[ リストに戻る ]
新着記事一覧


WINGBEAT COFFEE ROASTERS


表示対象の変更: [ 新着 10 件を表示 | 72 時間以内の記事を表示 ]
ワンピ(子供・怒)3 (親記事) - 光

「ベロッ。」
4人「うっ!。」
「ビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッビチャッ。」


関連スレッドを表示
[No.781] 2018/05/18(Fri) 19:55:56 (1509時間52分前)

ワンピ(子供・怒・爪剥) (親記事) - 光

光「なら貴様達4人がケジメを付けるかえ?。」
イチジ「ケイジメ・・・?。」
光「あぁ。」
―――――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ニジ「ひ、光・・・。」
ヨンジ「な、何だよ是・・・?。」
光「爪を剥ぐ為の拷問具だ、貴様達4人には両手の指の爪を全部剥いで貰う。」
4人「!!!!。」
レイジュ「りょ、両手の指の爪は数えると10枚。」
イチジ「そ、そして俺達4人の両手の指の爪を足すと40枚。
光「そうだ、遺れるかえ?。」
4人「や、遺る・・・。」
「すっ。」
「パチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッ。」
「すっ。」
4人「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・。」
「グッ。」
「オアッ。」
「ガンッ!。」
「メキャッ。」
4人「うっ!。」
「ぶわっ。」
「ジワ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
4人「!!!!(こ、こんな事を後36回も・・・?)。」


関連スレッドを表示
[No.780] 2018/05/17(Thu) 01:01:20 (1552時間46分前)

ワンピ(子供・死・涙・蒼薔薇病) (親記事) - 光

其れを話し終えた後、一護は開けた宝箱に似た箱を置き、一枚の手紙をイチジ達4人の前に差出した、宛名は『イチジ達4人へ』、イチジが受け取り、一護は部屋を出た、そして封筒を開け、手紙を読み始めた
[拝啓、イチジ、ニジ、ヨンジ、レイジュ、貴様達4人の前から姿を消して一年に成る・・・・・・・・・・・・・・・・・・、是は妾が貴様達4人に出す、初めての手紙だ、とは言っても妾は手紙を出したりはしないんだがな、だが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・其れで良い、貴様達4人の前から姿を消した事を書こうと思う、又逢えるかもしれないと思って、あの日、普通に過してた後、体調が悪いのが取れなかった妾は洗面所に行った、そして洗面所に在る姿見鏡で自分の右胸を見た、右胸には蒼い薔薇の模様が在った、そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・直に妾は解った、『蒼薔薇病』だと、『蒼薔薇病』は懸かった者を・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・確実に死に至らしめる病、妾は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・其れに発病してしまった、発病してしまったら絶対に治らない、発病してしまったら最後、『蒼薔薇病』に懸かった者の心臓に荊を伸ばし続ける、荊が心臓に到達した後、荊が心臓を包み込み、心臓は止り、死んでしまう、そんな妾の姿を貴様達4人には見せたくなかった、だから妾は実家に戻り、息を引取る迄の間を実家で過す事にした、だって優しい貴様達4人の事だ、絶対に泣いてしまう、其れだけはさせたくなかった、妾だって海賊の端くれだ、だから貴様達4人の前から黙って姿を消した、黙ってて御免な、今、貴様達4人に言いたい、イチジ、ニジ、貴様達2人とはずっと一緒に居たかった、ヨンジ、レイジュ、貴様達2人とは話をしたりしたかった、こんな姉で御免な、だから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・妾は心の中に居る、貴様達4人のずっと傍に居る、躯に気を付けてな、光・リュウガ]
イチジは手紙を持つ手の震えが止らなかった、ニジとヨンジは震える手で顔を覆って居り、レイジュは震える手で口を隠してた、イチジ達4人は開けた宝箱に似た箱から4個の小箱を取出し、開けた、其処にはルビ―、サファイア、エメラルド、アメジストで作られた指輪とネックレスが入ってた、指輪の内側にはイチジ達4人の名前が刻印されてた、最後の手紙を見た
[多分是が最後の手紙だ、絶対に死のうとしないでくれ、其れが妾の願いだ、後、小瓶に入ってる、羊皮紙を見てくれ、猛一度・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・貴様達4人に逢いたい]
「すっ。」
「キュポッ。」
「パサッ!」
「すっ。」
[又一緒に居られます様に]
羊皮紙に書かれた文字をそっと撫でた
イチジ「莫迦者・・・っ!!!!、何故言わなかった・・・っ!!!!、


関連スレッドを表示
[No.779] 2018/05/16(Wed) 22:32:44 (1555時間15分前)

ワンピ(子供・日常・命日) (親記事) - 光

【―――部屋―――】
光「今日は6月9日か・・・・・・。」
自室のベッドに座って壁に掛かってる、カレンダ―を見て今日は6月9日だと言う、光、光の顔には悲しさが在った、今日は6月9日の御話です
――――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何時もは光達3人とイチジ達にべったりな一護だが在る日だけイチジ達にくっ付かず、光にくっ付いてる日が在る、其れは6月9日、自分の両親の命日である、光は一護に起されると起きて一護を抱上げ、一緒にイチジ達の元に行く、何故そう成ってるかと言うと朝起きて来た、一護は裂牙と黎螺に連れて来られた、一護はキョロッキョロッキョロッキョロッと辺りを見渡す
「クイッ。」
2人「んっ?。」
一護「ヒカは?。」
黎螺が光を呼びに行くと暫くすると光が遺って来た、裂牙が抱いてた、一護を光に渡した
イチジ「どう言う事だ?。」
光「・・・今日は駄目なんだ・・・。」
14人「?。」
―――――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一護は光から離れなかった、絵本を読むのも御菓子を食べるのも光の膝の上で行ってた、暫くすると御昼寝をしてしまった
ニジ「どう成ってんだ?。」
光「・・・今日は駄目なんだ・・・。」
ヨンジ「


関連スレッドを表示
[No.778] 2018/05/09(Wed) 01:57:55 (1743時間50分前)

ワンピ(子供・怒・地獄)1 (親記事) - 光

イチジ「なのに何だっ!!!!。」
ニジ「金で戦争に勝たせて遺ったら今度は悪だって罵るのかよっ!?。」
ヨンジ「戦争の時、戦争相手は俺達4人を睨んでた。」
レイジュ「でも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・私達4人には最後迄解らなかった。」
イチジ「何故睨んでるのか、怨まれてるのか。」
ニジ「俺達4人が戦争屋だからか?、だが其れの何処が悪いんだよっ!?。」
「ガシッ。」
ヨンジ「父上は俺達4人に何も言わなかったっ!!!!。」
レイジュ「兵士達もメイド達も誰も彼も私達4人に教えてくれなかったっ!!!!。」
イチジ「其れが悪い事だって誰も俺達4人に教えてくれなかった癖にぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!!!。」
ニジ「其れに俺達4人がこんな風に強く育ったのは父上と周りがそう望んだからじゃねぇかっ!!!!。」
光「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
眼の前で光に負けた、イチジ達4人、光は黙って見てた、イチジ達4人は光の言葉を聞き、両手で頭を掴み、髪を乱しながら叫ぶ、イチジ達4人、光は黙って聞いてた、是がイチジ達4人の心の叫び、感情を無くしてしまった、哀れな4人の子供、そんなイチジ達4人を光は黙って見詰てた
光「だから言ったのだ、貴様達4人は哀れだとな、母親から産れ、生を受けた、なのに感情を無くしてしまった、貴様達4人はサンが羨ましかったのだろう?、感情が在り、母親からも愛された、感情が無い貴様達4人はサンに負けてたのだ、其れを認めろ。」
ヨンジ「嫌だ・・・っ!!!!。」
レイジュ「其れを認めてしまったら私達4人じゃ無く成る・・・っ!!!。」
イチジ「強くなければ父上に認めて貰えない・・・っ!!!!。」
4人「必要とされない{んだよ・のよ}・・・っ!!!!。」
光「本当に哀れだな、貴様達4人、だから怨念に取巻かれる。」
「ズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ガシッ。」
4人「!?。」
光「貴様達4人を掴んでる、其の影手は貴様達4人に滅ぼされた国の死んだ人間達の怨念だ、そして貴様達4人を地獄に堕す為にな。」
4人「じ、地獄・・・?。」
光「あぁ。」
「ジワ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ツゥ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッ。」
ニジ「嫌だ・・・っ!!!!、嫌だああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・っ!!!!。」
ヨンジ「地獄なんて嫌だ・・・っ!!!!、地獄なんて嫌だああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・っ!!!!。」
レイジュ「地獄に堕ちたら誰も私達4人に逢いに来てくれない・・・っ!!!!、地獄に堕ちたら誰も私達4人に逢いに来てくれないのよぉ・・・っ!!!!。」
イチジ「地獄に堕ちたら声を懸けても無視されるんだ・・・っ!!!!、地獄に堕ちたら誰も俺達4人の話を聞いてくれないんだぁ・・・っ!!!!。」
ニジ「止めてくれよ・・・っ!!!!、御願いだから・・・っ!!!!、止めてくれよぉ・・・っ!!!!。」


関連スレッドを表示
[No.777] 2018/05/08(Tue) 05:52:03 (1763時間56分前)

ワンピ(子供・怒・地獄) (親記事) - 光

イチジ「なのに何だっ!!!!。」
ニジ「金で戦争に勝たせて遺ったら今度は悪だって罵るのかよっ!?。」
ヨンジ「戦争の時、戦争相手は俺達4人を睨んでた。」
レイジュ「でも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・私達4人には最後迄解らなかった。」
イチジ「何故睨んでるのか、怨まれてるのか。」
ニジ「俺達4人が戦争屋だからか?、だが其れの何処が悪いんだよっ!?。」
「ガシッ。」
ヨンジ「父上は俺達4人に何も言わなかったっ!!!!。」
レイジュ「兵士達もメイド達も誰も彼も私達4人に教えてくれなかったっ!!!!。」
イチジ「其れが悪い事だって誰も俺達4人に教えてくれなかった癖にぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!!!。」
ニジ「其れに俺達4人がこんな風に強く育ったのは父上と周りがそう望んだからじゃねぇかっ!!!!。」
光「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
眼の前で光に負けた、イチジ達4人、光は黙って見てた、イチジ達4人は光の言葉を聞き、両手で頭を掴み、髪を乱しながら叫ぶ、イチジ達4人、光は黙って聞いてた、是がイチジ達4人の心の叫び、感情を無くしてしまった、哀れな4人の子供、光は黙って見詰てた
光「だから言ったのだ、貴様達4人は哀れだとな、母親から産れ、生を受けた、なのに感情を無くしてしまった、貴様達4人はサンが羨ましかったのだろう?、感情が在り、母親からも愛された、感情が無い貴様達4人はサンに負けてたのだ、其れを認めろ。」
ヨンジ「嫌だ・・・っ!!!!。」
レイジュ「其れを認めてしまったら私達4人じゃ無く成る・・・っ!!!。」
イチジ「強くなければ父上に認めて貰えない・・・っ!!!!。」
ニジ「愛して貰えない・・・っ!!!!。」
4人「必要とされない{んだよ・のよ}・・・っ!!!!。」
光「本当に哀れだな、貴様達4人、だから怨念に取巻かれる。」
「ズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズズッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ガシッ。」
4人「!?。」
光「貴様達4人を掴んでる、其の影手は貴様達4人に滅ぼされた国の死んだ人間達の怨念だ、そして貴様達4人を地獄に堕す為にな。」
4人「じ、地獄・・・?。」
光「あぁ。」
「ジワ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ツゥ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッ。」
ヨンジ「嫌だ・・・っ!!!!、嫌だああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・っ!!!!。」
レイジュ「地獄は嫌・・・っ!!!!、地獄は嫌ああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・っ!!!!。」
イチジ「地獄に堕ちたら誰も俺達4人に逢いに来てくれない・・・っ!!!!、地獄に堕ちたら誰も俺達4人に逢いに来てくれないんだぁ・・・っ!!!!。」
ニジ「地獄に堕ちたら声を懸けても無視されるんだよ・・・っ!!!!、地獄に堕ちたら誰も俺達4人の話を聞いてくれないんだよぉ・・・っ!!!!。」
ヨンジ「止めてくれよ・・・っ!!!!、御願いだから・・・っ!!!!、止めてくれよぉ・・・っ!!!!。」
レイジュ「せめて、せめて―――――――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・、せめて殺してぇ・・・っ!!!!。」
イチジ「お前の手で俺達4人を殺してくれ・・・っ!!!!、お前の手で俺達4人を殺してくれぇ・・・っ!!!!。」
ニジ「動物みたいに殺してくれよ・・・っ!!!!、動物みたいに殺してくれよぉ・・・っ!!!!。」
ヨンジ「ズタズタズタズタに殺してくれよ・・・っ!!!!、ズタズタズタズタに殺してくれよぉ・・・っ!!!!。」


関連スレッドを表示
[No.776] 2018/05/08(Tue) 05:49:27 (1763時間58分前)

ワンピ(脱皮・喰) (親記事) - 光

「グググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググググッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
「ヌチャッ・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「クイックイックイックイックイックイックイックイックイックイックイッ。」
全員「!?。」
光の腹部がググググググググググッと膨れ上がり、ベリッベリッベリッベリッベリッと破れて逝き、粘りが在る猛毒の蒼緑色の胃液塗れの両腕が出て来てクイックイックイックイックイッと粘りが在る猛毒の蒼緑色の胃液塗れの両腕を動かした、大人に成った光の両腕だ、古い躯の中には大人に成った光が居る、大人に成った光が古く成った自分の躯から出て来様としてるのだ
「ヌチャッ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ビチャッ・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ズルッ・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ドシャッ。」
「ズルリッ・・・・・・・・・・・・・・。」
「ユラッ・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
光「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッ。」
「バッ。」
「ギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッ。」


関連スレッドを表示
[No.775] 2018/05/07(Mon) 20:13:35 (1773時間34分前)

ワンピ(子供・拍手・企画・クリスマス) (親記事) - 光

光「今年のクリスマスの企画として妾達8人と過せるクリスマス夢小説のリクエストを募集するぞえ。」
イチジ「夢小説の内容はお前自身で決めてくれ。」
ニジ「勿論誰と過すのかもお前自身で決めろよな。」
一護「俺達4人と過すのも良いし、イッちゃん達4人と過すのも良いよね。」
ヨンジ「


関連スレッドを表示
[No.774] 2018/05/06(Sun) 00:09:13 (1817時間38分前)

ワンピ(子供・怒)2 (親記事) - 光

右脚を組んで猫車の窓際に左腕を置き、左手に顎を載せ、外を見る、光、其れを顔を紅くして見る、イチジ達4人、光は女なのに背が高い為、声も低い、ワイシャツを着り、右眼には眼帯をし、黒のマントを羽織ってる、其の姿がとても似合うのだ
光「おい。」
4人「!。」
光「何人の顔をジロジロ見てるんだえ?。」
イチジ「い、否っ!////。」
ニジ「お、お前のワイシャツ姿とマントと眼帯が似合うなって////。」
光「ア―ン?。」
「すっ。」
光「別に普通だろうが、ワイシャツ姿とマントと眼帯は。」
ヨンジ「


関連スレッドを表示
[No.773] 2018/05/06(Sun) 00:06:51 (1817時間41分前)

ワンピ(子供・怒)1 (親記事) - 光

ジャッジとイチジ達4人は光の殺気が籠った低い声を聞き、白い部分が黒く成ってる殺気と狂気が籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い緑の瞳を見てゾクッと背筋が凍り、冷汗を欠いた、光の声は低くく、殺気が籠って居り、殺気と狂気が籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い緑の瞳は殺気と狂気が在り、白い部分が黒く成ってた、光が殺気が籠った低くい声の時は怒ってる時の声、白い部分が黒く成ってる殺気と狂気が蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い緑の瞳には本気で殺すかもしれないと言う気配が在った、そして光が声が殺気が籠って低くい時は決して逆らってはいけない、動いたりすれば殺されるかもしれないからだ、白い部分が黒く成ってる殺気と狂気が蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い緑の瞳には本気で殺すと言う気配が現れ、禍々しさが在った、其れを見た、ジャッジとイチジ達4人は其の殺気が籠った低くい声を聞き、白い部分が黒く成ってる殺気と狂気が蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い緑の瞳に動けなかった
光「黙れ、髭親父、小僧共3人、小娘、今直ぐ殺して遺ろうか?、其れとも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
「クワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
光「今直ぐ妾に喰われたいかえ?。」
「ギロッ。」
5人「っ!!!!。」
「ゾクッ。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッポタッ。」
「ジュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
光は特殊な糸で縫った耳迄裂けた口をカ・・・・・・・・・・・・っと開き、特殊な糸で縫った耳迄裂けた口の端をギチッギチッギチッギチッギチッと開いて逝き、ビッと下顎が切目が現れ、ベリッベリッベリッベリッベリッと下顎が別れ始め、クワッと特殊な糸で縫った耳迄裂けた口を開き、ネバッと下顎が二股に別れ、ネチャッと粘りが在る猛毒の蒼い唾液が二股に別れた下顎の内側に線を引き、ダラッと粘りが在る猛毒の蒼い唾液塗れの蛇と同じ先が二股に別れた長い蒼い舌をダラッと出し、今直ぐ妾に喰われたいかえ?っと言い、白い部分が黒く成ってる殺気と狂気が籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い緑の瞳でギロッとジャッジとイチジ達4人を睨んだ、白い部分が黒く成ってる殺気と狂気が籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い緑の瞳で睨まれた、ジャッジとイチジ達4人はゾクッと背筋が凍り、冷汗を欠いた、下顎が二股に別れた特殊な糸で縫った耳迄裂けた口からダラッと粘りが在る猛毒の蒼い唾液を垂流し、ポタッポタッポタッポタッポタッと床に流れ落ち、ジュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッと音を立てて溶けた、光の口は耳迄裂けて居り、耳迄裂けた口の端を特殊な糸で縫って居り、下顎は二股に別れ、歯は全部が鋭い牙に成って居り、一本眼の鋭い牙と二本眼の鋭い牙は蛇の様に長く鋭く成って居り、鋭い牙の並び方は鮫と同じ前後に並んでた、舌は蛇と同じ先が二股に別れ、長く成って居り、舌の色は蒼、唾液は糊みたいに粘りが在り唾液の色は蒼、一本眼の鋭い牙と二本眼の鋭い牙と鮫と同じ前後に並んでる鋭い牙は全部が猛毒の毒牙で粘りが在る蒼い唾液にも同じ猛毒が在り、地面に流れ落ちると溶かしてしまう、相手を意図も簡単に死に至らしめる猛毒が一本眼の鋭い牙と二本眼の鋭い牙と鮫と同じ前後に並んでる鋭い牙粘りが在る蒼い唾液には在る、牙と舌と瞳孔は蛇、牙の並び方は鮫、光は蛇と鮫の特徴を持ってるのだ
光「


関連スレッドを表示
[No.772] 2018/05/05(Sat) 22:13:41 (1819時間34分前)



- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS