[ リストに戻る ]
No.422へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/08(Sat) 18:41:39 [No.212]
石版 第二幕「これがあの男に... - 文矢 - 2007/12/15(Sat) 07:12:24 [No.216]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/21(Fri) 07:50:50 [No.223]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/22(Sat) 10:24:56 [No.224]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/24(Mon) 07:58:53 [No.226]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/25(Tue) 14:35:52 [No.227]
石版 第二幕「これがあの男に渡... - 文矢 - 2007/12/26(Wed) 07:51:31 [No.228]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2007/12/28(Fri) 10:50:43 [No.231]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/02(Wed) 17:56:58 [No.234]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/08(Tue) 15:08:33 [No.238]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/09(Wed) 20:39:32 [No.240]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/01/27(Sun) 15:38:16 [No.248]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/02(Sat) 07:03:52 [No.252]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:55:48 [No.253]
石版 第三幕「受け継がれるべき... - 文矢 - 2008/02/04(Mon) 07:56:24 [No.254]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/02/09(Sat) 14:26:59 [No.256]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/11(Mon) 08:25:03 [No.258]
Re: 石版 第四幕「踊り狂うか... - 文矢 - 2008/02/20(Wed) 20:41:06 [No.261]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/02/24(Sun) 08:03:45 [No.263]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/02(Sun) 07:50:03 [No.266]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/11(Tue) 08:01:28 [No.268]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/22(Sat) 18:12:15 [No.269]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/03/23(Sun) 18:05:39 [No.270]
石版 第四幕「踊り狂うかの様... - 文矢 - 2008/03/31(Mon) 07:32:07 [No.276]
石版 第四幕「踊り狂うかの様に... - 文矢 - 2008/04/06(Sun) 19:17:43 [No.289]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/04/07(Mon) 06:17:52 [No.290]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/12(Sat) 06:31:58 [No.301]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/13(Sun) 07:39:30 [No.302]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/19(Sat) 17:52:26 [No.303]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/04/26(Sat) 04:30:07 [No.304]
石版 第五幕「古代からの因縁」... - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:27:39 [No.305]
石版 幕間「つまらない講釈」 - 文矢 - 2008/05/03(Sat) 15:40:10 [No.306]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/17(Sat) 21:04:12 [No.307]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/05/26(Mon) 18:26:19 [No.316]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/06/03(Tue) 18:17:18 [No.317]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/24(Thu) 06:59:36 [No.343]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/07/28(Mon) 10:42:40 [No.344]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/04(Mon) 06:57:01 [No.346]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/05(Tue) 18:55:42 [No.347]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/08/11(Mon) 17:33:32 [No.355]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/09/21(Sun) 19:45:49 [No.378]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/10/25(Sat) 18:57:53 [No.403]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/08(Sat) 06:36:38 [No.414]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/22(Sat) 19:57:33 [No.421]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/11/24(Mon) 07:07:31 [No.422]
石版 第六幕「彼は満足したのだ... - 文矢 - 2008/12/07(Sun) 06:27:52 [No.425]
Re: 石版 第六幕「彼は満足した... - ??? - 2008/06/03(Tue) 23:03:34 [No.318]


石版 第六幕「彼は満足したのだろうか」 其の十二 (No.421 への返信) - 文矢

 部屋。ミサイル研究所が全てを支配している、部屋。黒い空気が混じった部屋は異様な雰囲気を醸し出している。
「さてと……まず、これを見てくれよ」
 ミサイル研究所はそう言うと、部屋の端にあるメタルの遺体を指差した。ミサイル研究所がその部分だけ解除したのか、静香とどらEMONは首を動かすことができた。メタルの遺体の方を二人は向く。メタルの遺体は布を被せてあるだけだ。
 どらEMONは嫌な予感がすると感じた。何か、とんでもない物を見せつけられる気がする。そんな嫌な予感が。冷や汗が頬をつたる。
 ミサイル研究所は『どす黒く』笑った。そして、腕を左右へ大きく広げる。まるで、何処かへ飛び立とうとしているかのように。
 そして、ミサイル研究所はゆっくりと指を鳴らした……

 破裂。破裂。破裂。まず、メタルの体の上にある布が吹っ飛び、そして大量の血が飛び出す。臓器の欠片が吹っ飛び、スクラップ映画のような光景が部屋の中に広がる。そして、少し遅れてボンッという音が部屋の中に響く。
「キャアアアア!」
 静香の悲鳴。どらEMONは信じられない、という顔でその光景を見る。
 部屋には血のシャワーが降り注ぎ、ベチャベチャと腐りかけの血液が音をたてる。そして、その血のシャワーを嬉々してミサイル研究所が浴びる。まるで、雨が降らない数日の後に降った大雨を喜ぶ農民のように、黒く、黒く、黒く、黒く、笑いながら。
 狂っている。今まで出会った、誰よりも。どらEMONはそう感じる。体の震えは止まらない。
「くく、周りの気圧を下げればさ、体は爆発するよなぁ。山の頂上へ持っていったポテトチップスの袋が膨らむのと同じで。学校で習ったろ? どうだ! 怖くなってきただろう? こんな感じで死にたくないと思ったろ? 思え、思え、思え! 俺は最強なんだ、ハハ!」
 ミサイル研究所はやはり腕を大きく広げたまま叫ぶ。その姿は、まるで悪魔。鬼。世界中のあらゆる悪という言葉で例えられるだろう。どんな小説の悪魔よりもこの男は酷いとどらEMONは思う。静香は考えるどころでは無かった。恐怖によるパニックに包まれ、何も言えない。
「お前……仲間の死体をそんな演出の為に使ったのか?」
 どらEMONは大量の汗をかきながら、ミサイル研究所へと言う。
「ハ! 下らないな。仲間といってもすでに死んだんだからどうでもいいだろ? というよりも俺様に使われてメタルだって光栄だと思っているさ」
「お前らは、自分の正義の為に動いているんじゃないのか? お前はまるで悪魔だ!」
「悪魔、ありがとう。いい言葉だ。確かに、イカたこは自分が世界を変える、正義だ。とでも思っているだろうね。だがね、俺はそうじゃない。俺は、悪だ! 正義なんかじゃない、悪だよ、悪!」
 ミサイル研究所の言葉にどらEMONは唖然とする。悪、その言葉を喜ぶ男などいるだろうか。近所の悪ガキに「お前らは悪だ」と言ったらそのガキは怒るだろうし、汚いことをやっている政治家に「あなたは悪です」と言ったらその政治家も怒るだろう。何なんだ、この男は。
「昔からそうだったよ。テレビとか漫画とか見ててもさ。ヒーロー側には感情移入なんかできなかった。だって、奴らは「地球を守る」だとか言っているだけだろ? 何でさ。あいつらを見てるとあいつらは食欲や、性欲や、睡眠欲さえ無いんじゃねえのと思うだろ? その点悪は違う! 悪役達は自分の欲望に素直に生きてる! 良い事じゃないか。そっちの方がかっこいい! 俺は昔から悪になりたかったのさ! もっと呼んでくれ! 俺を悪だと! 悪魔だと、卑怯だと、もっと、もっと、もっとぉ!」
「じゃあこう言えばいいのか? 『お前は正義のヒーローだ』」
 どらEMONは引きつった笑いを浮かべながら言う。だが、ミサイル研究所は全く気にかけていなかった。どうでもいい、という感じであった。
 どうすればいい―― どらEMONは考えるが、どう考えてもこの状況は覆せないという結論が出るだけであった。この悪魔め。どらEMONは歯をくいしばりながらそう思った。


[No.422] 2008/11/24(Mon) 07:07:31

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 365 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS