[ リストに戻る ]
No.303へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 見本SS - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2007/11/07(Wed) 23:03:24 [No.151]
アウトウェイ滅亡録 - 癖毛爆男 - 2008/07/05(Sat) 23:05:00 [No.303]
難民SS - 癖毛爆男 - 2008/06/20(Fri) 22:34:03 [No.295]
秘宝館 379 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/06/09(Mon) 13:44:09 [No.293]
NO379 本文 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/06/12(Thu) 21:59:50 [No.294]
アウトウェイ昔話 - 癖毛爆男 - 2008/06/06(Fri) 22:54:47 [No.286]
秘宝館 374 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/06/06(Fri) 02:40:24 [No.282]
本文 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/06/06(Fri) 02:40:38 [No.283]
Re: 本文 - 和子@リワマヒ国 - 2008/06/06(Fri) 08:59:44 [No.284]
秘宝館 No.334 - 癖毛爆男 - 2008/05/06(Tue) 20:40:21 [No.247]
本文 - 癖毛爆男 - 2008/05/06(Tue) 23:01:25 [No.248]
まさかこんな物を作る事になるとは・・・(汗 - 癖毛爆男 - 2008/04/19(Sat) 23:45:49 [No.226]
Wiki用の構文にしてみました。 - ちょっとおてつだい - 2008/05/03(Sat) 22:43:42 [No.244]
自分の国に関する下着のうんちく - 癖毛爆男 - 2008/04/19(Sat) 17:02:23 [No.225]
秘宝館 275 - 癖毛爆男 - 2008/03/27(Thu) 02:45:49 [No.221]
Re: 秘宝館 275 - 癖毛爆男 - 2008/03/29(Sat) 14:37:48 [No.222]
受注 No.217 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/02/16(Sat) 13:38:25 [No.210]
Re: 受注 No.217 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/02/16(Sat) 13:38:45 [No.211]
今日子ちゃんの外見について - みぽりん@神聖巫連盟 - 2008/02/08(Fri) 16:00:09 [No.207]
投稿用 - アウトウェイ文族 - 2008/01/16(Wed) 21:21:28 [No.184]
闘えゼンギョマン!(文春用) - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/01/31(Thu) 20:33:14 [No.202]
犬・男・出会い - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/01/30(Wed) 23:12:25 [No.201]
回想録用 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/01/30(Wed) 22:02:41 [No.200]
アイドレス攻略文章 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/01/16(Wed) 21:21:55 [No.185]
依頼情報 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2007/12/28(Fri) 00:03:40 [No.168]
納品完了 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2007/12/29(Sat) 21:14:20 [No.174]
完成品 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2007/12/29(Sat) 21:10:50 [No.173]
依頼受注・代理投下 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2007/11/30(Fri) 23:48:16 [No.158]
希望場所とログ場所 - 空 - 2007/11/28(Wed) 20:38:55 [No.157]
発注・依頼NO.193 納品 - 癖毛爆男@アウトウェイ - 2008/02/03(Sun) 01:16:11 [No.206]


アウトウェイ滅亡録 (No.151 への返信) - 癖毛爆男

「おい、これなんだ?」

男が手に持っているのは、手のひら大の何か黒い物。所々焦げて、全部は判らないがどうにも手帳のようだ。

男はそれを相方の男に見せるが、相方の男は目もくれない。

「さぁ……ゴミじゃねえの? 捨てちまえよ」

「そうか……そうだよな。そうするか」

男は拾ったその手帳を少し眺めた後、ぽい、と投げた。あれほどズタボロの紙資源など使い道もない。

アウトウェイと呼ばれた国。そこが大四散して数日。まるでハイエナや火事場泥棒のように様々な人達が金になる物などを探している。

それはまるで江戸時代、大火事の後に鉄釘などを漁るかのような、そんな騒動の中。

男が拾った一冊の手記に記された、最後の記録より抜粋しよう。



『癖毛爆男の手記』

「本当に良いのですか?」

「あぁ、構わない……疲れたよ」

「……そっか」

癖毛は笑う。それは癖毛爆男の笑みではなかった。

「さっちょん、頑張ってたしねぇ……まぁ、いいんじゃない?」

「そうかのぉ」

もはやPCという衣は必要無かった。互いに飾らぬ言葉と飾らない表情で笑い合う。

「すまんのぉ、ボンちゃん。こんなつまらないゲームに誘って」

さちひこが申し訳なさそうに笑う。それはある時期から繰り返されたさちひこの口癖のような物である。

クセ毛はその言葉を聞いて笑った。別に皮肉でも何でもなく、さちひこがそう思ってるのも事実なら、クセ毛が感じているのも違う感想だった。

「ん、まぁ……いいんじゃないかな? 俺はほら、結構楽しめてたし、そういう意味でも感謝してますよ」

実際、クセ毛は他の人が言うほどこのゲームに不快を感じては居なかった。

理由はいくつかある。

クセ毛はやりたいことしかしてなかった。文章を書いたら他の人に感謝してもらえた。お情けだろうがなんだろうが一度は評価された。好き勝手なイベントもやれた。

色々とある。色々とあった。それら全てが詰まらない物だったと切り捨てるには、クセ毛はちと楽しみすぎていた。

だから皮肉でも何でもなく、クセ毛は笑った。

「俺は俺なりに楽しめましたよ、えぇ。やめるかやめないかも悩み中ですけどね」

「ボンちゃんなら引っ張りだこじゃね?」

「まさか。所詮は一発屋でわがままなだけの文族ですからね。どこからも誘われなかったら辞めるつもりですよ」

クセ毛が笑った。実際、それほどまでに他人から評価されている実感も無かった。

「まぁ、雅戌さんあたりが誘ってくれるのを地道に待ちますよ。自分から言うのはほら、恥ずかしいじゃないですか」

「クセデレかー」

「いや意味判らんですよ」

それは完全な普段通りの会話だった。気を張り詰めた物も、何もない。

そもクセ毛が唯一評価された「アウトウェイ回顧録」にも書いたとおり、クセ毛はアイドレス自体には思い入れはなかった。
ただ、そこにある人との繋がりのみを楽しんでいた奇妙なPLである。

対してさちひこもアイドレスに不満があるものの、それでも続けてきては居たがそれはアイドレスのためではなく、やはり他の人の為から始まった物語であった。

誰もがそうだったのかも知れない。誰もがそうであったのかも知れない。

この二人の共通点はただ一つ。NPCを絶対存在としてなかったことくらいである。

変わり者の変人。道を外れた所に理由を持ってゲームをしていた二人は、笑い会う。

「とはいえ、この滅亡の余波があるかもしれませんけどね」

「うちにはエースは居ないし、まぁ大丈夫じゃねえか?」

「ん、だと良いんですけどね……まぁ、でも……つまらないのに無理して続ける事も無いでしょうし」

所詮ゲームですしね、とクセ毛が笑う。

”The I=Dress is real. NO. The I=Dress is a game”

小笠原やそれ以前にアイドレスという物に対して肯定的でない人間が集まり、様々な話が行われて出てきた一つの結論。

詰まらないなら無理してやる必要はない。そこに責任を感じる言われもない。


結局、ゲームなのだから。


藩国を滅亡させるというのは、ゲームをドロップアウトすることでしかない。
少なくてもさちひこにとってはそれ以上の意味を持たない。それが悪いことでもない。

「んじゃ、ま。次のゲームでお会いしましょう、さちさん」

「そうだな……良いゲームを、ボンちゃん」

さちひこは笑い、クセ毛も笑った。

この国で結末を見れないことが唯一の心残りだったが、それでもこの国の結末は見れたことに満足して、クセ毛は取材手帳を置いて、消えた。

「……良いゲーム、か」

さちひこが呟く。きっと、色々と考えること、思う所があったのだろう。

「全く、良いゲームがしてえよな、ホント」

それでも、さちひこも最後は笑った。

次の瞬間、アウトウェイはアイドレス上から事実上消滅した。

こうして外道を関した「アウトウェイ」が滅亡した。どうでも良いんだが、外道ならアウトサイダーとかの方がらしいんじゃねえ? とかいう詰まらないツッコミをクセ毛は最後まで入れる事が出来なかったのであった。

某月某日チャットにて

「よー、ボンちゃん ノ」

「よー、さっちょん ノ どしました?」

それから数日後、チャット上でクセ毛とさちひこが話していた。

別段アウトウェイが滅亡したからと言って元よりAマホ時代から顔をつきあわせていたというのもあり、連絡しなくなるなども無く、普通の雑談が続いていた。

「あ、そういえばボンちゃん」

「ん、どしました?」

「なんかな、うちの藩国準藩国になってるっぽい」

「はぁぁぁぁぁぁぁ!?」

さちひこの突然の言葉にクセ毛が素っ頓狂な言葉をあげた。

「え、え……えー? それはなんちゅうか……えー?」

「まぁ、やらんと思うが」

なんだかなぁ、こんなgdgdな最後で良いのかなぁ、と頭をポリポリとかいたクセ毛であった。


[No.303] 2008/07/05(Sat) 23:05:00

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS