[ リストに戻る ]
No.414へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/08(Sat) 18:41:39 [No.212]
石版 第二幕「これがあの男に... - 文矢 - 2007/12/15(Sat) 07:12:24 [No.216]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/21(Fri) 07:50:50 [No.223]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/22(Sat) 10:24:56 [No.224]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/24(Mon) 07:58:53 [No.226]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/25(Tue) 14:35:52 [No.227]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/26(Wed) 07:51:31 [No.228]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/28(Fri) 10:50:43 [No.231]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/02(Wed) 17:56:58 [No.234]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/08(Tue) 15:08:33 [No.238]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/09(Wed) 20:39:32 [No.240]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/27(Sun) 15:38:16 [No.248]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/02(Sat) 07:03:52 [No.252]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:55:48 [No.253]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:56:24 [No.254]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/02/09(Sat) 14:26:59 [No.256]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/11(Mon) 08:25:03 [No.258]
Re: 石版 第四幕「踊り狂うか... - 文矢 - 2008/02/20(Wed) 20:41:06 [No.261]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/24(Sun) 08:03:45 [No.263]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/02(Sun) 07:50:03 [No.266]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/11(Tue) 08:01:28 [No.268]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/22(Sat) 18:12:15 [No.269]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/23(Sun) 18:05:39 [No.270]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/03/31(Mon) 07:32:07 [No.276]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/04/06(Sun) 19:17:43 [No.289]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/04/07(Mon) 06:17:52 [No.290]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/12(Sat) 06:31:58 [No.301]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/13(Sun) 07:39:30 [No.302]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/19(Sat) 17:52:26 [No.303]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/26(Sat) 04:30:07 [No.304]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:27:39 [No.305]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:40:10 [No.306]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/17(Sat) 21:04:12 [No.307]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/26(Mon) 18:26:19 [No.316]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/06/03(Tue) 18:17:18 [No.317]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/24(Thu) 06:59:36 [No.343]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/28(Mon) 10:42:40 [No.344]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/04(Mon) 06:57:01 [No.346]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/05(Tue) 18:55:42 [No.347]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/11(Mon) 17:33:32 [No.355]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/09/21(Sun) 19:45:49 [No.378]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/10/25(Sat) 18:57:53 [No.403]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/08(Sat) 06:36:38 [No.414]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/22(Sat) 19:57:33 [No.421]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/24(Mon) 07:07:31 [No.422]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/12/07(Sun) 06:27:52 [No.425]
Re: 石版 第六幕「彼は満足した... - ??? - 2008/06/03(Tue) 23:03:34 [No.318]


石版 第六幕「彼は満足したのだろうか」 其の十 (No.403 への返信) - 文矢

 どらEMONと静香がミサイル研究所と会ったその時頃、ドラえもんとジャイアンは走っていた。ドラえもん、ジャイアン、二人とも手には改造ショックガンを握りしめていた。改造ショックガン、それが今のドラえもん達が使える最強の武器だった。
 ドラえもんは考える。はたして、イカたこ達はどんな戦法をとってくるか。ドラえもんはとりあえず、人海作戦は無いと考えていた。通路は狭い。それなのに人をたくさん歩かせたら詰まって行動が遅くなるかもしれない。又、変装の道具を使われてしまうと人の多さが裏目となる。だから無いと考えていた。
 それなら、イカたこはどうしてくるか。ドラえもんが考えた結論はこうだ。優秀な刺客を放ち、彼らが探し当てた順に殺していく。それが一番ではないか、安全だ。結局、ドラえもんはその結論へと至る。
 通路の角を右に曲がる。アルタが前教えてくれた話通りのルートで進んでいる。目指しているのは、イカたこの部屋だった。
「ドラえもん、次左だよな?」
 ジャイアンが言う。ドラえもんは頷く。この基地に二階は無い。あの空間移動の部屋から最も遠いところにイカたこの部屋はあった。
 左に曲がったその時、轟音と共に基地が震えた。何回も。何回も。丁度一秒刻みで基地が震える。ドラえもん達の動きも止まる。
 何が起こったのか、今のドラえもん達にそれは判断するのは不可能だった……


 ミサイル研究所の不気味な笑い。静香は無理やり、震えをおさえた。
 静香は恐怖という感情を抑えて考える。今、ミサイル研究所はどう考えているか。どらEMONの動き。それ。ミサイル研究所はそれを警戒している筈。それなら――
 震える手。ミサイル研究所は静香の方を見ていない。「今だ」静香はその言葉を頭の中で何度も繰り返す。今だ、今だ、今だ、今だ。改造ショックガンの照準を必死に合わせる。今だ、今だ、今だ!
 彼女は目をつぶり、引き金を引いた。響く銃声。だが、血は飛ばない。
 ――外れた。ものの見事に。改造ショックガンのレーザーはミサイル研究所には当たらず、壁に当たり壁を焦がしただけだった。
「ククク……お譲ちゃぁぁぁん、やるじゃあないか」
 ニヤニヤと笑いながら、ミサイル研究所が静香を睨んだ。静香はその場にへたれ込み、改造ショックガンがカランカランと音をたて地面に落ちた。
「静香君!」
 どらEMONは叫びながら立ち上がる。手には水裂を握りしめていた。ミサイル研究所と戦う準備は完璧だった。だが、ミサイル研究所は『戦う気は全く無かった』
「うっ……!」
 どらEMNは、その場に倒れた。ミサイル研究所が攻撃したわけでは無い。だが、どらEMONは倒れたのだ。どうして倒れたか。理由は簡単だった。『何故か呼吸が苦しくなったのだ』
 それは静香も同様だった。呼吸が苦しい。まるで、千五百メートル走をした後みたいにハアハア言っているのに酸素が入って来ない。どうして、どうして、どうして。静香もどらEMONも考えるが、答えは出てこない。
「くく……いや、待てよ。うん、逆の方がいいか」
 ミサイル研究所が『どす黒く』笑いながら言う。その言葉からどらEMONはどういう事か考えるが、やはり答えは出てこない。呼吸は苦しいままだ。
 だが、急に状況が変わる。二人の体に、圧力がかかったのだ。潰れそうなくらいの、圧力。重力といった方がいいだろうか。二人は這いつくばる。上を見上げると、ミサイル研究所の『どす黒い』笑いが見えた。
「何を……した?」
「くくく……ESPって分かる? 超能力さ。俺様は生まれつきの超能力者でね。フハ! 能力も教えてやるよ。大サービスさ。だって、お前らはこれから嬲り殺すだけなんだからさぁ。教えても問題無いだろ? 俺は圧力を操れるのさ。特定の場所のな。工夫すれば気圧も水圧も操れる。ここまで言えば分かるだろ?」
 どらEMONは分かった。呼吸が苦しくなったのは、ミサイル研究所が気圧を下げたからだと。今、体に重力がかかっているのも圧力のせいだと。全てを理解し、その後絶望した。静香も、絶望をしていた。この男には、勝てない。
「フハハハハハ! 気持ち良いよ! 実になあぁぁ。これから、お前らは嬲られるだけ! さて、どうやって苦しめようかな、と考えるだけなわけだ。楽だな、楽! クハ!」
 動けない二人。狂っているかのように踊るミサイル研究所。倒れて動かないスネ夫。部屋の中は、異様だった――


[No.414] 2008/11/08(Sat) 06:36:38

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 365 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS