[ リストに戻る ]
No.393に関するツリー


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

   平成少年 - ゴッドマン - 2008/10/13(Mon) 12:22:19 [No.393]
Re: 平成少年 - ゴッドマン - 2008/10/16(Thu) 09:41:18 [No.395]
Re: 平成少年 - ゴッドマン - 2008/10/25(Sat) 12:11:11 [No.401]
Re: 平成少年 - ゴッドマン - 2008/10/29(Wed) 17:31:42 [No.405]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
平成少年 (親記事) - ゴッドマン

第十話「裏山秘密結束隊 前半」
ー2000年5月11日ー
ドラえもん「ふっーよーし。みんな出来たよーーーーーーー」
のびた「やったー。僕らの秘密基地がーー」
剛田「非ゃーひれぇー」
スネ夫「うんさすがに広い。だけど何もないね」
ドラえもん「心配ご無用。僕が何とかするよ」
のびた「何とかって・・・だけど4人じゃ少ないね」
スネ夫「うんどうにかっしようって・・・うわー」
ドラえもん「どうしたの・・・あっ」
そこには2人の少年がいた。ズル木と木鳥だ。
ズル木「さすが僕らは似てるねー」
木鳥「そうそうしかも強いし、美貌もある」
ズル木「しかし誰もいないなー。」
木鳥「ジャイアンがガキ大将の座を降りてから1ヶ月今や僕らがガキ大将だ」
ズル木「あー待ったくだ」
そのまま2人は立ち去っていった
スネ夫「アーどうしよう。ここがバレたら」
後半へ続く


[No.393] 2008/10/13(Mon) 12:22:19
Re: 平成少年 (No.393への返信 / 1階層) - ゴッドマン

> 第十話「裏山秘密結束隊 後半」
スネ夫「どうしようここがバレたらみんな殺されちゃうよ」
のびた「ジャイアンどうにかできないの?」
剛田「無理だ。あっちには100人もの部下がいる」
ドラえもん「やっぱりあの2人が転校してきてから、ジャイアンの家が襲われ・・・・・」
あーだコーダ言ってるうちに、ジャイアンが口を開いた
剛田「しかたない。何人か仲間にいれよー」
のびた「そうだね。誰にする」
ドラえもん「矢部は」
スネ夫「あいつはずる木の仲間だから無理」
のびた「何で知ってるの」
ドラえもん「見たから、100人のなかの1人に」
剛田「じゃーどうすんだよ」
ドラえもん「そういうためにこいつだったら大丈夫っていうやつをまとめたよ」
そういってみせた紙には、源静香 鈴木安雄 出来杉英才 晴雄 の名前
がのってた
のびた「えっ静香ちゃんもいれるの」
ドラえもん「剣道をやってるからね。安雄は逃げ道は知ってるし、出来杉
は頭がいいからいろんなことを進言してくれるよ。晴男は相撲をやってるし、これくらいかな」
剛田「うぉーなんだかやるきになってきたぜーーーー」
のびた「よーしこの人たちを集めて゛裏山秘密結束隊゛完成だー」
全員「おー」
この中に神様がいることは言うまでもない


[No.395] 2008/10/16(Thu) 09:41:18
Re: 平成少年 (No.395への返信 / 2階層) - ゴッドマン

第11話「先生」
ー2025年9月18日ー
のびたは秘密結束隊の名前を書いていた。
のびた「俺、ドラえもん、静香、ジャイアン、スネオ、出来杉、晴男、安雄。・・・これで全員なのか・・・」
ピンポーん
のび輔「へーい。どなた」
???「のびたの友人です」
のび輔「じゃーそこでお待ち・・親父〜」
のびた「なんだ。いったいだれ」
のび輔「わかんねーよ。友達だって」
のびた「あーもー色々忙しいのに〜・・って五郎」
そこにはあの絵のうまい、吉本五郎(詳しくはドラえもん8巻で)がいた。
五郎「よぉ。同窓会ぶりだな」
のびた「なんだよ照れくさいなー、上がれよ。のび輔お茶客室に持って来い」
のび輔「へいへい。春名にまーかせよっと」
2人は客室にはいった
のびた「それにしても何だよいきなり来て」
五郎「すまん。実は・・・」
ガチャ
春名「おちゃでーす。どうぞ」
五郎「おっありがとうお嬢ちゃん」
後半へつづく


[No.401] 2008/10/25(Sat) 12:11:11
Re: 平成少年 (No.401への返信 / 3階層) - ゴッドマン

第11話の続き
五郎「おっありがとうお嬢ちゃん」
のびた「ったく、のび輔め。春菜にお茶を持たせて」
のびたがぶつぶつ独り言を言ってる間、五郎はじーっと春菜を見てた。
そして深刻な顔で口を開いた
五郎「ちょっとこの子を出してくれないか」
のびた「ああ、春ちょっと出なさい」
春菜「はーい」
春菜はその部屋から出た。
五郎「・・・・のびたあの子お前の子じゃないだろ」
五郎は唐突に話した
のびた「よ、よく分かったな」
すると五郎は写真を出した
五郎「これ。誰か分かるか」
それは女性(真野みき風)の写真である。のびたはそれを見てびっくりしていた。
のびた「そ・そ・そ・それって俺の姉」
五郎「そう、お前の姉であり、あの子の母【片岡典子】だ」
そのときすごい緊張感が走った。
第11話「姉」終わり

じおすさんへ
題名を姉にしてください


[No.405] 2008/10/29(Wed) 17:31:42

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS