[ リストに戻る ]
No.151へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 見本SS - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2007/11/07(Wed) 23:03:24 [No.151]
アウトウェイ滅亡録 - 癖毛爆男 - 2008/07/05(Sat) 23:05:00 [No.303]
難民SS - 癖毛爆男 - 2008/06/20(Fri) 22:34:03 [No.295]
秘宝館 379 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/06/09(Mon) 13:44:09 [No.293]
NO379 本文 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/06/12(Thu) 21:59:50 [No.294]
アウトウェイ昔話 - 癖毛爆男 - 2008/06/06(Fri) 22:54:47 [No.286]
秘宝館 374 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/06/06(Fri) 02:40:24 [No.282]
本文 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/06/06(Fri) 02:40:38 [No.283]
Re: 本文 - 和子@リワマヒ国 - 2008/06/06(Fri) 08:59:44 [No.284]
秘宝館 No.334 - 癖毛爆男 - 2008/05/06(Tue) 20:40:21 [No.247]
本文 - 癖毛爆男 - 2008/05/06(Tue) 23:01:25 [No.248]
まさかこんな物を作る事になるとは・・・(汗 - 癖毛爆男 - 2008/04/19(Sat) 23:45:49 [No.226]
Wiki用の構文にしてみました。 - ちょっとおてつだい - 2008/05/03(Sat) 22:43:42 [No.244]
自分の国に関する下着のうんちく - 癖毛爆男 - 2008/04/19(Sat) 17:02:23 [No.225]
秘宝館 275 - 癖毛爆男 - 2008/03/27(Thu) 02:45:49 [No.221]
Re: 秘宝館 275 - 癖毛爆男 - 2008/03/29(Sat) 14:37:48 [No.222]
受注 No.217 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/02/16(Sat) 13:38:25 [No.210]
Re: 受注 No.217 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/02/16(Sat) 13:38:45 [No.211]
今日子ちゃんの外見について - みぽりん@神聖巫連盟 - 2008/02/08(Fri) 16:00:09 [No.207]
投稿用 - アウトウェイ文族 - 2008/01/16(Wed) 21:21:28 [No.184]
闘えゼンギョマン!(文春用) - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/01/31(Thu) 20:33:14 [No.202]
犬・男・出会い - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/01/30(Wed) 23:12:25 [No.201]
回想録用 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/01/30(Wed) 22:02:41 [No.200]
アイドレス攻略文章 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/01/16(Wed) 21:21:55 [No.185]
依頼情報 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2007/12/28(Fri) 00:03:40 [No.168]
納品完了 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2007/12/29(Sat) 21:14:20 [No.174]
完成品 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2007/12/29(Sat) 21:10:50 [No.173]
依頼受注・代理投下 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2007/11/30(Fri) 23:48:16 [No.158]
希望場所とログ場所 - 空 - 2007/11/28(Wed) 20:38:55 [No.157]
発注・依頼NO.193 納品 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/02/03(Sun) 01:16:11 [No.206]


見本SS - 癖毛爆男@アウトウェイ

アイドレス世界はそれなりに平穏であり、長い夏休みという事もあって気が抜け切っていた。

多くの国の人材はその間に今まで遅れてた作業や、やりかけの仕事をしたりとそれなりに忙しいものの、大規模な戦争はなく、時間はゆったりと、オフシーズンが終わるのを待つかのように・・・思われていた。

だが、しかし。

2007 10月31日 ハロウィン

この世界的にも有名になったイベント日によもや、あの様な事件が起こるなんて、誰も想像してなかったのである・・・

ここはアイドレス世界の片隅。アウトウェイという、中小国の一つ・・・

そこは今や、地獄であった。

えぶえぶ茸はご存知だろうか?

えぶえぶ茸とはアウトウェイの特産品で食べると爆発する、形は不定形という、なんともふざけた茸である。

そのえぶえぶ茸が突如、大成長。ただの大成長かと思いきや、その実は進化だったらしく知能まで持ってしまい、更に人化して、まるで怪人の様になってしまう。

同日、進化したえぶえぶ茸人間によってアウトウェイは占領されてしまったのだっ!

古い映画で例えるなら「猿の惑星」に状況はとても良く似ている。

人間は突如の変異に対応出来ず、えぶえぶ茸人間の猛攻に敗れ去り、人間は茸の下の生物とされ、圧制の下に奴隷の様な生活を強いられていた・・・

だが・・・

人類はまだ諦めていなかった。

*****

『スネ毛戦士 ゼンギョマン!!』

******

「ほひ、ふひひひ、ほーれ人間共、働け働けー」

バフン、バフン、とその頭から胞子を飛ばし、えぶえぶ茸人間が人間たちを急きたてる。

人間たちは胞子に感染しては大変といわんばかりにあくせく、急かされるまま、動いている。

そんな群衆の中に一人、反逆の炎を持ち続ける人間が一人居た・・・

「くっそ・・・まさかこうも簡単にうちの藩国が落とされるとわな・・・」

元々はこの藩国のジャーナリストであった癖毛が悔しげに言う。

格好は薄汚れた安っぽい服。愛用のジャーナリスト七つ道具(詳細不明)も取り上げられ、現在は木を運ぶという肉体労働に従事していた。

だが、しかし!

いつの日か仲間と再会し、この国を自分たちの物に取り返すのだ、という熱い気概を持ち続ける、ナウでヤングな癖毛である。

そう、いつの日か・・・未来の話でも、俺は希望を捨てないっ!

ぶりぶり・・・

「・・・なんか、臭いし足元があったかいんだが・・・」

異音に気づき、足元には藩国の象徴として名高い犬兵衛が居て、平和時と変わらずぷりぷりしていた。

見るとこちらに気づいたのか、ぷりぷりしながら見上げつつ。

「わうっ!」

と元気にほえやがった。

「にゃ、にゃろう・・・」

流石の癖毛も頬を引きつらせる。

思わず少し蹴ったろかい、と思うが、それを実行する前に。

「こら、人間! 犬兵衛様に手出ししたら承知せんぞっ!」

えぶえぶ茸人間に怒鳴れらた・・・

実は犬兵衛、政権がえぶえぶ気の人間に移ってもその憎めない? 性格で堂々とシンボルの位置をキープしている。

ある意味、この藩国で一番侮れない存在である。

「・・・チ、こういう時・・・テレビとかならお約束で正義の味方が来てくれるんだが・・・」

癖毛がクソ、と呟く。あぁ、どうして世界はこうなってしまったのだろうか?

神がいるならとりあえず、唾をはきつけてぶん殴ってやらぁ、という気分だ。

「・・・」

国民の一人が死んだような顔で荷物を運んでいる。立ち止まってた癖毛にぶつかるが、気にせず歩みを続けていく。

「お・・・と、とと・・・」

肩に担いだ木が重くて、思わず転びそうになる。

「おっと、大丈夫ですか?」

その崩れた身体を支えたくれた人物が居た。

癖毛はとっさに相手を見ようとしたが・・・姿は・・・見えない。何せ転びかけて下を向いているから。
顔は見えないが・・・その・・・

いや、敢えていうのもアレですが、貴方、いい年して半ズボンですか?
ていうか、スネ毛ボウボウで半ズボンですか?

思わず顔を上げて顔を確認しようとするが、その前に。

「失礼。ちょっと野暮用がありまして」

す、と身体を押しのけられた。そのまま、振り向くまもなく、すれ違う。

「貴様・・・何者だっ!」

えぶえぶ茸人間が叫ぶ。

癖毛が顔を上げれば男、刈上げの男が威風堂々と立っていた。

「・・・天が呼ぶ、地が呼ぶ、私を呼びます」

「何者だと聞いているんだっ!!」

「ふ・・・私はある時は学級委員長、ある時は高機動善行”ただたか”夢の20代端数切捨て(ナース服着用)、ある時は愛した女性から逃げ回る道化、しかしてその実態は!」

ばさぁ、と光ったような気がした。それまでただの男、というはずの男に・・・

「スネ毛戦士、ゼンギョマン!」
(ttp://hidebbs.net/bbs/outoway?sw=vi&no=41260154&s=t
↑参考絵

・・・・・・

いや、いやいや!

顔を隠せよゼンギョマン! 何で赤い手袋とか、細かい装飾だけ変わって顔は隠してないのっ!?

「スネ毛戦士ゼンギョマン! く・・・とうとう来たかっ! 我等えぶえぶ茸人間には向かう愚かな奴めっ!」

いや、いやいやいやいや!!

何でノリノリなんですか、えぶえぶ茸人類さん? ていうか知り合いなのか!?

あまりのアホ展開に目を丸くしてしまう癖毛。

「いいだろう! 貴様を倒し、我等えぶえぶ茸人間が世界を征服する足がかりとしてやるっ!」

「・・・」

少しだけ、善行が笑った・・・様な気がした。

善行はえぶえぶ茸人類のその言葉に答えず、一気に間合いをつめる。

腕を振り上げる。振り下ろす、当然、当たる。ぶっちゃければ遠慮なくぶん殴った。

「げはぁっ!」

あまりの衝撃にえぶえぶ茸人間が吹っ飛ぶが、それを更に追撃するらしく、息一つ切らさずにゼンギョマンが駆けて行く!

「反応が遅いですよ、何を訓練してたんですか?」

ふっとぶえぶえぶ茸人間に追いつくと、殴る蹴る、踏みつける。あぁ、もうやめてっ! えぶえぶ茸人類のHPはとっくに0よっ! と言いたくなるほどである。

「・・・」

えぶえぶ茸人間は完全に・・・沈黙。

「ふ・・・悪は滅びるのです・・・ふ、ふふ、ふははは、ぶゎーひゃっはっはっはっ!」

散々ボッコにしてから、笑いまくる。

いやいや、笑いすぎですから、ちょっと待ってよ、それはひどいよね? と思わず奴隷の様な生活をさせられてた癖毛が思ってしまうくらい馬鹿笑いである、てーか、ムカツク笑い声だな、おい!!

「あーっはっはっはっ、ひーっひっひっ、くひーっ、ひー!!」

数分間・・・善行の笑いは止まらず、そして、しばらくたってようやく止まった。

涙目になって、ようやく息を落ち着かせると、数秒で普段の善行に戻る。

冷静な表情で、眼鏡のブリッジを上げる。考えているようだ・・・

・・・そして、一分もしないうちに。

「さて、思ったよりもあっけなかったですね・・・このまま、私がこの国を支配してしまいましょうか?」

『ちょ、ちょっとまてー!!』

*****

ピピピピピピピ!!

「・・・夢?」

ガチャ、と目覚まし時計を止める。

「・・・・・・・夢?」

周囲を見るが、変わった様子は無い・・・いや。

ベッドの下には昨日取り寄せたえぶえぶ茸とやたら短い・・・どこかで見たような毛が数本・・・落ちていた。

劇終!!


[No.151] 2007/11/07(Wed) 23:03:24

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS