/15(Sat) 07:12:24 [No.216]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/21(Fri) 07:50:50 [No.223]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/22(Sat) 10:24:56 [No.224]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/24(Mon) 07:58:53 [No.226]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/25(Tue) 14:35:52 [No.227]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/26(Wed) 07:51:31 [No.228]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/28(Fri) 10:50:43 [No.231]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/02(Wed) 17:56:58 [No.234]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/08(Tue) 15:08:33 [No.238]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/09(Wed) 20:39:32 [No.240]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/27(Sun) 15:38:16 [No.248]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/02(Sat) 07:03:52 [No.252]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:55:48 [No.253]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:56:24 [No.254]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/02/09(Sat) 14:26:59 [No.256]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/11(Mon) 08:25:03 [No.258]
Re: 石版 第四幕「踊り狂うか... - 文矢 - 2008/02/20(Wed) 20:41:06 [No.261]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/24(Sun) 08:03:45 [No.263]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/02(Sun) 07:50:03 [No.266]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/11(Tue) 08:01:28 [No.268]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/22(Sat) 18:12:15 [No.269]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/23(Sun) 18:05:39 [No.270]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/03/31(Mon) 07:32:07 [No.276]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/04/06(Sun) 19:17:43 [No.289]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/04/07(Mon) 06:17:52 [No.290]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/12(Sat) 06:31:58 [No.301]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/13(Sun) 07:39:30 [No.302]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/19(Sat) 17:52:26 [No.303]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/26(Sat) 04:30:07 [No.304]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:27:39 [No.305]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:40:10 [No.306]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/17(Sat) 21:04:12 [No.307]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/26(Mon) 18:26:19 [No.316]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/06/03(Tue) 18:17:18 [No.317]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/24(Thu) 06:59:36 [No.343]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/28(Mon) 10:42:40 [No.344]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/04(Mon) 06:57:01 [No.346]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/05(Tue) 18:55:42 [No.347]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/11(Mon) 17:33:32 [No.355]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/09/21(Sun) 19:45:49 [No.378]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/10/25(Sat) 18:57:53 [No.403]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/08(Sat) 06:36:38 [No.414]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/22(Sat) 19:57:33 [No.421]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/24(Mon) 07:07:31 [No.422]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/12/07(Sun) 06:27:52 [No.425]
Re: 石版 第六幕「彼は満足した... - ??? - 2008/06/03(Tue) 23:03:34 [No.318]


石版 第五幕「古代からの因縁」 其の四 (No.303 への返信) - 文矢

「名前は、覚えてないな」
 ミサイル研究所は驚いていた。すずらんがやられた事じゃない。自分の気持ちについてだった。ミサイル研究所は、すずらんが倒れたことに何も感じていなかった。「何をしやがるこの野郎」とも感じていないし、「強いのか」とも感じていなかった。それに、驚いていたのである。すずらんの傷は心臓に達していないし、急所じゃないから、とかいう事でも無い。ミサイル研究所は思う。『すずらんが死んでいても、俺は何も感じないな』と。
「すずらんさん!」
 メタルはドアを開いた瞬間に叫び、すぐにムラマサを抜き、左手で凍牙を投げた。だが、アルタは『爪』でそれを簡単にたたき落とす。そして、獣の様なスピードでミサイル研究所に襲いかかった。
 アルタは、さっきからずっと『どす黒い』笑い方をしていた。最も『どす黒かった』のはすずらんを『爪』で攻撃した時だった。例えるなら、ハンマー投げで新記録をとった選手の会心の笑い。例えるなら、ムカつく奴に罰が下り、思いっきりガッツポーズをした時の笑い方。そんな笑いを『どす黒く』したものだ。
 ミサイル研究所は片方の『爪』を右に流した。だが、もう片方の『爪』は軽くだが右の太ももの肉をえぐった。血は辺りに飛び散る。ミサイル研究所はアルタの目に入ってくれればなと思ったが、アルタの目は塞がれなかった。
 ミサイル研究所は後ろに飛んだ。不思議な事に『何故か』右太ももの出血はほとんど止まっていた。アルタはミサイル研究所を追いかけようとしたが、すぐに後ろを振り向き、『爪』でメタルのムラマサを止めた。
 日本刀の重さというのは、相当なものである。秘密道具の一種の為、メタルの様な女性でも軽々と扱えるようになっているが、上から振り落とせば下のものにかなりの負担がかかる。だが、アルタの『爪』はびくともしなかった。相当の筋力がある、と二人は判断した。
 部屋の中でイカたこは動こうとしたが、ミサイル研究所が「やめろ」というジェスチャーを送った為、椅子に座ったままであった。
「なあ、PKって知っているか?」
 ミサイル研究所はアルタに対して言う。
「サッカーか?」
 メタルはすでに一歩退いていて、アルタはミサイル研究所の方へ走りながら質問へ答えを返した。
「超能力の一種さ。物体へ、干渉ができる」
 ミサイル研究所がそう言った瞬間だった。アルタの『爪』が両手とも、『潰れた』よく、マジックで瓶に新聞をかぶせて、グチャリと潰すというのがある。その新聞紙が潰れるのと同じ感じ。形をとどめない程、グチャグチャに潰れてしまった。当然、手からは血が出る。アルタの悲鳴が響いた。
 アルタの足は止まった。メタルは、すずらんの看護をしていた。すでに、『終わった』と分かったからだ。
「何を、した?」
 アルタは呟いた。『どす黒い』笑いが、崩れていた。その顔は、さっきまで獣のような奴だったとは思えなかった。ただの、人間に見えた。
「『何を、した』と思うゥゥ?」
 ミサイル研究所はニタリと笑った。彼も、勝利を確信していたからだ。
 アルタは脳内で考える。物体に、干渉する能力。秘密道具などでは無い、本当の、超能力では無いのか。そう思ったのだ。
「お前が誰なのかは後で分かるし、何が目的でもどうでもいいよなァァ。後一時間ちょっとで、力を手にするのだからな」
 ミサイル研究所が手で合図のようなものをすると、次はアルタの膝が『潰れた』アルタはその場に惨めに崩れ落ちた。そして、一歩。ミサイル研究所はアルタに近づいた。
「もっと、もっと酷いことをやりたいが、そこのメタルとかは見たくないだろうからなァァ。今、殺してやるよ」
 その時、メタルは見た。ミサイル研究所の顔を。その顔は『どす黒かった』アルタの顔と同じ、楽しんでいる、顔。そして、『今、殺してやるよ』という冷たい言葉。確実に殺せるという自信があるからこその、その言葉。
 一歩、また一歩。アルタに近づいていく。
「アハ」
 その時、アルタの口からそんな言葉が漏れた。

「アハハハハハハハハハハハァァァ!」

 アルタは、どす黒く、だが、大きく深く笑った。思いっきり。
 ミサイル研究所は、それを見てもう一回、『黒く』笑った。彼は、何度もこんな状況を作り出してきた。そして、必ずと言っていい程ミサイル研究所と戦った奴は『狂うのだ』恐怖のあまり、おかしくなってしまうのだ。
「ラストは、心臓だ」
 グシャリと、潰れた。アルタの心臓の部分が陥没していた。そして、アルタは倒れた……
 その時だった。『奇妙』な出来事が起こった。段々と、アルタの姿が薄くなり始めたのだ。そして、最後には消えてしまった。その場から、何の痕跡も残さず。
「『分身ハンマー』……」
 ミサイル研究所はそう呟くと舌打ちをした。


[No.304] 2008/04/26(Sat) 04:30:07

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 365 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS