[ リストに戻る ]
新着記事一覧


表示対象の変更: [ 新着 10 件を表示 | 24 時間以内の記事を表示 ]
「群像」2017年4月号に「さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神」 (親記事) - モモチ

3月7日発売の「群像」2017年4月号に笙野頼子さんの新作長編小説「さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神」が掲載されています。
http://gunzo.kodansha.co.jp/48080/49069.html
どーんと430枚で、小説神変理層夢経シリーズ(猫荒神モノ)第三章ですよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06X9MQRNM/


関連スレッドを表示
[No.524] 2017/03/07(Tue) 13:32:54 (41653時間45分前)

twitterで笙野頼子さんの「人喰いの国」コメントがアップ (親記事) - モモチ

twitter河出書房新社の文藝アカウントで笙野頼子さんのコメントがツイートされています。
https://twitter.com/kawade_bungei/status/785083548541657088
https://twitter.com/kawade_bungei/status/785083653537669120
https://twitter.com/kawade_bungei/status/785083710349582336
https://twitter.com/kawade_bungei/status/785083901123321856
https://twitter.com/kawade_bungei/status/785083946841219073
https://twitter.com/kawade_bungei/status/785084057814114305
「本作を中核とした長篇単行本『ひょうすべの国』は11月刊行の予定で準備中」とのこと。
アマゾンでは11月24日発売予定で予約ページが公開されています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/430902520X/galaxyangella-22/ref=nosim/
書影がどのようなものになるか楽しみです。


関連スレッドを表示
[No.523] 2016/10/12(Wed) 10:42:22 (45160時間36分前)

「文藝」2016年冬号に「人喰いの国」 (親記事) - モモチ

10/7発売の「文藝」2016年冬季号に笙野頼子さんの小説「人喰いの国」が掲載されています。
150枚の中篇で、ひょうすべシリーズ完結編。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309979052/
アマゾンも販売開始してます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LBFWMDU/


関連スレッドを表示
[No.522] 2016/10/07(Fri) 15:43:37 (45275時間35分前)

「群像」2016年10月号「群像短編名作選」に「使い魔の日記」 (親記事) - モモチ

9月7日発売の文芸誌「群像」2016年10月号は群像七十周年記念号。
永久保存版「群像短編名作選」として「群像」70年のベスト短篇54篇を掲載。
その中に笙野頼子「使い魔の日記」(1997年1月号)が再録されています。
http://gunzo.kodansha.co.jp/43086/47352.html
(電子版も近日配信予定らしい)

「使い魔の日記」は『時ノアゲアシ取リ―笙野頼子窯変小説集』1999年刊に収録されていますよ。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00D1FFGNC/


関連スレッドを表示
[No.521] 2016/09/06(Tue) 17:58:00 (46017時間20分前)

「文藝」2016年秋季号に「おばあちゃんのシラバス」 (親記事) - モモチ

7/7発売の「文藝」2016年秋季号に笙野頼子さんの短編「おばあちゃんのシラバス」が掲載されています。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309978864/
この短編は、2016年夏季号「ひょうすべの約束」につづくひょうすべシリーズ四作目。
前作の「ひょうすべの約束」は、TPPに批准した日本の十数年後を「にっほん」(とウラミズモ)の世界で主人公埴輪詩歌が亡命できなかった話でした。今作は彼女の祖母埴輪豊子がなぜ亡くなったかという話です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01H3ZNG9G/


関連スレッドを表示
[No.520] 2016/07/07(Thu) 16:21:48 (47482時間57分前)

文藝家協会ニュース4・5月合併号エッセイ「沖縄の学生、沖縄「戦後」ゼロ年」 (親記事) - モモチ

文藝家協会ニュース(No.762)2016年4・5月合併号の「会員通信」に笙野頼子さんのエッセイ「沖縄の学生、沖縄「戦後」ゼロ年」が掲載されています。目取真俊氏が米軍警備員に拘束されたニュースについて書かれてます。
http://shonisen.blogspot.com/2016/06/blog-post.html


関連スレッドを表示
[No.519] 2016/06/12(Sun) 15:23:44 (48083時間55分前)

「文藝」2016年夏号に「ひょうすべの約束」 (親記事) - モモチ

「文藝」2016年夏季号に笙野頼子「ひょうすべの約束」が掲載されています。2年ぶりの新作発表ですね。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309978864/
本作は2012年冬号「ひょうすべの嫁」と2013年春号に「ひょうすべの菓子」につづくシリーズ三作目。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01CR984EA/galaxyangella-22/ref=nosim/
アマゾンでも発売始まってます。


関連スレッドを表示
[No.518] 2016/04/07(Thu) 16:00:03 (49667時間18分前)

web河出「私が薦める河出の本」に笙野頼子さん (親記事) - モモチ

河出書房新社ポータルサイト「web河出」の「私が薦める河出の本」にて、笙野頼子さんが6冊の本をお勧めされています。
http://web.kawade.co.jp/sp130th/485/
1. ジル・ドゥルーズ/フェリックス・ガタリ『千のプラトー 資本主義と分裂症』上・中・下巻
2. 稲葉真弓『ミーのいない朝』
3. 金井美恵子『文章教室』『タマや』『小春日和』『道化師の恋』(目白四部作)
「1は二十年超えてまだ少しずつ2は猫魂と言霊に身を委ねて3は何も恐れぬ自由と誇りに満ちてどれも長い歳月を共にいた河出の本」とのこと。


関連スレッドを表示
[No.517] 2016/04/06(Wed) 14:27:24 (49692時間51分前)

「群像」2015年1月号で第67回野間文芸賞受賞発表 (親記事) - モモチ

12月6日(土)発売の「群像」2015年1月号で、第67回野間文芸賞・新人賞が発表。
http://gunzo.kodansha.co.jp/39015/39045.html
笙野頼子さん『未闘病記』と松波太郎さん『LIFE』の受賞の言葉と選評が掲載されるそうです。
笙野頼子さんと清水良典さんの対談「メイキング・オブ・笙野頼子」、
松浦理英子さんと松波太郎さんの対談「身体リズムが生み出すユ−モア」も収録だとか。
清水良典さんの連載、デビュー小説論では笙野頼子さんのデビュー作『極楽』が取り上げられています。こちらも気になりますね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006O1HAM/galaxyangella-22/ref=nosim


関連スレッドを表示
[No.516] 2014/12/05(Fri) 21:32:27 (61397時間46分前)

読売新聞11/11(火)朝刊文化面 (No.511への返信 / 1階層) - モモチ

読売新聞2014年11月11日(火)朝刊文化面で笙野頼子さんの野間文芸賞、松波太郎さんの野間文芸新人賞受賞が紹介されています。
「感染症予防のマスクを外して記者会見に臨んだ笙野さんは、「肉体に負けるものか、手が動けばメモをとってやるぞという気持ち。根本に私小説のある作家は書くことで救われ、闘っている」。創作への衰えることのない情熱をほとばしらせた。」
まっすぐに闘う姿勢が格好いいですね。


関連スレッドを表示
[No.515] 2014/11/12(Wed) 21:11:03 (61950時間7分前)


- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS